比較

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】はどっち?

多くの人数を乗せることが可能であり、ゆとりある空間も確保しているステップワゴン

一方、同じくホンダから発売されているスポーティかつ上質な走りを実現しているオデッセイ

価格、大きさ、燃費の3つの要素でどちらが優れているのか両車を比較しながら見ていきましょう。

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】価格はどっち?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】価格はどっち?

同じメーカーから発売されている2台のミニバン、ステップワゴンとオデッセイ。

ステップワゴンは多くの人数を乗せて余裕のあるスペースを確保し快適な車内空間を整えていることで有名で、一方のオデッセイはミニバンでありながら高い走行性能を持つ車として知られています。

では両車の価格についてはどのようになっているのか、実際に見ていきましょう。

ホンダ・ステップワゴンの価格

ステップワゴンにはハイブリッド車とガソリン車の両方があり、ハイブリッド車では「SPADA HYBRID B・Honda SENSING」、「SPADA HYBRID G・Honda SENSING」、「SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING」、「HYBRID Modulo X Honda SENSING」の他、特別仕様車として「SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING BLACK STYLE」のグレード構成となっています。

ガソリン車でも同様に「B・Honda SENSING」、「G・Honda SENISNG」、「G・EX Honda SENSING」、「SPADA Honda SENSING」、「Modulo X Honda SENSING」の他、特別仕様車としてガソリン車では2つ設定されています。

その特別仕様車の1つが「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」、もう1つがハイブリッド車でも設定のあった「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING BLACK STYLE」です。

それでは、ハイブリッド車とガソリン車の各グレードの価格について表にまとめてみましたのでそれぞれ見ていきましょう。

因みに、ステップワゴンのガソリン車のみに4WD車の設定があります。

ハイブリッド車

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】価格はどっち?

ステップワゴンのハイブリッド車の価格は上記の表の通りです。

ベースグレードであるSPADA HYBRID B・Honda SENSINGの価格は約330万円ほどで、最上級グレードとなるHYBRID Modulo X Honda SENSINGは400万円に迫る価格設定ですね。

意外なのが特別仕様車であるSPADA HYBRID G・EX Honda SENSING BLACK STYLEの価格で、このグレードはブラックを基調とした上質な1台でホイールやフロントグリルなど細部に高級感のある黒を採用しています。

総じて価格が高くなりがちなハイブリッド車で400万円以下に収めており、比較的妥当な価格でしょう。

ガソリン車

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】価格はどっち?

ガソリン車ではFF、4WD車の2つの駆動方式が設定されており4WD車はFF車よりも少し値が上がっていますね。

しかしながら、最上級のグレードであってもその価格は350万円程度と良好な価格設定です。

表をご覧いただければ分かるかと思いますが、Modulo X Honda SENSINGに関しては4WD車の設定はなくFFのみとなるので4WD車が欲しいと思っている方は注意が必要です。

個人的には、ハイブリッド車とガソリン車どちらもG・Honda SENSINGもしくはG・EX Honda SENSINGをおすすめします。

というのも、Gは本革巻きステアリングやコンビニフック付きシートバックテーブルなど実用性だけでなく質感の向上も図った装備を充実させたお買い得感のあるグレードで、G・EXはGをベースに運転席と助手席にて作動するシートヒーターが装備されていたり、乗り心地をより良いものにするためのパフォーマンスダンパーが装備されているなど価格以上の質感があるためです。

どちらもFF車であれば300万円以下、4WD車であってもわずかに300万円を超える程度の価格ですので購入するのであれば上記のおすすめグレードを検討してみてはいかがでしょうか。

ホンダ・オデッセイの価格

ステップワゴンではハイブリッド車はおおよそ300万円、グレードによっては400万円に迫る価格設定でガソリン車に関しては高くても300万円をわずかに超える程度の価格設定でした。

オデッセイではどのような価格設定になっているのか、こちらも表にまとめてみましたのでグレードごとの価格を見ていきましょう。

ハイブリッド車

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】価格はどっち?

オデッセイのグレード構成はハイブリッド車、ガソリン車共に3グレード構成となっています。

まずはハイブリッド車のグレードについて見てみると最上級グレードでは400万円台に突入する価格設定となっています。

しかしオデッセイは元々上質な車として知られるアコードのプラットフォームを用いて作られた車であり、アコードのミニバン版とも言える仕上がりです。

そのため、ミニバンでありながら走りの質や内装の質感はステップワゴンよりも上です。

具体的に一つ上げるとすれば、ハイブリッド車のベースグレードには運転席8ウェイパワーシートが装備されています。

この装備、スイッチ操作でシートの前後位置や座面高さなどを無段階で調節出来るものでBMWなどの上質な車に装備されていることが多いのです。

そのパワーシートがベースグレードから装備されているところを見ると、オデッセイがミニバンでありながら上質な車であるというのも頷けます。

上記のような特徴から、この価格設定は妥当ではないでしょうか。

ガソリン車

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】価格はどっち?

オデッセイのガソリン車は表の通り300万円前後です。

最上級グレードのABSOLUTE・EX Honda SENSINGはステップワゴンのガソリン車の最上級グレードであるModulo X Honda SENSINGとほぼ同じような価格設定でその金額、350万円ほど。

ただし8人乗り4WD車だとオデッセイの方が10万円ほど高いですが、ハイブリッド車の価格について触れる際にご紹介した通り上質な走りを追求したミニバンでもありますのでこのような価格設定となっています。

因みに、ステップワゴンにはない特徴として両側パワースライドドアが挙げられます。

これは電動の力で楽に開閉が出来るドアシステムで、オデッセイの全てのグレードに標準装備。

ステップワゴンには両側パワースライドドアはありませんので、この点もオデッセイの強みの一つでしょう。

ステップワゴンとオデッセイ、価格面ではどちらの方がおすすめ?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】価格はどっち?

両車の各グレードごとの価格を表を用いて比較してみましたが、価格だけを見るとステップワゴンの方に軍配が上がるでしょう。

しかし装備などを見てみると一概にステップワゴンが優れているとは言い切れません。

オデッセイにはパワーシートや電動パワースライドドアなどを装備させ、上質なミニバンとして販売されています。

装備や内装の質を見てみると、オデッセイの方に軍配が上がりますね。

ただし、ハイブリッド車であればステップワゴンの方がお買い得と言えるでしょう。

大人数を乗せてゆとりのある車内空間が欲しい方であればステップワゴンが、走りも含めて上質なミニバンが欲しいという方であればオデッセイの方がおすすめです。

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】大きさは?

価格面では装備の充実さを考慮してオデッセイが優れているという結果になりましたが、大きさではどちらの方が優れているのでしょうか。

両車の大きさについて、それぞれ見ていきましょう。

ホンダ・ステップワゴンの大きさ

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】大きさは?引用:https://www.honda.co.jp

ステップワゴンの大きさについて、まず車自体の大きさが全長4,760×全幅1,695×全高1,840mm、室内の広さに関しては室内長3,220×室内幅1,550×室内高1,405mmの大きさです。

車幅はコンパクトカーとほぼ同じようなサイズ感ですので、狭い道であっても余裕のある運転が出来るでしょう。

ミニバンというより、ワンボックスっぽい見た目のステップワゴンですが見た目の割には運転しやすいバランスの取れた大きさですが、車内の広さに関しても充分に余裕のある空間を確保しています。

その広さ、身長170cm以上の人であっても頭上のスペースに余裕があるほど。

3歳から5歳くらいのお子さんであれば車の中で立つことが出来るくらいには広いです。

ちょうど良いサイズ感でありながら、広い車内空間を確保しているのはステップワゴンの強みでしょう。

ホンダ・オデッセイの大きさ

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】大きさは?引用:https://www.honda.co.jp

オデッセイの車自体の大きさについては全長4,840×全幅1,820×全高1,685mm、車内の広さに関しては室内長2,935×室内幅1,560×室内高1,325(4WD車は1,305mm)の大きさとなります。

ステップワゴンと比較すると全幅はこちらの方が一回り大きく、全高に関してはステップワゴンの方が高くオデッセイの方が低いですね。

幅がややあるとはいえ、低く構えたオデッセイは峠などのワインディングで爽快な走りが出来るでしょう。

車内環境に関してはスポーティなミニバンでもあるが故、ステップワゴンよりもやや劣るといった感じですね。

ただ、室内幅に関してはほとんど差はなく幅広な空間ではありますね。

実際のところ、3列目シートに関しては身長170cm以上の大人3人が肩を触れ合うことなく座ることが出来るようなスペース感です。

ステップワゴンとオデッセイ、大きさではどちらがおすすめ?

ステップワゴンとオデッセイ、何を重視するかでおすすめが分かれますが運転のしやすさと広い車内空間を重視するのであればステップワゴンに軍配が上がります。

逆に、少しスペースを犠牲にしてでも走りが愉しいミニバンが欲しいのであればオデッセイしかないでしょう。

オデッセイに関してはスペースを犠牲にしてでも、とは言いましたがスポーツカーのように狭いわけではなく、なおかつ爽快なドライブが出来る車ですので車好きの方にも受けるかと思います。

広い車内空間を確保しているミニバンが欲しい方はステップワゴンを、走りが愉しいミニバンが欲しい方はオデッセイをおすすめです。

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?

大きさではステップワゴンに大きく軍配が上がりましたが、燃費ではどちらの方が優れているのでしょうか。

市街地、高速道路、郊外の3シーンでの燃費について両社とも見ていきましょう。

ホンダ・ステップワゴンのガソリン車の燃費

ステップワゴンのガソリン車の燃費について見ていきましょう。

カタログ燃費では17.0km/lとなっているステップワゴンは、市街地、高速道路、郊外の3シーンでどのような燃費を出すのか注目してみてください。

因みに、カタログ燃費というのはあくまで参考程度に捉えておくと実燃費との差でがっかりすることは少ないでしょう。

市街地

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp

ストップアンドゴーが多い市街地でのステップワゴンの実燃費は11.0km/lです。

市街地はどうしてもちょっと走っては止まり、またちょっと走っては止まりを繰り返すので燃費は悪くなりがちです。

カタログ燃費との差異は6km/lほどですが、市街地ではおおよそこの程度の数値でしょう。

高速道路

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp

高速道路でのステップワゴンの実燃費は15.5km/lと大きく伸びています。

カタログ燃費との差も2km/lほどで、そこまで大きな差はありませんね。

高速道路は市街地とは違い、信号などは基本的にありませんので止まる回数も少なくなり効率の良い運転が出来ます。

その結果が、上記のような数値となりミニバンとしては充分満足する燃費となるわけです。

郊外

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp

郊外でのステップワゴンの実燃費は13.5km/lと、高速道路での実燃費よりは落ちるもののそれでも市街地においての実燃費と比べるとこちらの方が良いですね。

郊外では高速道路のようにスピードを出すことは出来ませんが、市街地のようなストップアンドゴーが多い場所ではなく程よく走ることが出来ますので燃費は伸びていきます。

アクセルの踏み込み量を少なくする運転を心掛けると、もっと燃費は伸びるでしょう。

ホンダ・オデッセイのガソリン車の燃費

ステップワゴンではカタログ燃費よりはやや落ちているものの、良好な燃費ではありましたがオデッセイではどのような燃費になっているのでしょうか。

因みにオデッセイのカタログ燃費は14.0km/lとなっています。

オデッセイは2.4L直噴DOHC i-VTECエンジンを搭載していますので、1.5Lの排気量のステップワゴンよりもカタログ燃費が少ないのは致し方ないかもしれませんね。

市街地

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp

オデッセイの市街地での実燃費は8.6km/l。

2.4Lのエンジンは市街地ではステップワゴン以上に苦戦を強いられる結果となりましたが、それでもそこまで悪い燃費ではありませんね。

今では当たり前になったアイドリングストップ機能はもちろんオデッセイにも搭載されており、ステップワゴン同様にブレーキを踏み増しすると作動するタイプですので状況に応じてアイドリングストップ機能を作動させたり、エアコンの仕様を控えるようにすればもっと燃費は伸びるかもしれません。

高速道路

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp

オデッセイの高速道路における燃費は14.3km/lとカタログ燃費より少しだけ良い燃費を出しています。

排気量が大きければ大きいほど、高速道路のようなフィールドでは燃費の面で有利です。

というのも、排気量が大きいと当然ながらエンジンのパワーやトルク(駆動力)が必然的に大きくなりますからより少ないアクセル量で走ることが出来ます。

少ないアクセル量で走ることが出来るということは、低燃費走行に繋がるためカタログ燃費以上の良好な数値が出たというわけです。

郊外

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp

オデッセイの郊外での燃費は10.9km/lと思ったよりも低い数値。

郊外は市街地に比べて停止と発進を繰り返す箇所が少ないので、燃費は伸びやすいのですがオデッセイに関しては排気量が2.4Lということもあり伸び悩むのでしょう。

とはいえ市街地よりは圧倒的に燃費は良いので、アクセル開度に気を付けて走るともっと伸びるかもしれません。

ホンダ・ステップワゴンのハイブリッド車の燃費

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンのガソリン車の燃費は重い車体の割には良い燃費値を出していましたが、ハイブリッド車ではどのような燃費値を出しているのでしょうか。

ガソリン車よりも少しだけ重くなるために燃費が悪くなっているのか、あるいはハイブリッド特有の電気の力があることでガソリン車よりも燃費が良いのか、ガソリン車同様に3シーンに分けて見ていきましょう。

因みに、ステップワゴンのハイブリッド車のカタログ燃費は20km/lですので参考程度に捉えておいてください。

市街地

ステップワゴンの市街地での燃費は19.2km/l。

カタログ燃費と比べるとわずかに低い程度で、停止と発進を繰り返す市街地ということを考えると寧ろこの燃費値は良好です。

ハイブリッド車は発進時にモーターを利用して走るので、ガソリンはほとんど消費しません。

ガソリン車では当然ながら発進時もガソリンを消費するので、街乗りであればハイブリッド車の方がおすすめですね。

高速道路

高速道路でのステップワゴンの燃費は19.6km/lと市街地とほぼ変わらない燃費。

高速道路においては走り出したらほぼずっと止まることはありませんので、ハイブリッドが活きてくるシーンはあまりありません。

しかしながらハイブリッドは電気の力とガソリンの両方を使いますので、高速道路ではガソリンの強みが活きてきます。

市街地では電気の力を、高速道路ではガソリンの力を利用するという、まさにハイブリッドな走り方でより良い燃費値を出せるのがハイブリッド車の強みですね。

郊外

郊外でのステップワゴンの燃費は21.1km/lと3シーンの中で一番良い燃費を出しています。

郊外では市街地のように停止や発進を繰り返さず、程よい間隔で信号があるので上手くハイブリッドの強みを活かすことが出来ます。

それだけでなく、ガソリンの美味しい部分を活かすことも出来ますのでハイブリッド車においては郊外の幹線道路などが一番良いシーンだったりもするわけです。

ホンダ・オデッセイのハイブリッド車の燃費

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ステップワゴンでは3シーンの中で特に郊外がカタログ燃費以上の燃費値を出すという結果になりました。

では、オデッセイではどのような燃費値となっているのか見ていきましょう。

因みに、オデッセイのカタログ燃費は26.0km/lとなっておりカタログ燃費ではステップワゴンよりも良い数値を出していますね。

市街地

市街地でのオデッセイの燃費は17.8km/lと、ハイブリッド車にしては少し低い数値となっています。

ステップワゴンと比較しても、約2km/lほどオデッセイの方が低いという結果になりました。

オデッセイは2.4Lエンジンを載せている関係で車重が重くなりがちです。

その重さや、ステップワゴンの1,700kgよりも100kgほど重い1,800kg。

市街地では停止と発進を繰り返すので、ハイブリッドと言えどもあまり良い燃費は出せません。

とはいえ、極端に悪いというわけでもなく妥当な数値でしょう。

高速道路

高速道路でのオデッセイの燃費は19.0km/lという燃費値に。

大きな排気量となるとやはり高速道路でその真価を発揮してきますね。

ガソリン車でもより効率の良い運転が出来ますが、ハイブリッド車はガソリンの力に更にモーターのアシストが加わりより効率の良い運転が可能に。

更にミニバンでありながら空力性能にも優れていますので、燃費がよく伸びるのも頷けるでしょう。

郊外

郊外におけるオデッセイの燃費は17.0km/l。

数値だけを見ると郊外が一番悪いですが、郊外の幹線道路ではある程度交通の流れに乗っていればアクセルをそこまで踏み込むことなく走ることが出来るのでこの燃費値よりも良い数値が出るでしょう。

オデッセイにはステップワゴンにあるようなクルーズコントロールが無いのが痛いところで、後付けのクルーズコントロールキットを付ける方もいらっしゃるようです。

燃費の良い運転がしたい方は後付けのクルーズコントロールキットを付けるのをおすすめします。

ホンダ・ステップワゴンとホンダ・オデッセイ、燃費の面ではどちらがおすすめ?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】燃費はどっち?

ステップワゴンとオデッセイ、両車の各シーンでの燃費をそれぞれ挙げていきましたが、燃費の面では街乗りであれば圧倒的にステップワゴンでしょう。

しかし高速道路など長距離走行が多い場合はオデッセイの方が優れています。

長距離のシーンにおいてステップワゴンはどうしても少ない排気量であるが故、不得意な分野となります。

ハイブリッドでその不得意な部分を幾分補っているとはいえ、長距離メインではオデッセイの方がおすすめです。

街乗りが主であればステップワゴンを、長距離が主であればオデッセイをぜひおすすめします。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!