比較・ランキング

ソリオとルーミーを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっちがいい!?

最近人気が高まっているのが「ソリオ」や「ルーミー」といったコンパクトカーです。

街乗りでも使い勝手がよく、家族で使うのに便利な一台。

「ソリオ」と「ルーミー」の維持費・燃費・乗り心地はどっちがいいのかをチェックしてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ソリオとルーミーの価格はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

全長が短めで背が高めのコンパクトカーは人気が高いです。

ボディが小さくて、取り回しが良くて、街乗りに便利な車といえば、「ソリオ」をや「ルーミー」が挙げられます。

日本の狭い道に合っていて、ちょうどいいサイズの車。

その「ソリオ」と「ルーミー」の価格はどうなのか?

車の維持費を含めた価格をチェックしてみました。

<ソリオ>

引用:https://autoc-one.jp/

ソリオには、「ガソリン車」と「マイルドハイブリッド車」と「ハイブリッド車」があります。

ソリオには、5つのグレードがあります。
・HYBRID SZ:217.9万円
・HYBRID SX:201.9万円
・HYBRID MZ:195.4万円
・HYBRID MX:170.3万円
・G:145.9万円

HYBRID SZ、SXがハイブリッド車。
HYBRID MZ、MXがマイルドハイブリッド車
Gがガソリン車です。

燃費重視の方は、リッター30キロを越える「ハイブリッド車」を選択するのがいいですよ。

<ソリオの維持費>
・自動車税:1200cc以下 34,500円
・任意保険:約4万円(契約内容により異なります)
・タイヤ代金:約6万円(2~3年)
・メンテナンス代金:10000円ぐらい(1年)
・ガソリン代:6000円(月)
・車検:約100,000円~150,000円

※自動車重量税は、車検の時に納付するため、車検代に含んでいます。

ソリオの自動車税は、1000cc〜1500ccで、34,500円です。

タイヤ代金は、グレードによって変わります。
タンクは、14インチ、15インチ車があり、15インチの方がタイヤ代は高めです。

また、車の維持費には、毎年5月に納める自動車税(34,500円)や任意保険もかかります。

ソリオの維持費は、合計すると、だいたい年間30万円ぐらいです。
(車検代を含んでいません。走行距離により変わります。)

次はルーミーです

<ルーミー>

引用:https://jidoushaguide.com/

ルーミーには、「標準車」と「カスタム」があります。

ルーミーカスタムは、外観デザインが通常車と異なり、エクステリアやインテリアに高級感があるのが特徴です。
より装備や快適性を重視したい方は、ルーミーカスタムの選択がいいと思いますよ。

ルーミーには、6つのグレードがあります。

ルーミーの価格はこのようになっています。
・X S・X:146.3万円
・G:168.5万円
・G-T:180.4万円
・カスタムG:183.6万円
・カスタムG-T:196.5万円

ルーミーの新車価格:146~200万円

ルーミーにかかる維持費はこのようになります。

<ルーミーの維持費>
・自動車税:1000cc以下 29,500円
・任意保険:約4万円(契約内容により異なります)
・タイヤ代金:約6万円(2~3年)
・メンテナンス代金:10000円ぐらい(1年)
・ガソリン代:8000円(月)
・車検:約100,000円~150,000円

自動車重量税は、車検の時に納付するため、車検代に含んでいます。

タイヤ代金は、グレードによって変わります。
ルーミーは、14インチ、15インチ車があり、15インチの方がタイヤ代は高いです。

維持費として、このようなガソリン代、オイル・タイヤ交換などのメンテナンス代、車検の費用が必要です。

車の維持費には、毎年5月に納める自動車税(29,500円)や任意保険もかかります。

ルーミーの維持費は、合計すると、だいたい年間30万円ぐらいです。
(車検代を含んでいません。走行距離により変わります。)

ソリオとルーミーを比較してみると、一番違うのが自動車税です。
・ソリオは1200ccのため、34,500円
・ルーミーは1000cc以下のため29,500円

ルーミーの自動車税は、エンジンが小さめで1000cc以下のため、普通乗用車の中でも安めなのはメリットです。

また、車の維持費のガソリン代は、選ぶグレードと走行距離により変わってきます。

「ソリオ」と「ルーミー」の維持費をチェックしましたが、サイズや排気量も近いため、2台の維持費の差は少ないと言えるでしょう。

ソリオとルーミーの乗り心地や大きさはどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

スズキ・ソリオとトヨタ・ルーミーでは、大きさや乗り心地はどっちがいいのか?

2台の車の大きさや乗り心地を比較していきます。

まずはボディの大きさの比較から。

<ソリオの大きさ>
全長 3,710 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,745 mm

<ルーミーの大きさ>
全長 3,700 mm x 全幅 1,670 mm x 全高 1,735 mm

ルーミーとタンクのボディの大きさを比較してわかることは、両方とも似たようなサイズということです。
車の横幅は、ルーミーの方が大きいです。

引用:https://news.walkerplus.com/

2台の車の車内の大きさも比較してみます。

<ソリオの車内大きさ>
室内長 2,515 mm x 室内幅 1,420 mm x室内高 1,360 mm

<ルーミーの車内大きさ>
室内長 2,180 mm x 室内幅 1,480 mm x室内高 1,355 mm

車内の比較では、大きな違いがあります。

ソリオの室内長が長いです。
・ソリオ:室内長 2,515mm
・ルーミー:室内長 2,180mm

室内の大きさではソリオが大きいといえます。

次は、車の乗り心地を見ていきたいと思います。

車の乗り心地に関しては、サスペンション形状が重要になります。

ハンドリングや車のクッション性に関わる部品がサスペンション。

<ソリオのサスペンション形状>
前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式

<ルーミーのサスペンション形状>
前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式

2台とも同じサスペンション形状です。
車内を広くとれる足回り形状になっています。

また、乗り心地に関わるのがタイヤサイズ

引用:https://autoc-one.jp/

タイヤサイズにより、クッション性が変わり、タイヤの厚みがある方が、乗り心地を良く感じる傾向にあります。

<ソリオのタイヤサイズ>
・165/70R14 81S
・165/65R15 81S

ソリオのグレードGは14インチを装着しています。

<ルーミーのタイヤサイズ>
・165/65R14
・175/55R15

カスタムG-Tは15インチを装着しています。

「ソリオ」と「ルーミー」の比較では、足回り形状は同じでした。

タイヤサイズは、ソリオの方が大きめです。
タイヤのクッション性は、ソリオの方があり、柔らかめの印象です。

このような部分から、ソリオの方が足回りの感覚は柔らかめで、ハンドルの軽さにもつながりそうです。

一方のルーミーは、ソリオに比べると、ハンドリングはシャープな感じになると思います。

シートのクッション性は、両車ともそれほど良くないため、長時間ドライブはキツいかもしれませんが、「ソリオ」と「ルーミー」とも、柔らかめの足回りで街乗りを重視した設定になっています。

ソリオとルーミーの燃費はどっち?

引用:https://web.motormagazine.co.jp/

車を維持していく上で重要になってくるのがガソリン代。

ガソリン代は、車に乗れば乗るほどかかるので、距離を乗る方は気になる部分です。

走行距離の多い方は、燃費のいい車に乗った方が、車の維持費が安く上がりますよね。

月々かかるガソリン代を抑えようと思うなら、燃費の車を選ぶことは大事です。

「スズキ・ソリオ」と「トヨタ・ルーミー」ではどっちの燃費がいいのか?

2台の車の燃費を比較してみました。

燃費に関しては、グレードや駆動方式によっても異なってきますので、グレード別の燃費をチェックしてみました。

引用:https://autoc-one.jp/

<スズキソリオ・ガソリン車>
・最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
・最大トルク:12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・JC08モード燃費:24.8km/リットル

<スズキソリオ・マイルドハイブリッド車>
・最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
・最大トルク:12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・JC08モード燃費:27.8km/リットル

<スズキソリオ・ハイブリッド車>
・最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
・最大トルク:12.0kg・m(118N・m)/4400rpm
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・JC08モード燃費:32.0km/リットル

ソリオはグレードの種類があり、燃費も選ぶグレードで大きく異なります。
ソリオの燃費:24.8km/リットル〜32.0km/リットル(JC08モード)

ソリオハイブリッドの燃費は、リッター30キロオーバーとかなり高い燃費になっています。

ソリオ「HYBRID SZ」の燃費が、32.0km/リットルと一番高いです。
この部分はソリオの大きな武器ですね。

ルーミーのエンジン

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

<トヨタ ルーミーX>
最高出力:69ps(51kW)/6000rpm
最大トルク:9.4kg・m(92N・m)/4400rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費:24.6km/リットル

<トヨタ・ルーミーG-T(ターボ)>
最高出力:98ps(72kW)/6000rpm
最大トルク:14.3kg・m(140N・m)/2400~4000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費:21.8km/リットル

駆動方式はともにFFです。
ルーミーG-T(ターボ車)は、1.0L直列3気筒インタークーラー付きターボエンジンを搭載しています。

両方ともレギュラーガソリン仕様です。
燃費の方はNAでリッター24kmとガソリン車の同じクラスでは、平均的な燃費です。

燃費の比較では、ソリオの方がルーミーよりも圧倒的にいいです。

ただし、車両価格は、ソリオHYBRID SZは217.9万円と200万円オーバーです。

ルーミーのターボ上級モデルのルーミー・カスタムG-Tは196.5万円です。

価格差は20万ほどありますが、燃費を重視するならソリオのHYBRIDが良いですよ。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

今回、ソリオとルーミーの 維持費・大きさ・燃費を比較してみました。

比較の結果は、維持費ではほぼ差がなく、車内の大きさは、ソリオの方が大きく、燃費はハイブリッドを選ぶ場合はソリオの方が良いです。

燃費の方は、ソリオがいいため、距離を乗る方なら維持費もソリオの方が安くなりそうです。

車のボディデザインの好みもあると思いますので、トータルで判断して選ぶのがいいのではないでしょうか?

ぜひベストな車を見つけてくださいね。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ