オデッセイ

【ホンダ・オデッセイ】アクセサリーおすすめ!電源とソケットも紹介

日常で手放すことの少なくなるスマホ。

車に乗ってでかけていると、
スマホの充電が必要になることがあります。

そんな時に便利なアクセサリー電源や
車のアクセサリーパーツを紹介します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

ホンダオデッセイのアクセサリー電源はこれです!

引用:https://autoc-one.jp/

車の中でスマホを使用することはありませんか?

日常で欠かせないものとなっているのが
「スマートフォン」

財布を忘れても、
スマホは忘れないという方も多いかもしれません^^

それぐらい重要なスマートフォンですが、
電源がなくなったら、全く使うことができません。

「アッ しまった! 充電が後少しだった・・・」

そんな時に役立つのが、
車内のアクセサリー電源を使用した充電。

車内で、スマートーフォンや電子機器を、
充電することが出来る電源が「アクセサリー電源」です。

アクセサリー電源は、
シガーソケットとも呼ばれ、
以前は、タバコの火をつけるために使われていました。

しかし、
現在では、タバコを吸う人も減少傾向になり、
このソケットを電源供給として使用する人が多いです。

もちろん私も、
充電用の電源として使用している一人です。

引用:https://time-space.kddi.com/

このように電源の供給として便利なアクセサリーソケットですが、
ホンダ・オデッセイには付いているのでしょうか?

今回は、「オデッセイのアクセサリーソケット」をチェックしてみました。

通常、車には、
アクセサリーソケットがついていることが一般的です。

だいたい最低1個は、
アクセサリーソケット端子が付いているのではないかな〜と思います。

もちろん、そのアクセサリーソケットは、
オデッセイにもついています。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

オデッセイのアクセサリーソケットの位置は、
フロントの中央付近です。

アクセサリーソケットは、
シフトの下のパネル周辺にあり、
黒いカバーがついています。

アクセサリーの使い方は、
アクセサリー電源にソケットを差し込み、
電源を取り出します。

手軽に充電できるように、
最近では、アクセサリーソケット以外に、
USBポートが装着されている車も増えています。

オデッセイでは、フロント以外では、
センターコンソールの後端にはUSBポートがついています。
(ナビなどの仕様により変わる場合があります。)

センターコンソールの後端からは、
後席の方も充電をすることが可能です。

引用:https://iketel.xyz/

また、車によっては、
3列目のドリンクホルダーの後ろにソケットがある車もあります。

この場合は、
3列目でもスマホの充電ができ、後席の方にも便利ですよ。

スマホが必需品となった今、
充電できる電源が車内にあることは必須。

アクセサリーソケットは、
スマホの充電以外にも様々な使い方ができ、
他のアクセサリーパーツを使う機会も多いです。

アクセサリー電源を上手く使うのは、
ドライブ好きの方には重要なポイントです。

車を快適に使うためにも、
アクセサリー電源の位置をチェックしておき、
有効に使いたいですね。

ホンダオデッセイのアクセサリーソケットはこれ!

引用:https://minkara.carview.co.jp/

オデッセイのアクセサリー電源は、
フロントの下部にあります。

ナビなどを装着すると、
アクセサリー電源以外にUSBやその他の端子があり、
機器を接続できる場合もあります。

ナビがUSB接続できたり、
USBから充電できる電子パーツは増えていますから。

USB接続端子は、そのまま接続することができますが、
アクセサリー電源は、そのままでは使用できないので、
アクセサリーパーツを装着する必要があります。

(別途アクセサリーソケットを購入する必要があります。)

ここでは、
どのようなアクセサリーソケット関連パーツがあるのかを、
チェックしてみます。

まずは、定番のUSBソケット。

引用:https://autoc-one.jp/

アクセサリーソケットから、
USBに変換して電源を撮ることが出来るパーツです。

2つのUSBポートを搭載したパーツもあり、
2.4Aの高出力なら、アイフィンなどを急速充電できます。

こちらのパーツは、
オデッセイ以外の車でも、アクセサリー電源があれば使用できるため、
使い回しもききますよ。

1個持っていると、便利かもしれませんね。

また、アクセサリーソケットが1つでは、
物足りないという方もいるかもしれません。

様々なデザインのものがあり、
ソケットのバリエーションがあります。

このように
1つのソケットを延長して、
複数に分岐できる商品もあります。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

1つのソケットを4つに分かれる、
アクセサリーソケットです。

通常なら抜いて差し換えが必要ですが、
4つあれば、複数のパーツが接続でき、
差し替えの手間もありません。

延長コードタイプなら、
好きな場所にソケットを設置することができます。

引用:https://page.auctions.yahoo.co.jp

各ソケットにスイッチがついていて、
オン、オフがLED点灯でチェックでき、
一目でどのソケットを使用しているのかが分かります。

アクセサリーソケットは、
最近使用することが多いので、
数があったほうが便利かもしれませんね。

自分の使用条件にあわせて、
アクセサリーソケットを選ぶといいですよ。

ぜひ使いやすいものを選んでください。

ホンダオデッセイのアクセサリーオススメはこれだ!

引用:https://macchinamc.exblog.jp/

車のアクセサリーソケットからは、
簡単に電源を取り出すことが出来ます。

現在では、
アクセサリー電源に対応した様々なパーツが発売され、
車内で電装パーツが増えています。

その中でも人気が高いのが
「ドライブレコーダー」です。

車の映像を録画しておくことが出来る
ドライブレコーダー。

もしもの事故やトラブルの際に、
証拠になり、車の安全にもつながります。

装着していることで安心でき、
安全運転を心がけないといけないと思うので、
ドライブレコーダーには、心理的な効果も働きますよね。

近年いろいろな事故が増え、
トラブルも多くなっているため、
ドライブレコーダーは、装着率が増えてきている人気のパーツです。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

ドライブレコーダーには、
様々な種類があり、価格もバラバラです。

もし手軽に装着できるものを探している場合は、
アクセサリーソケットを使用した商品がいいです。

ドライブレコーダーは、
アクセサリーソケットに差し込んで使用する、
簡単取付け商品もありますから。

このような商品なら、
自分での取り付けも可能になりますね。

純正品よりも低価格な商品も多いので、
そのようなパーツをチェックしてみるのもいいと思います。

ホンダ純正のドライブレコーダーの価格は、
このようになっています。
・ドライブレコーダー 30,240円
(純正ナビ装着時)

ドライブレコーダー以外に、
アクセサリー電源を使用したパーツでは、
レーダー探知機(カーレーダー)も人気です。

引用:http://photozou.jp/

レーダー探知機は、
速度取締装置のレーザーを感知し、事前に設置を教えてくれる商品。

ついうっかりスピードが出てしまった・・・
なんて時に役に立つかも知れません。

最近ではGPS内蔵モデルがあり、
レーダー以外の機能も充実しています。

走った距離や移動距離が表示されたり、
事故多発ポイントを知らせてくれたりと、
役に立つ機能がついていて便利な商品。

もちろん、シガーソケットタイプ取付タイプなら、
装着も簡単に行うことが出来ます。

車を快適に乗るために、
このようなパーツを使用してみるのもいいかもしれませんよ。

引用:https://cobby.jp/

今回は、ホンダ・オデッセイの
「アクセサリーやおすすめ電源とソケット」を紹介しました。

アクセサリー電源は、
今ではもう欠かせない存在になっています。

そして、
アクセサリー電源に対応するパーツも、
ドンドン増えてきています。

たくさんの種類がありますが、
その中でも、自分に必要なパーツを選んで、
車に取付けることで、車内の使い勝手が上がると思います。

車のアクセサリー電源を上手く活用して、
カーライフをより快適なものにしてくださいね。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ