比較・ランキング

セダンの燃費ランキングを紹介します!燃費のいい車はどんなやつ!?

セダンの燃費ランキングベスト10を大発表します!

車を運転する際に気になる燃費。

セダンで燃費がいいのはどのような車なのでしょう?

燃費のいい車をランキングにしてみしました。

【セダン燃費No.1】ホンダ・グレイス

引用:https://response.jp/

セダンの燃費ナンバーワンが「ホンダ・グレイス」

セダンクラスの中では、燃費の良さはダントツです。

グレイスは5ナンバーサイズの4ドアセダン車で、
5ナンバーに収まるコンパクトなボディが特徴の車。

セダンのナンバーワンの燃費を誇る、
「グレイス」の燃費をチェックしていきたいと思います。

グレイスの車のサイズは、
全長4500mm以下、幅も1700mm以下と、
取り回しのしやすいボディサイズを持っています。

<グレイスのサイズ>
全長:4,450mm
全幅:1,695mm
全高:1,475mm(FF車)
ホイールベース:2,600mm
車両重量:1,110kg

グレイスには3つのグレードに分かれています。
・「DX」標準グレード
・「LX」中間グレード
・「EX」最上級グレード

特別仕様車を含めると5つのグレードですが、
定番なのは上記の3グレード。

グレイスの中でも、装備が充実していて、
追突の恐れがあるとブレーキを自動でかけてくれる、
安心装備パッケージがあります。

このような安心装備があるのは、とても重要ですね。

その安全装備が充実しているのが「EX」になり、
グレイスの一番人気のグレードです。

引用:https://www.webcg.net/

快適装備と自動ブレーキなどの安全機能が必要な方は、
迷わずグレード「EX」を選ぶといいですよ。

グレイスには、
「ガソリン車」と「ハイブリッド車」があり、
燃費を重視するなら「ハイブリッド車」がおすすめです。

なぜなら、
グレイスのハイブリッド車の燃費は、
リッター30キロを超える燃費の優れた車だからです。

グレイスの燃費がいいのには理由があります。

まず、
グレイスは空力面に気を使っている車だということ。

車体底面を覆い空気抵抗を低減するフラットアンダーカバーなど、
空力を最大限に向上させる装備を採用しています。

空力面にも気をつかい、優れた空力性能があります。

空力面だけではなく、
グレイスは、「Honda SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive」という
ハイブリッドシステムを搭載しています。

引用:https://motor-fan.jp/

グレイスのハイブリッドは、
1.5リッターガソリンエンジンに電気モーターの組みあわせ、
7段DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)という高性能トランスミッションを装着しています。

その効果が高く、
グレイスのハイブリッドシステム搭載車の燃費は、
34.4km(2WD)、29.4km(4WD)となっています。
(JC08モード)

1.5リッター直噴DOHCエンジンのみのグレードLXは、
リッターあたり21.8km。
(JC08モード)

ハイブリッド車の陰に隠れてしまいますが、
グレイスのガソリン車もリッター20キロを超え、
それほど悪い燃費ではないですよ。

引用:https://www.honda.co.jp/

また、グレイスには、エコ運転度を測定できる、
Eco Assistを搭載しています。

そのため、楽しみながらエコドライブできます。

このようなゲーム要素がある車は、
運転していても面白みがありますよね。

グレイスはエコカーですが、スポーツモード、エコモードと、
走行するシチュエーションに合わせて切り替えができ、
ホンダ車ならではの走りを楽しむこともできる車です。

時には、走りを楽しみたいと思う時もあるかもしれませんが、
そんな時は、モードを「スポーツ」にカチッと切り替えて走れますよ。

グレイスの特徴は、5ナンバーボディを持ち、
ハイブリッドモデルでは、34.4kmという、セダンでは圧倒的な燃費性能を持つ車。

燃費と走りを楽しめる車が「ホンダ・グレイス」です。

【セダン燃費No.2】トヨタ・カローラアクシオ

引用:https://toyota.jp/

カローラアクシオは、トヨタのセダンタイプの乗用車です。

カローラと聞くと大衆車のイメージがありますが、
カローラアクシオは、今までのカローラのイメージとは違います。

まず、ボディがスタイリッシュになり、
外観に古くささ、オッサンくささがなくなっています。

そして、外観だけではなく、
このカローラアクシオに関しては、ずば抜けた特徴があります。

それは「燃費性能」

カローラアクシオは、セダンクラスでも、
トップレベルの燃費性能を持つ車。

カローラアクシオの燃費は、
リッター30キロ超える燃費性能を持っています。

そのカローラアクシオの燃費性能をチェックしていきます。

カローラアクシオは、
コンパクトな5ナンバーサイズの車です。

<カローラアクシオのボディサイズ>
全長:4,400mm
全幅:1,695mm
全高:1,460mm(2WD車)
ホイールベース:2,600mm
車両重量 :1,050kg

カローラアクシオには、
「ハイブリッド車」と「ガソリン車」の設定があります。

以前のモデルにもハイブリッドの設定がありましたが、
カローラアクシオでは、以前のモデルよりも、さらにハイブリッドシステムの効率をアップさせています。

引用:http://gazoo.com/

エンジンやモーターに改良を重ね、
エンジン性能や燃費性能が向上しています。

カローラアクシオのハイブリッドシステムは、
最高出力 73kW(100PS)とパワーもそれなりにあり、
車の加速力もアップしています。

またハイブリッドの特徴である、
モーターを使用することで、静粛性もあるため、
街乗りでも非常に快適に走れる車。

燃費は、グレードによっても異なりますが、
一番燃費が優れているハイブリッドモデルでは、
リッター34km/Lという数字を出しています。

引用:https://toyota.jp/

ハイブリッド車
・HYBRID 2WD:34.4km/L
・HYBRID G:2WD:34.4km/L
・HYBRID G“W×B”:2WD:34.4km/L
※2WD

ガソリン車の場合
1.5X:23.4km/L Super CVT-i
1.3X:20.6km/L Super CVT-i
1.5G:18.0km/L 5速マニュアル
※2WD

カローラアクシオにはグレードが多いですか、
このようにハイブリッド車がぶっちぎりで燃費がいいです。

ハイブリッド以外に、
ガソリン車でもリッター23キロとそこそこ走る車です。

ただ、
燃費で選ぶなら、リッター30キロを超える「ハイブリッド車」がいいですよ。

引用:https://bestcarweb.jp/

フロントマスクもシャープでかっこよくなり、
洗練されたカローラアクシオ。

「Toyota Safety Sense」トヨタセーフティセンスCが搭載され、
プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームといった
予防安全装備が搭載されている車。

安全性と燃費も向上しているカローラアクシオを、
普段の足として乗れば、カーライフがよりいいものなるのではないでしょうか?

燃費がいい分、家計にも優しいですよ。

【セダン燃費No.3】ホンダ・インサイト

引用:https://clicccar.com/

インサイトは現在3代目となるモデルが登場。

2018年12月に発売された、
3代目のインサイトについてみていきたいと思います。

インサイトのボディ形状は4ドアセダンタイプ。
ボディは少し大きめの3ナンバーのセダンです。

<ボディサイズ>
全長:4,675mm
全幅:1,820mm
全高:1,410mm
ホイールベース:2,700mm
車両重量:1,390kg

<インサイトのグレードは3つ>
標準仕様の「LX」
上級仕様の「EX」
外内装を黒でまとった最上級仕様の「EX・BLACK STYLE」

ボディは3ナンバーで大きめですが、
搭載されるエンジンは1.5リッターのエンジン。

ハイブリッドシステムには 「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。

引用:https://jp.autoblog.com/

街中はモーターのみで走行し、
加速時などはエンジンとモーターで駆動。

ハイブリッドシステムには、状況にあわせて切り替わり、
高速道路などはエンジンだけで走るモードになります。

このように自動で切り替えてくれる、
賢い機能を持っているインサイト。

気になるインサイトの燃費はこのようになってます。

引用:https://autoc-one.jp/

インサイトの燃費
・グレードLX:34.2km/L
・グレードEX/EX・BLACK STYLE :31.4km/L
(JC08モード)

WLTCモード:28.4km/L

インサイトは、
3ナンバーサイズのボディを持っているにもかかわらず、
リッター30キロを超える燃費のいいクルマです。

また、新しいインサイトには、
ホンダセンシング「Honda SENSING」が装備。

以下のような機能が標準装備されています。

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・後方誤発進抑制機能
・路外逸脱抑制機能 など10機能があります。

衝突軽減になる自動ブレーキなどの予防安全装備は、
もはや、欠かせない必要な装備。

インサイトでは、このような安全運転支援システムを
全タイプが標準装備しています。

燃費がいいのはもちろんですが、
今の時代、予防安全の技術もとても大事!

車選びは、燃費だけではなく、
安全も考えて、総合的に判断していきたいですね。

引用:https://www.sanikleen.co.jp/

セダンの燃費ランキングベスト10:4位以下

<4位>
トヨタ カムリ
33.4 km/L JC08モード

<5位>
ホンダ アコードハイブリッド
31.6 km/L JC08モード

<6位>
マツダ アクセラハイブリッド
30.8 km/L JC08モード

<7位>
ホンダ アコードプラグインハイブリッド
29 km/L JC08モード

<8位>
ダイハツ アルティス
28.4 km/L JC08モード

<9位>
ホンダ クラリティPHEV
28 km/L JC08モード

<10位>
ホンダ シビックハイブリッド
25.8 km/L JC08モード

最近では、リッター30キロを越えても、
それほど驚かなくなってきました。

それだけ、車が進化していて、
今後もより進化していきそうです。

車の燃費は家計にも関わってくるので、とても大事な部分。
このような車の維持費につながるガソリン代も意識して、ベストな車を選んでいきたいですね。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!