比較・ランキング

スペーシアとトコットを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっちがいい!?

スズキスペーシアダイハツトコットは軽自動車の人気車ですが比較した場合はどうなのか気になる方も多いと思います。

今回はスペーシアトコットの大きさや乗り心地、燃費などの維持費について検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

スペーシアとトコットの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

まずは大きさを比較してみたいと思います。

スズキスペーシア

全長3395mm

全幅1475mm

全高1785mm

ホイールベース2460mm

室内長2155mm

室内幅1345mm

室内高1410mm

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

ダイハツトコット

全長3395mm

全幅1475mm

全高1530mm

ホイールベース2455mm

室内長2000mm

室内幅1305mm

室内高1270mm

スペーシアはトコットに対して軽自動車の規格から全長と全幅は同じ寸法になり、全高は255mm高くなっています。

ホイールベースは5mm長くなっていて、室内に目を向けるとスペーシアが155mm長く40mm広く140mm高くなっています。

同じ軽自動車ながらスペーシアはその名の通りスペース効率を最優先にしたコンセプトでトコットはシンプルな市街地のタウンカーとして造り方の方向に違いが出ていますね。

スペーシアは大型セダンと同等のスペースを確保できていますから後部座席で足を組むのも余裕な程の空間が心地よい使い勝手になっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

ターボを積むカスタムやレジャー用途向けのギアなどの派生車種もラインナップに取り揃えて様々なユーザーの要望にも答えています。

トコットはミライースをベースにお洒落なシンプルさを追求して企画されたダイハツ女性社員のアイデアがたくさん反映されているタウンカーです。

コンパクトでシンプルだけど可愛すぎないという微妙に難しいコンセプトを形にするには様々な乗り越えるヤマ場があったのだと想像させられますが、滑り出しの売れ行きは上々のようで素晴らしいと思います。

エンジンはターボの設定はなく自然吸気のみのシンプルな構成になっていてメーターには回転計もなく、走行性能は必要充分にあれば良いとするタウンカーとしての割り切りともいえる考え方が現れていますね。

子育て世代が使うには電動スライドドアがあり、車高もあるスペーシアが使いやすいでしょう。

パワーが必要ならカスタムを選択すれば良いですしレジャーに使用するならギアの存在もあります。

スライドドアが必要なく、シンプルに日常の足代わりが必要でしたらトコットが使いやすいですね。

スペーシアとトコットの維持費はどっち?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

ここまではスズキスペーシアとダイハツトコットの大きさや乗り心地についてお知らせさせて頂きました。

ここからはスペーシアとトコットの税金などの維持費について検証してみたいと思います。

クルマを維持費するには様々な税金を納めなくてはいけません。

自動車税は購入時には月割りで納付し、翌年度からは5月までに納付します。

重量税は購入時に3年分納付し、次回からは車検ごとに2年分納付します。

自動車所得税は購入時に納付します。

スペーシアの税金関連はどのようになっているのでしょう。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

自動車税はスペーシア、スペーシアカスタム、スペーシアギアの0.66Lハイブリッドはグリーン化税制の対象になっていますので購入翌年度には8,100円を納付します。

スペーシアカスタム、スペーシアギアの0.66Lガソリンターボはグリーン化税制の対象になっていませんので購入翌年度には10,500円を納付します。

重量税はどうなっているのでしょう。

スペーシア、スペーシアカスタム、スペーシアギアの0.66Lハイブリッドの重量税はエコカー減税の対象になっていますので購入時3年分はスペーシアハイブリッドG2WDは1,800円、それ以外は3,700円となります。

スペーシアカスタム、スペーシアギアの0.66Lガソリンターボの重量税は購入時3年分で5,600円を納付します。

車検費用は格安車検では50,000円程の予算が必要です。

ディーラー車検では100,000円程の予算を用意しておくと良いでしょう。

スペーシアのタイヤサイズは155/65R14ですから4本で30,000円からの予算を用意しておくと良いでしょう。

ターボ車は165/55R15ですから40,000円程の費用がかかる場合があります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

ダイハツトコットの税金関連はどうなっているのでしょう。

自動車税は0.66Lガソリンはグリーン化税制の対象になっていますので購入翌年度に8,100円を納付します。

重量税は0.66Lガソリンはエコカー減税の対象になっていますので2WDは購入時3年分で1,800円を納付します。

4WDは3,700円を納付します。

車検費用は格安車検では50,000円程度の予算が必要です。

ディーラー車検では100,000円程の予算を用意しておくと良いでしょう。

トコットのタイヤサイズは155/65R14ですから4本で30,000円程の予算を用意しておくと良いでしょう。

スペーシアとトコットの燃費はどっち?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

ここまではスズキスペーシアとダイハツトコットの大きさや乗り心地、税金などの維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここからはスペーシアとトコットの燃費に関する情報を検証してみたいと思います。

スズキスペーシア、スペーシアカスタム、スペーシアギアのカタログ値の燃費を調べてみました。

0.66Lハイブリッドのカタログ値の燃費は26.4〜30.0km/Lとなっています。

同様に0.66Lガソリンターボのカタログ値の燃費は24.0〜25.6km/Lとなっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

実燃費はどうなのでしょう。

0.66Lハイブリッドの実燃費は17.8km/Lとなっています。

同様に0.66Lガソリンターボの実燃費は19.8km/Lとなっています。

年間走行距離を1万キロとした場合の1ヶ月あたりの燃料費を調べてみました。

0.66Lガソリンの実燃費は17.8km/Lですから10,000÷17.8=561×130=72,930÷12=6,077円という結果になりました。

同様に0.66Lガソリンターボの実燃費は19.8km/Lですから10,000÷19.8=505×130=65,650÷12=5,470円という結果になりました。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

ダイハツトコットのカタログ値の燃費を調べてみました。

0.66Lガソリン車のカタログ値の燃費は27.0〜29.8km/Lとなっています。

実燃費はどうなのでしょう。

0.66Lガソリン車の実燃費は17.8km/Lとなっています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

年間走行距離を1万キロとした場合の1ヶ月あたりの燃料費を調べてみました。

0.66Lガソリン車の実燃費は17.8km/Lですから10,000÷17.8=561×130=72,930÷12=6,077円という結果になりました。

スペーシアはターボの方が燃費データがよくなっていますがスライドドア採用車は車重が重くなり、さらに自然吸気エンジンはパワーが足りない分高回転まで回す事が多くなり、その結果燃費が伸びにくいという理由が考えられます。

それでも十二分に経済性はありますから市街地中心部だけで使用するには充分でしょう。

トコットでも同じ事が言えますが0.66Lという排気量は近距離専用としてはとても使いやすく、サイズ的にも小回りが利き狭い市街地であっても躊躇なく入っていける気軽さは変えがたい魅力があります。

軽自動車はサイズに制限がありますがその分税制の恩恵に恵まれていますから積極的に購入して利用したいところです。

比較してみた結果、総合的な選択肢の多さからスペーシアをおススメしたいですね。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ