ルーミー

【トヨタ・ルーミー】サイズ比較とサイズ感はどう?他車とも比較!

トヨタルーミーの大きさ・サイズ感について調べてみました。

実際のサイズ感は、どう感じるのでしょうか?

また他の車と、サイズはどのくらい違うのでしょうか?

比較していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタルーミーの大きさはどのくらい?

引用:https://yazumino44.net/

トヨタ・ルーミーの大きさは、

全長 3700mm、全高 1735mm、全幅 1670mmです。

コンパクトカーという位置づけですね。

形状はスクエアで丸みを帯びた角形の形状をしています。

引用:https://toyota.jp/

スクエア・・髪型で言うと

角刈り・・?

引用:https://www.irasutoya.com/

いやいや、イメージ変わっちゃう(笑)。

そうではなくて、こっちですね。

引用:https://toyota.jp/

先日、ルーミーのバックドアがメッキタイプを街中で見かけたんですが、

夕方というのもあり、後姿がリアライトにメッキが照らされてかっこよかったです。

颯爽と走る姿に、見とれてしまいました。

口コミだとフロントが好きという方が多かったのですが、

筆者は、ルーミーの後ろ姿に見とれました。

引用:https://toyota.jp/

この後ろ姿が、ライトに照らされるとかっこいいんですよ。

さて室内の大きさも見ていきましょう!

室内長は2180mm、室内髙は1355mmになっています。

引用:https://toyota.jp/

トヨタルーミーのいいところの一つに室内幅があります。

実は【室内幅】1480mmもあります。

これは、お母さんが後席スペースで赤ちゃんのおむつ交換することを

イメージしながら、設計されているためです。

1355mmの室内高さに加えて、室内幅が1480mmあれば、

大抵のものが置けて、オムツ交換もスムーズにできるのではないかと思います。

他車との比較の記事が下にもありますので、ご覧になって頂けると嬉しいです。

引用:https://clicccar.com/

そして、その室内髙にも貢献しているのが、

子供からお年を召されている方でも乗りやすい366mmという低床フロアです。

引用:https://toyota.jp/

この部分もルーミーの良いところの一つです。

床が低くてゆったり後席に座れる。

結構大事なポイントだと思います。

最後は、荷室です。

荷室の開口幅は1077mm、荷室フロア髙は527mmです。

地上から、荷室フロアの上の多機能ボードまでは608mmです。

引用:https://toyota.jp/

そしてルーミーの良いところでもある広さ

なんと自転車2台も収納できます。

引用:https://toyota.jp/

コンパクトカーで自転車2台も収納できる広さがある。

引用:http://animalive.me/kawaii/

これがルーミーの良さです。

トヨタルーミーの実際のサイズ感はどんな感じ?

引用:https://www.pakutaso.com/

それでは、実際のサイズ感を調査していきましょう!

わかりやすい写真を集めてみました。

ご紹介していきます。

まずはこちら、

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

これは、ダイハツ・トールの写真ですが、

ルーミーは、ダイハツが開発を手掛けたOEM車ですのでほぼ同じです。

わかりやすいので採用しました。

この写真を見ると、大人と子供がゆったりできるスペースは十分にあるということですね。

実際に、身長170cmの素敵な女性が乗っている動画も見ましたが、

座った状態での、足のスペースはシートスライドを前席側へ240mmずらしても

まだ十分座れる余裕がありました。

引用:https://toyota.jp/

そして上記の写真のお子さんは、ドリンクホルダーの部分に軽食を置いて食べていますよね。

注目点は、お子さんの背中とシートの隙間です。

見た目でこれだけスペースがあるので、ゆったりとできることがわかります。

室内もいいのですが、運転でも小回りが利くんです。

引用:https://toyota.jp/

コンパクトカーなのに、軽自動車並みの小回りで最小4.6m。

15インチタイヤの場合は4.7mですが、それでも全然OKですよね。

狭い道や曲がりくねった道路なども、これならすいすい行けます。

引用:https://toyota.jp/

すいすいラクラクですね。

ハンドルの操作性にもこだわって開発されていますから、

操作性に関してもいいと思います。

安定感はどうなのでしょうか?

一般的に重量があるほど安定感は増すと言われています。

ルーミーの車体重量は、1070~1130kgです。

お相撲さん約10人分です。

引用:https://publicdomainq.net/

例えが違いましたかね(笑)。

でもお相撲さんが10人で列をなして走っている考えると、安定感がありそうです。

下の記事でも、重量ので他車比較がわかりますので、もしよかったら読んでください。

実際、風の影響は受けるのかどうなのかと調べてみました。

高速道路の強風の中でのドライブ動画を見てみましたが

やはりどの車でも同じですが風の影響は受けます。

引用:https://toyota.jp/

ただし、サスペンションの収まりが良く、足腰がしっかりしていて、

グラグラ揺れるような挙動は少ないようです。

風に流されるけれども、直進の時はステアリングの遊びがあるので

風の影響での挙動が少ないようです。

ただ、車の向きを変えているときは風の影響を受けやすいようです。

どんな車でも一緒ですが、強風の中の運転は気を付けたいですね。

引用:https://www.ajs.co.jp/

さて皆さんはルーミーの名前の由来をご存知でしょうか?

ルーミー=roomy

日本語に訳すと「広々」、「幅広い」などが出てきます。

ROOMYという名前のとおりの車だということが

ご紹介できたかと思います。

トヨタルーミーのサイズ比較をします!

それでは、トヨタルーミーのサイズ比較をしていきましょう!

まず最初はどの動物から・・・。

引用:https://pz-garden.stardust31.com/

違いますよね。

ええ、でもやってみたかったんです。

だからちょっとだけ(笑)。

ルーミーと同じくらいのサイズは、

全長だと・・・、

引用:https://pz-garden.stardust31.com/

カバです。全長平均、3~4mあります。でかいですね。

道路を走るカバ=ルーミー・・怒られますね。

ネタはここまでにして、他の車と比較してみましょう。

トヨタ・ルーミー、ホンダN-BOX、スズキ・ソリオ以上の三車で比べてみます。

【全長】対決は、

①ソリオ 3710mm②ルーミー 3700mm③N-BOX 3395mm

ルーミーとソリオは、ほぼ同じ全長ですね。

①と③の差は、315mmあります。

ということでソリオの勝利。

小学校でもらった30cm定規を思い出します。

引用:https://neuewebstore.shop-pro.jp/

【室内長さ】対決は、

①ソリオ 2515mm②N-BOX 2240mm③ルーミー 2180mm

①と③の差は335mmあります。

ということでソリオの勝利。

N-BOXは、全長が短いけど室内長は健闘していますね。

ソリオは圧倒的に長いですが、

それでも全車2m越えで素晴らしいと思います。

車も快適な空間で過ごしたいですからね。

引用:https://www.nasu-oukoku.com/

【室内幅】対決は、

①ルーミー 1480mm②ソリオ 1420mm③N-BOX 1350mm

①と③の差は130mmあります。

ということで、ルーミーの勝利。

ルーミーは開発コンセプトに、

お母さんが、後席で赤ちゃんのオムツを交換することを

思い浮かべながら設計されています。

そういう意味で130mmの差は大きいです。

開発コンセプトに見合った勝利ですね。

引用:https://www.jp.pampers.com/

【最低地上髙】対決は、

①ルーミー 130mm②ソリオ 140mm③N-BOX 145mm

①と③の差は15mmあります。

ということで、ルーミーの勝利。

たかだか15mmと思うでしょうが、お年を召した方々は10mmの段差でもつまづきます。

そう考えると、15mmルーミーが低いというのはお年を召した方にも

それだけ優しいのです。

ルーミーは低床フロアで乗り込みの高さが366mmです。

引用:https://toyota.jp/

ルーミーは開発コンセプトにそこがあります。

その勝利でしょう。

少し外れますが、グリップも大人用子供用で配慮されています。

ここが嬉しいところです。

引用:https://toyota.jp/

【室内髙】対決は、

①N-BOX 1400mm②ソリオ 1360mm③ルーミー 1355mm

①と③の差は45mmあります。

ということで、N-BOXの勝利。

各車共通ですが、室内の高さがありますね。

全車、小学生くらいまでなら立って乗れるのではないでしょうか。

しゃがまないで乗れることは、ストレスが少なくなりますね。

大人の方も急いでいる時とか、子供がさっと乗ってくれると助かります。

引用:https://toyota.jp/

【車体重量】対決は、(一番重い車重で対決)

①N-BOX 940kg③ソリオ 990kg③ルーミー 1130kg④カバ 3500kg

カバは圧倒的体重です(笑)。

アフリカでのカバの動画を見たことがありますが、

こんなのが突進してくるのだから、たまらないですよね。

さて、N-BOXが一番軽いですね。

ルーミーとの差は190kgもあります。

ここらへんが燃費にも関係してきます。

ですが、車体重量が重いということは、良くないことばかりではありません。

車体重量が重い分安定性が増していくということもあるのです。

引用:https://publicdomainq.net/

さて、ここまでで色々な対決をしてきました。

ルーミーと他車を比較させたことで、

色々な部分が見えたこともあったのではと思います。

もし、あなたが車の購入を検討しているなら、

ルーミーもその中に入れてほしいと思います。

ルーミーは、“ユーザーへの思い”が詰まった車です。

引用:https://www.pakutaso.com/

一度試乗してみてもその価値はあると思います。

今回の記事が少しでもあなたの役に立つと嬉しいです。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/roomy/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ