ノート

【日産・ノート】スペックや加速性能、乗り心地はどうなのか!?

日産の人気車種であり、

2018年上半期の登録車販売台数No1を誇る

日産ノート。

コンパクトカーながら、

ゆったりした室内空間と力強い加速性能をあわせ持つすごいやつです。

今回は、そんな日産ノートのスペックなどを解説いたします!

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

日産ノートのスペックはこれだ!

引用:https://www3.nissan.co.jp

まず、日産ノートの気になるスペックから解説いたします。

やっぱり、ボディサイズや室内空間の広さは車選びの基本ですよね。

ボディサイズは以下のようになっております。

・全長:4100mm

・全幅:1695mm

・車高:1520mm

(いずれも e-POWER MEDALIST)

道が狭い住宅街でも、

ストレスなく乗り回せるサイズ感ですね!

日本ではだいたい、

全長が4200mm、全幅が1700mm以下だとコンパクトカーに分類されます。

日産ノートは、小さすぎず大きすぎず、

日々のお買い物にも休日のお出かけにも、

ちょうどいい大きさです。

 

それでは、室内空間はどうでしょうか。

実は日産ノート、

コンパクトなのに室内空間が充実しているのも魅力の一つなんです。

・室内長:2065mm

・室内幅:1390mm

・室内高:1255mm

 

十分ゆったりしてますね!

さすが、日産が「ひとクラス上のセダンに匹敵する」と謳っているだけあります…!

引用:https://www3.nissan.co.jp

次に、気になる燃費はどうでしょうか。

ガソリンの価格がなかなか安定しない昨今、

燃費の良さはどの車にも欠かせないファクターです。

日々の支出を抑えるためにも把握しておきたいところです。

 

日産ノートの最新車種には、

ガソリンエンジンを搭載したものと、

e-POWERというシステムを備えたものとがあります。

 

ガソリンエンジン搭載車の燃費消費率は、

2WD車が

23.4km/L~26.2km/L

 

よりパワフルな4WD車だと

18.2km/L

となります。

まずまずの性能ではないでしょうか。

メーカー希望小売価格はそれぞれ、

2WDが

1,421,280円~2,163,240円

4WDが

1,739,880円~2,021,760円

となっております。(いずれも消費税込み)

 

一方、e-POWER搭載車では各段に燃費性能が上がります。

 

2WD車は最大で37.2km/L!

4WD車も28.8km/Lを誇ります。

引用:https://www3.nissan.co.jp

このe-POWERは、これまでのハイブリット車とは違い、

エンジンで発電し、

モーターだけで走る仕組みとなっています。

 

e-POWERは乗り心地と加速性能にも影響を与えます。

走りは静かで、かつスムーズな加速も可能にしてくれるのですが、

その点については後ほど説明しようかと思います。

 

気になるe-POWER搭載車のメーカー希望小売価格は、

2WD車が

1,901,880円~2,453,760円

4WD車が

2,237,760円~2,640,600円

となっております。(いずれも消費税込み)

 

この燃費とモーターの性能で、

200万円を切ってくるのはすごいですね!

日産ノートの乗り心地は…どうなのか!?

引用:https://www3.nissan.co.jp

スペックの部分でもちらっと触れましたが、

日産ノートの室内長はなんと2065mm

コンパクトな車体ながら、

非常にゆったりとした室内空間を誇ります。

 

日産ノートは2004年に初代が誕生して以来、

改良を繰り返してきた人気車種です。

メカスペースを縮めることで、

室内空間をとことん広げることに成功しているわけですね。

 

何といっても、

乗り心地を大きく左右するのは「広さ」

室内空間がどれだけあるかというのは、

非常に重要です。

室内長が2065mmもあると、

足を組んでも狭く感じないくらいのゆとりが生まれます。

 

さらに、助手席と運転席のシート形状にも工夫が。

後部座席からの視界が開けているので、

圧迫感が少なく快適に乗っていられるそうです。

 

そこまで工夫するとは、やはり人気車種。

日産ノートならではのディテールですね。

まだ小さなお子様たちも後ろでぐずらず、

ドライブを楽しんでくれるのではないでしょうか。

引用:https://www3.nissan.co.jp

ちなみに後席ドアを広く開けられるのも魅力です。

お子様の乗り降りやチャイルドシートの取り付け、

荷物の積み込みもスムーズに。

ドアは二段階に開く仕様となっているため、

「駐車場でとなりの車にぶつけちゃった…」

という事態を防いでくれます。

 

収納スペースも使いやすく、充実しています。

カップホルダーが前席、後席についているのはもちろんのこと、

後部のラゲッジルームは、

4人乗車していてもベビーカーを載せられる広さ

ご家族で、ちょっと週末に遠出するのもいいですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp

後席を倒せば、9インチのゴルフバックが3個載せられます。

たとえ荷物が多くても、十分すぎる広さが確保できます。

 

さらに、e-POWER搭載車は、

静かな乗り心地もアピールポイントです。

 

モーター駆動ならではの静かな走りで、

早朝や深夜でも気にすることなく

ご自宅の周りを走ることができます。

 

静けさが売りなだけあって、

ボディの各所に遮音対策を導入しています。

 

フロントガラスや側面のドアガラス、

後部のラゲッジ三角窓にまで対策を施す徹底ぶり。

引用:https://www3.nissan.co.jp

ガソリンエンジン搭載車とは

まったく異なる静けさを体験できることでしょう。

日産ノートの加速性能を報告します!

引用:https://www3.nissan.co.jp

e-POWER搭載車の燃費の良さは説明した通りですが、

実はこのe-POWER、

スムーズな加速も大きな魅力の一つなんです。

 

乗り心地を左右するのは室内空間だけではありません。

モーター駆動ならではの加速性能が生み出す、

電気自動車と同様の加速性能は日産ノートの大きな魅力の一つです。

 

e-POWER搭載車は、

日産の電気自動車「リーフ」と同じ大出力モーターを使って走ります。

日産ノートの場合、

2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルクを発揮。

スポーツカー中心に搭載されているターボエンジンと

同等の加速力。

小さな車体ながら力づよさは十分です。

 

それでいて燃費も優れているので、

言うことなしですね。

 

e-POWER搭載車は、3つのドライブモードを切り替えることで、

狭い路地や市街地、

高速の合流や山道など、

シチュエーションに合わせた走行が可能です。

引用:https://www3.nissan.co.jp

まちなかでの走行など、

通常時はモーターのみで静かに走る。

急加速や登板時は、

エンジンとバッテリーの両方から電力を供給。

力強く加速する、といった感じです!

 

逆に減速、降板時はバッテリーのみに切り替わるので、

これまたガソリンのムダがないですね。

 

e-POWER搭載の4WD車は、

また一段と力強く走ってくれます。

滑りやすい道路でも、

ストレスフリーな発進、加速が可能です。

 

4WDへの切り替えはスイッチ一つでできます。

前輪のスリップ具合を検知して、

必要な分だけ後輪にトルクを配分します。

それによって、

雪道や滑りやすい坂道でも、

e-POWER搭載日産ノートの魅力である

加速性能を失わずに済むわけです。

 

また加速だけでなく、

逆にスムーズな減速も得意なんです。

e-POWER Driveモードに切り替えれば、

アクセルペダルから足を離すだけで、

強い減速力が働きます。

頻繁に減速する必要がある、

市街地や下り坂での

走りやすさをもたらしてくれます。

 

ガソリンエンジン車も性能は十分です。

HR12DDRエンジンを搭載する日産ノートは、

ECOモードと日産エコメーターを標準装備。

これまで通りの

スムーズな発進、加速が魅力です。

引用:https://www3.nissan.co.jp

HR12DDRエンジンは日産の新世代エンジンです。

1.2Lエンジンの燃費を追及しながら、

1.5Lエンジンの加速性能を実現。

日産の技術を集結したエンジンが、

急加速や登板時でも快適な加速を発揮してくれます。

 

頻繁に停止、再発進する必要がある狭い市街地や、

パワーが求められる坂道が多い日本。

 

やっぱり、普段の乗り心地を考えるうえで、

加速性能は大切です。

 

その点日産ノートの加速性能は、

快適な運転ライフを送るうえで必要不可欠と言えるでしょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ