N-BOX

【ホンダ・N-BOX】オイル交換時期は?量、粘度は何を選ぶの?

愛車の点検で最も手軽で、最も大事なものが「オイル交換」です。

オイルはエンジンを潤滑に動かすための潤滑油ですが、なぜ交換しなければならないのでしょう?

ディーラーからは何千キロで交換といわれたけど、交換を忘れて走行距離を過ぎても特に問題はありません!

ですが、内部ではじわりじわり問題が起き始めるのが怖い所です。

今回は、ホンダN-BOXを大事に扱う皆さんに伝えたいオイル交換する意味と、適合する種類などについて追及します!

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

ホンダN-BOXのエンジンが不調…オイル交換時期?

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダN-BOXのオイル交換の適切な時期は様々な意見があります。

最近の車両はオイル、エンジン共に精度が高いので実はそこまでオイル交換は必要ない・オイル交換は自己満足である、とも言われている現状です。

これは新車に近ければ近いほどあてはまります。

しかし、やはり大事な車のエンジンを守るオイルは、常に清潔にしたい!

というのが、クルマへの愛です。

ホンダN-BOXを大切に乗るためにも、オイルの交換時期などに追及していきます。

エンジンオイルを交換しないとどうなる?

「最近のクルマはエンジンが丈夫だから、オイルを交換しなくてもいい」という意見があるといいましたが、もし万が一の事がおきたらどうなるのでしょう?

エンジンオイルを交換しなければ、エンジンにどんな不調が起こるのかをご案内します。

エンジンオイルが劣化していけばオイルの粘り気、「粘度」と呼びますがこのオイルの粘度が弱ってきます。

するとどうなるか?エンジン内部の圧力が弱まり「車のエンジンパワー」が低下するのです。

更にオイルの劣化が進むとオイルは潤滑性を失いエンジン内部の騒音が外に響くようになるでしょう。

やがてエンジンを回す手助けができなくなり、最悪エンジンがかからなくなるエンジン不調がおきます!

オイルはエンジンの働きを助ける、人体で言う「血液」のように車を巡る役割があるのです。

ホンダN-BOXの適切なオイル交換時期とは1

ホンダN-BOXの適正なオイル交換時期は、走行距離約10.000キロです。(あくまで目安ですよ!)

一月で約1.000~2.000キロの走行距離を目安とすれば、オイル交換は3ヶ月から6ヶ月と言われています。

つまり走行距離5.000キロ~10.000キロも走ればオイル交換になるわけですね!

しかし、車の乗り方でオイルの減り具合、劣化具合は変わるので常にエンジンオイルの色をチェックすることをおすすめします。

ホンダN-BOXのオイル交換時期を、オイルの色と量で見る

先ほど、オイル交換の時期は約5.000キロから10.000キロとお伝えしましたが、それはやはり目安です。

クルマの乗り方や住んでいる地域の環境によって、同じ走行距離でもオイルの純度は変わります。

小まめにバンパーを開けて、オイルの色をチェックしましょう!

オイルチェックをする前に、まずは車のエンジンを切って20分待ってください。

オイルがエンジンで熱くなっているのでやけどするかもしれません!

次にオイルレベルゲージを引っこ抜いて、できるだけ白いタオルで吹いてください。

吹くときは、オイルレベルゲージの先っちょです。

オレンジ色ならば「まだ大丈夫」黒色ならば「そろそろ交換時期」です。

忘れる事が多いのですが、オイルをふき取る前にオイル量も見てください。

オイルレベルゲージの先端に二つの穴があります。

上の穴が上限、したが下限です。

この穴のちょうど真ん中にオイルが付いていれば、オイル量は問題なしと見て大丈夫でしょう。

ホンダN-BOXのオイル量は?オイル粘度は何を選ぶ?

引用:https://www.honda.co.jp/

クルマのエンジンを元気に保つためには「オイルの交換」が大切だという事がわかりました。

エンジンオイルの交換はディーラーやカーショップで購入すれば業者さんがすぐに取り換えてくれるので気軽にオイル交換ができます。

では、ホンダN-BOXに適合するエンジンオイルは何を選べばよいのか?量はどれぐらい入れればよいのか?

詳しく見ていきましょう。

ホンダN-BOXの推奨オイルとは?

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダN-BOXに適合するオイルは、Hondaが推奨した「Honda純正エンジンオイル」というものがあります。

ホンダ車全般に使用されているようですね。

こちらは二種類あります。

「非・ターボ車用」 0W-20 交換量2.4L

「ターボ車用」 5W-30 交換量2.4L

以上の二点です。

自分の車がターボエンジンか標準のエンジンかで使い分けてください!

エンジンオイルの表記の見方

引用:https://www.honda.co.jp/

紹介したオイルの横に「5W-30」や「0W-20」という表記がありましたが何を意味しているのでしょうか?

まず左側の5W、0Wは、エンジンが冷めている時にエンジンがどれぐらいやわらかい状態か?を示します。(Wは冬、つまり寒い気温や冷たい状態という意味)

オイルがやわらかいと燃費が良くなる効果があり、数字が低いほどオイルがやわらかいです。

つまり、0Wならエンジンをかけてすぐ動いても(エンジンがあたたまっていなくても)高い燃費効果を発揮できます。

反対に5Wという表記は、エンジンが冷めているとオイルもカチカチで潤滑しにくく燃費も悪くなるということですね。

では右側の20や、30は?

これはエンジンが熱い時にオイルがどれぐらい硬いのか?です。

こちらは数字が高いとオイルが硬くなります。

左とは逆、ですね。

やわらかければ燃費が良いんだからこっちも数字が低いほうがいい!と思いますがそう単純でもありません。

オイルが硬ければ硬いほど、エンジンを保護する力が強くなりエンジンが故障しにくいです。

ガンガン飛ばしてもエンジンをしっかり守るので、SUVやスポーツ車などで良く使用されるオイルは右側の数字が高い設定になります。

これが、ターボと非ターボのオイルを使い分ける理由になるんです。

ホンダN-BOXに入れるべきオイルの適正量は

「http://www.honda.co.jp/ n-box」の画像検索結果"

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダN-BOXの推奨オイル、「Honda純正エンジンオイル」のオイル適正量は2.4Lと表記がありましたが、適正量とはなんなのか?

エンジンオイルはたくさん入っていれば良いということではありません。

オイルが多すぎると以下のような問題が起きます。

・燃料を爆発させるエリアにまでオイルが侵入して、煙が上がってしまう。

・空調クリーナーが汚れてしまう。

・逆に燃費が悪くなる。

この3点です。

いずれもオイルが漏れてべつのシステムに侵入することで問題を起こすようですね。

何事も入れすぎはいけません。

適正量を守って、小まめな交換で車を守りましょう。

ホンダN-BOXのオイル交換費用はこのくらいかかります

ホンダN-BOXのエンジンオイルを交換する際の費用に注目します。

ホンダN-BOXのオイル交換は推奨オイルとエレメントの交換を含めれば約6.000円が相場といわれていますが実際はどうなのでしょう?

依頼する業者やオイルの種類によっても違いますが、今回は低燃費性に優れた純正オイルをディーラーで交換した場合を想定してみましょう!

Honda純正エンジンオイル 低燃費に優れたウルトラLEOの価格

引用:https://www.honda.co.jp/

まず推奨オイルの中で最も低燃費性を誇る「Honda純正エンジンオイル ウルトラLEO」は、20L入りで12.000円台です。

1L約1.200円になります。

ホンダN-BOXのオイル交換量は2.4Lなので、オイルの金額は?

1.200×2.4で「2.880円」です!

一般的な社外品オイルは相場2.000円ですが、これはホンダが推奨する、エンジンに適合した低燃費性オイルなので、半月に一度の価格としてはお手ごろでしょう!

ホンダN-BOXのエレメント交換・工賃金額

次にオイルフィルターと工賃についてです。

まず工賃ですが、オイル交換とエレメント交換どちらにもかかります。

オイル交換が2.880円でその工賃が600円。

ホンダN-BOXのオイルフィルター交換は約1.020円でこれにかかる工賃は400円です。

オイル交換2.880円 + オイルフィルター交換1.020円 + 二つの工賃1.000円 =4.900円

以上の計算でオイル交換全ての金額は合計4.900円となりました。

口コミでの6.000円よりもずっとお安い金額ですね!

これも半年に一回ペースで良いので、維持費としては優秀な数字だと思われます。

もちろん車の使い方によっても目安は変わりますのであしからず。

愛車を健康に保つのに、半年で1万円もいりません。

いつも頑張ってくれている愛車に、オイル交換でいたわってあげましょう。

それが結果的に、安定した走行と燃費や維持費に大きくつながります。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ