エスクァイア

【日産・セレナ】自動ブレーキや横滑り防止機能の安全性はどうなの?

2016年8月より販売を開始した5代目の日産セレナ

現在ミニバン市場の中においても注目度が高く、2016-2017の日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいてはイノベーション部門賞を受賞するなど機能面に関しても高い評価を得ています。

ファミリーカーとして好調な販売を続ける日産セレナですが、日産の安全運転支援システム「プロパイロット」を搭載し安全性能が更に向上したことも人気上昇させた要因のひとつではないでしょうか?

今回は日産セレナの操縦性や安全性について検証したいと思います。

日産セレナは運転しやすいのか!?

日産セレナは運転しやすいのか!?引用:https://www3.nissan.co.jp/

多人数乗車が可能で3列座席をもち「ミニバン」に分類される日産セレナですが、普通自動車としては車体サイズが大きく、軽自動車やコンパクトカーからの乗り換えを検討するドライバーや、運転に不慣れな方にとりましては、「運転がしにくい?」と不安に思われるのではないでしょうか?

実際のところ日産セレナを他のミニバンと比較した場合「運転しやすい」と評価するユーザーは多いようですが、日産セレナの構造自体について評価した場合「運転しやすい」、「運転しにくい」両方の意見があるようです。

それぞれの評価についてまのとめてみました。

「運転しやすい」 - 視界の確保に優れた構造

日産セレナは運転しやすいのか!?引用:https://more.hpplus.jp/

日産セレナの運転席に乗るとフロントウィンドが大きくて左右の視界が広く、そして座席の位置が高いため視点(アイポイント)も高い位置に置くことができるため、前方・下方の視界も広いことがわかります。

また斜め前方のAピラー(助手席と運転席の斜め前方柱)が比較的細く設計されているため、相対的に三角窓の面積が大きくなっています。

この大きな三角窓が死角をつくりやすいAピラー周辺の視界を広げ、斜め前方の安全確保に大きな役割をはたしています。

日産セレナは運転しやすいのか!?引用:https://autoc-one.jp

後方に関しては、リアウィンドウの幅に少々狭さを感じるものの上下方向に広い為十分な視界を確保でき、またリアクウォーターピラーの幅が狭い分リアクウォーターウィンドウ面積が大きくなる為、斜め後方の視界確保にも優れた構造となっています。

安全運転に欠くことのできない「視界の確保」に優れているところが、「運転しやすい」と感じるポイントであると言えそうです。

「運転しにくい」 - 車体構造、走行特性等

日産セレナは運転しやすいのか!?引用:https://car.watch.impress.co.jp/

日産セレナの視界の良さについては定評があるものの、運転席からはボンネットの先端が見えない構造となっています。

そのため車体前方の距離的感覚がつかみ難く、前向きで駐車する場合や、狭い場所での切り返し、Uターンなどを行う際に「運転しにくい」感じられるようです。

また他社のミニバンと比較すれば決して問題になるところではありませんが、軽自動車やコンパクトカーと比較すると最小回転半径が大きく小回りが利かないところも「運転しにくい」と評価される要因となっています。

ユーザーごとさまざまな評価はありますが、全体的にはミニバンの中において日産セレナは「運転しやすい」自動車であると認めるユーザーが多数を占めているようです。

日産セレナの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?

続いて自動車の安全性能の評価基準である「自動車アセスメント(衝突安全性)」及び「予防安全性能アセスメント(評価)」の試験結果に基づいた日産セレナの安全性について検証したいと思います。

日産セレナの自動車アセスメント(衝突安全性)評価

日産セレナの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:http://jafmate.jp/

自動車アセスメント(JNCAP)とは国土交通省管轄の独立行政法人である「自動車事故対策機構(NASVA)」が実施する安全性能試験であり、自動車が何かに「衝突」した場合、「車体」「乗員」「人身」等が受ける衝撃を数値化して評価を行います。

日産セレナの自動車アセスメントの各試験における評価は次の通りです。

乗員保護性能評価  : 90.70点 / 100点満点

*乗員保護性能評価とは、自動車が指定の速度で試験対象物に衝突したあるいは衝突された場合、乗員が受ける衝撃と車室内の変形度を評価する試験で「フルラップ前面衝突試験」「オフセット前面衝突試験」「側面衝突試験」「後面衝突頸部保護性能試験」の4種類が実施されます。

日産セレナの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:http://cartalk.tokyo/

歩行者保護性能評価 : 75.06点 / 100点満点

*歩行者保護性能評価とは自動車が歩行者をはねた場合、その歩行者が受ける衝撃を評価する試験です。

PSBR評価 : 0.8点 / 8点

*PSBR評価とは人が乗車中にシートベルトをせず走行を始めた場合の警告機能についての評価試験です。

平成28年度に実施された自動車アセスメントにおいて日産セレナは上記の通り高得点を取得し、最も安全性の高い自動車に授与される「ファイブスター賞」を獲得しています。

日産セレナの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://e-nenpi.com/

日産セレナの予防安全性能アセスメント(評価)

予防安全性性能アセスメントとは国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が実施する「先進安全技術を搭載した自動車の安全性能」を評価する試験であり、次の2つの試験を行います。

被害軽減ブレーキ: 前方の自動車に日産セレナを指定の速度で接近させた場合、自動ブレーキが作動して衝突を回避できるか?また衝突した場合でもどの位速度が低下したかに応じて得点が与えられます。

日産セレナの安全性はどうなの?自動ブレーキの性能は?引用:https://www.osusume-car-life.com/

車線はみ出警報: 日産セレナを指定の速度で走行させ、道路の白線からはみ出した時に警報を出すか否かを試験します。

日産セレナは平成28年度に実施された上記2つの試験において満点(71点/71満点)を獲得し最高評価となる「ASV++(ダブルプラス)」を獲得しています。

特に目を見張るのは日産セレナの自動ブレーキ性能であり、上記の試験においては50km/h~60km/hで走行中においても前方走行車や人との衝突を回避できる事が実証されています。

日産セレナの横滑り防止機能の性能はどうなの?

日産セレナの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://aizu-shinsui.com/

日産セレナは安全運転支援のひとつとしてVDC(ビークルダイナミクスコントロール)機能を装備しています。

VDC機能とは日産セレナのセンサーが走行中に横滑りを感知したときに、ブレーキやエンジン出力の制御を自動的に行い走行の安定性を確保する機能であり、雪道や凍結道路などの滑りやすい路面やカーブを曲がるときや障害物を回避するときにクルマの横滑りを軽減することを目的としています。

当然ながら以前の自動車には搭載されていない新技術でもあり現在法律上においても義務化がされていない為か、ユーザーの中にはVDC機能について日産セレナの価格を上昇させる不要な装備と否定する声もあるようです。

しかしながら大多数のユーザーはVDC機能については肯定的であり、例えば前方に人が急に飛び出して来た場合などとっさに急ハンドルを切らなくてはならない場面において日産セレナのような背の高い自動車が横転するのを防ぐなど、不測の事態に対する備えとしてその必要性を感じています。

ただし、メーカーのホームページにも注意喚起されている通り、VDC機能はあくまでも横滑発生時に走行安定性を向上させるものであり、横滑りによる事故を防止するものではありません。

その性能も物理的な限界を超えて作用しない事を十分理解しながら、できるだけこの機能が発動しないような運転を実践して頂きたいと思います。

日産セレナの横滑り防止機能の性能はどうなの?引用:https://response.jp/

以上、日産セレナの操縦性・安全性について検証した結果、日産セレナが比較的運転しやすくまた安全性に優れた機能を有する自動車であることを確認頂いたと思いますが、ユーザーの方々にはその優れた機能や安全性に依存・過信することなく常に安全運転を心掛けて頂きたいと思います。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!