シエンタ

【トヨタ・シエンタ】後部座席や荷室の容量は?車中泊はできる?

トヨタシエンタはコンパクトサイズで使い勝手の良さが人気のミニバンです。

せっかくのミニバンだからアウトドアや車中泊に使用したいんだけど、コンパクトサイズだからやっぱり狭いの!?

そんな疑問が聞こえてきそうですが、シエンタは見た目よりも中はずっと広いから安心してアウトドアや車中泊に利用できます。

ではシエンタの収納や内部の広さがどれ程なのかを見ていきましょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタシエンタの後部座席の広さは?

引用:https://toyota.jp/

シエンタの後部座席はどれぐらい広いのか気になりますよね。

コンパクトサイズなんだけれども、座席の広さはゆとりがいっぱいあります。

ルーフの高さや低床フロアなど、ぎりぎりまで内部を広くするための設定がされているので意外と車内は広々としているんです。

シエンタは5人乗りセカンドシート設定と、7人乗りサードシート設定の二つがあるのでそれぞれの特徴を交えて紹介していきます。

トヨタシエンタの後部座席2列シート

引用:https://toyota.jp/

トヨタシエンタ現行機には、5人乗り車両「FUNBASE」がグレードに追加されました。

3列目シートをなくしたことで、荷室を常に開放的にすることでアウトドアなどに適した車両となっています。

元々7人乗り用の車両だったので、三列目が無い分ラゲージスペースはかなり広く利用できるのが特徴です。

引用:https://toyota.jp/

シエンタの後部座席は乗降性に大変優れています。

地上高330mm、室内高1,285mmの高さで二列目への乗車は子どもでも楽々乗れるのでお迎えや買い物の時にとっても便利です。

引用:https://toyota.jp/

2列シート車両「FUNBASE」のセカンドシートはフルトダウン(シートを平行に折りたたむ事)ができるので、フラットモードにすることが可能な唯一のグレード車です。

これにより後部座席全体をラゲージスペースとして使用することが出来ます。

トヨタシエンタ後部座席3列目シート

引用:https://toyota.jp/

シエンタというと、外から見れば本当に3列目なんてあるのかな?ちょっと狭そうだな・・と思ったんですが、以外にも3列目のシートもそこまで狭くないんです。

三列目シートの足元空間は大人の男性が座って、膝元がちょうど当たらない程度のスペースはあります。

大人の男7人揃ってシエンタに乗る機会というのもそうそうないでしょうし、体の大きな人は2列目に座って小柄な人は3列目に座って使えばそこまで不自由はありません。

引用:https://toyota.jp/

3列目シートでちょっとネックなのが乗り込むときに2列目シートをたたまなければならないことです。

ですがシートは見た目よりずっと軽くたたむことが出来るので3列目シートに乗り込む際のわずらわしさを感じません。

こういった細かい機能性の良さが、使い続けたくなる車だと思えますよね。

引用:https://toyota.jp/

3列目シートの足元空間はゆとりをもって座れます。

体の大きな男性なら話は別ですが、女性や子どもなら全くストレスを感じない広さです。

シエンタの後部座席は視界も良好

引用:https://toyota.jp/

ドライブに行って、海や山や桜が広がる景色が現れたら最高のシチュエーションですがせっかくの絶景も運悪く後部座席(特に3列目)に座っていたらほとんど見る事ができません。

しかし!シエンタは後部座席に座っても周りを広く見渡すことが出来ます!

シアターレイアウトという設計で後部座席に行くほどヒップポイントが高い位置に座席が取り付けられているのです。

まるで映画館のようなシート配置なので、これなら素晴らしい景色を見逃すことはないでしょう!

トヨタシエンタ後部座席の室内高

引用:https://toyota.jp/

シエンタのルーフの高さはなんと1.675mmです!

コンパクトミニバンの中では結構高めの方で、全長を短くしている分室内高を広く使用できるように設定しているのでしょう!

実際の後部座席の高さは1285mmと公式ページで表記がありましたがそれでも室内の高さにしては十分ではないでしょうか。

小学生低学年ぐらいまでなら室内で立ち上がってもまだ天井までゆとりがあるので、圧迫感は全く感じません。

引用:https://toyota.jp/

画像の通り、座席から頭2つか3つ分以上高い!ちょっと体を伸ばしたい時に腕をぐーっ上げても余裕の広さです。

室内高1280mmもあれば使い道は様々、例えばお子様の着替えも後部座席で楽々できるでしょう。

トヨタシエンタの荷室容量はどのくらいなの?

引用:https://toyota.jp/

シエンタは荷室の大きさや広さはどれほどあるのか?検証していきます。

後部座席のシートは自由自在なアレンジで荷室の容量がぐっと変わるので、詰め込める荷物もそれによって大きく異なるのが特徴です。

またラゲージスペースは開口高が高いのと地上からの距離が近いので荷物が楽に入れられるのも嬉しいポイント。

それでは、シエンタのシートアレンジと荷室容量を見ていきましょう!

シエンタのラゲージスペースの荷室容量

引用:https://toyota.jp/

荷室長:1,430mm(二列目チップアップ)

荷室高:1.085mm

荷室幅:1,260mm

荷室の長さは二列目チップアップで1,430mm、「FUNBASE」ならチルトダウンで2.060mmになります。

グレードによって荷室が大きく変わります。

セカンドシートを倒して少しでも荷室長を伸ばしたほうがいいんじゃないかと思いますが、シートを折りたためばその分天井との距離が狭まるのがネックですね。

長物をしまうか高身長のものをしまうかでシートアレンジをつかいわけましょう!

引用:https://toyota.jp/

車に大きな荷物を収納する時に一番大変なのは横に広いものをしまう時です。

長いものはどんな車でも最悪助手席まで使えば何とかなりますが横幅だけはどうしようもありません。

シエンタは荷室開口服が1.260mmもあるので、例えば横に広い家具などでも簡単に収納できます。

シエンタの荷室容量はシートアレンジで変わる

引用:https://toyota.jp/

シエンタは2列目と3列目の座席を倒したり、チップアップさせたりすることで多彩なシートアレンジができます!

後部座席の高さもバッチリですし奥行きも2065mmもあるので長物や高身長の荷物もまるごと収納可能です。

それではシートアレンジによる荷室の変化をご紹介します。

4人乗車+長物+荷物

引用:https://toyota.jp/

サードシート全てとセカンドシートの片方折りたためば長物などすいすい入ってしまいます。

シエンタの5人乗り車両ならサードシートがないのでシートアレンジも楽ちんですね。

画像の様に、サーフボード + 荷物 + 4人乗車が可能です!

この感じだとまだまだ余裕がありそう、詰め込み方をもっと効率よくすれば2~3人分のサーフボードも余裕です。

フルフラットスタイル

引用:https://toyota.jp/

自転車って高さもあるし、固定するために前輪を曲げると横幅も使うのが厄介ですがシエンタなら難なく収納可能!

フルフラットにアレンジすれば後部座席全てを使ってロードバイク2台を詰め込むことが可能です!

パートナーと念願の2人でサイクリングにだって簡単に行けちゃいます。

2列シート車両ならサードシートの片づけもないし、フラットスタイルが楽ちんにできるのが魅力的ですよね。

アウトドアにも最適な荷室容量

引用:https://toyota.jp/

ファン&アクティブというキャッチコピーの通り、シエンタはフットワークの軽さでどんなシチュエーションにも対応できます。

なにかと荷物の多いアウトドアでも、荷室の広さを生かして大活躍です!

収納だけではなく作業台と併用したり自分が腰かけたりと使い方は様々、簡単作業でシートアレンジができるからこそシエンタでアウトドアしたくなるのかもしれません。

トヨタシエンタでの車中泊は可能か?

アウトドアや遠距離移動をしていれば、やむをえず車中泊しなければならないときもあります。

ですが車中泊となるとよっぽどスペースが取れないと思うように寝返りもうてないので体が硬くなって余計疲れてしまいます。

シエンタ荷室長なら難なくできそうですが、荷室のスペースやシートアレンジなどをおさらいしながらどのように車中泊ができるのか見ていきましょう!

3列目シートでの車中泊

引用:https://toyota.jp/

3列目シート搭載の7人乗りシエンタで車中泊をする場合どうなるのか?

まずこのグレードのシエンタは、セカンドシートがチルトダウンできません。

チップアップ機能がついているので、当然荷室長も狭まります。

引用:https://toyota.jp/

画像をご覧の通り、セカンドシートをチップアップさせてサードシートを二列目の下にダイブインさせると1.430mmの室内を確保できました。

大の大人が車中泊するにはちょっと心細い数字です。

体を斜めにするか膝を曲げるかをすれば何とか車中泊できますが、車中泊向きではないと思います。

まぁとはいえ、小さなお子様が眠る分にはいいでしょう。

そしてチップアップ機能でメリットがあるとすれば天井が1,080mmと高いので圧迫感を気にせずに休めるということですね。

2列シート車両「FUNBASE」での車中泊

引用:https://toyota.jp/

では3列目シートを取り除いた「FUNBASE」はどうでしょうか。

こちらはセカンドシートをチルトダウンさせることが出来るので荷室長が圧倒的に長いです。

引用:https://toyota.jp/

最大ラゲッジスペース2.065mmです。

運転席とセカンドシートの間を考慮しても2.000mmはあるので身長180cmの大人が横になってもまだ20cm以上は余裕があります。

シエンタの横幅は室内で1.260mmなので、実質大人二人が川の字で車中泊することが可能です。

おまけに3列目シートの様に床じゃなくてシートの上なので、気持ち的にもこちらが良いでしょう。

トヨタシエンタ車中泊まとめ

引用:https://toyota.jp/

トヨタシエンタ7人乗り3列シートのグレードでは、大人一人が寝るのは出来るけど一苦労!車中泊にはあまりむいていないというのが正直な感想です。

一方で5人乗り2列シートの「FUNBASE」では、フルフラットにすることで荷室長2.000mmを確保できるので大人二人が寝る事も可能という結論になりました。

値段も一番お手ごろですし、よっぽどの大家族や7人グループで旅行を頻繁に行く人でなければこのグレードの車両で十分だと思いますね。

5人乗り車両で中堅ミニバン並みのサイズにお手ごろ価格、荷室の容量やアウトドアをシエンタでしたいという方は「FUNBASE」をおすすめします。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/sienta/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ