ノア

【トヨタ・ノア】2WDと4WDはどっちがお勧め?違いを解説!

トヨタノアには2WD車と4WD車があります。

それぞれにはそれぞれの良さがありますが、両者は価格も違えば、減税率も異なりますから、購入する際どちらを選ぶべきか、迷う人も多いようです。

そこで、トヨタノアの2WD車と4WD車を比較してみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタノアの2WD車の特徴

トヨタノアの2WD車の特徴引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

車好きの方、車に詳しい方になら、あえて説明するまでもないでしょうが、

4WD車がエンジンによってすべてのタイヤが回転するのに対し、

2WD車は、エンジンの動力によって回転するのはふたつのタイヤのみ。

現在、多くの車は後者の2WD車ですが、ひとくちに2WDと言っても、

エンジンによって回転するのが前輪なのか、後輪なのかによって、

前輪駆動(FF)、後輪駆動(FR)の2種類があります。

FFはFront-engine(フロントエンジン)、Front-drive(フロントドライブ)の略で、

エンジンがフロント(前)にあり、前輪を駆動する車を指します。

トヨタノアの2WD車の特徴引用:https://deskgram.net/explore/tags/ToyotaNoah80

FRはFront-engine(フロントエンジン)、Rear-drive(リアドライブ)の略で、

エンジンがフロントにあり、後輪を駆動する車を指します。

トヨタノアの場合、ハイブリッド車はすべて、ガソリン車の半数は2WD車のFFです。

ちなみに、ノアに限らず、現在流通している2WD車の多くはFF です。

2WD車FFの特徴としてまず挙げられるのは、

その多くがエンジンとトランスミッションが横置き配置になっているため、

広い室内空間が確保できること。これは、2WD車FFの最大のメリットとも言えるでしょう。

高速道路などでの優れた直進性を発揮することもまた、2WD車FFの大きな特徴です。

2WD車FFは、車のフロント部分がどうしても重くなります。

トヨタノアの2WD車の特徴引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

そのため、アクセルを踏みながらスピードを出してコーナーを回ろうとすると、

車は外側に膨らんでしまいがちです。

安全運転の人にとっては関係ないことかもしれません。

しかし、この傾向は、滑りやすい路面では顕著になりますから、

「2wd車FFは外側に膨らむ傾向がある」ということを念頭に置いて運転するに越したことはないでしょう。

さらに、2WD車の場合、FFなら前輪の、FRの後輪の負担が大きくなりますから、

前輪と後輪の消耗の差が大きいこともデメリット。

ただし、この問題は、定期的にタイヤの位置を前後で入れ替えるようにすれば解消されます。

トヨタノアの4WD車の特徴

トヨタノアの4WD車の特徴

https://cobby.jp/minivan-4wd.html

トヨタノアのガソリン車には、4WDモデルが設定されています。

ボディカラーや装備、デザインは2WD車と変わりありません。

違いは、4WD車は4つの車輪すべてがエンジンの動力によって回転するという点です。

とはいえ、ノアの4WDシステムは、「アクティブトルクコントロール4WD」という

電子制御カップリング式4WDが採用されていて、

スイッチ操作によって2WD(FF)と切り替える方式になっています。

通常はほぼ前輪駆動で走行し、発進加速の際や坂道を上るとき、

雪道などの滑り易い路面を走行するときなど、

トラクションが必要になると後輪に駆動力が分配されるというものです。

トヨタノアの4WD車の特徴引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

さらに、ノア4WD車は、車両安定化制御システム「S-VSC」との協調制御により、

より優れた走行安定性を実現しています。

そうは言っても、トヨタノアの4WD車は、平常時だと2WD車となんら変わりがないのですが、

もちろん、2WD車との違いはいくつもあります。

ボディを比べてみると、ノア4WD車の全高は2WD車よりも40~45mm高くなっています。

一方、最低地上高を比較は、床下にプロペラシャフトの張り出しがあるため、5mmほど小さい数値になっています。

プロペラシャフトの張り出しは4WD車ならではです。

また、4WD車は2WD車と比べると、リアトレッドが5mm広くなっていますし、

フロア高がフロントドア部分で10mm、リアドア部分で20mm高くなっています。

トヨタノアの4WD車の特徴引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

車両の重量も、例えば、トヨタノア『X』で比較すると、4WD車のほうが80㎏重くなっています。

ノア4WD車のパワートレインは、CVTの減速比が2WD車よりも5%程度ローギアードになっているのは、

重量増をカバーするため、そして、雪道などでの駆動力を高めるためと考えられます。

リアブレーキは、2WD車にはリーディングトレーディング式ドラムが採用されていますが、

4WD車には、ディスク式が採用されています。

このディスク式は、耐フェード性に優れており、重量のある4WD車にはこちらのほうが最適なのです。

このように、トヨタノア4WD車には、ならでの特徴があります。

2WDで走行しているときは、あまり違いが感じられないかもしれません。

しかし、雪道などを走れば、違いは一目瞭然。

すべてのタイヤがエンジンの力で回っているため、

2WDに比べて安定感や安心感を覚えるはずです。

4WDはエンジンの力で4つのタイヤを制御しているため、滑りにくいことも大きなメリットです。

トヨタノアで街乗りや雪道などのシーンではどっち?

トヨタノアで街乗りや雪道などのシーンではどっち?

http://car-me.jp/articles/8791

街乗りなどの普段使いでは、2WD車で遜色ないと思われます。

とはいえ、積雪量の多い地域に住む人や、

ウインタースポーツなどのために頻繁に雪道を走ることが多い人には、

やはり4WD車がおすすめです。

ノアをはじめとするミニバンは、大勢が乗車したり、

大量の荷物を積むことが多くなりがちです。

このようなシチュエーションでは、重量のバランスが崩れてリア寄りになり、

2WD車(FF)なら前輪のトラクションが低下してしまいます。

トヨタノアで街乗りや雪道などのシーンではどっち?引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

それでも普通の道路を走っている分には、さほど問題はありません。

しかし、すべりやすい雪道やアイスバーンの路面などでは、

ホイールスピンが起きてしまってスムーズに発進できないだけでなく、

加速時、直進が困難になってしまうのです。

それに比べると、4WD車は、発進してすぐ後輪に駆動力が伝わりますから、

ホイールスピンがほとんどなく、なめらかな発進が可能となり、

さらに、加速した時には、ハンドルを切った方向に素直に進む事ができるのです。

4WD車は、悪路においてこそ、その実力を発揮、より安全で安定した走りが期待できるというわけです。

坂道でも、4WD車が有利です。

トヨタノアで街乗りや雪道などのシーンではどっち?引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

特に雪道の登板・降板時は、4WD車の優位性が顕著にあらわれます。

ノア2WD車はFFですから、荷重が後輪のほうにかかります。

そのため、雪道の登り板ではトラクションが低下。

それによって、たとえスタッドレスタイヤを装着していたとしても、

坂の途中で停車したりすると、再発進が難しくなることがあるのです。

反対に、トヨタノア4WD車なら、そのときそのときの状況に合わせて

4つの車輪に適切なトルク配分が行われますから、

坂道における再発進も容易になってきます。

また、下り坂でも、エンジンブレーキが4輪すべてに効くため、安定した走行が可能になります。

燃費ではどう違ってくる?

燃費ではどう違ってくる?

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000614627/

トヨタノア 2WD車と4WD車の燃費を比較してみましょう。

例えばノア『X』のカタログ燃費を比較してみると、

2WD車は16.0km/L、4WD車は15.0km/Lとなっています。

両者の燃費の違いは、車の総重量の違いによるものです。

エンジンによって4つの車輪を動かさなくてはならない4WD車は、

2WD車に比べると使う部品が多く、その分、総重量も重くなってしまいます。

重いものを動かすには、それだけたくさんの燃料が必要になってきますから、

2WD車よりも4WD車のほうが燃費が悪いのが当然なのです。

燃費ではどう違ってくる?

ちなみに、ハイブリッド車『X』のカタログ燃費は23.8km/Lと

ガソリン車とは比較にならないほどの燃費の良さを誇ります。

燃費を重視するなら、ハイブリッド車を選ぶべきでしょうが、

トヨタノアのハイブリッド車に4WDはありませんし、

価格もガソリン車に比べると割高です。

例えば、『X』7人乗りで比較してみると、

ガソリン車2WDのメーカー小売希望価格は249万6960円、

同じくガソリン車4WDは272万2160円、

ハイブリッド車(2WD)は301万4280円となっています。

燃費ではどう違ってくる?

雪国に住む人や、ウインタースポーツを趣味とするような人は、

多少値段は張るものの、やはり4WD車を選ぶべきでしょう。

タウンユースがメインの人なら2WD車を。

ハイブリッド車にするか、ガソリン車にするかは、

予算と相談して決めましょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/noah/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ