比較・ランキング

【トヨタ・シエンタ】改造やカスタムする!エアロパーツは何がある?

トヨタシエンタを個性的に乗りこなすためには、どのように改造をすれば良いのでしょうか?

トヨタのカスタムブランド「モデリスタ」と「TRD」で、自分好みに仕上げるために

「カスタム仕様や内装」には、どのようなラインナップがあるのでしょうか?

走りで差を付ける「エアロパーツやインチアップ、ホイール」の紹介だけでなく

メリット・デメリットも併せてまとめました。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタシエンタの改造パーツ紹介!マフラーはどんなのがある?

引用:https://toyota.jp/

人気車種であればある程、走行中や駐車場で、シエンタを見ない日はないでしょう。

そして人気カラーは台数が多いので、「自分の車だと思ったら間違えた」という

体験はありませんか? だからこそ、自分仕様にカスタマイズしたいですよね。

 

改造パーツには、どんな種類があるのでしょうか? 価格と併せてまとめました。

改造パーツ・フロント

「車の顔」とも言えるフロント部分を変えると、車両の表情がグッと変わりますよね。

対向車両から見てもインパクトが大きい部分です。

 

・フロントサイドガーニッシュ 25,920円(消費税抜き 24,000円)

色は、ブロンズメタルです。高級感が増し、洗練されたフロントになったと思いませんか?

引用:https://toyota.jp/

フロントと言えば、ライトがありますが、改造をすると印象が変わりますよ。

 

・LEDフォグランプ 47,520円(消費税抜き 44,000円)

早くライトを点けたくなりますよね。

引用:https://toyota.jp/

改造パーツ・リア

フロントと併せて改造をする事で、車両全体の印象が大きく変わります。

・リヤガーニッシュ 48,600円(消費税抜き 45,000円)

引用:https://toyota.jp/

マフラー

マフラーは、「車体から、少し見えるだけ」と思われるかもしれませんが

エアロを組んでいるユーザーで、マフラーに手を付けていないのは少数派になる程

エアロ+タイヤ+マフラーをカスタマイズしている事が多いです。

 

・マフラーカッター(モデリスタ仕様) 23,760円 (消費税抜き 22,000円)

70mm×55mmスクエアデュアル  排気は片側のみで、もう一方はダミーになります。

引用:https://www.modellista.co.jp/

シエンタのカスタム仕様や内装には、どんなラインナップがあるのでしょうか?

快適でありながらも、個性を出せるアイテムはあるのでしょうか?

トヨタシエンタのカスタム仕様や内装はこれ!

引用:https://www.modellista.co.jp/

トヨタには、カスタムブランド「モデリスタ」「TRD」があります。

それぞれの概要とカスタム仕様・内装・ユーザーの声も併せてまとめました。

モデリスタのカスタム仕様

モデリスタは、トヨタグループの一社で、「株式会社トヨタモデリスタインターナショナル」です。

トヨタ車向けのカスタマイズカーパーツのトータルデザインや販売を手掛けています。

 

装着したユーザーの感想には、「スポーティな印象のシエンタが、ガツンと引き締まった!」

「このエアロに一目惚れで、シエンタに決めた!!」と熱いラブコールが凄いです。

引用:https://toyota.jp/

TRDのカスタム仕様

TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)」は、トヨタテクノクラフト株式会社内の一部門です。

レーシングカーの開発やレース技術での技術を生かして、トヨタ車用のカスタマイズパーツの制作

及び販売をしています。

 

TRDは、エアロだけでなく足回りにも手を入れたいユーザーに人気があります。

そしてモデリスタTRDを組み合わせるユーザーも多いようです。

引用:https://toyota.jp/

内装

車を運転すればする程、内装もこだわりたくなりますよね。

グレードが2段階ぐらい上がったような印象になる、主な内装をまとめました。

 

・インテリアパネルA(センタークラスター) 22,680円(消費税抜き 21,000円)

引用:https://www.modellista.co.jp/

・インテリアイルミネーション(2モードタイプ)

車内が、ラウンジのように印象が変わるインテリアイルミネーション

無駄にドアを開閉したくなるぐらい素敵です。16,200円(消費税抜き 15,000円)

引用:https://toyota.jp/

車を購入する時、「エアロを組みたい!!」と熱望されるユーザーは多いです。

期待通り、いやそれ以上のエアロパーツはあるのでしょうか?

 

でもまずは「ホイールだけは変えたい!!」というユーザーは、どんなホイールを選ぶのでしょうか?

「ホイール」と「インチアップ」も併せてまとめました。

トヨタシエンタのエアロパーツやインチアップ、ホイールについて紹介

引用:https://toyota.jp/

「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リヤスパッツ」の価格をまとめました。

カスタムパーツ

・フロントスポイラー

車のフロント部分やバンパーに取り付けるエアロパーツの総称です。

ドレスアップ効果だけでなく、空気の流れを整流して安定感が高い走行を可能にします。

 塗装済51,840(消費税抜き48,000円)素地45,360(消費税抜き42,000円)

引用:https://www.modellista.co.jp/

・サイドスカート 

車両のサイドからフロアの下に流れ込んでくる空気を防いで、より効率的に後方へ流れるよう

整流する効果を狙っていますが、前後のスポイラー程効果はないようです。    

塗装済62,640(消費税抜き58,000円)素地52,920(消費税抜き49,000円)

引用:https://www.modellista.co.jp/

・リヤスパッツ   

2018年9月マイナーチェンジの際、全グレードに適合する「リヤスパッツ」が新規設定されました。

塗装済34,560(消費税抜き32,000円)素地28,080(消費税抜き26,000円)

引用:https://www.modellista.co.jp/

MODELLISTAエアロキットA 上記全てのセット価格

塗装済140,400(消費税抜き130,000円) 素地118,800(消費税抜き110,000円)

 

エアロパーツは、ユーザーにとって夢やロマンを感じる程、車ライフを充実させてくれますし

あれこれカタログを見ながら、イメージしている時期も楽しいですよね。

予算と折り合いながらも、最高の愛車にドレスアップしましょう!!

インチアップ

車輪(タイヤ+ホイール)の外径を変えずに、ホイールのリム径をより大きな物に交換する事です。

 

・メリット 「コーナリングの性能が向上」「タイヤのたわみが少なくなる事による、安定した走行」

「タイヤのグリップ性の向上」等があります。

 

・デメリット 「車体の重量の増加」燃費性能の低下」「走行時の音の増加」「走行時の快適性の低下」

「走行時にハンドル操作が重たくなる」等があります。

ホイール

ホイールは、車体を真横から見た時に、一番目に行く部分ですよね。

ホイールを選ぶという事は、車両全体を自分好みに仕上げる重要な部分ではないでしょうか?

 

以前は、スチールホイールが主流で、アルミホイールはオプションだった時期がありましたが

現在は、アルミホイールが主流になっています。デザインの種類がとても豊富なので

どのホイールにしようか、迷ってしまうユーザーも多いのではないでしょうか?

 

15インチ アルミホイールセット

58,320(消費税抜き54,000円)/ 1台分

KYOHO FORTIBLE BM2<ブラック×ポリッシュ>

引用:https://toyota.jp/

・役割   歯車軸の回転をタイヤに伝える役割があります。

・材質   スチールやアルミ合金などがあります。

・種類  「ワンピースホイール」リムとディスクが一体化しています。

「スリーピースホイール」リムとディスクを組み合わせたツーピースホイールと

ディスクを2枚のリムで挟んでいます。

 

エアロパーツをカスタマイズしたり、インチアップをしたり、ホイールを変える事は

単にデザイン性が高くなるだけでなく、走行性能が向上されます。

それでもインチアップをして場合によっては、乗り心地が悪くなってしまったり

ハンドルが重くなってしまう事もあるので、メリット・デメリットを考慮した上で

唯一無二の愛車に仕上げたいですね。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/sienta/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ