セレナ

【日産・セレナ】試乗評価を紹介!実際に乗った感想や試乗のポイント

昨年は日産のノートe-POWERが話題になりましたが、

その「e-POWER」が搭載されたセレナe-POWERが今年の3月に発売されました。

セレナ」は2018年上半期の国内販売でミニバンNo.1。

気になる方も多いのではないでしょうか?

今回は実際に乗った感想や試乗のポイントをご紹介します。

日産セレナの実際の試乗レポート

日産セレナの実際の試乗レポート引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

日産セレナは高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」が搭載され、

「e-POWER」搭載車が3月に発売し、ますます人気が高まっています。

 

e-POWER搭載車はウリにしている通り、e-DRIVE走行時、ガソリン車に比べてレスポンスがよく、

アクセルペダルを踏みこんだ瞬間に反応してくれます。

ノートやリーフと同じようにワンペダルでほとんどの走行が可能で、

街中であれば特にブレーキペダルを使わなくてもいいのではと思ってしまうくらいです。

(完全停止にはブレーキペダルは必要、とメーカーのサイトで記載がありましたが、

アクセルOFFでブレーキランプは丁度いいところで点灯してくれます。)

ワンペダルに慣れるまでは止まりすぎと思ってしまうこともありましたが、ハンドルも軽く、カーブも楽です。

ブレーキを踏まずとも速度が上がりすぎないので、運転に苦手意識がある方でも安心だと思いました。

日産セレナの実際の試乗レポート引用:http://cardiy7.com/

走行モードは100%モータドライブのNormalモードと、

アクセルペダルだけで加減速できるe-POWER Drive搭載のSモード、ECOモードの3種類あり、スイッチで切り替えることができます。

Sモードは「エコを意識しながら、しっかりとした走り」がコンセプトで、

カーブの多い道や、交差点でもレスポンスよく走ることができます。

ECOモードは発進・停止を繰り返す場合、

つまり街中や渋滞を走ったりする時には必要以上に加速せず、マイルドです。

 

ノートにはないセレナe-POWERの特徴として、

e-DRIVE時のマナーモードチャージモードが挙げられます。

日産セレナの実際の試乗レポート引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

専用スイッチを押してチャージモードにすればバッテリー残量を増やしておくことができ、必要に応じてマナーモードにすることで、発電用エンジンの作動が抑えられて静かに走行できます。

e-DRIVEで走行している時はミドルクラスミニバンでトップクラスに静かなのではないでしょうか。

マナーモードは約3kmEV走行可能で、バッテリーが空でも満タンまで5分から10分程度です。

日産セレナの実際の試乗レポート引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

セレナはミドルサイズミニバンの中でも車室はかなり広いと思いますが、

1列目シートの下に駆動用電池が搭載された都合上、

2列目のスライド位置が後方に寄り、3列目シートの足元がやや狭まっています。

それでも車内は広いのですが、元のベース車に比べればe-POWERは見劣りするといえます。

さらに、セレナで人気のスマートマルチ・センターシート(二列目の中央席を小物入れとして前後に移動して使える)も、e-POWERにはありません。

その分、2列目が左右独立したキャプテンシートになり、7人乗りになっています。

とはいえ、この2列目キャプテンシートはゆったりとした作りになっていて、

中折れ背もたれパッドとアームレストのお陰でソファのような快適さです。

3列目もロングスライド機構で乗り降りが容易にでき、

カップホルダーやUSBソケットがついているのは嬉しい点ですね。

このUSBソケットは運転席と2列目、3列目に2個ずつの計5個ついています。

日産セレナの実際の試乗レポート

燃費も気になるところだと思います。

e-DRIVE走行時はアクセルペダルを戻すと同時に回生充電を開始します。

減速エネルギーを使って駆動用モータが積極的に発電を行い、

駆動用電池に充電する仕組みです。

先述のようにアクセルペダルを戻した時の減速力がかなりあるため、慣れが必要です。

この動きを好まない場合はNormalモードで走る必要がありますが、Sモード、ECOモードのように積極的に回生充電をしないので、燃費が悪化してしまう点はやや難しいといえます。

日産セレナの実際の試乗レポート引用:https://paultan.org/2018/05/15/gallery-nissan-serena-s-hybrid-new-c27-v-old-c26/

カタログスペックのJC08モードだと26.2km/Lで、

ハイブリッドのミドルクラスミニバンではトップの数値のため、

4月から基準が厳しくなったエコカー減税においても、所得税、重量の免税、登録翌年度の自動車税の75%減額が適用となります。

実燃費は市街地だと15km/L、エコモードで18km/Lくらい、

郊外だとそれぞれ17km/L、19km/Lに落ち着く感じで、

当然ですが走る場所や慣れ、積載量などによって上下すると思います。

日産セレナの試乗した評価

日産セレナの試乗した評価引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

総合的な評価として、個人的にかなり満足度は高く、

e-DRIVE走行時のペダル操作が面白く、かつ楽に運転できるといえます。

ワンペダルでの操作感は新鮮で、ボディの基本設計の古いノートが今でも売れているのは、

ワンペダルでの快適さが挙げられるのではないでしょうか。

ワンペダルでの操作に関して、「反応が良すぎて運転しづらい」という声もあるようですが、この点は慣れかなと思いました。

日産セレナの試乗した評価引用:http://syachiraku.com/

Sモードでの加速はパワーよりスムーズ、という感じで、

家族で乗るミニバンとしては重要な点だと思います。

ECOモードはさらに緩やかな加速になるので、

それがもっさりと感じるようであればSモードのままでもいいかもしれません。

 

とはいえミニバンで運転手だけが楽しくても意味がありません。

その点、2列目キャプテンシートの快適さや、

3列目の広い空間も魅力的ですし、

遮音性・静粛性もECOモードでは特に抜群に優れています。

日産セレナの試乗した評価引用:https://www.cockpit.co.jp/

開発時に「美術館並みの静かさ」を目指したというのは伊達ではなく

マナーモードではほぼ無音と言っていいほどで、

ウィンカーの音が大きく感じるほどです。

 

チャージモードでは発電用エンジンが駆動しエンジン音がしますが、ノートe-POWERより回転数が抑えられているようで、気になりませんでした。

遮音・吸音対策が充実しており、フロントカーペットにはゴム系の材料が追加され、

エンジンルーム、コックピットモジュールの部品にも吸音材、

フロントウィンドウには遮音フィルム、サイドウィンドウも厚めに作られ、ルーフには制振材とこれでもかというくらいです。

日産セレナの試乗した評価引用:https://cobby.jp/

筆者は声が低く、ガソリン車だと周りの音に混ざって聞こえないと言われることが多いですが、

(運転に集中するので会話を注意して聞くわけにはいかないとはいえ)

聞き返す時に「え?」と少し大きめに聞き返すのは嫌がられるので、その点は心配いりませんでした。

e-DRIVE走行には満足なのですが、モード切り替えスイッチの配置はやや残念に思います。

ハンドルの奥、ダッシュボードの右側にありますが、

運転しながら切り替えるには少し押しづらい位置です。

しかもスライドドア開閉スイッチのそばにあり、形や大きさも似ています。

運転時には他に注意しなければならないことも多いので、

この点は感覚で覚える必要があるのかなと思いました。

 

安全面も気になるところですが、標準装備のインテリジェントエマージェンシーブレーキが優秀です。

この自動ブレーキはかなりの高性能で、

自動車だけでなく歩行者もきちんと認識します。

自動車アセスメント(JNCAP)の評価でもセレナの自動ブレーキのスコアは対歩行者でも満点を獲得しています。

(セレナe-POWERでその効果が激減している、とは考えづらいので、信頼しても良いでしょう)

日産セレナの試乗した評価引用:http://cardiy7.com/

同じく標準装備のハイビームアシストは、

対向車や先行車のライトを検知、明るい市街地、車速が約15km以下などでロービーム、

それ以外ではハイビームに自動で切り替えてくれるので、

運転時の負担を軽減してくれます。

 

また、メーカーオプションにはなりますが、その他の機能も優秀です。

運転支援システム「プロパイロット」は高速道路の渋滞走行と長時間の巡航走行で、ドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御してくれます。

市街地で使っても加減速がスムーズで、前後左右の監視に便利という声も聞きますが、メーカーは高速道路や自動車専用道路での使用を想定しています。

「自動運転」ではなくあくまで「運転支援」システムなので注意が必要でしょう。

日産セレナの試乗した評価引用:https://www3.nissan.co.jp/

駐車支援機能「インテリジェントパーキングアシスト」は駐車枠を指定するだけで、

セレナが自動でハンドル操作を行い、枠の中への駐車をサポートしてくれます。

綺麗にまっすぐで完璧!というわけにもいかないので、過信できるものでもないですが、自分で駐車するのが苦手という人には良いかもしれません。

こうした、安全面も高性能の自動ブレーキ、ハイビームアシスト、

運転支援システム、駐車支援機能など充実し高水準でまとまっている点が高評価でした。

日産セレナの試乗のポイントは?

日産セレナの試乗のポイントは?引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

まとめるとポイントは次のようになります。

トップクラスの燃費

静音性/静粛性

シートの快適さ

ワンペダル

ある程度の距離をバッテリーでまとまって走れるマナーモードに、

そのバッテリーへ走行しながらすぐに充電できるチャージモードが燃費に貢献しています。

マナーモードの静粛性は実際に同乗者と会話してみるのが良いと思います。

シートは十分な広さがあると感じましたが、体格差などもあるとは思いますので、

「実際にここに座る人は何をするだろう?」と考えつつ乗ってみることが大事ですね。

もちろん同乗者が快適に過ごせることも重要ではありますが、

運転手のストレス軽減は同じかそれ以上に重要だと思います。

ワンペダルでの操作が楽しく感じられるか、

慣れの範囲で適応できそうか、自分にはなじまないと感じるかなど、

実際に試乗してみる必要があるでしょう。

日産セレナの試乗のポイントは?引用:http://www.admiration.ne.jp

試乗の際に気になるポイントはいくつかあると思います。

まずウリであるe-DRIVE走行を試すべきですので、

ワンペダルの操作に慣れる、

モード切り替えを試して面倒でないか、

発電用エンジン駆動時のエンジン音がどうか等、

セレナe-POWERに特徴的な面から確認していくと良いでしょう。

日産セレナの試乗のポイントは?引用:https://www3.nissan.co.jp/

また、一般的に言われることではありますが、

日中の人の多い時間帯と、夜や悪天候での試乗は試すべきでしょう。

車の多い時間帯での走行と、視界が悪い中での走行とでは勝手が異なってきます。

夜になるとスイッチの点灯はあるといっても日中より暗くなりますから、

その辺りのユーザビリティも確認すべきだと思います。

あとは実際に普段同乗する人の意見も聞いてみることが重要ですので、

自分の使用環境に合わせた点を確認していくと良いと思いました。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!