ノート

【日産・ノート】内装や内装色は何が選べるの?内寸はどうなの?

コンセプタブル・コンパクトカーとして人気の日産ノート。

e-powerを搭載して活気的な省エネ性能を持ちつつ、内部の居住性にももの凄くこだわっていることが人気の理由の一つと言われています。

では、その内寸は?内装は?しっかりと比較できるようにまとめてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

日産ノートの内寸はどうなの?

引用元:https://www3.nissan.co.jp

引用元:https://www3.nissan.co.jp

まず最初に日産ノートの内寸についてまとめてみました。内寸は車を選ぶ時点での一つの判断基準になると思いますし、快適さの一つの指針だと思います。寸法(外寸)については自動車の分類基準の一つになります(普通乗用車・小型乗用車・軽自動車の3分類)。小型自動車の場合、長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下、排気量2000cc以下という規定がありますので、多くのコンパクトカーはこのサイズに基づいて設計されていることが多いと考えられます。

(よく5ナンバーと言われるサイズは小型自動車のこととなります)

室内に関連する日産ノートの特徴は小型車サイズながらe-powerという特性を活かして1,200cc程度の排気量で2,000ccクラスのパワーを持ち、しかもモーターによる走行から室内の静寂性を実現していることだと言えます。

日産ノートの内寸

まずは新型・日産ノートの内寸についてご紹介します。

引用元:https://minkara.carview.co.jp

日産ノートはいわゆるハッチバックと言われるタイプになります。スペックシートによると室内長が2,065mm、室内幅1,390mm、室内高1,255mm。また、トランク部分については次のようなサイズのようです。荷室長:約620mm、荷室幅:約950mm、荷室高:約700mm

なお、後部座席を倒した場合の奥行きは約1,640mm、ゴルフバックを収納したい場合は後部座席を倒す必要がありそうですね。

代表的なエコカーとの比較

引用元:https://www.webcartop.jp

次に主な内寸(室内空間やトランク部分)について、他社代表車種であるトヨタ・アクア、ホンダ・フィットと比べてみましょう。

日産・ノート

室内長2,065mm 室内幅1,390mm 室内高1,255mm 荷室幅約950mm 荷室奥行約620mm

トヨタ・アクア

室内長2,015mm 室内幅1,395mm 室内高1,175mm 荷室幅約1,000mm 荷室奥行約700mm

ホンダ・フィット

室内長1,935mm、室内幅1,450mm、室内高1,280mm 荷室幅約1,020mm 荷室奥行約670mm

それぞれに優位/不利という点があるようですが全体的にはおおよそ同じくらいのサイズと言えます。実際にお店に足を運んでいただいて座り心地や座った時の印象なども自分に合っているか参考にしていただければと思います。

日産ノートの内装色の選択できる範囲は?

引用元:https://www3.nissan.co.jp

前項で室内サイズについてご説明いたしました。それでは、内装の色についてはどのようなラインナップがあるのかについてまとめてみます。ご自身の好きな色というものもあると思いますし、色相環において落ち着く色合いなどもあります。参考にしていただければと思います。

日産ノートで内装色はどんなラインナップ

引用元:https://www3.nissan.co.jp

日産ノートではグレードのコンセプトに応じた内装色を準備しています。カジュアルなものからスポーティなものまで、そのカラーリングで随分と受ける印象も違うと思います。

e-POWER X、e-POWER MEDALIST、e-POWER MEDALIST FOUR:ブラックアロー専用ブラック

e-POWER X FOUR、X-DIG S、X、X FOUR、S、MEDALIST X、MEDALIST X FOUR:ブラック

MEDALIST:プレミアムホワイトインテリア

特にプレミアムホワイトインテリアは従来の日産ノートからガラッとイメージを変えた内装色なので、女性にも喜ばれるのではないかと思います。

人気の内装色は?

引用元:https://www.goodspress.jp

内装色ってどんな色が人気なんでしょう。アンケートをとったサイトがありますので引用してみます。

<あなたの好きな内装色はどれですか?>

◆やっぱり定番のグレー・ブラック系:66%

◆落ち着いた雰囲気のベージュ系:17%

◆個性あふれるレッド系:7%

◆その他:10%

(回答数:212票)

引用元:https://autoc-one.jp

安定のブラック人気ですね。そして、上位2つをしっかり抑えているのが日産ノートの内装色となります。

黒の場合色の性格としては「高級」「自信」「威厳」などがあります。また孤高という雰囲気も漂わせると思います。また、ベージュの場合「自然」「落ち着き」「やさしさ」などの性格を持つと言われています。これも素敵な色ですね。

実際にはグレードに応じて生地などが変わってきて見た目も少し変わってくるので、やはり実物を販売店で確認していただくのが良いと思います。

日産ノートの内装を改造したい?できます!!

ここまで日産ノートのインテリア部分を様々な角度から紹介してまいりました。内装色は黒とベージュ系がベースとなっていますが、「どーしても自分好みにカスタマイズしたい!」という方もいらっしゃると思います。大切な買い物であり、室内ではやはり自分の好きなものに囲まれていたいという気持ち、よくわかります。そこで、カスタマイズってどうなの?っていう疑問に答えていきます。

メーカーが準備している内装カスタマイズパーツ

引用元:https://www3.nissan.co.jp

まずはメーカーが準備している内装カスタマイズパーツについてです。皆さんそれぞれに室内空間で「これは必須」というものあったりしますよね!?私で言えば、やはりスマホなどの充電はすっとしたいので、USBコンソールが使いやすい場所にあってほしかったりします。そんなニーズを叶えてくれるパーツが様々にオプションという形で準備されていました。具体的に紹介しますと以下のようなものです。

インテリアパネルキット ピアノブラック仕様・・・フロント周りのパネルを高級感あふれるピアノブラック基調にするパーツです。

インテリアパネルキット ブルー仕様・・・同じくフロント周りに清潔感あるブルーを差し色として入れ込むものです。

グローブボックスパーティション・・・グローブボックスに収めるものが転がらないように仕切りを入れるものです。

センターアームレストコンソール(USB充電ポート付)・・・フロント席であってほしい一品ですレストコンソールの中でスマホなどが充電できます!!

大型シートバックグリップ・・・後部座席への乗降をサポートするグリップです。

デュアルカーペット・・・フロアカーペットとラバーマットの着脱が簡単な一品です。

革調シート全カバー・・・革調の高級感あふれるシートカバーです。汚れなども安心。日産ノートのシートサイズに完全カスタマイズされているの見た目も美しいです。

マルチラゲッジボード・・・後部座席とトランクルームとの段差を解消してくれるパーツです。他にも用途は様々で、この空間の活用度がぐっとアップします。

色々とご紹介いたしましたがいかがですか?どれもメーカーの純正オプションなので、しっかりと日産ノートに合わせて開発されているところが大きな利点です。また、もともとの内装イメージを損なうことなくさらにアップグレードしてくれるところも気持ち良いですね。

純正以外のカスタマイズパーツについて紹介

「どうしても純正パーツでは思うようなカスタマイズができない!」という方は汎用パーツなどを活用する方法もあります。パーツごとに細かく、ネットなどでも色々と販売されていますね。

一例を紹介いたします。

インテリアパネル・・・フロント周りのインテリアパネルの雰囲気をガラッと変えます。

引用元:https://item.rakuten.co.jp

フルオーダーシートカバー・・・自分好みのカラーリングにシートを変えたい場合に活用できます。

引用元:https://store.shopping.yahoo.co.jp

いかがですか??日産ノートでは外装色のバリエーションがたくさんありますので、外装色に合わせてフルオーダーのシートを作ることで、自分だけの日産ノートを作り上げるのも良いですね!もちろん、シートカバーなのでシート本体の保護にも役立ちます。

他に、もちろん走行時のホールド感を重視する方などはご存知RECAROのシートをつけたりしますね。こういうカスタマイズも可能です!

改造したい方必見!ここで出来る!?

引用元:https://autoc-one.jp

日産ノートのカスタマイズ/改造については選択するパーツによってお願いできる場所は様々です。1.販売店でのカスタマイズ・・・購入時に販売店で装着してもらうものです。販売店では購入前にしっかりと時間をとってニーズを聞いてくれますので、ぜひとも相談してみてください。

2.一般整備工場などでのカスタマイズ・・・街の整備工場などでも親身になって相談に乗ってくれます。汎用品をつけたいけど自分でつけるのはちょっと無理かなって方はぜひともパーツを買う前に相談してくださいね。

3.自分で・・・もちろん、シートカバーなどは基本、自身で装着できるように作られていますので、ぜひともチャレンジしてみてください。

【日産・ノート】内装や内装色は何が選べるの?内寸はどうなの?のまとめ

日産ノートは2018年上半期販売台数ナンバーワンなだけあり、様々な内装に関する用意がなされています。運転する時間を至福の時間にするためにも、このような内装面というものはとても大事なことだと思います。ぜひとも購入時にはオプションパーツまでしっかりと調べてみて、ご自身にとって最上の室内空間を手に入れていただき、e-powerの力強く静寂性を持った日産ノートで快適なドライブを楽しんでください。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ