比較・ランキング

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】はどっちが良い!?

キャンプにオフロードに、色々な遊び方が出来る人気の軽自動車ハスラー

一方、同じくスズキから販売されている本格4WDオフローダーのジムニー

どちらも人気ではありますが、方向性は2台でそれぞれ違います。

ではどちらがおすすめなのか、価格と大きさと燃費の面で比較していきましょう。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

ハスラーと言えば遊べる軽として有名で、コマーシャルでもよくそのように謳っているのを見たことがある方も居るでしょう。

一方のジムニーは普通の車では入っていけないようなオフロードを走れる本格クロカン4WDとして、熱狂的なファンも多い軽自動車です。

どちらも趣味性の高い車ですが、価格の面ではどちらの方がおすすめなのかそれぞれ比較してみましょう。

スズキハスラーの価格

まずはハスラーの価格について触れてみましょう。

ハスラーには2WD車と4WD車の2つの駆動方式があり、更にミッションもCVT車と5速MT車の2つの違いがあります。

駆動方式とミッションだけで4つも違いがあり、更にグレードも3つの違いがある上にターボ車とNA車の違いもありますのでかなり幅広い選択肢があります。

今回はそれら全ての価格について触れていきますが、文字だけでは非常に分かりづらくなりますので以下にターボ車とNA車の価格を示した表を用意してみました。

それぞれの価格の違いについて注目してみてください。

スズキハスラーのNA車の価格【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

ハスラーのNA車の価格は上記の表の通りです。

ベースグレードのA、中間グレードのGには5速MT車が設定されており、マニュアル車が欲しい方であればGまでが購入候補ですね。

上級グレードのJや特別仕様車のワンダラー、タフワイルドには5速MTの設定はありませんので注意しましょう。

因みに、GとJには2トーンルーフ仕様車がありますが、これはルーフ(屋根)部分に別のカラーを塗装し文字通り2トーンとなっているタイプです。

価格に関しては、ベースグレードのAは5速MT車もCVT車も変わらない値段で110万円前後とかなり格安な価格、4WDでも120万円前後ですのでカスタムベースとして購入するのであればAは破格の価格と言っても過言ではありませんね。

Gになると少し価格は上がるものの、それでも130万円前後ですので購入しやすい価格帯です。

2トーンルーフ仕様車について

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

上記はGの4WD車、ミッションはCVTですが屋根の部分に注目してみましょう。

ルーフは白で塗装されていて、ボディー部分は青色となっていますがこのような仕様を2トーンルーフ車と呼びます。

とてもオシャレで女性からの人気も高いのがこの仕様車の特徴ですね。

また、2トーンルーフ仕様車はエクステリアだけではなくインテリアの仕様も違っており2トーンルーフ仕様車でないグレードはインパネ周りが白に統一されていますが、2トーンルーフ仕様車はインパネ周りのカラーがボディ色と同一になります。

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

例として上記の画像を見てみましょう。

上記の画像はJターボの4WD、ミッションはCVTでボディ色がアクティブイエローのハスラーですがこのようにインパネ周りがボディ色と同じ色に変わります。

このように、ボディとインパネのカラーが一体になるのが2トーンルーフ仕様車の特徴で高い人気を誇るのも納得できますね。

スズキハスラーの特別仕様車のワンダラー、タフワイルドについて

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

ハスラーの特別仕様車として、ワイルドさに満ち溢れ都会派SUVを思わせる外観のタフワイルドと自然の風景に溶け込むようなアクティブな雰囲気を漂わせるワンダラーの2つが新たに販売されています。

これらはターボ車ではなくNA車のみに設定されているグレードで、どちらともミッションはCVTのみです。

上記の画像がタフワイルドで、ポップなイメージの通常ハスラーから一転して力強さをアピールしたデザインとなっています。

ルーフが黒で塗装されているのも一つの特徴で、こちらは男性からの支持も高い一台です。

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

そしてこちらの画像はワンダラーとなります。

ワンダラーはこのように湖畔のほとりなど、自然の中に溶け込むようなデザインでアクティブなモデルです。

ワンダラーは日本語で放浪者などの意味ですが、ハスラーの場合は地図を片手に当てのない旅に出掛けたくなるような、そんな雰囲気を持ち合わせていてタフワイルドと比べるとこちらの方が比較対象のジムニーに近いキャラクターですね。

ワンダラーとタフワイルドに5速MTの設定がないところがマニュアル好きには痛いところではありますが、個人的には上記のような理由からワンダラーをおすすめしたいところですね。

スズキハスラーのターボ車の価格

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

ハスラーのターボ車の価格は上記の表の通りです。

ターボで武装したことにより、それぞれ100,000円前後ほど価格が上がっています。

また、NA車には特別仕様車のワンダラーとタフワイルドがありましたがターボ車には特別仕様車は用意されてなく、大まかに分けると2トーンルーフ車と通常グレード車の2つのみでミッションはCVTのみです。

逆に考えると、シンプルなグレード構成で分かりやすいと受け取れますが、せめて5速MT車の設定は欲しいところですね。

スズキジムニーの価格

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】価格はどっち?

ジムニーの価格表は上記の通りです。

ジムニーはターボ車しかなく、ハスラーのようにCVTと一部のグレードに5速MTという方式ではなく全グレードで4速ATと5速MTという硬派な仕様です。

しかもグレードはシンプルに3つしかありません。

本格クロカン4WDのジムニーに余計なものはいらない、というジムニーに対するスズキのこだわりが見て取れますね。

価格について触れていくと、ベースグレードのXGは5速MT車は1,400,000円台からと軽自動車として見ると安くはないですが本格クロカン4WDとして見た場合は安価な部類に入ります。

また、各グレードの価格を見ていくと分かりますが今の時代には珍しくAT車よりもMT車の方が価格が安くなっていて、価格の面では5MT車の方がおすすめです。

しかし、今時はATやCVT車が主流ですので運転技術などの面から言えば5速MT車は難ありとも言えるでしょう。

スズキハスラーとスズキジムニー、価格の面ではどっちがおすすめ?

ここまでハスラーとジムニーの価格について触れてきましたが、ATやCVTなどのミッションを選択するのであればハスラーの方がおすすめです。

ハスラーは最上級グレードであっても1,700,000円台の価格設定になっていますが、ジムニーの場合はハスラーよりも300,000円ほど高くなっています。

MT車よりもAT車の方が価格が高いというのがジムニーの特徴ですので、MT車が欲しいという方であればジムニー一択でしょう。

ハスラーでMT車を選択しようとした場合は選択肢が非常に少ないですし、差額は100,000円程度ですのでMTが欲しいという方でしたらジムニーを選びましょう。

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】大きさは?

価格の面では総じてハスラーの方に軍配が上がっていましたが、大きさの面ではどちらの方が優れているのでしょうか。

どちらも軽自動車故に幅や全長は同じ寸法であることが想像出来ますが、実際にはどのような感じなのか触れていきましょう。

スズキハスラーの大きさ

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】大きさは?

引用:https://autoc-one.jp/

ハスラーの車体寸法は全長3,395×全幅1,475×全高1,665mmとSUVながら軽自動車らしい大きさです。

上記のハスラーを見てみると、タイヤとボディの隙間が広く取られていて悪路でも問題なく走行出来るような作りになっています。

そのため、一見車高が高すぎるように見えるのですが寸法上ではそこまで高く作られてはいませんね。

ジムニーのように本格クロカン4WDとしてではなくあくまで普段使いがメインでおまけとして悪路もそれなりに走れる、というのがハスラーの特徴の一つです。

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】大きさは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

続いて室内寸法についてですが、室内長2,160×室内幅1,295×室内高1,250mmと軽自動車としては充分にゆとりのある広い空間を確保しています。

具体的なサイズ感として、180cm程度の一般的なサーフボードを積むことが可能です。

ただし、これはあくまで一人乗車時のサイズ感で当然ながら後部座席は倒した状態となります。

4人乗車時の場合、後部座席を標準位置にしている時の荷室の奥行きはわずか290mmと極端に狭いです。

荷物によっては後部座席を前席に近づけなければなりませんが、そうなると今度は後部座席が狭くなり窮屈感が増してしまいます。

前席に寄せた場合は拳一個分の余裕もないスペース感となりますので、荷物を載せたい場合は基本的に後部座席を倒した状態にしましょう。

スズキジムニーの大きさ

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】大きさは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/

ジムニーの大きさについて、車体そのものの大きさは全長3,395×全幅1,475×全高1,725mmでハスラーと比べると全長と全幅は軽自動車規格らしく同じですが、全高に関してはジムニーの方が60mmほど高くなっています。

これは本格クロカン4WDならではの作りで、悪路を走ることに関してはジムニーの方が圧倒的に有利です。

また、車内の大きさに関しては室内長1,770×室内幅1,300×室内高1,200mmの広さとなっています。

数値上では室内長と室内高の数値がハスラーよりも低くなっており、実際の広さも前席は快適性を保っているものの後部座席はあくまでおまけ程度に付いている、といった印象です。

後部座席の広さに関して具体的に説明すると、身長170cmの成人男性が後部座席に座った場合天井とのスペースは拳半分程度のスペース感しかありません。

ジムニーは基本的に3ドアですので、後部座席の快適性については期待しない方が良いでしょう。

荷室に関しては室内長が1,770mmですので180cmのサーフボードを真っすぐに積むことは不可能であり、積みたい場合は斜めに積まなければなりません。

スズキハスラーとスズキジムニー、大きさではどっちの方がおすすめ?

ハスラーとジムニーの大きさを比較していきましたが、大きさの面では快適性を考慮するとハスラーの方に圧倒的に軍配が上がります。

そもそもジムニーは3ドアですので後部座席に乗り込む場合は前席を倒して乗らなければなりません。

対するハスラーは5ドアであり後部座席への乗りやすさは比べるまでもありません。

また、荷室に関してはどちらも後部座席を倒さない状態では極端に狭いですがハスラーの場合は後部座席を倒すとサーフボードのような長物でも真っすぐの状態で積み込むことが可能です。

対するジムニーはサーフボードを積み込む際は斜めに積み込まなければなりませんので、荷物の積み込みやすさでもハスラーの方に軍配が上がります。

このような点から、普段使いも含めるとハスラーの方をおすすめです。

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】燃費はどっち?

大きさの面では快適性も考慮するとハスラーに軍配が上がりましたが、燃費の面ではどちらの方が優れているのでしょうか。

ここでは市街地、高速道路、郊外の3シーンに分けてハスラーとジムニーの燃費をそれぞれ比較していきましょう。

スズキハスラーの燃費

ハスラーとジムニーの燃費を比較していくにあたり、まずはハスラーの燃費を見ていきましょう。

ハスラーはジムニーほどオフロードに特化した車ではありませんので、実燃費はジムニーよりも良い数値が出るのではと容易に予想出来ます。

因みに、ハスラーのカタログ燃費は32.0km/lとなっていますので参考程度に捉えておきましょう。

市街地

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】燃費はどっち?

引用:https://autoc-one.jp/

ハスラーの市街地での燃費は23.5km/lと良好な燃費値が出ています。

市街地では信号が短い間隔で設置されており、停止と発進を多く繰り返すために良い燃費を出そうとすると苦戦するのですが、ハスラーの場合は2WD車で820kg、フルタイム4WD車でも870kgの軽量なボディのおかげで市街地でも苦戦することなく良好な燃費値を出すことが可能というわけです。

因みに今回の燃費データはCVT車のものを取っていますが、MT車であればもっと燃費を伸ばすことが可能です。

渋滞時などにはMT車は大変ではありますがCVTと比べてダイレクトに変速することができ、運転そのものが面白いだけでなく良い燃費値を狙って出すことが可能ですので、MT車も購入候補の一つに入れてみるのをおすすめします。

郊外

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】燃費はどっち?

引用:https://autoc-one.jp/

市街地ではカタログ燃費よりもダウンしているとはいえ、それでも20km/lを上回る良好な燃費値を出していました。

そんなハスラーですが、郊外での燃費値は24.4km/lと当然ですが市街地の良好な燃費値を上回る燃費となっています。

郊外道路では市街地のように信号が多くなく、一度走り出せばあまり止まることなく走ることが出来て効率の良い運転が可能です。

MTの場合は走行状況に応じて適切なギアを選択することにより、これより1km/l弱ほど燃費が伸びますのでMT車オーナーの方で燃費を伸ばしたい場合は運転の仕方を変えてみるのも手でしょう。

高速道路

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】燃費はどっち?

引用:https://autoc-one.jp/

市街地、郊外道路共に良い燃費値を出していましたが高速道路では一転して、22.8km/lと3シーンの中では一番低い燃費値となっています。

軽自動車は普通車と違い排気量が660cc程度しかありませんので高速道路ではエンジン回転数が高くなりがちです。

それでも100km/hでの巡航中のエンジン回転数は2,300rpmと軽自動車としては回転数が上手く抑えられています。

高速道路で燃費を伸ばしたい場合は速度を80~90km/h程度に抑えて左車線を走るようにしましょう。

スズキジムニーの燃費

ハスラーは軽量ボディとCVTの組み合わせで非常に良い燃費値が出ていましたが、本格クロカン4WDのジムニーはどのような燃費値が出ているのでしょうか。

こちらも同様に3シーンに分けてその燃費を見ていきましょう。

因みにジムニーのカタログ燃費は5MT車で16.2km/l、4AT車では13.2km/lとなっていてMT車よりもAT車の方が燃費が悪くなっています。

実際に私も先代モデルであるJB23型ジムニーのAT車を所有していますが、街乗りや峠などの郊外道路では9km/l~10km/l程度の燃費と決して良い燃費値ではありません。

あくまで先代モデルの燃費データではありますが、参考程度に捉えておきましょう。

市街地

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】燃費はどっち?

引用:https://autoc-one.jp

市街地では5MT車が15.8km/l、4AT車が9.1km/lとやはりAT車は低い燃費値が出ています。

ジムニーの場合は特殊で、MT車の方が効率良く力を伝えられる構造になっていますのでAT車はどうしても燃費の面では苦戦しがちです。

しかしながら先代モデルと比較すると燃費は改善していると言えるでしょう。

ハスラーとの燃費の差は比べるまでもなくハスラーの方が良いですね。

というのも、ハスラーは最大でも870kgの軽量ボディですがジムニーは本格的なオフロードを走るためにラダーフレームと呼ばれるはしご型のフレームを装備しておりそのラダーフレームの上にボディが載っている、という構造です。

このラダーフレームが重量的にはかなり厄介で、これも重量増の一因となり結果的にジムニーの重量は軽自動車としては非常に重い1,030~1,040kgとなっています。

このようなことから、市街地では低燃費性については期待しない方が良いでしょう。

郊外

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】燃費はどっち?

引用:https://autoc-one.jp

市街地では1ケタ台の燃費で低い印象でしたが、郊外道路では一転して5MT車が19.2km/lで4AT車が12.7km/lと2ケタ台の燃費値を出しています。

しかしここでもやはり5MT車の方が良い燃費値を出しており、このシーンに至ってはカタログ燃費から3km/lほど上回っていますね。

郊外道路では市街地のように信号が多いこともなく走り出せばしばらく止まることはありません。

60km/hの一定速度で巡航することによってより燃費を伸ばすことも可能でしょう。

ただし、ハスラーと比較してみると燃費の面ではやはり圧倒的にハスラーの方が優れています。

ジムニーという車はこういうものだ、という認識を持つことでこの燃費値を許容出来るでしょう。

高速道路

【スズキ・ハスラー】VS【スズキ・ジムニー】燃費はどっち?

引用:https://autoc-one.jp

高速道路では5MT車が20.5km/l、4AT車が9.3km/lとかなりの幅があります。

5MT車ですと100km/hでの巡航中のエンジン回転数は3,200rpm、4AT車は4,000rpmとなりAT車はかなり高い回転数で巡航することになるため必然的に燃費は下がっていきます。

市街地とほぼ同じ燃費値が出ているこの現状を考えると、ジムニーが一番苦手とするシーンは高速道路と言えるでしょう。

燃費に関してはハスラーも同様に高速道路における燃費値が一番低かったものの、それでも20km/lを下回る数値ではなかったためいかに重量が燃費に影響するかが分かりますね。

スズキハスラーとスズキジムニー、燃費の面ではどっちがおすすめ?

ここまでハスラーとジムニーの燃費を比較していきましたが、どちらが優れているかは数値を見れば一目瞭然でハスラーの方に圧倒的に軍配が上がります。

1,030kg~1,040kgの車重を持つジムニーと最大でも870kgの重量しかないハスラーでは燃費の面では大きな差があります。

燃費重視であればハスラーしかあり得ません。

しかしジムニーは本格クロカン4WDであり、そもそものキャラクターがハスラーとは違います。

ジムニーを含めたクロカン4WDは舗装されていない完全な悪路を走るために作られたもので、悪路走破性で言えば逆にハスラーと比べるまでもありません。

また、クロカン4WDは基本的に一ケタ台の燃費しか出ないものがほとんどですがジムニーの場合はクロカン4WDの枠内では軽量なボディで二ケタ台の燃費が出ていますので、決してジムニーの燃費が悪いということはないでしょう。

燃費を重視するかしないかで、ハスラーかジムニーのどちらかを選択するようにしましょう。

また、ジムニーを選択するのであれば燃費が良い5MT車をおすすめいたします。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.graceokinawa.com/suzuki/hustler/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ