比較

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】どっちがオススメ?

えッ? 日産セレナトヨタアルファードを比較してみるのですか?

確かにどちらもバンタイプの車ではあるけど、、、。

大きさも違うし、そりゃ価格だって、燃費だってちがうでしょう!

まぁ、そうおっしゃらずに、比較してみれば案外面白い発見があるかもです。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の価格を比較

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の価格を比較引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の価格を比較引用:https://toyota.jp/alphard/

こんにちは。

それではまず、セレナから価格を調べてみましょう。

セレナは、2,435,400円~3,821,000円の価格帯で紹介されています。
下限は、セレナS 2000ccのFF車、8人乗りです。
上限は、e-パワーオーテック1200ccのFF車、7人乗りです。
e-パワーとは、ガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行するエコカーのことです。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の価格を比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

アルファードの価格は、¥3,354,480~7,508,160円の価格帯で紹介されています。

下限は、Sタイプ、2500cc、2WD FF 8人乗りです。

上限は、HYBRID Executive Lounge S、2500cc+E-Four(電気式4輪駆動方式)7人乗りです。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の価格を比較引用:https://toyota.jp/alphard/

この価格というのは、あくまでもカタログ価格(メーカー希望小売価格)です。

どちらも、当然値引きが可能ですので、実際にはどれ位の価格で販売されているのかが問題です。

それはさておきまして、「セレナとアルファード、どっちがオススメ」というテーマなので、

同じ価格帯で考えてみましょう。

日産セレナで一番の高額車は、e-Powerのオーテックで、¥3,821,000です。

これに近い価格のアルファードを見てみましょう。

アルファードSが、¥3,692,520、そしてS-Aが¥3,905,280.です。

まずは、価格を同じ位にして比較する事が、公平な判断をするには必要だと思います。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

セレナの大きさを見てみましょう。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較引用:history.nissan.co.jp/SERENA/C25/0505/GRADE/main4.html

アルファードのサイズです。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較引用:shachuhaku.main.jp/alphard/

比較する為に並べてみましょう。

外寸から、単位はmmです。

長さ: セレナ 4690    アルファード 4870 差異:180

幅:  セレナ 1695    アルファード 1830 差異:135

高さ: セレナ 1840  アルファード 1890 差異:  50

ホイールベース セレナ 2860  アルファード 2950 差異: 90

内寸:

室内長: セレナ 2825 アルファード 3160 差異:335

室内幅: セレナ 1470 アルファード 1585 差異:115

座席幅: セレナ 1260 アルファード 1400 差異:140

 

排気量(セレナ2000cc,アルファード2500cc)からも、サイズの差は当然と言えば当然なのですが、こうして並べて比較すると改めて大きさの違いを再認識されるのではないでしょうか。

しかしながら単なるサイズの違いだけでは、余り大きな問題とは言えません。

大きいから一概に快適とは限りません。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

それでは、居住空間としての視点から検討して見たいと思います。

まず、前列シート(運転席、助手席)から見てみましょう。

室内高さ: セレナ 1355 アルファード 1400

 

座席から天井の高さ:セレナ 運転席 1080 助手席 1075

アルファード 運転席 1045 助手席 1050

 

座席の縦長:セレナ 運転席 485 助手席 510

アルファード 運転席 490 助手席 550

 

座席横幅:セレナ 運転席 525 助手席 520

アルファード 運転席 530 助手席 530

前列シートで分かること。

床から天井までは、アルファードの方が高いのに、シートから天井までは逆にセレナの方が高いです。

これは、アルファードの方が座席の厚みがあるという事で、シートの高級感が窺えるところですが、一方セレナの方は、圧迫感を軽減して居住性を確保していると言えます。

前列シートは使用頻度が高いので、少し詳しく分析しましたが、中央および後部シートは簡単に分析したいと思います。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の大きさを比較引用:https://toyota.jp/alphard/

中央シートについての分析。

座席から天井の高さは、アルファードの方がかなり高いです。

各シートも、幅は525で変わらないが、縦はアルファードの方が長くゆったり深く座ることができるのが分かります。

後部シートについての分析。

座席から天井までは、セレナの方がかなり高いので後部シートでも圧迫感は薄いと考えられます。

ただ、その分シートの厚みは少なく感触は固いと思われます。

座席前後の間隔、いわゆるピッチがデータに載っていないのは、座席は前後に移動できるからと思われますが、室内の長さからいってもアルファードの方がピッチは確保されていると言えるでしょう。

総評では、それぞれの車でその特質を活かして、座り心地を重視したり、居住空間の確保に工夫が見られて、好感度としてはほぼ5分5分といったところではないでしょうか。

しかし、居住空間としてはやはり全体的にサイズの大きいアルファードの方が快適性は高いと言えると思います。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の燃費を比較

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の燃費を比較引用:http://car-moby.jp/media?id=291819&post=152948&num=2

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の燃費を比較引用:https://toyota.jp/alphard/performance/?padid=ag341_from_alphard_navi_perf

燃費を比較となるとどうでしょうか。

今回、平等を期すために同じ位の価格を選ぶという事にした訳ですが、この場合決定的に違う事があります。

それは、アルファードはSにしてもS-Aにしても、ガソリン車であってハイブリッドではないという事です。

一方、セレナはe-Powerオーテックで、最新鋭のエコカーです。

ですから、最初から燃費に関してはセレナに圧倒的に有利であることは間違いありません。

まず、この事をお断りしておかなければなりません。

 

いくら同じミニバン型の車と言っても、セレナとノアならまだしも、アルファードという高級感もあり、排気量も違うし、グレードにしても仕様にしてもかなり違ったものとの比較をする事自体がかなり乱暴だと言えるのですから、多少の矛盾は仕方ないとしてご理解いただきたいと思います。

【日産・セレナ】vs【トヨタ・アルファード】の燃費を比較

アルファードS,S-Aの燃費は、カタログ(SC08モード)表示のものでも、12.8km/Litreです。

これは、走行条件で差異はあるものの通常の生活走行では、甘く見積もっても精々8.5km/Litreが限度でしょう。

これに比して、セレナe-Powerなら、カタログ26.2km/Litreです。

条件がほぼ一緒だと、17km/Litre前後にはなるでしょう。

ただ、セレナe-Powerであっても、登り坂が連続するような場合など環境によっては燃費は当然わるくなる場合も考えられます。

とは言え、あくまでも燃費で比較するなら、セレナの圧勝に間違いありません。

私としておススメを敢えて申し上げるとしたら、予算が今回のようなカタログ価格で360万から400万円弱だとすると、ミニバン希望の方はお子様もいらっしゃるファミリー使用だと思われるので、お子様が小さい内は、セレナe-Powerで燃費を節約して、5年後、6年後にもう少し価格の上のアルファードに乗り換える計画の方が良いと思います。

あとはユーザーの方が、ご自分の予算と生活環境、家族構成などを勘案して判断されたら良いと思います。

それでは、今回はこの辺で失礼を致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回まで、皆様ご機嫌よう!!

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!