セレナ

【日産・セレナ】内装や内寸はどんな感じ?内装色は何が選べる?

日産セレナの内装について見てみましょう。

どんな内装があるのでしょう。

そしてどんな色があり、選ぶことができるのでしょうか。

また内装は、どんな改造が可能なのでしょうか。

ここではそんな事をご紹介させていただきます。

日産セレナの内装はこれだ!

日産セレナの内装はこれだ!引用: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

セレナの機能や装備を見てみると、この車がファミリー向けに設計されていることが分かります。

様々なユーザーの意見を集約して、使い勝手を追及した内装になっていて大変工夫が感じられます。

それでは、どんな内装が特徴的で、またその違いについてご紹介致します。

 

まず、何と言っても大きなポイントは、「セカンドシート超ロングスライドと横スライド」。

2列目シートをロングスライドさせると、大人でも広々と足を伸ばせるほどのスペースができます。

690mmの超ロングスライドまで可能です。

ただ、標準装備されているのは、X・Vセレクション・G・ハイウェイスターなどで、セレナSはメーカーオプションとなっています。

日産セレナの内装はこれだ!引用:http://www.mycarforum.com

次のポイントとしては、サードシートにもスライド機能が装備されていて、足元を広くゆとりの座面幅で快適な空間を楽しむ事ができます。

こちらも、標準装備は上記同様、セレナSではメーカーオプションです。

 

その他の収納や便利な機能もご紹介致しましょう。

「インテリジェントルームミラー」

日産セレナの内装はこれだ!引用:https://iketel.xyz

これは車両後方のカメラ映像をミラー面に映し出すので、2列目・3列目に乗っている人、後部荷物スペースに積んだ荷物があっても、後方視界を確保することができるのです。

駐車する時も、後ろを振り返ったり、ドア・窓などを開けて後方確認するより、安全で確実な駐車が可能になります。

「スマートマルチセンターシート」

日産セレナの内装はこれだ!引用:https://www3.nissan.co.jp/

この背もたれにある収納ボックスは、薄型のボックス型ティッシュをすっぽり収納することができます。

車内では、ティッシュを利用する機会も多いので、これはおしゃれで機能的です。

「バックテーブル」

日産セレナの内装はこれだ!引用:https://www3.nissan.co.jp/

また、新型セレナでは、2列目と3列目シートにもバックテーブルが装備されていて、本や小型ゲーム機器、ランチボックスなどを置くことができます。

ドリンクホルダーもついているので、お茶などペットボトルも安定して置く事ができます。

飛行機や新幹線の座席後ろについているテーブルと同じようなものですが、少し小ぶりになります。

 

様々な収納スペースにも工夫が多くみられます。

メーターとステアリングホイールとの間には、ダッシュボード上部に小物入れがあり、USBソケットも用意されています。

スマートフォンを充電できますし、コードも収納できるのでとても便利です。

「ハンズフリーオートスライドドア」

日産セレナの内装はこれだ!引用:https://www3.nissan.co.jp/

車周りで装備されているものです。

スライドシートの下の部分を足先で操作、自動的にドアの開閉ができ、両手に何か持っている時や小さなお子様を抱っこしたままでも楽にドアを開けることができます。

とりわけ、主婦の方にとっては、大変重宝される装備だと思います。

「デュアルバックドア」

日産セレナの内装はこれだ!引用:https://www3.nissan.co.jp/

これも、女性にはとても嬉しい装備です。

上部のハーフバックドアを使用すれば、軽い力でバックドアの開閉が可能で、買い物や狭い駐車場でも

荷物の出し入れができます。

その他にも、じつに細々とした気遣いがされていますので、販売店や試乗会などで是非一度確認していただきたいと思います。

きっと、「あ、これっていいな」と思われるような新しい発見をされることでしょう。

日産セレナの内装色はこういったものが選べます

日産セレナの内装色はこういったものが選べます引用: https://iketel.xyz/serena interior

内装色では、ブラック・フェザーグレー・グレージュなどの内装色が準備されています。

もっともベーシックなデザインであるブラックは定番ですが、おすすめシート色としては、グレージュかプレミアムインテリアです。

グレージュは高級感があり人気です。

夏場などは、ブラックよりやはりグレージュかなとも思われます。

プレミアムインテリアはお洒落な感じですが、人によってはちょっと渋すぎると感じられるかも知れません。

 

新型セレナで選べるシート素材と内装色は5つがラインナップされています。

グレージュ<Z>シート地・ジャカード織物/トリコット

日産セレナの内装色はこういったものが選べます引用:https://www3.nissan.co.jp/

注:ハイウェイスターのみ選択できます。

フェザーグレーシート地・織物/トリコット

日産セレナの内装色はこういったものが選べます引用:https://www3.nissan.co.jp/

注:ハイウェイスターでは選べません。

ブラック4<G>シート地・織物/トリコット

日産セレナの内装色はこういったものが選べます引用:https://www3.nissan.co.jp/

ブラック防水シート(オーテック扱いメーカーオプション)

日産セレナの内装色はこういったものが選べます引用:https://www3.nissan.co.jp/

プレミアムインテリア<P>(メーカーオプション)・シート地:グラデーション織物/合成皮革

日産セレナの内装色はこういったものが選べます引用:https://www3.nissan.co.jp/

車体カラーも豊富にありますので、カラーの調和やバランスも考えて選択されたらいいと思います。

案外、思いもかけない面白い組合せもできるかもしれません。

ただ、カラー選択は後に変更できるものではありませんので、ご使用されるご家族で用途なども吟味した上で慎重にお決めになって下さい。

お住まいの場所が、寒冷地であるとか、温暖なところであるなども重要なファクターとなります。

先に述べましたように、ブラックが夏場むきではないかなと申し上げたのも、そういった観点からも検討していただきたいと思ったからです。

日産セレナの内装を改造した例

日産セレナの内装を改造した例

引用:http://carsmedia.info/serena-400

自動車用カスタムパーツは、専門店などで種々様々なものが販売されていますので、店頭やカタログなどを見るだけでも想像がふくらんで楽しいです。

アウトドア派など道具やテント・寝具などを積むことの多いユーザーには、写真のようにシートを折りたたんで仕様を変えることも可能です。

使い方によっては様々な改造が可能になると思います。

 

カスタムパーツで多く見かけられるものをご紹介致しましょう。

「LEDルームランプ」

日産セレナの内装を改造した例引用:https://auto-style.jp

室内ランプをLED仕様のものに替えると室内イメージが一変します。

自動減光やゴースト点灯対策も可能です。

「シートカバー」

日産セレナの内装を改造した例引用:https://dressup-navi.net

シートの汚れ防止のためにシートカバーを利用される方も多いです。

折角の内装シートの素材・色を隠してしまうというデメリットもありますが、小さなお子様のいらっしゃるご家庭などでは、可愛い花柄や水玉模様、キャラクターなどのプリントされたシートカバーは多様されています。

取り付けも簡単ですし、洗濯も可能なのは主婦にとっても有難いことです。

「カーテン・サンシェード」

日産セレナの内装を改造した例引用:https://minkara.carview.co.jp

防水・遮光・プライバシー保護にカーテンやサンシェードも多様されています。

特にアウトドア派の方に、車内の着替え、宿泊、盗難防止、エアコンによる燃費向上等々。

キャンプ、海、サーフィン、スノボやスキーに大活躍です。

「フロアマット」

日産セレナの内装を改造した例引用:https://minkara.carview.co.jp

セレナ専用のフロアマットも多く出回っていますので、カスタムショップなどで手軽に手に入ります。

車種別で、デザインやカラーも豊富で、季節や用途によっても選択肢は多くあります。

「コンソールパネル」

日産セレナの内装を改造した例引用:https://global.rakuten.com/

標準装備されているものに替えて、高級感あふれるコンソールパネルを取り付けることも可能です。

これも取り付け箇所によって、種々選択肢があります。

キャンピングなどでは、車内が重要な居住空間になりますので、このようなコンソールを多用することで、

アウトドアパーティの雰囲気を盛り上げるのには最適なツールとなります。

簡単に着脱できるので、必要な時だけ取り付ける事も可能です。

日産セレナの内装を改造した例引用:https://paultan.org/

以上、カスタムパーツとして出回っているものを中心にご紹介させていただきました。

それでは今回はこの辺で、皆様ごきげんよう!!

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!