シエンタ

【トヨタ・シエンタ】価格・費用はどう?グレードで違いはある?

コンパクミニバンとして人気でもあるトヨタシエンタ

コンパクトミニバンの中でも価格が安いと評判ですが、実際のところどうなので

しょうか。

トヨタシエンタの価格・費用はどうなのか。グレードで違いはあるのかについて

調べてみましたので紹介します。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

トヨタシエンタの価格や値段はいくら?

https://toyota.jp/

トヨタ・シエンタの価格や値段はいくらかかるのでしょう。

ガソリン車

・HVパッケージ 168万円~

・FUNBASE X 5人乗り1,776,600円~

・FUNBASE G 5人乗り1,980,720円~

・X 6人乗り 1,958,040円~

7人乗り 1,816,560円~

・G 6人乗り 2,162,160円~

7人乗り 2,020,680円~

・G Cuero6人乗り 2,314,440円~

7人乗り 2,172,960円~

・車いす仕様車X 2,130,000円~

・車いす仕様車G 2,317,000円~

ハイブリット車

・FUNBASE X 5人乗り2,187,000円~

・FUNBASE G 5人乗り2,340,360円~

・X 7人乗り 2,226,960円~

・G 7人乗り 2,380,320円~

・G Cuero 7人乗り 2,532,600円~

http://kakaku.com

見ての通り、一番安いHVパッケージは、他の費用を込みにしても200万かかりません。

いまの時代、軽自動車のワンボックスカーの費用を考えると普通車でこの値段はとても

安いと言えます。

 

また、まず車を購入する中で検討する項目は、ハイブリッド車にするかガソリン車にするか

という問題です。ハイブリッド車とガソリン車の価格の差は約40万です。

燃費とガソリン代のことを考えて、次の車を乗るまでにもとはとれるのかということを考える

人が多いですが、残念ながらほとんどの人がもとはとれません。価格だけでいくなら、ガソリン車

がオススメです。

https://toyokeizai.net/

もう一つ注目すべき価格は、6人乗りと7人乗りの価格の差です。6人乗りは、2列目の真ん中に

収納があります。2列目の収納は、使い勝手がよくないという口コミが多いのが現実です。

しかも、価格は7人乗りの方が安く、2列目はベンチシートになりますので、6人で乗っても

乗りやすく2列目が広々乗ることができますので、6人乗りを購入するなら7人乗りを購入する

ことをおすすめします。

トヨタシエンタの費用はどのくらいかかる?

トヨタ・シエンタの車体価格は、上で説明した通りですが、実際総額価格はいくらくらいかかるのでしょうか。

トヨタ・シエンタを新車で購入する際を例にあげてみましょう。

新車で購入する際は、必ず登録費用などの手数料や税金がかかります。

主に

・保険料

・税金

・自動車取得税

・法定預かり費用

・リサイクル預託金相当額

・登録などに伴う費用

・費用の消費税

約22万円登録費用や手数料がかかります。ハイブリッド車とガソリン車では

自動車取得税がハイブリッド車の方が約1万円高いです。

しかし、トヨタ・シエンタはエコカー減税があり、ハイブリッド車は10万円ほどの減税。

ガソリン車は1万6千円ほどの減税があります。

 

次に車のボディカラーの車体オプションがあります。

モノトーン

ホワイトパールクリスタルシャイン

センシュアルレッドマイカ

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

は+32,400円

ツートンカラーは全て+75,600円になっています。

https://car.watch.impress.co.jp/

車体価格と、諸費用・税金を見てきましたが、これだけで車に乗れるのかという問題ですが、

もちろんナビ・フロアーマット等がついていませんので、あとはグレードによってどのような

ものをつけるかによって変わってきます。

 

ここで注意が必要なのは、トヨタ・シエンタは標準装備が少ないということです。のちほど述べますが

はじめからグレードを上げておかないと、オプションがつけれない車種、標準装備をつけてしまった

ことで小回りができなくなったということもあります。

また、安全装備、カーナビフロアーシートなどオプションが必要です。

オプションだけで50万を超えてしまい、総額300万以上かかったトヨタ・シエンタも数多くみられ

ますので、注意してオプションを選ぶようにし、値下げの交渉に踏み切るしかありません。

トヨタシエンタのグレードの違いは?MT車はあるの?

トヨタシエンタのグレードの違いについて紹介します。

グレードは主に

・HVパッケージ

・X

・G

・Cuero

タイプがあります。それぞれを紹介したいと思います。

https://car.kurumagt.com/

XVパッケージ

XVパッケージはトヨタ・シエンタの中で、最も価格が安いです。

しかし、ほとんどの人が一般の車として乗られていることがなく、荷物を積んだりする商業用と

して乗られています。

このグレードの大きな特徴が、キーを差し込むタイプ、後部座席ののドアが手動であることです。

いまの普通車では、ほとんどキーを差し込むタイプはないですね。しかも、キーレスエントリーも

オプションで付けることができません。

また、メーターがアナログ、後部ガラスでUVフイルムではないという本当に標準的な装備しか

されておらず、ハイブリッド車もないので、Xパッケージより上のグレードの車を選びます。

https://response.jp/

グレードXとグレードGの違い

次にグレードXとグレードGの違いについて、紹介したいと思います。

トヨタ・シエンタのグレードXとグレードGは約10万円の価格差があり、グレードXの方が価格が

安いです。

グレードXに装備されていないものを紹介します。

オートエアコン

スマートエントリー

・運転席アームレスト

・ステアリング

・シフトノブ

・マルチインフォメーションディスプレイ

主にこれが装備されていません。それに加えてシートの素材の違い、両側パワースライドドアかが

あげられます。

口コミでも多くあげられるのが、オートエアコンとスマートエントリーです。オートエアコンは、

今、軽自動車でもオートエアコンが多いのに…というがっかりしたという声が多いです。

次にあげられるのが、スマートエントリーです。鍵でロック…と嫌な人は、5万円程度でオプション

をつけることが可能です。

しかし、グレードの差が17万円で、いろいろな装備が標準装備されるのですから、オススメは、

グレードGです。ガソリン車は特に高級な室内の雰囲気を味わうことができます。

https://autoc-one.jp/

G Cuero

グレードGの特別仕様車になっているG Cuero(クロエ)です。大きな違いは安全装備がついている

ことです。SafetysenseCが標準装備されていますが、これは

・プリクラッシュセーフティシステム(衝突しそうになったら警告音とともに停止する)

・オートマチックハイビーム(ヘッドライトの上下を自動で切り替える)

・レーンディパーチャーアラート(車線をはみ出しそうなときブザーとディスプレイでお知らせ)

のような安全性能があり、グレードGは約6万円のオプションがかかります。

他には、内装の高級感がアップし、特別設定色にクールボルドーが追加されます。LEDランプ

パッケージが標準装備と言った点が違います。

価格の違いは約14万円ですので、高級感を持たせたい、安全性能は標準で付けたい人にはオススメ

のグレードです。

http://kuruma-hack.net/

残念ながらMT車はありませんでした。

【トヨタ・シエンタ】価格・費用はどう?グレードで違いはある?まとめ

https://toyota.jp/

これまで、トヨタ・シエンタの価格・費用を見てきました。

トヨタ・シエンタは、低価格が購入のポイントと言われている人も多いですが、車体価格を安くすれば

よいという訳ではありません。

車体価格を安くしても、オプションに50万かけてしまうとグレードを上げた方が安くなる場合があります。

しかし、価格をおさえたいと考える人が多いのが現状です。価格をおさえるには、グレードXを購入し、

必要な装備だけつけることがおすすめです。

スマートエントリーは必要でも、オートエアコンまでは…と思う人も多く、グレードXにオプションを

つけグレードGより安く購入する人もいます。

https://auto-library.jp

次に安全装備をどうするかです。昔の車にはほとんどがついていない安全装備。慣れていないと戸惑う

ことも多い安全装備をどうするかも意見が分かれます。

ですので、必要なものとそうでないものを購入時に見積もりをだしてもらい、オプションをつけた方が

安いのか、グレードを上げた方が安いのかを相談し、検討したうえで決めた方が良い買い方といえます。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/sienta/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ