N-BOX

【ホンダ・N-BOX】内装や内寸はどんな感じなの?快適なのか!?

近年大人気の軽スーパーハイトワゴン。

ミニバンかと思うほどのスぺースの広さで、走りや先進安全装備も充実。

維持費の安い軽自動車で、ここまで機能的な軽自動車を購入しない選択肢はないでしょう。

そんな代表車種、日本一の日本の乗り物、ホンダN-BOXの内装の大きさ、内装色の選択肢。

内装のオリジナルカスタマイズについてご紹介します。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダN-BOXの内寸はどうなの?

軽自動車規格めいいっぱいで登場した、ホンダ・N-BOX。

「日本の家族の幸せのために」をコンセプトに誕生しました。

高さもあり、内装も広い。バックドアの開口も大きいので、荷物の積み下ろしも楽にこなせる。

この項目では、実際の数値としてホンダ・N-BOXの内装のサイズをご紹介しようと思います。

ホンダN-BOXの内寸はどうなの?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/cabin/

ホンダN-BOXの内寸はどうなの?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/cabin/

☆ホンダ・N-BOX☆

客室内寸法 長さ 2,240m (スロープ仕様を除く)

客室内寸法 幅 1,350m

客室内寸法 高さ 1,400m

 

 

という数値となっており、この大きさは、他の軽スーパーハイトワゴンと近似値で、

後部座席のシートを倒すと、大人用自転車27インチの自転車がすっぽり収まります。

後部座席スペースは身長177cmの男性が足を組んで座れる、広々スペースを確保し、室内高が140cmですので、小学生のお子様が立って移動できたり、着替えをさせるにも、

立ったままできるスペースとなっており、軽自動車とは思えない大容量スペースです。

何よりもホンダ・N-BOXの特徴的な機能としては、後部座席のチップアップ機能(後部座席の座面が上方向にたためる機能)があることによって、

A型のベビーカーならたたまずに積み込めるという機能で、ホンダ・N-BOXの内寸は大きく、荷物もたくさん積み込める寸法であるといえると思います。

ホンダN-BOXの内装色の選択できる範囲は?

現行JF3.4系N-BOXは2017年9月にデビューし、エクステリアだけではなく、エンジンや、プラットフォーム、クルマのすべてを見直し、フルモデルチェンジしました。

そのホンダの企業努力により、完成度の高い新型N-BOXへと生まれ変わりました。

新型N-BOXは非の打ち所がない”クルマ”となり、内装もホンダのこだわりがあります。

ホンダ・N-BOXの内装色の選択範囲についてご紹介します。

 

現行ホンダN-BOXはグレードにより、内装色や質感を変更しており、グレードにて選択する必要がありますが、どの内装色リラックスできる色合いを使用し、

とても高級感のある仕上がりになっております。

 

それではグレードごとの内装をご紹介させていただきます。

ホンダN-BOXの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/design/

搭載グレード G・Honda SENSING、G・スロープHonda SENSING

カラー:ベージュ×ブラウン/トリコットシート

柔らかな配色でリラックス&リフレッシュできる時間を演出。

ホンダN-BOXの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/design/

搭載グレード G・Honda SENSING、G・スロープHonda SENSINGを除く全タイプ

カラー:ベージュ×ブラウン/トリコットシート

ホンダN-BOXの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/design/

搭載グレード N-BOX Custom ターボ車 除く全タイプ

カラー:ブラック/トリコットシート

ブラックを基調とした空間に、バーカンディーのアクセント。

ホンダN-BOXの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/design/

搭載グレード N-BOX Custom ターボ車

カラー:ブラック/プライムスムース&トリコットコンビシート

ホンダN-BOXの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/design/

搭載グレード 特別仕様車 カッパーブラウンスタイル

カラー:ブラウン×ブラック/トリコットシート(ブラウン×カッパー)

ブラウン×ブラックで仕上げた上質な空間。

 

ホンダ・N-BOXの内装色は計5種類あり、グレードごとに内装色を変更しております。

全体的には落ち着きのあるモダンな仕様で、癒しの空間を演出してくれる配色で、とても癒されます。

シートもツートンカラーで設定され、とても手の込んだ仕上がりであると思います。

 

N-BOXカスタムや、特別仕様車カッパーブラウンスタイルになると、トリコットシートのデザインが変わっているのがわかります。

好みの問題もあるかと思いますが、更に高級感とエレガントな配色、シートデザインのN-BOXカスタム、特別仕様車カッパーブラウンスタイルは特におススメの

内装デザインです。

グレードごとに内装を変え、購入者の満足度を高めようとする、すべてのカテゴリーにおいて手を抜かない、ホンダがN-BOXにかける思いの強さが十分に伝わってきますね。

ホンダN-BOXの内装を改造したい?できます!!

人気、実力ナンバーワンの軽ハイトワゴン。ホンダ・N-BOX。

国内販売台数が日本一がゆえに、購入者としては、どこにいても見かけるクルマになってしまったのも事実です。

そんな、超人気車種、ホンダ・N-BOXの内装を自分好みにカスタマイズしたい!!

そんなオリジナリティを求めるN-BOXオーナー様へ、

内装カスタムパーツのご紹介をさせていただきたいと思います。

 

内装を自分好みにカスタマイズしたい!!

エクステリア同様にノーマルでも完成度が高く、どうやってカスタムしたらいいのかわからない。

そんな方も多いと思います。

この項目では、新型ホンダN-BOXの内装カスタムパーツをご紹介していきます。

ホンダN-BOXの内装を改造したい?できます!!

引用:https://item.rakuten.co.jp/revier/ip-pt863lc-1/

インテリアカスタムパーツその一

≪インテリアパネル≫

現行ホンダ・N-BOX規格に合わせて作成しておりますので、マッチングは問題なく、また両面テープでの装着となりますので、ご自身での作業が可能です。

インテリアパネルデザインも豊富で、明るめのカラーからシックなデザイン、木目調など様々なユーザーの好みに対応できるのも大きな魅力です。

手軽にカスタマイズ出来て、大きなイメージチェンジができる、一石二鳥のおススメ鉄板パーツです!!

ホンダN-BOXの内装を改造したい?できます!!

引用:https://item.rakuten.co.jp/auto-craft/bellezza-ws-1036/

インテリアカスタムパーツその二

シートカバー

車種にあわせた専用設計なので、ぴったりフィットする完成度。

シートデザインも凹凸のあるデザインものから、シンプルなデザイン、カラフルなステッチ入りなど、メーカーにより豊富に取り揃えております。

装着は多少時間はかかりますが、ご自身での装着は可能です。

シートカバー装着の注意点ですが、シートカバーの素材が固くなり、純正シートに合わせて裁断されていて、本当にぴったりサイズなので、寒い時期の作業はお勧めしません。

かなりシートカバーを引っ張りながら、カバーリングしていきますので、シート生地が固くならない暖かい時期を選んで、装着作業をお勧めします。

装着後は、違和感なくきれいな仕上がりになります。ホンダN-BOXの内装を改造したい?できます!!

引用:https://item.rakuten.co.jp/rs-online/cl-spl_mat-eh0315/

インテリアカスタム その三

オーダーカーペット、色や素材をオーダーで作成できる商品。

足元の広いN-BOXは、カーペットを変えるだけでも、大きなイメージチェンジになります。

お値段は張りますが、オリジナルカスタムする気持ちがあるユーザー様は、新車購入時にノーマルカーペットを購入せず、

こういったオーダーカーペットをはじめから購入するほうが、コストも削減できるのでいいと思います。

 

以上代表的な、インテリアカスタムパーツをご紹介させていただきました。

ほとんどの商品が車種に応じた専用設計で、仕上がりについても純正に近い仕上がりになりますので、内装カスタムはかなりお勧めできるカスタマイズです。

今回ご紹介させていただきました、3つの商品は、色などの選択肢が多く、内装のコンセプトも自分好みのコンセプトにできることも魅力で、同じN-BOXオーナーとの差別化を

図るのに一番効果的なカスタマイズだと思います。

取り付けも専用設計ですので、簡単に取り付けできますので、是非チェレンジしてみてください。

以上、インテリアカスタマイズのススメでした。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ