セレナ

【日産・セレナ】ガソリン車とe-POWER搭載車のどっちがいい?

車はどんどん進化していきます。

一番の問題が、排ガスによる環境汚染で、新しいエネルギー開発が求められています。

現在ある、ガソリン車と電気・エコカーと呼ばれる車、どこがどう違うのでしょうか。

燃費はユーザーにとって関心が高いのに、なぜ未だにガソリン車を求める人が多いのでしょうか。

今回は、ガソリン車の特徴、e-Powerの特徴をあげて、比較してみました。

日産セレナのガソリン車の特徴は?

日産セレナのガソリン車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セレナは、主にファミリー使用を対象にした、人気ミニバンです。まずは、どんな点がセールスポイントになっているのか見てみましょう。

1)7人乗り、8人乗りが可能。シートアレンジが自由自在。スマートマルチシートを2列目中央にセットすれば、2列目が3人乗車可能になるので、最大8人までの乗車が可能になります。

2) スマートマルチシートを移動させることで、1列目と2列目、または2列目と3列目の移動がスムーズに可能になります。

また、3列目の乗降が簡単にできるように、2列目シートはシートベルト内臓式にして、チャイルドシート装着時であっても乗降の面倒が軽減されています。

フットペダル及び助手席側オートスライドスイッチも設定されています。

スライドドアは、802mmもの開口幅で乗降りしやすくなっています。

3)燃費は、リッター16.0km/L(カタログ表示)で、ガソリン車の中では大変すぐれた燃費を実現しています。

4) 衝突の被害を軽減させる「自動ブレーキ」そして「車線逸脱警報」が標準装備されています。

5)ミニバンクラスでは、本体価格224万円からあり、安価な価格設定があります。

日産セレナのe-POWER搭載車の特徴は?

日産セレナのe-POWER搭載車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

e-Powerの特徴は、何と言っても燃費の向上でしょう。
26.2㎞/Litre(JC08モード)は、同クラスミニバンでは群を抜いています。

e-Powerとは、エンジンを発動してモーターだけで走る事ができる、日産独自の画期的システムです。

電気自動車のようなスムーズな発進としなやかな乗り心地が魅力のこの新型e-POWER(eパワー)ですが、各シートにUSBポートを設置をするなど、ユーザーにとって便利な装備や機能が充実しているのが特徴の一つです。

e-Powerは、安全性を重視した装備が多く見受けられます。

日産セレナのe-POWER搭載車の特徴は?引用:https://www.mycarforum.com/topic/2702847-5th-generation-nissan-serena-c27/

ガソリン車でご紹介したものと重複するものもありますが、特徴的なものをざっと列挙してみましょう。

・インテリジェント エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)
・同一車線自動運転技術”プロパイロット機能”
・インテリジェントルームミラー
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・オートブレーキホールド
・電動パーキング
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントパーキングアシスト
・標識検知機能
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・フロント&バックソナー
・SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム
・ヒーター付きドアミラー

ざっと挙げただけで、これだけのものがあるのですから、安全性には特に力を入れていることが分かります。

日産セレナのe-POWER搭載車の特徴は?引用:https://rojam.jp/gallery/serena/serena_c27/

特記したいのは、アラウンドビューモニターがe-Powerでは画面が大きいナビ画面で確認できるようになったため、視認性や使い勝手が格段に良くなってバックや駐車がしやすくなった事です。

ただ、ちょっと残念なのは、すべてが標準装備となっているわけではありません。

「自動ブレーキ」以外は、オプションとなっているものが多いので気を付けなければなりません。

e-Powerはどうしても価格が上がりますので、価格を抑えるために仕方なかったのかも知れませんが、少し残念な気がいたします。

日産セレナの各燃費比較

日産セレナの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

見出しでは燃費比較となっていますが、車種別にカタログ表示の燃費(JC08モード)をいくら羅列してみても、タイトル「ガソリン車とe-Power搭載車、どちらがいいか」には、あまり意味がない事なので、ここでは代表的なものだけリストします。

セレナS:15.0km/Litre  X/ハイウェイスター:17.2km/Litre

G/ハイウェイスターG: 16.6km/Litre

e-Power X/ハイウェイスター: 26.2km/Litre

つまり、圧倒的にe-Powerの方が燃費は上です。

エンジン始動の時だけで、あとはモーターで走る訳ですから当然です。

皆様も、この燃費データだけでは、「やはりe-Powerだ」とは決しておっしゃらないでしょう。

日産セレナの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

事実、ユーザーなどのアンケートによると、実燃費をガソリン車では10km/Litreから12.0km/Litre位の幅が最も多く、e-powerであっても多くは15.0kmから17.0km/Litre位の幅です。

 

燃費だけ捉えてみても、カタログ通りの数字は実際には実現することはまずあり得ません。

データが嘘というのではなく、メーカーが最高の燃費効率を出すために用意した状況下での話です。

実際にユーザーは、気候も異なった地域に生活ベースを置き、用途もそれぞれに違っています。

寒冷地で冬が長く、その割には夏は酷暑に見舞われる地域も多く存在します。

こうした地域では、エアコン使用する時期が長く、温度設定もかなり強力にしなければなりません。

このような場合は、年間の燃費平均は当然悪化します。

日産セレナの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

その他、山岳地で坂道やカーブの多い地域、市街地で低速走行が多く停止・発信の回数が多い地域、高速道路・国道・バイパスなど割と安定走行が可能な地域、これらによって燃費は格段に違ってきます。

e-Powerが燃費では優位だという事に変わりはないでしょうが、e-Powerにも弱点はある訳で、坂道が続き高速走行が一定の限度を超えると燃費も極端に悪くなるのはむしろ当然です。

ミニバンは、排気量や馬力の割には車体が大きく乗車定員も多いので、登坂力や加速性能ではどうしても他のセダン型の車よりは劣ります。

燃費だけでも、単純に比較することは難しいと言わざるを得ません。

日産セレナの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

それでは、その他のファクターについても検討してみましょう。

価格についてはいかがでしょうか。

カタログ価格において、ガソリン車とe-Powerでは、e-Powerの方が値段は高いです。

それに、買い替えされる場合は、車の下取りがあります。

下取り価格は、ディーラーさんにお任せではなく、「一括査定」などで買い取り価格を調べた上で交渉した方がいい事は、このページに掲載されているコマーシャルでも言われています。

日産セレナの各燃費比較引用:https://www.mycarforum.com/topic/2702847-5th-generation-nissan-serena-c27/

車を取得する時の取得税、重量税など諸費用も、ガソリン車とe-Power搭載車では差があります。

その上値下げ交渉も可能です.

ガソリン車はe-Powerに比べて値引き額は大きいです。

次の買い替えまで何年使用されるかも重要なファクターです。

3年で買い替え、いや5年、それ以上?

期間によって、いくら安く買ったとしても、燃料効率の悪い車を長期使用すれば結局はトータルでは高くつきます。

その逆もあります。

どうでしょうか、「ガソリン車かe-Powerか」と言っても様々な要素があり、様々な角度から検討しないと一概には言えないことがお分かりいただけたかと思います。

日産セレナの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

最後に一言、私がもっとも重要視して欲しい点です。

それは、メーカーやディーラーがいかに「安全」を重視しているかに着目して欲しいという事です。

大変言いにくい事ではありますが、過去には信じられないような「欠陥かくし」や「データ改ざん」もあった事は事実です。

その会社の体質をきびしく査定する目を、ユーザーは持つべきだと思います。

よく優先順位として、「1に安全、2に遵法性、3に経済性」などと言われますが、この優先順位を守ることは、とりわけ営利事業では中々至難の業なんです。

安全優先を実現させるのは、ユーザーの厳しい目であることを忘れてはならないと思います。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは次回また、皆様ごきげんよう!!

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!