シエンタ

【トヨタ・シエンタ】試乗評価は実際に乗ってみて…良い?悪い?

一番知りたいのは「実際に乗ってみて、どうなのか?」ではないでしょうか?

試乗をして「どんな点が良かったのか?」それとも「どこが悪かったのか?」

実際に試乗をする前に知っていれば、自身で検証をする事が出来ますよね。

そこでここではトヨタシエンタの「試乗レポート」「試乗の評価」だけでなく「試乗のポイント」をまとめました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

トヨタシエンタの試乗レポート!

引用:https://toyota.jp/

シエンタと同様1,500ccで、ミニバンを運転されている場合は、「運転席の視野」

「走行性能」「車両間隔」等が、主に気になる点ではないでしょうか?

 

その一方で軽自動車を始め、他の排気量クラスからの買い替えの場合は

「シートのアレンジは?」「どんな荷物が詰めるのか・量はどのくらい?」等

目的がそれぞれなので、主に気になる点も異なるかもしれません。

試乗レポートで「良かった点」と「悪かった点」をまとめました。

引用:https://toyota.jp/

一番最初に気になるのは、やはり走行性能ではないでしょうか?

「まず走ってみて、どうだったのか?」「マイナーチェンジ前との違いは?」

試乗レポートの「良かった点」と「悪かった点」をまとめました。

良かった点

走行性能で多くのユーザーが感じられている点です。

 

・マイナーチェンジ前は、エンジン音や雨音が気になっていたのが

室内が静かに感じる程、騒音が抑えられている点に、改良を実感する声が多いです。

・以前は、急なハンドル操作の時のふらつき感があったのが

改善されていると、少数ながらもユーザの声があります。

・ミニバンなのに、小回りが利くので駐車がスムーズなだけでなく

市街地を走行しやすいと好評です。

引用:https://toyota.jp/

悪かった点

・ガソリン車とハイブリット車の乗り比べをしてみて

「こんなにも乗り心地が違うとは思わなかった」と驚きの声があります。

ハイブリッド車の「ふわふわした感じ」を実感するユーザーが少なくないです。

 

特に高速道路をハイブリット車で走行した際に感じられるようで

ガソリン車の安定した走りの方に、好評の声が多いです。

引用:https://toyota.jp/

試乗をしてみないと気付けなかった点もあれば、想像以上に良かった点もありますよね。

そもそもシエンタは、どんな車なのでしょうか?

続けて最も気になる試乗評価をまとめました。

トヨタシエンタの実際に乗ってみた試乗評価は?

引用:https://toyota.jp/

人気車種のシエンタの評価を、項目別にまとめました。

外装・内装の評価

・2018年9月マイナーチェンジをした当時は、インパクトがとても大きく

好みが分かれましたが、現在はスタイリッシュなデザインが好評です。

・内装では、エアコンの送風口が四角のデザインに代わり

スポーティーな印象になっています。

・インパネのプラスチック感が少なくなった一方で

シートのデザインが、グレードによっては、やや劣る印象があります。

運転席の視野

・メーターが横長で高さを抑えている分、視界が良好です。

・ハンドルの調整を「上下だけでなく、前後も出来るようにして欲しい」との声がありますが

運転席も上下6cmに調整が出来ますので、1台を家族で共有しやすいのではないでしょうか?

乗り心地

・ハンドル操作がしやすく、キビキビした走行が好評です。

・2列目にウォークスルーで行けるので、後方に小さなお子さんが乗車している場合は

とても助かるとの声もあれば、助手席のアームレストが無くなって不便という両面の評価があります。

更に2列目は、少々硬めのベンチシートになるので、長時間ですと腰に負担を感じるようです。

・3列目シートは、とりあえずのシートではなく、問題なく乗車が出来るので重宝されています。

引用:https://toyota.jp/

荷室の使い勝手

・3列目シートを、2列目シートの下に格納しますと

フラットな状態で、大容量の荷物が詰めますので大好評です!

また車中泊や仮眠をしやすいので、アウトドアに向いています。

引用:https://toyota.jp/

・長い荷物は、ウォークスルーに当てはめると固定が出来ます。

・用途に合わせて、荷物+乗車が可能なので、とても喜ばれています。

引用:https://toyota.jp/

・ロードバイクや自転車が積みやすく、利便性が向上しています。

ファミリーカーとしてだけでなく、荷物の使い勝手の良さから

幅広い年齢層から、評価を得られていました。

トヨタシエンタはこう乗れ!試乗のポイント

引用:https://toyota.jp/

店頭では外観のデザインが、主に気になると思いますが

実際に試乗をしますと、「運転席の視野」「走行性能」「座り心地」等

チェックしたい部分が沢山ありますよね。

 

短時間かつ短距離での試乗では、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか?

項目別で、抑えておきたいポイントをまとめました。

運転席周り

・運転席に座り、ハンドルを握った状態で、視野を確認しましょう。

前方だけでなく、是非サイドミラーや後方の見え方も確認をしましょう。

左折時の巻き込みを防ぐためにも「見え方」だけでなく、「死角」もチェックしましょう。

 

・メーターパネルの計器類のスイッチは、見やすいのか確認をしましょう。

車種によって表示の位置が異なりますので、現在乗車している車と比べてみましょう。

いつもと違う位置にある事は、慣れるまで少々ストレスに感じると思いますので

多少の違いなら大丈夫なのか、こだわりたいポイントなのかを見極めましょう。

引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/

走行

・スタート時や、信号待ちからの立ち上がりの加速を確認しましょう。

ユーザーが気になるのは、「走行」の次に「加速」ではないでしょうか?

ある程度の速度の走行よりも、特に市街地で信号待ちをして青に変わった時の

加速はどうなのか気になりますよね。

 

・走行時の室内への音がどうなのかも確認をしましょう。

人は、不快に思う音には、とてもストレスを感じてしまいますよね。

試乗は、晴れの日が多いかと思いますが、雨や風が強い日にも試乗をすれば

遮音性が保たれているのか、より分かると思います。

室内

・後方の席にも座って、座り心地や広さの確認をしましょう

同乗者が一緒に試乗をする場合でも、ドライバーも座ってみましょう。

後方席からの視界を確認する事は、意外と忘れがちなのです。

 

・ドリンクホルダー等、置きたい場所にあるのか確認をしましょう

置くスペースはあっても足元にあったり、紙パックの飲み物は入らなかったり

いざ置こうとすると、不便に感じる事が良くありますよね。

 

・乗り降りの際、つかまる所があるのか確認をしましょう

小さなお子さんや、高齢のご家族が乗り降りをする際

手を掛ける部分の有無は、見落としがちになります。

手を掛けても、ドアに挟まらないのか、体重を掛けても大丈夫なのか

同乗者が安心して乗り降りが出来るように、チェックをしておきましょう。

 

・荷室の確認をしましょう

収納スペースが足りるのか、入れたい物が入るのか

実際に積んで確認をする事も出来ますので、遠慮せず確認をしましょう。

 

特にロードバイクや自転車、ベビーカーを積んで確かめたい場合は

ビニールシートか何かを敷いてから、積んだ方が良いですよね。

 

・スイッチの確認をしましょう

意外と盲点なのが、パワーウインドウスイッチなのです。

運転席に座り、ちょうど良い位置にあるスイッチを押すと

なんと後方の窓だったという事もあるのです。

 

最後に試乗の方法ですが、乗りたい車種が店頭にあるのか

事前に確認をされる事をお勧めします。

 

新しいモデルや、グレードが上のクラスが並んでいる事も多いので

試乗を希望する日程に、乗車をしたい車両があるのか確認をしましょう。

 

そして通常は、予約の必要はありませんが、休日や年度末など

来店客が多い日には、予約をしておく事をお勧めします。

 

同じグレードでもガソリン車とハイブリット車と乗り比べたり

グレード別で比較をしてみたりして、じっくり検討していきましょう。

 

また他の車両と迷っている場合も、是非試乗をして確かめてみましょう。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/sienta/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ