セレナ

【日産・セレナ】ニスモ・オーテック・ハイウェイスターは何が違う?

幅広い層からの人気を集める日産セレナ

その人気の要因としてユーザーの好みに合わせた多様なグレードや仕様を選択できることが挙げられます。

ニスモ、オーテック、ハイウェイスター、、、この3種についてそれぞれの特徴などを見ていきましょう。

日産セレナのニスモ仕様の特徴

日産セレナのニスモ仕様の特徴引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/simulation.html#configure/BABI-/A1FmnnBdo/exterior-colour

さて、まずはニスモから見ていきましょう。

そもそも、みなさんニスモって何かごぞんじですか?

ニスモ(NISMO)とは、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社の頭文字をとったものです。

NissanのNisとMotorsportsのMoを合わせて「NISMO」です。

ニスモは日産自動車の100%出資で設立。ル・マン24時間レースや全日本プロトタイプカー耐久選手権などに参戦し、

多くのタイトルを獲得しているような、本格的なモータースポーツカンパニーです。

 

その特徴ななんといってもそのスポーティーさと力強さと言えるでしょう。

ニスモ仕様は車種ごとに専用のチューンアップを行っており、通常グレードでは味わえないフィーリングを得ることができます。

日産セレナのニスモ仕様の特徴引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

さて、それではセレナニスモ仕様は具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

セレナニスモはミニバンに要求されるすべての乗員の快適性を維持しながら、高速域での安心感と遅れの少ないリニアなハンドリングを実現している

と日産自動車はうたっております。

それを実現するために、まずは、ボディ剛性を高める補強をフレームに施しています。

フレーム剛性が高ければ、走行時の安定性が増し、快適な乗り心地につながります。

また、具体的な装備としては、スポーティーな走りを実現すために、グリップ性能の高いPOTENZA Adrenalin RE003の205/50R17タイヤを採用しています。

さらに、専用デザインの17インチアルミホイールを導入。

こちらもほかにはない独特のデザインで、購買意欲をそそります。

さらに、ニスモ専用の速感応式電動のパワーステアリングを導入し、ニスモらしい、ドライバーのイメージ通りのハンドリングを実現しています。

日産セレナのニスモ仕様の特徴引用:https://www.carlist.my/news/quick-review-all-new-2018-nissan-serena-s-hybrid-c27-major-leap-forward-all-aspects/51096/

さらにデザイン面でもニスモらしさを追求しています。

エアロパーツやサイドミラーなど、随所にレッドラインを施し、スポーティで力強いイメージを演出しています。

日産セレナのオーテック仕様の特徴

次に、オーテック仕様を見てみましょう。

オーテック仕様の外観は下の画像のようになっています。

日産セレナのオーテック仕様の特徴引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/autech.html

「大人のための、美しきプレミア」というのが、この仕様のコンセプトです。

では、オーテックの特徴はどういったところにあるのでしょう。

基本的に先ほどご紹介したニスモと同じく、車体の性能を補強することによって、スポーティーな走りを実現した仕様となっています。

では、ニスモとの違いはというと、

ニスモがモータースポーツ界の要素を取り入れた無骨なイメージだとすれば、

オーテックはニスモ仕様に高級感を取り入れているといえばわかりやすいかと思います。

具体的な特徴としては、

日産セレナのオーテック仕様の特徴引用:http://www.autech.co.jp/sv/serena_autech/index.html

外観については専用のグリルやエアロバンパー、アルミホイールなどが用意されていることです。

随所にシルバーを取り入れており、高級感を醸し出していることがわかります。

内装については、オーテックのイメージカラーであるブルーがシートのステッチなど、随所に散りばめてあります。

いずれも通常のセレナにはない装備となっており、高級志向の日本ユーザーをターゲットにしたモデルであることがよくわかります。

ファミリーカーだけど、高級感は捨てたくないというユーザーは多いでしょうから、

うまく需要を取り込めるモデルではないでしょうか。

ちなみに、ニスモには1モデルしかありませんが、オーテックは2DWに計5種のモデルが用意されており、

よりスポーティに、より高級感にといった好みに合わせて選択ができるようになっています。

日産セレナのハイウェイスター仕様の特徴

日産セレナのハイウェイスター仕様の特徴引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

さて、3つ目の仕様はハイウェイスターです。

こちらもニスモ、オーテックと同様にスポーティーモデルという位置づけになっています。

前述の2モデルよりも以前からラインナップされており、日産における上級グレードの基本形と言えるのではないでしょうか。

特徴としてはフロントに通常モデルよりも大きなVモーショングリルを採用しています。

どっしりとして印象になり、視覚的にも重心が低く見え、迫力のある顔立ちになっています。

また、フォグライトなども通常グレードでは丸形ですが、ハイウェイスターでは、きりっとした印象に見える角形のLEDを採用しています。

ニスモとオーテックとの違いとしては、もちろん、それぞれのデザインいうところもありますが、

ハイウェイスターについては、より多くのグレード展開がされている点になると思います。

日産セレナのハイウェイスター仕様の特徴引用:https://www3.nissan.co.jp/

オーテックの2DWモデルについては先述したように5種のモデルがありますが、

ハイウェイスターは計7種のモデルが用意されています。

防水仕様のシートが導入されているモデルもあり、アウトドアでの利用や小さなお子様がいらっしゃる家庭にも

マッチするモデルがありそうです。

また、比較的お買い得な価格で購入できることの多い特別仕様車についても、ハイウェイスターから発売されることが多いようです。

上級モデルの基本形ということもあり、ニスモやオーテックほどの装飾や個性はいらないという方々にも人気で、セレナの中では最も人気の高いグレードとなっています。

日産セレナ各仕様のまとめ

日産セレナ各仕様のまとめ引用:https://www3.nissan.co.jp/

さて、ここまで、3モデルの違いを見てきましたが、

各仕様の特徴と装備などをまとめておきます。

【ニスモ】

日産セレナ各仕様のまとめ引用:https://www3.nissan.co.jp/

■概要

・各種モーターレースの技術を詰め込んだ高い走行性能

・レッドラインを施したスポーティーな外観

■装備

・NISMO専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)

・専用サイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー

・専用エクステリア アウトサイドドアハンドル(ダーククロム)

・専用エクステリア フロントグリル

・専用エクステリア フロントバンパー(エアダクト付)

・専用エクステリア サイドシルプロテクター

【オーテック】

日産セレナ各仕様のまとめ

https://www3.nissan.co.jp/

■概要

・ニスモの走行性能に加え、デザインに高級感を取り入れ

■装備

・AUTECH専用エクステリア フロントグリル

・専用LEDリヤコンビネーションランプ(クリアライナータイプ)

・専用本革巻3本スポークステアリング(ブルーステッチ)

・AUTECH専用インテリア クリスタルスエードシート「AUTECH」刺繍(ブルーステッチ)

【ハイウェイスター】※ガソリン2WD

日産セレナ各仕様のまとめ引用:https://www3.nissan.co.jp/

■概要

・以前からあった上級グレード

・多彩なモデル展開でユーザーの多様なニーズに応える

■装備

・インテリジェント エマージェンシーブレーキ + LDW(車線逸脱警報)

・デュアルバックドア

・ハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー、ハイウェイスター専用インナーパネル付)

・LEDリヤコンビネーションランプ

・キャップレス給油口それぞれの特徴はざっくりとこのような感じでしょうか。

日産セレナ各仕様のまとめ

最後に価格についても言及しておきましょう。

セレナはいわゆる大衆車という位置づけにある自動車であり、

通常モデルであれば、車両価格は最も安いSグレードでは2,440,800円となっています。

特別な仕様を持つニスモ、オーテック、ハイウェイスターについては、当然ながら、

価格が上昇しています。

【ニスモ】

3,424,680円~

【オーテッック】

2,990,520円~

【ハイウェイスター】

2,683,800円~

多少はお高くなりますが、やっぱり、かっこいい車に乗りたい。

日産セレナ各仕様のまとめ引用:https://www3.nissan.co.jp/

そんな思いを叶えてくれるニスモ、オーテック、ハイウェイスター。

セレナの購入を考えいる方は、是非ともこの3つの仕様を検討の候補に入れてみてください。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!