オデッセイ

【ホンダ・オデッセイ】安全性はどう?自動ブレーキの効きはどう!?

ファミリーカーとして人気の高いホンダオデッセイ。

今回は新型オデッセイの魅力と機能・性能さらには、安全性や重要な運転のしやすさ等

気になる点をわかりやすくご紹介します!

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

ホンダオデッセイは運転しやすい?しにくい?


引用:https://salon-de-odyssey.com/

運転するにあたって運転手が気にする・重要視するひとつは「運転のしやすさ」ではないでしょうか?

著者も車を運転する事が大好きなので、2時間でも3時間でもぶっ通し運転する事も多くあります(皆さんはこまめに休憩しましょう!)

少し話はそれましたが、皆さんにとって運転のしやすさとは何ですが?老若男女・十人十色、基準は様々あると思います。

「座席の硬さ」「ハンドルの太さ」「フロントの角度」「特に無し」等様々だと思います。

ちなみに著者は「ハンドルの太さ」を重要視しています!

車内空間・装備などメーカー・車種によってさまざまあり今回の「ホンダオデッセイは運転しやすいの?しにくいの?」を徹底調査していこうと思います!

新型オデッセイの室内空間


引用:https://www.honda.co.jp/

後部座席まで広々とした空間が広がり、座席には上質な素材とデザインで高級感が漂います。

運転席と助手席にはパワーシートを採用!


引用:https://www.honda.co.jp/

シートの前後・リクライニングを電動で調整可能!

運転席であればさらに高さ等も電動で行うことが出来ます!

長時間運転する場合でも自分に合わせて調整出来、さらには運転交代の際でも

調整をスムーズに・自動で行えるので誰でも・いつでもストレスフリーに

運転を開始する事ができるのです!


引用:https://www.honda.co.jp/

ジリジリと熱い原因となる赤外線を抑制!女性にはうれしいフロントドアガラスからの赤外線侵入を99%カット!

暑い夏、日陰に停めていても駐車中の車内は地獄のように熱く、エアコンをつけても車内全体が快適になるには時間がかかります。

赤外線を抑制(遮熱)する事で涼しい風が早く車内に広がります。


引用:https://www.honda.co.jp/

さらに抑制(遮熱)するだけでは無く、1列目左右席、リア席各々で好みの温度設定(トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー)が出来るので

列席ごとに快適に過ごせ「寒い!」「暑い!」と温度調整で喧嘩する事もなく、別の意味でも快適にすごせます。※EX 専用装備。

運転しやすいの?しにくいの?まとめ

室内広々・座席も電動で好みの高さやシートの前後も自動で出来て、運転席だけではなく列席ごとに温度調節も出来る。

車体も低くスライドドアなのでチャイルドシートに乗るお子さんがいても乗せたり・降ろしたりの動作も行いやすく女性でも使いすくなっています!

まとめた結果、運転しやすく助手席・後部座席にまで配慮の行き届いた素敵なファミリーカーと言えます!

ホンダオデッセイの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?


引用:https://www.honda.co.jp/

事故に遭わない社会をめざしているホンダでは様々な安全機能を装備しています。

ホンダのCMを目にした時よく聞く「HONDA SENSING」皆さんも1度は聞いたことがありませんか?

確かによく聞くけど、そもそも「HONDA SENSING」とは何なのか?

安心して、快適に運転できるように事故回避を支援してくれるシステムになりますが

具体的にどういったものなのかよく知らない・詳しい内容をご存知の方はまだ少ないと思います。

そこで、ホンダオデッセイの安全性・自動ブレーキは如何なるものなのかを紹介していきます!


引用:https://salon-de-odyssey.com/

衝突軽減ブレーキ(CMBS)

前走車・対向車・歩行者との衝突を回避してくれる機能。

誤発信抑制機能

不注意による衝突軽減ブレーキ(CMBS)急発進を防止・注意を喚起してくれる機能。

上記2つはCMでもよく自動ブレーキの安全ポイントとしてよく見ますが、ホンダ オデッセイはまだまだ安全機能が備わっています。

歩行者の安全のために歩行者事故低減ステアリング、歩行者との衝突を回避を支援。

信号等で停車中の先行車が発進した際に知らせてくれる先行車発進お知らせ機能

標識の見落としを防止し安全に運転できるように標識認識機能を搭載。

など、様々な安全機能を搭載しています。

ホンダが事故に遭わない社会をめぜして誕生した「HONDA SENSING」は、他社の安全装備よりも一歩先を進んでいると感じました。

「HONDA SENSING」は信頼性・安全性の高いシステムなので、より安心して運転ライフをホンダオデッセイは提供してくれます。

ホンダオデッセイの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://salon-de-odyssey.com/

突然の雪や高速道路を走行中の急な雨や横風、気を付けていてもふとした拍子に横滑りを起こし、ヒヤリとした経験はありませんか?

その横滑りを防止する「横滑り防止装置(ESC)」(以下ESC)をご存知ですか?

呼び名は各メーカーによって異なるようですがHondaでは「ビークル・スタビリティ・アシスト(VSA)」と言い(以下VSA)特に覚える必要もありませんが

こんな感じの名前・言えたらちょっとカッコいい名称です。

さて、このESCは2003年にトヨタ・プリウスに搭載したのをきっかけに大きく注目され、Hondaでも2008年10月発売のオッデセイに「VSA」として搭載をスタートさせました。

今現在では、軽自動車も含めた全自動車に装着が義務づけられ、安心して車を運転できる一つの大事な機能となっています。

実は搭載されているVSAで過去にオデッセイのリコールがあった事をご存知ですか?

2013年3月「ブレーキの踏み込みを感知するセンサーが上手く感知せずブレーキアシストが誤作動を起こしてしまう危険性があり、最悪突然ブレーキが作動してしまう可能性があった」という内容です。

現在はリコールとなった原因を調べ、改善をしているので安心して運転を楽しめますよ!

引用:https://salon-de-odyssey.com/

過去にあったリコールの原因は!?どこを改善したの!?


引用:https://www.honda.co.jp/

2013年3月にあったリコールの改善説明図です。

素人目には何が何だかさっぱりな説明図ですが、「誤作動を起こさない為の配線を追加した」とホンダのHPには説明がありました。


引用:https://salon-de-odyssey.com/

今回の題材の一つとなっている横滑り防止機能の性能はいかに!?


引用:https://www.honda.co.jp/

新型オデッセイは①「ブレーキ時の車輪ロックを防ぐ」(ABS)・②加速時などでの車輪空転を抑える(TCS)・③旋回時の横すべり抑制。

この3つの機能をトータルに制御し、クルマの急激な挙動変化を抑え安心・安全に走行できるように新型オデッセイにも標準装備となっています。

【ホンダ・オデッセイ】安全性はどう?自動ブレーキの効きはどう!?のまとめ

引用:https://salon-de-odyssey.com/

運転のしやすさ・安全性の高い自動ブレーキ・横滑り機能等ホンダオデッセイの機能・性能を十分にご紹介出来たと思います。

ミニバン・ファミリーカーだとどうしても車体が大きくなり、ママさんは「私運転大丈夫かな?」と不安に思うかもしれませんが、ホンダオデッセイは

小回りも利きやすく、ふらつきの少ない安定した車種といえるので運転に不安なママさんでも安心して運転楽しめますよ!

さらに長年愛され続ける理由は、ミニバンなのに後部座席のステップは低く設定されているので小さなお子さんやご年配の方でも乗り降りがしやすく

さらに大人数乗れること・セダンに近いハンドリングで高い走行性・使い勝手のよさ等様々な定評があり今も多くのファンを魅了しています。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ