セレナ

【日産・セレナ】サイズ比較とサイズ感は?他車とも比較してみます!

ミニバンで7人乗り、8人乗りを実現しているセレナ

セレナってどれ位大きいのか。

実際のサイズと体感のサイズ、どう違うのだろう。

同じミニバンと呼ばれる車とどう違う。

そのあたりから「セレナ」の魅力は何なのかに迫ってみたい。

日産セレナの大きさはこれだ!

日産セレナの大きさはこれだ!引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html日産セレナの大きさはこれだ!

日産セレナの大きさはこれだ!引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

まず、新型セレナの外寸、内寸について図面を上に載せておきます。

(ハイウェイスターの4WD車のサイズです。)

旧型セレナと新型セレナでは、どれ位サイズに差があるのでしょうか。
セレナの外寸から参りましょう。
セレナ新型の車体の長さは4770mm、車高は1875mm、車幅は1740mm、ホイールベースは2860mmです。
旧型セレナの車体の長さは4770mm、車高は1865mm、車幅は1735mm、ホイールベースは2860mmです。

新型と旧型では、新型の方が車高で10mm、車幅で5mm大きくなっています。

 

ここで、そもそも「ミニバン」とはどんな車なのかを確認しておきたいと思います。
その特徴を挙げてみます。
〇一般的に3列シートが基本で、7人乗り、8人乗りが多い。
〇背面ドアのギリギリまでシートを設置しているので、トランクルームがなく荷物は余り収納できない。
〇車高が高く、車内空間の確保に工夫がなされている。
〇形状は「2BOX」または「1.5BOX」となっている。

日産セレナの大きさはこれだ!引用:http://www.admiration.ne.jp/

BOXとは車の形状のことで、「1BOX」「2BOX」「3BOX」「1.5BOX」に区分されています。
数字は、スペース空間の数と考えると分かりやすいです。
スペース空間の数は、エンジンルーム、乗車スペース、荷物収納スペースの場所によって数えられます。

「1BOX」:ボンネットがないのが特徴です。エンジンは床下にあります。
乗車スペース、荷物収納スペースがすべて一体となっているので、空間としては1つと数えられます。

(例:トヨタ・ハイエース)

 

「2BOX」:エンジンルームのボンネット部分があり、乗車スペースと荷物収納スペースは一体となっているので、空間としては2つにカウントされます。

(例:日産キューブ)

日産セレナの大きさはこれだ!引用:https://www3.nissan.co.jp/

3BOX
荷物収納スペースが独立しているのが特徴です。エンジンルーム、乗車スペース、荷物収納スペースがそれぞれ分かれているので、空間は3つということになります。
(例:トヨタ・クラウン)俗称:セダン

 

1.5BOX
1.5BOXだけは、空間の数の違いではありません。
2BOXと同様に、エンジンルームと、乗車スペースアンド荷物収納スペースの2つの空間からなっていますが、ボンネットが短く一見1BOXのようにも見えます。このように、1BOXと2BOXの間に位置する車を1.5BOXと呼びます。
これが、セレナなどのミニバンと呼ばれるものです。
ただ、2BOXとの線引きはかなり曖昧で、はっきりと定義があるわけではありません。

日産セレナの大きさはこれだ!引用:http://www.mycarforum.com/

ミニバンと呼ばれるものは、セレナの他にも、ヴォクシー、ノア、ステップワゴンなどがありますが、いずれも「ミニ」と呼ぶにはそんなに小さい車ではありません。
元々は、アメリカで商用の運転席・助手席の後ろが工具や商品を積めるスペースと一体型になったものを「バン」と言っており、決して小さい車両ではないのです。

 

語源としては、キャンピングカーを「キャラバン」と言っていたので、そこから来ているらしいのですが、アメリカではこうした箱型のものを通常「バン」と言っていましたが、日本では以前にこれを「ワゴン車」と言っていました。
そして、アメリカで言う「ワゴン」や「ステーションワゴン」の事を日本では「ライトバン」とか「バン」と呼んでいた経緯があります。
呼び方が逆だったので、アメリカでレンタカーする時に戸惑った経験があります。

 

それはともかく、大きな「キャラバン」が「バン」の語源だとすると、セレナが「ミニバン」というのも納得できると思います。
ミニバンは、決して「小さい」という意味で使われたのではない事を憶えておいていただきたいと思います。

日産セレナのサイズ感はこれくらい

日産セレナのサイズ感はこれくらい引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナは、ミニバン同クラスの車の中で一番広いと言われています。

それは、感覚的なものではなく、実際に旧セレナにくらべても大きくなっているのです。

室内幅 +6.5cm
室内の長さ +18cm
天井高 +2cm

これって大した違いじゃないと思われるかも知れませんが、長さ18cmはかなり違ったことが体感できます。

3列目シートが、ミニバンの多くでは固定式で、2列目に大人が座るとシート間のピッチが狭くなり、3列目に大人が座るとひざが前のシートに支える事になります。

ところが、新型セレナでは18cmのピッチが確保できた訳ですから、膝が前に支えることはありません。

その上、3列目シートも固定ではなく動かせるのです。

サードシートスライドを機能させることで3列目が極端に狭くなることはありません。

日産セレナのサイズ感はこれくらい引用:https://paultan.org/

セレナのサイズを感じる典型的な使用法として、フルフラット方式のシートアレンジがあります。

2列目、3列目のシートを全て倒してフラットにし、大人3人が横になって寝ることができるスペースをつくることができるのです。

キャンプに出掛けた時に、こういったスペースができると楽ですね。

ただ、シート部分と背もたれ部分は当然フラットではありませんから、全部倒しても完全にフラットにはならず、凸凹ができてしまいます。

これでは、とても快適なベッドとは言えません。

そこで、エアーベッド、すきまクッション、キャンプマットなどを利用してフラットな状態をつくる必要はあります。

工夫すれば、かなり自宅のベッドに迫ることができると思います。

日産セレナのサイズ感はこれくらい引用:https://ameblo.jp/

また、セレナの2列目シートは、車内を快適に過ごす工夫に溢れています。

2列目シートの中央部分は前後に動かせるので、2列目と3列目のアクセスが容易にできます。

また、3列目に乗車する場合、2列目シートにチャイルドシートがあってもそのまま3列目に乗車できるようになっています。

こんな点も、セレナのサイズを感じる点ですね。

日産セレナのサイズ比較すると・・・

日産セレナのサイズ比較すると・・・引用:https://autonetmagz.com/

セレナが、車内のスペース確保にかなりの工夫が施されている典型としては、ミニバンでは1クラス上の大きさである、トヨタ・アルファードとの比較が良いのではないかと思います。

まず、前列シート(運転席、助手席)から見てみましょう。
室内高さ: セレナ 1355 アルファード 1400

座席から天井の高さ:セレナ 運転席 1080 助手席 1075
アルファード 運転席 1045 助手席 1050

床から天井までは、アルファードの方が高いのに、シートから天井までは逆にセレナの方が高いです。
これは、アルファードの方が座席の厚みがあるという事で、シートの高級感が窺えるところですが、一方セレナの方は、圧迫感を軽減して居住性を確保していると言えます。

日産セレナのサイズ比較すると・・・引用:https://www3.nissan.co.jp/

後部シートについては、座席から天井までは、セレナの方がかなり高いので後部シートでも圧迫感は薄いと考えられます。
ただ、その分シートの厚みは少なく感触は固いという事は否めません。

価格も車両自体の大きさも違う「アルファード」との比較で、セレナが居住空間の確保に如何に腐心しているかが窺えるデータであると言えるでしょう。

 

今回は、セレナの「サイズ」について特集してみましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは次回まで、皆様ご機嫌よう!!

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!