オデッセイ

【ホンダ・オデッセイ】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

ホンダの上級ミニバンとして名高いオデッセイ。

セダンの運転性能とミニバンの乗り心地を同時に味わえる車です。

そんなオデッセイですが、モデルチェンジの情報があります。

また、モデルチェンジ予想や時期についてもご紹介します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

ホンダオデッセイのモデルチェンジ情報とは?


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/hybrid/

発売当初から同じプラットフォーム、同じボディ、同じパーツをずっと使い続けている車はありません。

短ければ1年、長くても5年程度で、その年の最新システムや流行を取り入れた、グレードアップバージョンの新車を発売します。

これが「モデルチェンジ」と呼ばれるものです。

また、モデルチェンジにも2種類あり、小~中規模の改造が施される「マイナーチェンジ」と、大規模改造が施される「フルモデルチェンジ」があります。

マイナーチェンジの場合は各パーツの形状変更やシステムの高性能化がはかられますが、ちょっとした変更程度でボディサイズやパーツの位置が大きく変わるわけではありません。

下記の画像をご覧ください。

引用:http://kspec-now.com/2017/11/13/2341/

これはトヨタ・ヴォクシーのマイナーチェンジ前後の画像(左がMC前、右がMC後)です。

フロントグリルやヘッドライトのアイライン等に形状変化がみられるものの、大きな変化がないのがお分かりいただけると思います。

一方のフルモデルチェンジの場合はボディサイズや内装システム、エンジンなどに大きな改良が施されており、フルモデルチェンジ前後の2台はもはや「別物」です。

下記の画像をご覧ください。

引用:https://autoc-one.jp/catalog/nissan/skyline_gt-r/grade/

これは日産・スカイラインGT-Rのフルモデルチェンジ前後(左MC前、右MC後)の画像です。

なんとなく「同じ車」とはわかるものの、形状が大きく異なっているのがお分かりいただけると思います。

画像では伝わらないかもしれませんが、ボディサイズも拡大しています。

また、左は「BNR32」という型番ですが、左は「BCNR33」という型番で、もはや名前も変わっています。

これが、マイナーチェンジとフルモデルチェンジの違いです。

今回はオデッセイの「フルモデルチェンジ」について予想したいと思います。

ホンダオデッセイのモデルチェンジを予想します!


引用:https://automobiles.honda.com/odyssey#

ここではフルモデルチェンジ後のオデッセイがどうなるのかについて「予想」します。

確定事項ではないのでご了承ください。

なお、アメリカホンダが2019年のオデッセイモデルチェンジを発表しましたので、そのデータをもとに予想したいと思います。

エクステリア


引用:https://automobiles.honda.com/odyssey#

上記は米ホンダが発表した、新型オデッセイの画像です。

これらをみながら考えてみましょう。

オデッセイといえば「低床・低重心」による車高の低さが特徴ですが、それはおそらく継承されるでしょう。

それがなければオデッセイの価値が半減してしまいますからね(笑)

また、最近のホンダ主流の「リフトアップしたキリッとした目つき」もそのまま引き継がれるはずです。

そして、ヘッドライトとフォグランプのLEDも継承されることでしょう。


引用:https://automobiles.honda.com/odyssey#

サイドに目を向けると、ボディ下部にあったエッジが今まで「下部→ホイールに沿ってアップ」だったのに対し「ホイールにそってダウン→下部」と変更されているほか、リアに右下がりでエッジが入っています。

サイドのエッジは空気の流れで大切な部分ですから、改良が入ると考えられます。

リアはブレーキランプの形状がよりシンプルになっているほか、ナンバープレート周辺のガーニッシュに形状変更が見られますね。

インテリア


引用:https://automobiles.honda.com/odyssey#

つづいてインテリアの予想もしていきましょう。

まず目に入るのはメーター類。

これまでのオデッセイはスピードメーターがアナログ表記でしたが、米ホンダの画像ではすべてデジタル表示になっています。

新しいオデッセイもオールデジタル表示になる可能性はありそうですが、これは好みが分かれるでしょうか?

そしてお気づきでしょうか?

このオデッセイ、シフトノブがありません。

バックもできないじゃないか!とお怒りの方、ご安心ください。


引用:https://automobiles.honda.com/odyssey#

シフトノブがあるべきところにスイッチ類が多数配置されており、ワンタッチで操作することができます。

日本ではパーキングブレーキこそスイッチが多くなりましたが、ニュートラルやバックまでスイッチとなると、便利な反面誤った操作で事故の温床になりそうな気がするのは私だけでしょうか。

これも好みが分かれそうな装備ですが、新型オデッセイにも搭載されるのかどうか、注目したいところです。

ただ、それ以外の装備で大きく変わりそうなところはあまりないと思います。

ハンドルの操作パネル類も大きな変更はないように思えますし、シートレイアウトにも変化は見られませんね。

なので内装で注目すべきは「デジタルメーター」と「シフトノブのスイッチ化」といったところでしょうか。

ホンダオデッセイのモデルチェンジ時期はいつ頃?


引用:https://automobiles.honda.com/odyssey#

最後に、モデルチェンジの「時期」について予想してみましょう。

先述の通り、米ホンダはオデッセイのフルモデルチェンジを「2019年」としています。

ですから、日本におけるフルモデルチェンジも、それと前後するでしょう。

つまり、モデルチェンジ時期は「2019年~2020年」と考えられます。

2017年にマイナーチェンジを行ったとはいえ、現行モデルの発売が2013年ですから、かなり長いことこのモデルを引っ張っているので、あまり遅らせても意味はなさそうです。

また、これまでのモデルチェンジが1994年→1999年→2003年→2008年→2013年とある程度5年周期なので、6年引っ張っているわけですからそろそろ変えごろです、

また、ライバルであるトヨタ・エスティマも同時期にフルモデルチェンジするという噂もあるため、これにぶつけてくることは十二分に考えられます。

大手2社の高級ミニバンの全面戦争なんてことに、、、


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

そうでなくても、2019年は各メーカーモデルチェンジラッシュです。

トヨタはあのスポーツカー「スープラ」を1月14日に、SUVの代表格「RAV4」を今年の春にそれぞれ復活させます。

さらにヴィッツアクアカローラアクシオカローラフィールダー、そしてエスティマと次々にモデルチェンジが予想されています。

ホンダは多くのモーターショーで発表してきたコンパクト電気自動車「アーバンEVコンセプト」の発売を2019年後半に予定しています。

また、S2000の後継モデルと噂される謎のマシン「ZSX」やS660の上位互換とされる「S1000」の発表、そしてあのハイブリッドスポーツカー「CR-Z」の復活が予想されています。

モデルチェンジもオデッセイはもちろん、フィットのモデルチェンジも今年ではないかと予想されています。

日産はエクストレイルジュークマーチのモデルチェンジが予想されているほか、デートカーとして名をはせたスポーツカー「シルビア」の復活発表が予想されています。

その他のメーカーでもマツダ次世代エンジン「SKYACTIV-X」を搭載した新型「アクセラ」、スバルの代表ステーションワゴンである「レヴォーグ」、三菱のミニバン「デリカD:5」と大人気コンパクトカー「ekワゴン」などのモデルチェンジが予想されています。

まさしく2019年は、怒涛の新車ラッシュに突入するかもしれませんね。


引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

以上、今回はオデッセイのモデルチェンジについてご紹介しました。

外装・内装共に各パーツの変化やシフトノブのスイッチ化などを予想しました。

また、モデルチェンジの時期を2019年~2020年と予想しました。

これから先、東京オリンピックや大阪万博など、国の経済を左右する大イベントがどんどん迫ってきます。

そんな激動する経済の中で、オデッセイがどのような進化を遂げていくのか注目したいですね。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ