オデッセイ

【ホンダ・オデッセイ】後部座席や荷室の容量は?車中泊はできる?

ホンダの上級ミニバンとして名高いオデッセイ。

セダンの運転性能とミニバンの乗り心地を同時に味わえる車です。

そんなオデッセイですが、後部座席の広さや荷室容量はどれほどなのでしょうか。

また、車中泊するときのポイントもご紹介します。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダオデッセイの後部座席の広さは?


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/cabin/

まずは、オデッセイの後部座席の広さについてご紹介します。

オデッセイの後部座席寸法


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/cabin/

実際に後部座席の寸法を測ってもいいのですが、手っ取り早く内寸で考えてみましょう。

オデッセイの内寸は以下の通りです。

室内長:3,170mm~3,240mm

室内幅:1,545mm

室内高:1,400mm

この数値の大半が後部座席の寸法と考えてよいと思います。

ただ、いきなり値をボンと出されてもピンときませんよね。

というわけで、他の車と比較してみましょう。

ステップワゴンと比較

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/

ホンダを代表するミニバンであるステップワゴンと比較してみましょう。

ステップワゴンの内寸は以下の通りです。

室内長:3,220mm

室内幅:1,500mm

室内高:1,425mm(ハイブリッド車は1,405mm)

オデッセイと比較すると、長さはほぼ互角、幅はオデッセイの方がやや広いでしょうか。

高さはステップワゴンの方が高いですね。

座ったときに幅のゆとりがあるのがオデッセイ、高さにゆとりがあるのがステップワゴンと考えてよいでしょう。

ヴォクシー3兄弟と比較

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/

トヨタを代表するミニバン、ヴォクシー・ノア・エスクァイアとも比較してみましょう。

これら3台はプラットフォームが共通なので内寸もほぼ同じです。

室内長:2,930mm

室内幅:1,540mm

室内高:1,400mm

オデッセイと比較すると、長さこそオデッセイに分がありますが、それ以外はほぼ互角の数値です。

長い分足回りにゆとりがあるのがオデッセイといったくらいでしょうか。

レヴォーグと比較

引用:https://www.subaru.jp/levorg/stisport/special/photo.html

ミニバンばかりと比較しても面白くないので、ステーションワゴンの代表であるレヴォーグとも比較してみましょう。

かつてはレガシーがこのポジションでしたが、立派に引き継いでいますね。

室内長:2,005mm

室内幅:1,490mm

室内高:1,205mm

オデッセイと比較すると、全体的に小さいですね。

やはりステーションワゴン相手ではオデッセイも負けないということでしょうか。

以上、様々な車と比較してみました。

とはいってもライバルといえばほとんどミニバンですけどね。

流石上級ミニバン、ライバルと比較しても引けを取らない大きな後部座席を持っていますね。

ホンダオデッセイの荷室容量はどのくらいなの?


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/cabin/

続いて、オデッセイの荷室容量についてご紹介しましょう。

オデッセイの荷室寸法


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/utility/

通常荷室長:380mm

サードシートを倒したときの荷室長:800mm

セカンドシートを倒したときの荷室長:1,520mm

荷室開口部高:1,010mm

荷室開口部幅:910mm

荷室地上高:540mm

やはり、これだけ提示されてもピンときませんね。

というわけで、こちらもライバルと比較してみましょう。

ステップワゴンと比較

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/wakuwakugate/

ステップワゴンの荷室寸法は以下の通りです。

通常荷室長:500mm

サードシートを倒したときの荷室長:1,180mm

セカンドシートを倒したときの荷室長:1,700mm

荷室開口部高:1,270mm

荷室開口部幅:1,180mm

荷室地上高:445mm

いかがでしょうか?

オデッセイと比較すると入口も広く、奥行きも広く、また地上高も低いので使い勝手がよさそうです。

ただ、オデッセイは地上高が高い分床下収納が充実しているという利点があります。

ヴォクシー3兄弟と比較

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/

ヴォクシー3兄弟の荷室寸法は以下の通りです。

通常荷室長:475mm

サードシートを倒したときの荷室長:1,220mm

セカンドシートを倒したときの荷室長:1,690mm(8人乗りは1,780mm)

荷室開口部高:1,240mm

荷室開口部幅:1,100mm

荷室地上高:500mm

オデッセイと比較すると、やはりヴォクシーの方が入口が広いものの、奥行きはほぼ互角です。

地上高はステップワゴンよりも高いですが、オデッセイよりは低いので使い勝手もよさそうですよ。

レヴォーグと比較

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/utility/package.html

レヴォーグの荷室寸法は以下の通りです。

通常荷室長:1,030mm

セカンドシートを倒したときの荷室長:1,630mm

荷室開口部高:705mm

荷室開口部幅:1,115mm

荷室地上高:610mm

オデッセイと比較すると、通常時の荷室長が圧倒的に広いように見えますが、これはレヴォーグが4シーターのステーションワゴンだからでしょう。

サイズ的にはオデッセイとそんなに変わらないのですが3列目が存在しない分を荷室に回せるので、全員が乗車しても相応に長い荷室を使用することができます。

地上高は610mmと高めですが、その分床下のサブトランクルームが大活躍できるので、荷室容量はこう見えてかなり多いです。

以上、オデッセイの荷室容量をご紹介しましたが、他のミニバンと比較してもそん色ない広い荷室を持っていますね。

ホンダオデッセイでの車中泊は可能か?


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/design/

近年、車の中で宿泊を行う「車中泊」の需要が高まっています。

家族でキャンプに行った際に、車をベースキャンプとして展開したり。

学生が集まって旅行に行ったときに、宿代を浮かすために車で宿泊したり。

地震や洪水等の災害で家が使用できなくなった時に車を家代わりにしたり。

鍵もかけられて一定の空間もありますから、車は時に家代わりとなりうるわけですね。

というわけで、オデッセイの車中泊のポテンシャルを考えてみましょう。

車中泊のポイント① シートアレンジ


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/utility/

車中泊の際は車の中で「寝る」わけですから、シートを前後に動かしたりリクライニングを上げ下げしたりと、自分が寝る場所を作らなければなりません。

そんな時、その車のシートがどれだけ自由に動けるかで寝る場所のレベルも変わってきます。

まず7人乗りの場合ですが、全座席がリクライニングシートになっています。

1,2列目は独立したキャプテンシートになっていますからリクライニングにより寝そべることが可能で、3列目も3人全員が独立してリクライニングに出来るので、全員が安心して眠ることができます。

8人乗りの場合、3列目を格納したうえで2列目の背もたれを倒し、2列目と3列目の平面をくっつけることでフラットにすることができます。

とはいえ車の性質上完全な平坦になることは難しく、本気で眠りたい場合はシートやマット等を敷いて寝ましょう。

とはいえ7人・8人乗り問わず、眠るために必要なシートアレンジは十分備わっていると考えてよいでしょう。

車中泊のポイント② 電源


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/equipment/equipment/

車中泊中、携帯の電源が切れてしまっては大変です。

旅行時であれば重要な情報源を、災害時であれば重要な連絡源を失うことになります。

また、長期の生活を余儀なくされた際、車の中でお湯などを沸かせると非常に便利です。

カップ麺を食べるためにいちいちコンビニに行ってお湯をもらうのも非効率的です。

そんな時、車に電源が搭載されていれば携帯の充電、電気ケトルの仕様が可能になります。

オデッセイの場合、ハイブリッド車であれば家庭用と互角の性能を誇る1,500Wのコンセントを標準装備しています。

また、全車種DC12Vのアクセサリーソケットを搭載しているので、変換アダプター等でコンセントに変換することで、ガソリン車でも電子機器が使用可能になります。

結論

というわけで、オデッセイの車中泊ポテンシャルは「かなり良好」です。

グレードを問わずしていつでも寝られるシートアレンジが可能で、ハイブリッド車にはコンセントが標準装備されています。

ガソリン車でも道具の調達具合では十分対応できますから、楽しい車中泊ができるのではないでしょうか。

強いて言わせてもらうとすれば、USB急速充電器が付いていない点。

充電しようと思ったら、1つしかないコンセントの取り合いになってしまいます。

もしオデッセイで車中泊をするなら、アクセサリーコンセントに接続するタイプのUSBハブをもっていくとよいでしょう。


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

以上、今回はオデッセイの後部座席についてご紹介しました。

各メーカーを代表するミニバンと互角に渡り合う後部座席を持つオデッセイは、旅行でも災害時でももってこいですね。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ