比較・ランキング

【ホンダ・オデッセイ】VS【トヨタ・エスティマ】ではどっち?

ホンダの上級ミニバンとして名高いオデッセイ。

セダンの運転性能とミニバンの乗り心地を同時に味わえる車です。

そんなオデッセイですが、同じミニバンとして「トヨタ・エスティマ」がライバルとして挙げられます。

お互い息の長い2台ですが、双方のポテンシャルはどれほどのものなのか比較して考えて見ましょう

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

【ホンダ・オデッセイ】VS【トヨタ・エスティマ】価格はどっち?

引用:https://toyota.jp/estima/

まずは、オデッセイとエスティマの価格を比較してみましょう。

オデッセイの価格

オデッセイには、ガソリン車3種類、ハイブリッド車3種類の合計6種類の価格設定があります。

G・AERO Honda SENSING 2WD/4WD 2,980,000円~


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/gasoline/

オデッセイのスタンダードグレードです。

最も安いグレードながら安全装備「Honda SENSING」やLEDライト、17インチアルミホイールが標準装備になっているなど十分満足できるグレードです。

ABSOLUTE・Honda SENSING 2WD/4WD 3,240,000円~


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/gasoline/

オデッセイの中級グレードです。

G・AEROの標準装備に加えて、パドルシフトや専用のチューニングサスペンションなど、走行性能や走る楽しさを味わえる装備が充実しています。

ABSOLUTE・EX Honda SENSING 2WD/4WD 3,540,000円~


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/gasoline/

オデッセイの上級グレードです。

ABSOLUTEの装備に加え、マルチビューカメラやLEDアクティブコーナリングライトなど、快適性と安全性を考慮した装備が充実したグレードです。

HYBRID・Honda SENSING 2WD 3,750,000円~


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/hybrid/

オデッセイハイブリッド車のスタンダードグレードです。

装備はG・AEROと変わりませんが、Honda SENSINGに渋滞追従機能が追加されています。

HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING 2WD 3,850,000円~


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/hybrid/

オデッセイハイブリッド車の中級グレードです。

装備はABSOLUTEと変わりません。

HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING 2WD 4,150,000円~


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/hybrid/

オデッセイハイブリッド車の上級グレードです。

装備はABSOLUTE・EXと変わりません。

エスティマの価格

エスティマには8種類のグレードがあります

エスティマ AERAS 2WD/4WD 3,312,655円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマガソリン車のスタンダードグレードです。

エスティマ AERAS PREMIUM 2WD/4WD 3,401,018円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマガソリン車の中級グレードです。

エスティマ AERAS SMART 2WD/4WD 3,514,909円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマガソリン車の上級グレードです。

エスティマ AERAS PREMIUM-G 2WD/4WD 3,700,473円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマガソリン車の最上級グレードです。

エスティマハイブリッド AERAS 4WD 4,352,400円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマハイブリッド車のスタンダードグレードです。

エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM 4WD 4,391,673円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマハイブリッド車の中級グレードです。

エスティマハイブリッド AERAS SMART 4WD 4,532,073円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマハイブリッド車の上級グレードです。

エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM-G 4WD 4,928,727円~

引用:https://toyota.jp/estima/grade/

エスティマハイブリッド車の最上級グレードです。

比較してみよう

では、2台を比較してみましょう。

最も価格が安いのは「オデッセイ G・AERO Honda SENSING」で、最も価格が高いのは「エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM-G」でした。

また、オデッセイの価格帯が298万円~415万円、エスティマの価格帯が332万円~493万円ですから、エスティマの方が高額ですね。

オデッセイはエリシオンに次ぐホンダの高級ミニバン、エスティマはアルファード・ヴェルファイアに次ぐトヨタの高級ミニバンですが、価格帯でいえばエスティマの方に高級感があるでしょうか。

ただ、双方とも安全装備とLEDライト、アルミホイールが全グレード標準装備なので、他の車ではオプションであるような装備も最初から充実しています。

そういう点ではどちらも所有して価値のある価格帯ではないでしょうか。

どちらも高級車として恥ずかしくないで気に仕上がっていますが、気軽に所有できる方を考えるとこれは価格の安いオデッセイに軍配が上がるでしょうか。

【ホンダ・オデッセイ】VS【トヨタ・エスティマ】大きさは?


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

続いて、オデッセイとエスティマの大きさを比較してみましょう。

オデッセイの大きさ

オデッセイの大きさは以下の通りです。

全長:4,840mm

全幅:1,820mm

全高:1,685mm~1,715mm

室内長:2,935mm

室内幅:1,560mm

室内高:1,300mm~1,325mm

エスティマの大きさ

エスティマの大きさは以下の通りです。

全長:4,820mm

全幅:1,810mm

全高:1,740mm(ガソリン車4WDは1,760mm、2WD車は1,730~1,745mm)

室内長:3,010mm

室内幅:1,580mm

室内高:1,255mm

比較してみよう


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

では、2台を比較してみましょう。

外寸を比較すると、全長・全幅はまったくの互角です。

2cm程度オデッセイの方が大きい程度で、ほぼ同じといっていいでしょう。

内寸に目を向けてみると、室内長と室内幅はエスティマの方が広くなっています。

意外だったのが室内高で、エスティマの方が車高が高いにもかかわらず、室内高はオデッセイの方が高いのです。

しかも50mm近い差があるので、これは大きな差です。

これはおそらくオデッセイのキモである「低床・低重心」の恩恵でしょう。

床を低くして様々なメカを車体下部に集中させた結果、車高以上の室内空間を得ることに成功しているわけですね。

というわけで、長さと幅ではエスティマに、高さではオデッセイに軍配が上がるということになりました。

【ホンダ・オデッセイ】VS【トヨタ・エスティマ】燃費はどっち?

引用:https://toyota.jp/estima/gallery/

最後に、オデッセイとエスティマの燃費を比較してみましょう。

オデッセイの燃費

オデッセイの燃費は以下の通りです。

ガソリン車(JC08モード):12.6~14.0km/L

ハイブリッド車(JC08モード):24.4~26.0km/L

ハイブリッド車(WLTCモード):19.8~20.8km/L

エスティマの燃費

エスティマの燃費は以下の通りです。

ガソリン車(JC08モード):11.2km/L~11.6km/L

ハイブリッド車(JC08モード):17.0km/L~18.0km/L

比較してみよう

引用:https://toyota.jp/estima/performance/hv_system/

では、2台を比較してみましょう。

パッと見てお分かりの通り、オデッセイがエスティマを凌駕しています。

本来低い値が出るはずのWLTCモードでさえ、エスティマの最高値のさらに上を行っています。

同じJC08モードで比較すると勝負になりませんね。

ただ、燃費はユーザーの走り方や路面状況、エアコンの有無などにも左右されますから、実燃費は少し違ってくるでしょうか。

というわけで、燃費に関してはオデッセイに軍配が上がりました。

おまけ JC08モードとWLTCモード


引用:https://kakakumag.com/car/?id=10571

エスティマの燃費測定方法は「JC08モード」ですが、オデッセイはそれに加え「WLTCモード」での燃費測定方法も行っています。

JC08モードは日本で2011年より使用されている燃費測定方法で、車の燃費を複数の走行パターンから測定する方法です。

ただし、より実際に近づけた測定方法の割には実燃費と互角の値が出ることはあまりなく「カタログ燃費の6割程度が実燃費である」と批判され続けてきました。

そこで新たに登場したのが「WLTCモード」です。

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

これは、世界基準の燃費測定方法である「WLTP」に則すように国土交通省が考えた燃費測定方法で「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」という3つのフェーズにより燃費を測定する方法で、JC08モードよりも現実味を帯びた燃費が算出される、つまり「燃費が落ちる」算段です。

2018年10月以降に発売された新車はすべて「WLTCモード」での燃費測定が義務化されており、それ以外の車も順次WLTCモードに切り替えていく予定です。

これにいち早く対応したのがマツダで、すでに多くの車種でWLTCモードでの燃費を掲載しています。

逆に立ち遅れているのは日産で、ほとんどの車でいまだにJC08モードの測定値を掲載し続けています。

ホンダは早くに取り入れており、トヨタも少しずつ取り入れ始めています。


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

以上、今回はオデッセイとエスティマを比較してみました。

価格帯や燃費ではオデッセイが、車内の広さではエスティマに軍配が上がりました。

どちらもメーカー内では高級志向なイメージが強いため、価格はどちらも高かったですが。

ちなみにこの2台、初代には因縁があります。

初代エスティマはミニバンではありえないとされていたミッドシップ(車の真ん中にエンジンがあるタイプ)で、本来は小さなエンジンを搭載できる予定だったのですが排ガス規制に引っかかるとのことで急きょ、ハイエースのパーツを流用して即席のエンジンを作り上げ搭載していました。

また、当時5ナンバーミニバンが主流の中で3ナンバーの大型ボディミニバンとして、さらに他のミニバンと比較しても高価な価格帯で販売されたことから売り上げが伸びませんでした。

また、即席で作った4気筒エンジンは他社のV6エンジンと比較してパワーに劣る上に振動・騒音がひどく、価格の割に高級感にかけると批判されていました。

一応翌年にボディサイズの小さいタイプ、その翌年に廉価グレードが発売されたうえで1998年にマイナーチェンジを行い、さあ巻き返すぞ、といったところに立ちはだかったのが「ホンダ・オデッセイ」でした。


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

ミニバンで出遅れ業績が低迷していたホンダは急きょセダンであったアコードのプラットフォームを流用してオデッセイの開発を行い、発売されてからはホンダの業績を大きく回復させる大ヒットとなりました。

当時ミニバンで主流だったスライドドアを予算と生産ラインの関係で採用できなかったものの、それがかえって新鮮であったこと、セダンベースであったことから運動性能が他のミニバンと比較して高かったことが勝利の要因でした。

その結果、エスティマはマイナーチェンジ後もオデッセイにケチョンケチョンにされ、不遇なまま2代目にバトンタッチしていきました(その2代目が大ヒットを記録したおかげで、今のエスティマがあります)。

エスティマにとって不運だったのは、キモとなるエンジンが完成しなかったこと、そして体勢を立て直す直前にオデッセイが台頭してきたこと、この2点でしょう。

そんな「雲泥の差」のスタートを切った2台ですが、いまでは日本を代表するミニバンとなりました。

今後も切磋琢磨しあいながら、さらなるレベルアップを図っていくことでしょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ