セレナ

【日産・セレナ】維持費やローンは?残価設定にするべきか否か!?

ミニバンで人気の日産セレナ

総合的によくまとまっているだけに、気になるのは価格面です。

調べてみると、価格面をネックとして挙げる方も多く見られます。

各社で提供している残価設定型ローンは実際のところどうなのか?

今回はローンや維持費についてご紹介したいと思います。

日産セレナのローンはどれだけかかる?

日産セレナのローンはどれだけかかる?引用URL: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

日産セレナのローンはどれだけかかる? ということで、

早速セレナと新型セレナe-POWERで見積もりシミュレーションしてみました。

 

e-POWERと比較するために2WDで、

どちらも追加料金のかからないアズライトブルーで比較しています。

オプションはせっかくなのでプロパイロットのつく「セーフティパックB」にしています。

日産リーフの2015年式、グレードはメーカのランキングで人気のGからの乗り換え、という想定にして下取りしてみましょう。

参考価格が66.5万円~83.5万円なので、下取り価格は間をとって75万円にしました。

頭金は89万円で設定しています。

残価設定型ローンは36回、48回、60回支払いが用意されていますので、回数もそれに合わせて資産しています。

日産セレナのローンはどれだけかかる?

【セレナX VセレクションⅡ】のローン

メーカー希望小売価格 (車両本体価格+メーカーオプション)

2,905,200円(消費税込)

現金価格 (メーカー希望小売価格+ディーラーオプション+諸費用等)

3,102,059円(消費税込)

 

(共通設定)

頭金(現金) 892,059円 / 下取車価格 750,000円

所要資金(クレジット元金)

(現金価格 - 頭金 - 下取車価格) 1,460,000円

お支払方法 均等払い

 

・36回支払いの場合

月々 42,300円

お支払回数・期間 36回・ヶ月

手数料率(実質年率) 2.85%

初回分割支払額 44,536円

2回目以降分割支払額 42,300円 × 35回

クレジット支払額合計 1,525,036円

支払総額 3,167,095円

日産セレナのローンはどれだけかかる?

・48回支払いの場合

月々 32,200円

お支払回数・期間 48回・ヶ月

手数料率(実質年率) 2.85%

初回分割支払額 33,131円

2回目以降分割支払額 33,131円 × 47回

クレジット支払額合計 1,546,531円

支払総額 3,188,590円

 

・60回支払いの場合

月々 26,100円

お支払回数・期間 60回・ヶ月

手数料率(実質年率) 2.85%

初回分割支払額 28,324円

2回目以降分割支払額 26,100円 × 59回

クレジット支払額合計 1,568,224円

支払総額 3,210,283円

日産セレナのローンはどれだけかかる?

【セレナ e-POWER XV】のローン

メーカー希望小売価格 (車両本体価格+メーカーオプション)

3,447,360円(消費税込)

現金価格 (メーカー希望小売価格+ディーラーオプション+諸費用等)

3,561,119円(消費税込)

 

(共通設定)

頭金(現金) 891,119円

下取車価格 750,000円

所要資金(クレジット元金)

(現金価格 - 頭金 - 下取車価格) 1,920,000円

お支払方法 均等払い

 

・36回支払いの場合

月々 55,700円

お支払回数・期間 36回・ヶ月

手数料率(実質年率) 2.85%

初回分割支払額 56,027円

2回目以降分割支払額 55,700円 × 35回

クレジット支払額合計 2,005,527円

支払総額 3,646,646円

日産セレナのローンはどれだけかかる?

・48回支払いの場合

月々 42,300円

お支払回数・期間 48回・ヶ月

手数料率(実質年率) 2.85%

初回分割支払額 45,695円

2回目以降分割支払額 42,300円 × 47回

クレジット支払額合計 2,033,795円

支払総額 3,674,914円

 

・60回支払いの場合

月々 34,300円

お支払回数・期間 60回・ヶ月

手数料率(実質年率) 2.85%

初回分割支払額 38,623円

2回目以降分割支払額 34,300円 × 59回

クレジット支払額合計 2,062,323円

支払総額 3,703,442円

 

実際には実質年率の違いや、下取り価格、頭金やボーナス月分割支払いなどで大きく変わると思いますので、参考まで。

やはりe-POWERの方が小売価格が高い分、当然ですが月々の負担も増えることになりますね。

では次に残価設定型の場合を見てみましょう。

日産セレナの残価設定はいくら?

日産セレナの残価設定はいくら?引用URL:https://www.nissan.co.jp/CREDIT/BVC/

まず、残価設定型ローンについて確認しましょう。

「月々の支払いが抑えられる」「数年後に自分の好きな支払い方法が選べる」というメリットは耳にしますが、

仕組みが独特であるため、少々わかりづらいともいえます。

 

「残価」とは、数年後にその車を下取り車として出した場合の価値=下取り価格のことです。

支払い期間に応じて設定された「残価」が据え置きのローンなのですね。

 

メーカのサイトでは次のように説明されています。

「あらかじめ数年先のクルマの残価を設定し、その額を差し引いた分だけ、分割してお支払いとなります」

 

ここで注意が必要なのは、残価として保証される下取り価格は、

あくまで最終回に据え置かれているだけで、ローンとして借り入れる金額そのものからは引かれていない、という点です。

つまり残価分にも金利がかかる、という点に注意が必要です。

日産セレナの残価設定はいくら?引用:http://www.mycarforum.com

残価設定型ローンのメリットとして、下取り額が中古車市場に左右されない、という点が挙げられます。

中古車市場で上向きになっている時期であれば、その差額はそのまま下取り価格に上乗せされ、

下取り価格が残価より上がることはあっても下がることはないのは安心ですね。

 

ですが、下取り価格の保証には明確な基準があります。

 

1) レース(競技会等)での使用、その他違法改造等がなされていないこと。

2) 事故による修復歴がないこと。

3) 走行距離が事前に設定した距離数以下であること。

(これを超えた場合でも、精算可能上限までは返却が可能です。但し、免責基準を超えた部分については返却時に精算となります。)

4) 内・外装の損傷による日産販売会社による査定減点が免責基準の範囲内であること。

日産セレナの残価設定はいくら?引用:https://paultan.org

セレナの場合、免責基準が10万円以下、清算可能上限値が15万円です。

特に車両保険に入っておらず万が一の車両の修理にリスクのある人、走行距離が多い人、

初心者や高齢者などの運転に不安がある人は注意が必要です。

契約前によく確認しましょう。

 

さて、本題のセレナの残価設定ですが……

今回はハイウェイスターを除いて、セレナとセレナe-POWERを見てみましょう。

【セレナX VセレクションⅡ】の残価設定

日産セレナの残価設定はいくら?引用:https://www.carlist.my

[ひと月の走行距離が1,000kmの場合・36回払い]

月々 8,600円

初回分割支払額 10,398円

2回目以降分割支払額 8,600円 × 34回

最終回分割支払額(据置額) 1,365,000円

クレジット支払額合計 1,667,798円

支払総額 3,309,857円

 

[ひと月の走行距離が1,500kmの場合・36回払い]

月々 12,400円

初回分割支払額 15,787円

2回目以降分割支払額 12,400円 × 58回

最終回分割支払額(据置額) 1,220,000円

クレジット支払額合計 1,657,387円

支払総額 3,299,446円

日産セレナの残価設定はいくら?

[ひと月の走行距離が1,000kmの場合・48回払い]

月々 11,700円

初回分割支払額 17,667円

2回目以降分割支払額 11,700円 × 46回

最終回分割支払額(据置額) 1,162,000円

クレジット支払額合計 1,717,867円

支払総額 3,359,926円

 

[ひと月の走行距離が1,500kmの場合・48回払い]

月々 15,100円

初回分割支払額 19,653円

2回目以降分割支払額 19,653円 × 46回

最終回分割支払額(据置額) 987,000円

クレジット支払額合計 1,701,253円

支払総額 3,343,312円

日産セレナの残価設定はいくら?

[ひと月の走行距離が1,000kmの場合・60回払い]

月々 13,400円

初回分割支払額 23,424円

2回目以降分割支払額 13,400円 × 58回

最終回分割支払額(据置額) 958,000円

クレジット支払額合計 1,758,624円

支払総額 3,400,683円

 

[ひと月の走行距離が1,500kmの場合・60回払い]

月々 15,600円

初回分割支払額 23,761円

2回目以降分割支払額 15,600円 × 58回

最終回分割支払額(据置額) 813,000円

クレジット支払額合計 1,741,561円

支払総額 3,383,620円

【セレナ e-POWER XV】の残価設定

日産セレナの残価設定はいくら?引用:http://syachiraku.com/archives/20161017/nissan-serena-c27-user-review-summary.html

[ひと月の走行距離が1,000kmの場合・36回払い]

月々 10,400円

初回分割支払額 14,962円

2回目以降分割支払額 10,400円 × 34回

最終回分割支払額(据置額) 1,827,000円

クレジット支払額合計 2,195,562円

支払総額 3,836,681円

 

[ひと月の走行距離が1,500kmの場合・36回払い]

月々 19,600円

初回分割支払額 24,457円

2回目以降分割支払額 19,600円 × 58回

最終回分割支払額(据置額) 1,137,000円

クレジット支払額合計 2,298,257円

支払総額 3,939,376円

日産セレナの残価設定はいくら?

[ひと月の走行距離が1,000kmの場合・48回払い]

月々 15,000円

初回分割支払額 20,286円

2回目以降分割支払額 15,000円 × 46回

最終回分割支払額(据置額) 1,551,000円

クレジット支払額合計 2,261,286円

支払総額 3,902,405円

 

[ひと月の走行距離が1,500kmの場合・48回払い]

月々 19,000円

初回分割支払額 23,634円

2回目以降分割支払額 19,000円 × 46回

最終回分割支払額(据置額) 1,344,000円

クレジット支払額合計 2,241,634円

支払総額 3,882,753円

日産セレナの残価設定はいくら?

[ひと月の走行距離が1,000kmの場合・60回払い]

月々 17,000円

初回分割支払額 23,497円

2回目以降分割支払額 17,000円 × 58回

最終回分割支払額(据置額) 1,309,000円

クレジット支払額合計 2,318,497円

支払総額 3,959,616円

 

[ひと月の走行距離が1,500kmの場合・60回払い]

月々 19,600円

初回分割支払額 24,457円

2回目以降分割支払額 19,000円 × 58回

最終回分割支払額(据置額) 1,137,000円

クレジット支払額合計 2,298,257円

支払総額 3,939,376円

 

ちょっと長くなりすぎてよくわかりませんね。

まとめましょう。

【セレナX VセレクションⅡ】の残価設定まとめ

日産セレナの残価設定はいくら?引用:https://www3.nissan.co.jp/

・36回支払いの場合 月々 42,300円 支払総額 3,167,095円

・48回支払いの場合 月々 32,200円 支払総額 3,188,590円

・60回支払いの場合 月々 26,100円 支払総額 3,210,283円

[残価設定]

・36回支払い1,000km 月々 8,600円 最終回分割支払額(据置額) 1,365,000円 支払総額 3,309,857円

・36回支払い1,500km 月々 12,400円 最終回分割支払額(据置額) 1,220,000円 支払総額 3,299,446円

・48回支払い1,000km 月々 11,700円 最終回分割支払額(据置額) 1,162,000円 支払総額 3,359,926円

・48回支払い1,500km 月々 15,100円 最終回分割支払額(据置額) 987,000円 支払総額 3,343,312円

・60回支払い1,000km 月々 13,400円 最終回分割支払額(据置額) 958,000円 支払総額 3,400,683円

・60回支払い1,500km 月々 15,600円 最終回分割支払額(据置額) 813,000円 支払総額 3,383,620円

【セレナ e-POWER XV】の残価設定まとめ

日産セレナの残価設定はいくら?引用:https://www3.nissan.co.jp/

・36回支払いの場合 月々 55,700円 支払総額 3,646,646円

・48回支払いの場合 月々 42,300円 支払総額 3,674,914円

・60回支払いの場合 月々 34,300円 支払総額 3,703,442円

[残価設定]

・36回支払い1,000km 月々 10,400円 最終回分割支払額(据置額) 1,827,000円 支払総額 3,836,681円

・36回支払い1,500km 月々 19,600円 最終回分割支払額(据置額) 1,137,000円 支払総額 3,939,376円

・48回支払い1,000km 月々 15,000円 最終回分割支払額(据置額) 1,551,000円 支払総額 3,902,405円

・48回支払い1,500km 月々 19,000円 最終回分割支払額(据置額) 1,344,000円 支払総額 3,882,753円

・60回支払い1,000km 月々 17,000円 最終回分割支払額(据置額) 1,309,000円 支払総額 3,959,616円

・60回支払い1,500km 月々 19,600円 最終回分割支払額(据置額) 1,137,000円 支払総額 3,939,376円

 

当然ですが、残価設定型だと残価=下取り価格が保証され差し引かれている分、

月々の支払が圧倒的に安いのがわかります。

しかし、最終回分割支払の際に、新車に買い替えや車を返却を選ぶならともかく、

車を買い取る場合には残価設定しない場合よりもだいぶ高くなってしまいます。

こう並べて比較してみると、上手いことできている仕組みだと感心してしまいます。

日産セレナの維持費はいくらかかる?

日産セレナの維持費はいくらかかる?引用URL:https://www.nissan.co.jp/CREDIT/BVC/SERENA/index.html

車は車両本体以外でも何かと費用がかかるもの。

最後に、セレナe-POWERとセレナで維持費を比較してみたいと思います。

(セレナe-POWER / セレナ の順)

自動車取得税 100%免税/20%減税

自動車重量税 100%免税/25%減税

自動車税   75%減税/減税なし

 

まずはじめにかかる費用も本体以外の価格として計算してみましょう。

自動車取得税 80,100円/72,600円

(エコカー減税額) 80,100円/-14,500円

自動車重量税 30,000円/30,000円

(エコカー減税額) 30,000円/-7,500円

自賠責保険 36,780円/36,780円

自動車税(9月登録の場合) 17,200円/19,700円

税金保険料等計 53,980円/137,080円

リサイクル費用 10,480円/10,480円

登録諸費用(参考価格、消費税込) 49,299円/49,299円

諸費用等合計 113,759円196,859円

日産セレナの維持費はいくらかかる?

こちらはエコカー減税のかかる額から、圧倒的にセレナe-POWERが安いですね。

 

新車購入後3年間の維持費合計を計算しますと

自動車税 78,000円/118,500円

自動車重量税 0円/36,900円

自賠責保険料 35,950円/35,950円

ガソリン代 215,439円/265,035円

 

ガソリン代は実燃費をもとに、年間走行距離8,000 km、2018年10月30日時点での全国平均価格153.5円/Lとして試算しています。

なお、車検時点検費用、タイヤ、ワイパーなどの消耗品、オイル交換代、自動車保険(任意保険)などの変動の大きい費用は割愛します。

 

それではこれらを踏まえて、残価設定型ローンを組んで36回支払い、

分割最終回支払い時に別な車へ買い替える設定にしてみましょう。

(買い取る場合、残価設定にするメリットが弱くなるため。

車を返却するケースとして、3年で車のない環境へ移行するのでその期間の足掛かり、というのもあり得なくはないでしょうがここでは考慮しません)

【セレナX VセレクションⅡ】の維持費

日産セレナの維持費はいくらかかる?引用:https://www3.nissan.co.jp/

36回支払い1,000km 支払総額 3,309,857円-最終回分割支払額(据置額) 1,365,000円=1,944,857円

自動車税 118,500円+自動車重量税36,900円+自賠責保険料35,950円+ガソリン代265,035円=456,385円

 

3年間の合計 1,944,857円+456,385円=2,401,242

【セレナ e-POWER XV】の維持費

日産セレナの維持費はいくらかかる?引用:https://www3.nissan.co.jp/

36回支払い1,000km 支払総額 3,836,681円-最終回分割支払額(据置額) 1,827,000円=2,009,681円

自動車税 78,000円+自動車重量税0円+自賠責保険料35,950円+ガソリン代215,439円=329,389円

 

3年間の合計 2,009,681円+329,389円=2,339,070

 

色々なパターンでシミュレーションしてきましたが、いかがでしょうか?

維持費を考慮すると新型の日産セレナe-POWERは今購入するならばセレナXよりお得と言えるでしょう。

 

また、モデルチェンジのことを考慮した場合ですが、

日産は2020年にプロパイロットの機能を大きく向上させるといった旨の発表をしています。

当初の予定よりは遅れている様子があることや、

実際に市街地などでの自動運転技術の実装には法整備の問題もあるので簡単にはいかないでしょう。

 

そうなりますと、仮に現行の新型が発売された2016年の5年後、

2021年に次世代のセレナにモデルチェンジするという見通しを立てた場合、

今が2018年ですから、例えば3年間(36回支払い)現行のモデルに乗って、

2021年に大きく進化したセレナに期待して乘り換える、というのは理想的なように思います。

日産セレナの維持費はいくらかかる?引用:https://www3.nissan.co.jp/

ただ実際に開発がそう上手く進むかというのと、

法整備には国際基準との兼ね合いもあり時間がかかるため、

3年では足りない可能性はあります。

 

悩ましいところですが、

技術の進歩にも期待しつつ、

乗り換えることを考えるのであれば残価設定型ローンも悪くない、といえるかもしれません。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!