N-BOX

【ホンダ・N-BOX】試乗評価は実際にどう?実際に乗ってみた!

非の打ち所がない完成度の現行JF3.4系ホンダN-BOX

洗練されたエクステリア、使い勝手の良いインテリア。

トータルバランスに優れ、安心感を持たせてくれる動力性能。

軽自動車N-BOXに、ホンダ先進技術の搭載。

そんな完成度の高いホンダN-BOXをがっつり試乗体験してきました。

じっくりレポートさせていただきます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダN-BOXの試乗レポート!

ホンダN-BOXの試乗レポート!

引用:https://autoc-one.jp/honda/n-box/report-5000182/photo/0003.html

新プラットフォーム採用、新CVT採用、新高性能ダンパー採用など、新しい技術のオンパレードの

新型ホンダ・N-BOX。

今回近くのホンダカーズにて試乗体験してきました。

感覚的なレポートになりますが、レポートさせていただきます。

 

今回じっくり試乗したのは、NAエントリーモデルの 「G・Honda SENSIG」

ぱっと見た感じ先代N-BOXよりも大きくなったかと思うくらいどっしりとしたフォルム。

早速ドアを開け、試乗体験開始。

ハイトワゴンは座席が高いので、やはり乗り降りはすごく楽で、何か清潔感を感じるような、洗練されたインテリア。

足元は窮屈さは一切なく、逆に開放感があり、長時間の運転も可能な快適さがありました。

そして後部座席をふと見ると、後部座席が遠く、ミニバンに乗っている感覚に近い感じで、すごくゆったりとしていて、広々とした空間に安心感を感じました。

ホンダN-BOXの試乗レポート!

引用:https://www.navikuru.jp/articles/colums/70/

乗車してみて最初に感じたのは、効果音とともに、マルチインフォメーションディスプレー上にホンダの”H”マークが浮き出てくる、ウェルカム演出。

収納できるポケットの多さ、ドア側、メーター下、プッシュスタートボタン周辺、助手席のグローブボックス周辺、シート背面まで

ありとあらゆるところに収納ポケットがありながら、インテリアデザインを犠牲にした収納ではなく、インテリアデザインと機能さを両立したインテリアに驚きました。

あとは、エントリーグレードながら、ステアリングスイッチの高級感に正直エントリーグレードとは思えませんでした。

 

早速、エンジンをプッシュスタートして走行してみます。

エンジン始動時はとても静かで、飛行機のベルトサインや、機内アナウンス時に聞こえる効果音ような始動音。

全体的に質の高さがすごく伝わります。

 

軽自動車の中でもMAXに近い大きさを持つ、ホンダ・N-BOXの加速性能に関しては、特に期待はしていなかったのですが、

アクセルを踏んでみて驚きました。

エンジン音も静かで、スムーズな加速、正直アクセルはほんの少ししか踏んでいません。

しかも低回転域でしっかり加速してくれるので、軽自動車独特のエンジンの唸り音を聞きながら加速するようなことはありません。

乗り心地は、ソフトな乗り心地で、かといって柔らかいわけでもなく、路面状況をしっかり伝えてくれて、しなやかに吸収するような足回りの感覚。

カーブは背の高いボディなので、ロール感は否めませんが、ボディ剛性がいいので、カーブを曲がるときに”よれる”感覚がありませんでした。

走行中のロードノイズも許容範囲内で、極端に静かではないけれど、余裕の合格ライン。

試乗中、住宅街の坂道でN-BOXと停車させ、坂道を上がるパワーを確認しましたが、ここはさすがに軽自動車という内容で、

エンジン音は大きく、パワー不足とまではいきませんが、N-BOXが頑張っている感がありました。

ホンダN-BOXの試乗レポート!

引用:https://www.honda.co.jp/auto/

それと、試してみたかった先進安全装備「Honda SEMSING」

”路外逸脱制御機能”は両サイドの白線を軽く前輪が踏んだくらいに警告音がなり、車線内に戻すよう、ハンドル操作をしっかりサポートしてくれ、

”ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)”は設定上限速度115km、前方の車との車間距離を設定し(4段階)追従してくれるという優れもの。

安全な車間を常に維持し、自動アクセルのON、OFFも優しいタッチなので、これなら長時間の運転もかなり快適に運転できそうです。

 

試乗してみた結果、ゆったりとした内装、スムーズな加速性能で、街乗りではまずパワー不足を感じることはない完成度で、

何より先進安全装備「Honda SENSING」の精度や、安心感には驚かされました。

バックドアの開口も大きいので、荷物の積み下ろしも楽にでき、日常生活の中でホンダ・N-BOXは不便に感じるような場面はないと思います。

とても満足度の高い試乗体験となりました。

ホンダN-BOXの実際に乗ってみた試乗評価は?

ホンダN-BOXの実際に乗ってみた試乗評価は?

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/243414

新型ホンダ・N-BOXを色々調査し、先代N-BOXからすべてのカテゴリーのおいて、強化、またはパワーアップし、

現在の軽自動車の中で、隅々までパワーアップさせた、フルモデルチェンジはないと思います。

最終的にホンダ・N-BOXに試乗し、今まで調査した内容が、一回の試乗で立体的、現実的に伝わってきました。

そんな、パーフェクトフルモデルチェンジを果たした、ホンダ・N-BOXの試乗評価をしたいと思います。

ホンダN-BOXの実際に乗ってみた試乗評価は?

引用:http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52490818.html

実際に試乗した内容は、乗車スペースも広く、足元もゆったりした開放感があり、天井高のハイトールサイズが、空間を更にゆったりさせる要素を持っています。

またバックドアの開口部も大きなことから、荷物の積み下ろしも楽ででき、ホンダ・N-BOXのコンセプト通り「日本の家族の幸せのために」できたクルマであることが、

十分に伝わってくるインテリア、エクステリアでした。

走行性能に関しては、エンジンをさらにロングストローク化に改良、燃焼室の形状も変更し、より効率よく燃焼し走行性能に変換できるように改良したエンジンは、

燃焼ロスの軽減に成功し、ロスのない燃焼が燃費向上に役立ち、実際の試乗でも、静かでスムーズな加速を体感できました。

他、プラットフォームの強化、高性能ダンパーの採用により、ソフトで安心感のある乗り心地ですが、路面状況をリアルに伝え、吸収するサスペンション。

カーブでは、ハイトールワゴンの特性であるロール感はあるが、ボディ剛性の強化により、どんな状況下でも車をコントロールできそうな安定感を感じました。

 

新型N-BOXは家族のための先進安全装備。家族のための安定した走行性能。家族のためのスペース。ホンダ・N-BOXは日本のすべての家族のためのクルマです。

 

試乗体験した評価としましては、満足の高い、優秀な車であると思います。

ホンダN-BOXはこう乗れ!試乗のポイント

ホンダN-BOXはこう乗れ!試乗のポイント

引用:https://www.shukatsu-note.com/list-of-category/company/post-44795/

販売台数日本一輝く要素が、一回の試乗で体感できるほど完成度の高い、ホンダ・N-BOX。

試乗するときに、意識して試乗してほしいポイントや、チェックしてほしいポイントを

アドバイスさせていただきます。

ホンダN-BOXはこう乗れ!試乗のポイント

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/life/talk/

1.乗車スペースの広さ

試乗にいったら、まずホンダ・N-BOXのすべての座席に座ってみてください。

乗り降りのしやすさや、空間の広さを体感できると思います。

ホンダN-BOXはこう乗れ!試乗のポイント

引用:https://keivel.com/1103

2.収納スペースチェック。

ホンダ・N-BOXは一見収納スペースは少なく感じるくらい、洗練されたインテリアなのですが、実は収納スペースが多い。

ホンダN-BOXはこう乗れ!試乗のポイント

引用:https://autoc-one.jp/honda/n-box/report-3476432/

3.走行性能

改良されたエンジン、CVT、足回り、すべてのバランスが良く、驚くほどスムーズな加速や、エンジン音の静かさを感じ取れると思います。

それと、アクセルを多く踏み、強めの加速をしてみてください。はじめは、エンジン音が大きいのですが、エンジンレスポンスが良く、スピードに乗るのが

他の軽自動車より早いので、すぐに収束する加速状態を体験してみてください。

ホンダN-BOXはこう乗れ!試乗のポイント

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/life/comfort/

4.乗り心地

新採用プラットフォーム、新採用高性能ダンパー、改良サスペンション採用で、カーブなど不安定な走行状態のときの、ボディのバタつき感がなく、

乗り心地もソフトな乗り心地で、逆に揺れが心地いい乗り味。

路面の凸凹を吸収しているのが手に取るように分かり、ボディ剛性が高いので、クルマ自体がガッチリした感覚を体感できると思います。

 

以上の点を意識しながら試乗していただけると、ホンダ・N-BOXの凄さが体感できると思います。

以上、試乗のポイントをご参考までにお伝えさせていただきました。

 

今回、初めて新型・ホンダN-BOXの試乗体験をさせていただきましたが、ホンダの営業の方もとても対応が良く、ついつい長い間試乗してしまいました。

試乗するにあたり、新型ホンダ・N-BOXの先代からの改良点やブラッシュアップされたポイントを、事前に調査し、試乗させていただきましたが、

エンジン、CVT、足回り、プラットフォームすべての改良点が、手に取るように伝わる性能で、全体のバランスを考えつくされた改良なんだと実感できる内容でした。

価格、性能、機能すべてにおいて、満足度の高い車であると、今回の試乗で再確認でき、この満足感が軽自動車で感じられることにホンダの技術力の高さを感じました。

新型・ホンダN-BOXは、確実に進化している、最先端の軽自動車だと思います。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ