ステップワゴン

【ホンダ・ステップワゴン】サイズ比較とサイズ感は?他車と比べる

ちょうど良いサイズ感でありながら広い車内空間を確保しているステップワゴン

そのサイズ感は初心者や女性の方にも運転しやすいと噂ですが、実際のサイズ感はどのようなものでしょうか。

今回はステップワゴンの車体の大きさと車内空間の広さについて、同クラスのミニバンを比較対象に挙げて見ていきましょう。

また、車中泊が可能なサイズ感なのかについても触れていきます。

ホンダステップワゴンの大きさはどのくらい?

ステップワゴンの大きさはどのくらいなのか、車体の大きさと車内空間の広さの2つに分けて数値上で見ていきましょう。

なお、乗り降りのしやすさも大事な要素の一つですのでその点も触れていきます。

ホンダステップワゴンの車体の大きさ

ホンダステップワゴンの大きさはどのくらい?引用:https://www.carsensor.net

ステップワゴンの車体の大きさについて、数値上では全長4,760×全幅1,695×全高1,840mmの大きさでステップワゴンは5ナンバー車です。

他に同じ5ナンバー車として挙げられるのはトヨタのヴォクシーや日産のセレナがあります。

これらの車種との比較は後にすることとして、ステップワゴンの車体の大きさは同じくホンダのフィットやトヨタのヴィッツなどのようなコンパクトカーとほぼ同じで初心者や女性の方も運転しやすいサイズ感です。

背が高いため、大きく見えがちなステップワゴンですがこのように運転しやすいちょうど良いサイズ感を実現している辺り流石はホンダといった感じですね。

ホンダステップワゴンの車内空間の広さ

ホンダステップワゴンの大きさはどのくらい?引用:https://www.honda.co.jp

次に車内空間の広さについて見ていきましょう。

ステップワゴンの車内空間の広さは、室内長3,220×室内幅1,500×室内高1,405mmの広さで車体の大きさの割に広い空間を確保しています。

また、ステップの高さに関しては地面から390mmとなっていて階段を一段上るような感覚でお年寄りの方であっても乗り降りしやすいです。

ステップワゴンはこの低いステップ高を利用してガソリン車とハイブリッド車の他に福祉車両も設定されており、デイサービスなどの介護業界でもこのステップワゴンを配備している所もあります。

ここまで数値上での大きさについて説明をいたしましたが実際にはどのようなサイズ感なのか気になる方がほとんどでしょうから、次は実際のサイズ感について見ていきましょう。

ホンダステップワゴンの実際のサイズ感はどんな感じ?

数値上でのステップワゴンの大きさについては前項の通りですが、数値だけではどのようなサイズ感なのかが分かりにくいですから実際のサイズ感はどんな感じなのか見ていきましょう。

また、車中泊が可能なのかどうかと、もし車中泊が可能であればそこから更に快適な車中泊が出来るのかについても見ていきます。

ホンダステップワゴンの車内空間の実際のサイズ感

ホンダステップワゴンの実際のサイズ感はどんな感じ?引用:https://www.honda.co.jp

ステップワゴンの車内空間の実際のサイズ感はどのような感じなのか、数値だけでは見えてこない広さを見ていきましょう。

ステップワゴンは乗車定員7人乗りのミニバンであり、3列目シートには3人掛けのシートが装備されています。

そして、全席でゆったりと座ることの出来る程よく柔らかくもしっかりとサポートしてくれるシートを装備しており長距離の移動が非常に楽な作りになっています。

また、前席は足元に幅広の空間が広がっており窮屈感はほとんどありません。

2列目、3列目シートについてもその広さは健在で例えば2列目シートから一番後ろの席へ移動する際も容易に移動することが出来ます。

ハイブリッド車になると前席のセンターコンソール部分をまたぐ必要がある他、1列目シートにハイブリッドバッテリーを搭載している関係で床が盛り上がっているため少し注意が必要です。

ガソリン車であれば大きな搭載物はエンジンくらいですので、驚くほど広々とした空間が広がっています。

車内の快適性を重視するのであればガソリン車の方がおすすめでしょう。

ホンダステップワゴンで車中泊は可能か?

ホンダステップワゴンの実際のサイズ感はどんな感じ?引用:https://kuruma-kamisama.com

ステップワゴンの広さについては上記の通りですが、車中泊が可能なのかどうか気になる方もいるでしょう。

ステップワゴンでの車中泊に関しては、人数によりますが充分可能です。

極端な例を挙げると、7人フル乗車であれば車中泊をするのは厳しいですが少ない場合は車中泊出来ます。

ステップワゴンは多彩なシートアレンジがあり、2列目シートと3列目シートをたたむことでフルフラットに近い空間を作り出すことが出来るのです。

1列目と2列目シートを折りたたむことでも同様のスペースを作り出すことは出来ますが、車中泊ということであれば2列目シートと3列目シートをたたむ方が広くて快適な空間を確保出来ます。

3列目シートはなんと床に収納して完全にフラットな空間を作ることが出来るので、そのスペースを活かして別でベッドを作って車中泊仕様にしている方がほとんど。

ベッドを作ると高さが厳しいのでは、と思う方もいると思いますがベッドの高さが調整出来るものを使用することで天井とのスペースを確保することも可能です。

ステップワゴン用に作られたベッドキットを例に挙げると、一番低い高さに調整することで身長170cm程度の方であればベッドに座っても頭上には余裕のあるスペースを確保することが出来ますので、車中泊を考えている方は調整可能なベッドキットを購入するのをおすすめいたします。

ホンダステップワゴンのサイズ比較をしてみる

ステップワゴンの実際のサイズ感は数値以上に広く、車中泊も可能であることが分かりましたが同クラスのミニバンと比べてみるとどのような感じなのか見ていきましょう。

今回はライバル関係にあるヴォクシー、セレナの2台を対象として挙げて車体と車内空間のサイズを比較していきます。

ホンダステップワゴンとトヨタヴォクシーのサイズ比較

ホンダステップワゴンのサイズ比較をしてみる引用:http://kakaku.com

比較対象のヴォクシーのサイズは全長4,695×全幅1,695×全高1,825mm、車内空間の広さは室内長2,930×室内幅1,540×室内高1,400mmという大きさ。

5ナンバー車らしく、幅はステップワゴンと全く同じ大きさですが全長と全高に関してはヴォクシーの方が小さくなっています。

実際に両車を持ち出して比べてみると、まず長さに関しては以下の通り。

ホンダステップワゴンのサイズ比較をしてみる

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/ , https://toyota.jp/voxy/

どちらも同じサイズの画像を用いて線を引き、全長の比較画像を作成してみました。

こうして2台を並べてみると車体の長さに関してはより分かりやすく、ヴォクシーの方が短いですね。

長さが短い分ヴォクシーの方がよりコンパクトに見えるでしょう。

では全高はステップワゴンと比べてどれだけ低いのか、こちらも独自に作成した比較画像をもとに見比べていきましょう。

ホンダステップワゴンのサイズ比較をしてみる引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/ , https://toyota.jp/voxy/

全高に関してはステップワゴンとはわずかな差でヴォクシーの方が低くなっています。

全高が低いということは空気抵抗が少なくなるため、走りの面では有利となりスポーティーな走りが期待出来ますね。

わずかとはいえ、全高が低いヴォクシーは室内の高さも狭いのではないかと思われる方もいると思いますがそんなことはありません。

ヴォクシーの車内の広さは室内長2,930×室内幅1,540×室内高1,400mmの広さとなっており、ステップワゴンの室内高の寸法と比べてみるとわずか5mm程度ヴォクシーの方が低い程度。

実際には、ステップワゴンと同じように小学生程度のお子さんであれば車内で立ち上がることが出来る広さです。

ステップワゴンよりも高さが低くスポーティーな外観ながら、車内の広さをしっかりと確保している辺り流石はミニバン販売台数一位を誇るトヨタといった感じですね。

ホンダステップワゴンと日産セレナのサイズ比較

ホンダステップワゴンのサイズ比較をしてみる引用:http://kakaku.com

ステップワゴンと強いライバル関係にあるヴォクシーは、ステップワゴンに比べて全長が短く全高も低い割に広い車内空間を確保していて快適性はステップワゴンに負けず劣らずな大きさでしたが、ステップワゴンにとってもう一つのライバルであるセレナの大きさはどのような感じなのでしょうか。

こちらも比較画像を用いて両車の違いについて見ていきましょう。

因みに、セレナの大きさについてまず数値上で見ていくと全長4,690×全幅1,695×全高1,875mmで幅はステップワゴン同じ5ナンバーサイズ、車内の広さは室内長3,240×室内幅1,545×室内高1,400mmの大きさとなっています。

ホンダステップワゴンのサイズ比較をしてみる引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/ , https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ステップワゴンとセレナの実際の長さは上記の画像の通り。

数値を見てみるとステップワゴンよりも短い数値となっています。

実際に並べてみるとやはり分かりやすく、ステップワゴンよりも短いですね。

しかしながら、全長の短さが明らかだったヴォクシーと比べると数値の割には短いようには感じませんね。

この辺りは元々サイズの大きい車を作ることを得意としている日産らしい作りでしょう。

では高さはどのような感じなのか、同じように見ていきましょう。

ホンダステップワゴンのサイズ比較をしてみる引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/ , https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ステップワゴンとセレナの高さは上記の画像の通りです。

数値上では約30mmほどセレナの方が高くなっていますが、実際にはごくわずかな差であることが分かります。

それよりも、見た感じでは幅が同じ数値とはいえセレナの方が幅広に感じます。

寸法上は5ナンバーサイズではありますが、わずかとはいえ高さがあるために幅広に感じるのでしょう。

また、車内の広さに関してはヴォクシーと同じ数値ですが2列目シートの床から天井までの高さが全シートの中で一番高くなるように作られています。

2列目に座る人を中心に快適に乗ることが出来るように狙って作られたもので、3列目の床から天井までの高さこそ低いものの概ねステップワゴンにも負けない快適空間が確保出来ていて2018年上半期ミニバン販売台数No.1と銘打っているのも頷けますね。

ホンダステップワゴンと他車とのサイズ比較のまとめ

今回はステップワゴンにとってライバル枠であるヴォクシーとセレナを比較対象としてそれぞれ比較してみましたが、幅は3台とも5ナンバー車のため変わらない結果となりました。

どこで差が付くのかというと、全長と全高でステップワゴンに比べ2台とも長さが短くヴォクシーの場合は高さも低い一方でセレナは逆にステップワゴンよりも高く作られていました。

しかしながら広さに関しては3台ともほぼ同等、セレナに関しては3列目の高さが低い程度の違いでした。

改めて3台の大きさを見てみると、運転のしやすさという意味では長さも高さもちょうど良いステップワゴンの方が運転初心者や女性の方にはおすすめ出来ます。

逆に慣れてきたら、セレナやヴォクシーに乗り換えてみるのを検討するのも良いでしょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!