オデッセイ

【ホンダ・オデッセイ】オイル交換時期とオイル量は?粘度はどう?

エンジンなど、車を長持ちさせるコツ!

それは、ずばり・・・。

そうです。いつの時代も必要となるメンテナンス。

そこで、交換の目安となるオイル量は、どのくらいでしょうか?

少し、調べてみたいと思います。

また、その時、適性のオイル量って、どれくらいでしょうか?

オイルの質は?値段は?

今回。安全走行の為、必要不可欠な情報です。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダオデッセイのエンジンが不調…オイル交換時期?

引用https://www.honda.co.jp

一般的に、オイル交換時期と言われるのは、ガソリン車15000km、ディーゼル車/ターボ車5000kmとしているみたいです。でも、その標準交換時期の条件は、気温22度。快晴無風。舗装道路を時速60kmで走り続けた場合だそうです。それ以外は、シビアコンディションとして、条件がいくつか、取説に明記されており、1つでもあれば、半分になり、2つ、3つとなるに従い短縮されますので、通常、3~5000kmであれば、オイルが劣化する前であるので、車は、良い状態を保てるということみたいです。しかし、それぞれの使用環境によって・・・、さまざまな条件が重なることによって・・・、当然のことですが、早くも、遅くもなるわけです。

ことに、オデッセイにおいては、ファミリー社として、その快適な乗車スペース。安全走行に、非常に高い信頼が寄せられる車でありますので、上記の標準交換時期を守っていれば、まず、問題がないと思います。

しかしながら、エンジントラブルと言うものは、突然起こり得るものであり、「もう少し、大丈夫だろう」と、妙に納得してしまって、起こしてしまう。と、言うような状態になることが、多々あります。

寒波の厳しい場所に向かうのに、充分な装備を怠ったりとかね。

しかし、安心してください。オデッセイは、普通に乗っている状態であれば、エンジンや、トランスミッションにいたるまで、進化しており、ホンダが推奨している交換時期よりは、少し、長めで交換していると言う口コミが良く見られます。

しかし、油断は禁物です。あくまでも、愛情を持って、大切に乗ってあげてくださいね。

引用https://www.honda.co.jp

ところで、車って言うのは、普通に使用しているだけでも、必ず、汚れがたまったり、各部が摩耗してくるものなんです。オイル交換は、標準交換時期を守っていれば・・・て、書きましたが、ほとんどの人は、車検の時にしか交換しようとしないんですよ。必然的に、走行距離が、超えてしまっているのに、普通に走るので、交換しようと思わないんですよね。そう言う私がそうなんですけどね。

基本、オイル交換も含めて、車のメンテナンスなんか、車検でもなければ、わざわざ、ディーラーに出向くこともない。無料点検のハガキを貰っても、めんどくさく思っちゃうんですよね。

でもですね、いくら、オデッセイが、まあ、オデッセイに限らずですけど、どんな、優秀な車でも、エンジンが補正の限界を超えてしまうと、一気に不調になってしまいますものね。

走行不能になってしまう恐れや、多大な修理費に見舞われてしまいます。

こう言う人間の堕落した思想が、エンジントラベルにつながっていくと言うのは、絶対、間違いありませんね。気をつけないといけませんね。

引用https://www.honda.co.jp

ここで、エンジンオイルの基礎知識を少し紹介しておきます。

エンジンオイルは、以下のような働きでエンジンを保護し、本来のエンジン性能を発揮させる役割を持っています。

(1)潤滑作用

エンジン摺同部分の間に油膜を持たせ、エンジンをスムーズに動かせると共に、摺動部分の摩耗を防いでくれます。

(2)密封作用

ピストンリングとシリンダー壁の隙間をふさぐことで、燃焼室内を密封し、始動性と出力を保ちます。

(3)冷却作用

エンジンの燃焼や摩擦によって、発生する熱を、オイルが吸収、放熱することで、エンジンを冷却し、焼き付きや破損を防ぎます。

引用https://www.honda.co.jp

(4)洗浄作用

エンジン内部に溜まる汚れを洗い流して、オイルが抱き込むことで、エンジン内部をきれいに保ちます。

(5)防錆作用

エンジン内部の錆や腐食を防止します。

(6)作動機能

V-TEC等の油圧作業装置を働かせる動力として、用います。

このように、エンジンオイルは、見えないところで、重要な役割を果たしています。

ホンダオデッセイのオイル量は?オイル粘度は何を選ぶ?

引用https://www.honda.co.jp

新型オデッセイ、オイル量と粘度なのですが、2018年9月からの新型で、オイル量3.2L。粘度ULTRA LEO。2018年11月からの新型で、オイル量3.5L,粘度ULTRA LEOとありました。粘度は、そこの環境によって、変わるということなのでしょうか?

そもそも粘度とは、w(ウインター)における外気温に対する適応の状態を表します。

車両CR-Vクラスになると、旧式のオイル量が、2004年のものが、オイル量4.0L。粘度0W-20と、なっています。これが、標準です。粘度OW-20ということは、外気温0度から20度に適応と言うことですね。実際、2400ccのオデッセイのオイル量の標準は、4.0Lで、4.3Lまで、入れることが出来るようです。新型のオイル量が少なくなっているのは、それだけ、性能が良くなっているということでしょうか?2000ccクラスで、3.5Lとありますので、排気量の差なのかもしれません。

しかし、オデッセイのアブソルートでは、純生の指定粘度が、5W-30.10W-30.5W-40.5W-40、10W-40で、OW-30は使用不可となっています。

一口にオイルと言っても、車には、その用途によって、さまざまな種類があります。ですが、オイルと言うと一般的にはエンジンオイルを指します。それは、車にとって、エンジンが重要なパーツであることに他ありませんが、その他のオイルについても、それぞれ、重要な役割江尾になっています。ここで、簡単に紹介しておきましょう。

引用https://www.honda.co.jp

エンジンオイルの次ぐらいに、一般的なオイルとされるのは、オートマオイルです。

古い車や、多走行車に乗ると、オートマでも、ギアの変わり目で、衝撃が大きくなる経験をしたことはありませんか?

それは、車が古いというより、オートマオイルが古くなり、劣化したのです。

オデッセイは、ミニバンなので、大人数を乗せて、長距離走る機会が多いと思います。

そうなると、走行距離も増えて、結果的には、オートマオイルの交換の必要性が迫られます。

一方、ミッション車に使われるのが、デフオイル(ミッション)と言うことになります。

その他、ブレーキオイル、パワステオイル、など、があります。

各オイルの量は、適量と思ってください。すべては、車を円滑に動かすのに必要な潤滑油の役割をします。

個人的には、ブレーキオイルが、エンジンオイル以上に、重要な役割をしますが、一般的にエンジンオイルのみが、オデッセイのみならず、すべての車の心臓部の役割を担います。

ホンダオデッセイのオイル交換費用はこのくらいかかります

引用https://www.honda.co.jp

オデッセイのオイル交換の費用は、大体、4200円ぐらいです。これも、種類によって違うのですが、まあ、一般的な値段ですかね。格安のオイルは、探せばあるとは思うのですが、やはり車の心臓部のエンジンオイルですものね。その車にあったものを選ぶのが妥当でしょう。

それでは、種類別にみていきましょうか?まず、車の心臓部であるエンジンオイルですが、オデッセイのエンジンオイルと言うと、高価なものと安価なものとありますが、安いものでいいのなら、2000円程度で、工賃を入れても可能となります。

しかし、ディーラーや高いオイルにかかると2~3倍、かかることもありますので、この相場は、しっかり、押さえておきましょう。

引用https://www.honda.co.jp

次に、デフオイル、オートマオイルですが、これは、大体、金額は。統一されていて、オデッセイのようなミニバンでも、小型の一般車でも、あまり、大差は、ないようです。

大体、5000円程度と言うことになります。

次に、ブレーキオイルなのですが、これも、各、カー用品店やディーラーなどで、大差はなく、4000円程度で購入できます。

最後に、パワステオイルなのですが、ホンダディーラー共通で、5400円。カー用品店では、オデッセイクラスでも、4500円からとされ、若干、お得となっています。

【ホンダ・オデッセイ】オイル交換時期とオイル量は?粘度はどう?のまとめ

引用https://www.honda.co.jp

エンジンオイルは、走行すると次第に減っていきます。

こrは、燃焼時にシリンダー壁に付着したオイル等が、燃料と一緒に燃やされて排ガスと共に排出されるからです。

その量は微量なので、頻繁にオイルを補充する必要はありませんが、乗り方によって、は、その消費量が増える場合もあり、オイル量が少なくなりすぎると、エンジン内部の摩耗や焼き付けを起こす危険性もありますので、定期的な点検が必要です。

エンジンオイルは、車の使用と共に、劣化していきます。

その原因は、燃焼ガスや、その燃え残りにさらされることによる酸化促進、すす、ホコリの侵入など、さまざまですが、それらは本来、走行距離と明確な関係はありません。乗り方や使用環境によって、その劣化影響度合いが、大きく違ってくるからです。

引用https://www.honda.co.jp

しかしながら、現実にはこのオイルの劣化度合いを正確に判断する術はありません。そのため、使い方を想定して、便宣的に不具合が起きないような交換距離や時期を目安として設定しています。

また、この目安は、使い方が、劣化しやすいものかどうかを判断する基準。シビアコンディションを考慮し、標準として設定した交換距離/時期の半分で、交換を推奨しています。

エンジンオイルが劣化した状態で、車を使いすぎると、本来のエンジンの性能を発揮できなくなり、最悪の場合は、エンジンを破損させる原因となりますので、オイルの定期交換は、必要不可欠なのです。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ