ヴェゼル

【ホンダ・ヴェゼル】価格・費用はどう?グレードで違いはあるのか?

2013年の発売以来、SUVカテゴリーで高い人気を誇るのが、ホンダヴェゼルです。

一昔前のSUV全盛期に比べると、SUV人気は落ち着いてきた感があります。

そんな中でも高い人気を誇るホンダヴェゼルを解剖してみます。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダヴェゼルの価格や値段はいくら?

ホンダヴェゼルの価格や値段はいくら?引用 https://response.jp/

まず、価格や値段です。

ヴェゼルには、ガソリン車とハイブリッド車の2種類があります。

最初に新車から見ていきましょう。

まず、ガソリン車ですが、最新モデルでは3グレードあります。(すべて税込価格)

ホンダヴェゼルの価格や値段はいくら?引用 https://www.honda.co.jp/VEZEL

G・Honda SENSING  207.5万円

X・Honda SENSING  216.5万円

RS・Honda SENSING 247.5万円

こちらはすべてFF仕様で、4WDにすると、20万程度あがります。

次にハイブリッド車ですが、4グレードがあります。(すべて税込価格)

ホンダヴェゼルの価格や値段はいくら?引用 https://www.honda.co.jp/VEZEL

HYBRID・Honda SENSING   246万円

HYBRID X・Honda SENSING  253.9万円

HYBRID Z・Honda SENSING  271万円

HYBRID RS・Honda SENSING 281万円

こちらもFFで、4WDは20万程度あがります。

次に中古車です。

中古車販売サイトを見てみると、以下のとおりです。

平均価格 209.1万円

価格帯  119.9万円~362万円

最も掲載台数が多い価格帯は、180万円から210万の範囲となっています。

特に140万円以下のものは殆ど掲載されていません。

販売から5年経過しているにもかかわらず、あまり値段は下がっていない様です。

ホンダヴェゼルの費用はどのくらいかかる?

ホンダヴェゼルの費用はどのくらいかかる?

つぎに車両本体価格以外の支払額の確認です。

車の購入には、車両本体価格以外にも、いくつか掛かる費用があります。

いわゆる初期費用というもので、おおよそ車両本体価格の10%~20%掛かります。

初期費用の中身を見ていきましょう。

自動車税

自動車税は、車を所有することでかかる税金です。

車の排気量や購入時期によって、最初に払う費用は変わります。

新車購入時には、購入月の翌月から翌年3月分までの月割り額を支払います。

軽自動車は月割り制度がないため、購入年度には税金はかかりません。

自動車取得税

車両本体とオプションの合計額から一定の金額を控除した価格(車両取得価額)

に応じて定められており、その税率は車両取得価額の3%(軽自動車と営業車は2%)です。

燃費達成基準のレベルに応じて減税されるエコカー減税で減税されるのは、この自動車取得税です。

自動車重量税

車の重量によって掛かる税金です。

車検の有効期間年数分を前払いしますので、中古車で車検が残っている場合は、払う必要はありません。

新車を購入した時は、3年分を先に支払うことになります。

ホンダヴェゼルの費用はどのくらいかかる?

自賠責保険

車を買う際に必ず掛けなければいけない保険です。

正式には自動車損害賠償責任保険といい、この保険に加入していないと、日本の公道を走ることは出来ません。

自動車リサイクル料金

2005年1月に施行された自動車リサイクル法に基づく料金です。

2005年1月以降に新車を購入した場合は、購入者が料金を負担します。

2005年1月の時点で登録されている中古車については、その後の車検時に所有者が料金を負担します。

消費税

現在は8%ですが、2019年10月に10%になる予定です。

諸費用

これ以外にも、駐車場を確保している事を証明する車庫証明を代行してもらう費用、

車の名義を管轄の陸運局に登録し、ナンバープレート取得を代行してもらう費用、

車を希望の場所まで届けてもらう場合は、納車費用が掛かります。

長くなりましたが、ヴェゼルを新車で購入する場合と中古で購入する場合の、

大体の費用を計算してみました。

新車に関しては、ホンダさんのサイトで見積り試算をしてみました。

ホンダヴェゼルの費用はどのくらいかかる?

■HYBRID Z Honda SENSING(新車)

車両本体価格      2,747,800円

自動車税(12月登録)  8,600円    自動車取得税      27,400円

自動車重量税      5,600円    自賠責保険       36,780円

代行費用        46,440円    法定費用        6,000円

リサイクル法関連費用  11,340円    小計          142,160円

合計         2,889,960円

次に中古車です。カーセンサーさんのサイトで調べました。

■ハイブリッド Z ホンダセンシング

車両本体価格     2,438,000円     費用         141,000円

合計         2,579,000円

中古車に関しては、諸費用の細かい記載がありませんでした。

年式が同じモデルだと、本体価格で30万程度の開きしない様です。

ホンダヴェゼルのグレードの違いは?MT車はあるの?

ホンダヴェゼルのグレードの違いは?MT車はあるの?引用 https://www.honda.co.jp

最後に、ヴェゼルのグレードです。

まずは、ハイブリッド車、ガソリン車共通に配備されている、「Honda SENSING」です。

「Honda SENSING」はホンダが2014年から使用している、先進安全運転支援システムです。

高精度のミリ波レーダーと単眼カメラで歩行者や車を検知して、衝突事故を未然に防ぐシステムです。

ホンダ以外では、スバルのアイサイトが有名ですね。

しかも、いわゆる自動ブレーキシステムと言われる、衝突軽減ブレーキは、ホンダが世界で始めて開発したそうです。

それでは細かく説明していきます。

ガソリン車、ハイブリッド車の違い

ホンダヴェゼルのグレードの違いは?MT車はあるの?引用 https://www.honda.co.jp

まずは、動力性能を比較します。

ハイブリッド車 最高出力 152ps

ガソリン車        131ps

数値上では、ハイブリッドの方が若干出力が高いですが、実際に乗った方の口コミなどをみると、

あまり代わりが無い様です。

次に、燃費です。

ハイブリッド車 約18km/L

ガソリン車   約13km/L

印象としては、燃費の差は余りないな、というところでしょうか。

ハイブリッド車とガソリン車の価格差がおよそ30万程度ありますので、ガソリン代を140円で計算してみます。

ハイブリッド車 140円 ÷ 18km/L = 7.7円

ガソリン車   140円 ÷ 13km/L = 10.7円

差が3円なので、10万キロ以上走行しないと、元が取れない計算です。

グレードの特徴

ホンダヴェゼルのグレードの違いは?MT車はあるの?引用 https://www.honda.co.jp

まずは、すべてのグレードに共通の装備です。

①安全装備/運転支援機能

運転席用i-SRSエアバックシステム、VSA、エマージェンシーストップシグナル

ヒルスタートアシスト機能、電子子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能

②快適装備/メーター

パワースイッチ 、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン、全ドアワンタッチ式パワーウィンドウ、プリズムアンダーミラー

③インテリア

ハイデッキセンターコンソール

④足回り/走行関連メカニズム

振幅感応型ダンパー

以上が全グレード共通のものです。

ガソリン車のグレード毎の違い

ホンダヴェゼルのグレードの違いは?MT車はあるの?

ガソリン車でのグレード毎の違いです。

G・Honda SENSING・・・・LEDヘッドライト、オートリトラーミラー、16インチスチールホイール+フルホイールキャップ

X・Honda SENSING・・・・(上記に加えて)ハロゲンフォグライト、本革巻きステアリングホイール、

クロームドメッキ インナードアハンドルリング、エアコンアウトレットリング、自動防眩ルームミラー、

16インチアルミホイール

RS・Honda SENSING・・・・(上記に加えて)LEDフォグライト、RS専用ドアミラー、コンビシート&専用インテリア、

本革巻きセレクトレバー、パフォーマンスダンパー(RS専用)、18インチアルミホイール

グレードが上がるにつれて、内装やホイールなどのグレードが上がっている印象です。

ハイブリッド車のグレード毎の違い

HYBRID・Honda SENSING・・・・LEDヘッドライト、左右独立温度コントロール式フルオート エアコンディショナー、

リアクティブフォースペダル、ハイブリッド専用デザインメーター、16インチスチールホイール+フルホイールキャップ

HYBRID X・Honda SENSING・・・ハロゲンフォグライト、本革巻きステアリングホイール、クロームメッキ スピーカーリング、

エキパイフィニッシャー、自動防眩ルームミラー、16インチアルミホイール

HYBRID Z・Honda SENSING・・・LEDフォグライト、コンビシート&専用インテリア、雨滴検知式フロントワイパー、

ルーフレール(FF),パフォーマンスダンパー、17インチアルミホイール

HYBRID RS・Honda SENSING・・RS専用エクステリア、コンビシート&専用インテリア、ステンレス製スポーツペダル、

雨滴検知式フロントワイパー、パフォーマンスダンパー(RS専用)、18インチアルミホイール

ガソリン車と比べても、若干の違いがある様です。

マニュアル車について

ホンダヴェゼルのグレードの違いは?MT車はあるの?

サイトを見る限り、ホンダヴェゼルでは、マニュアル車の展開はありません。

ヴェゼルのミッションに関しては、ガソリン車とハイブリッド車で違います。

ガソリン車は、CVTを採用しており、ハイブリッド車は、7速デュアルクラッチトランスミッションを採用しています。

 

CVT、私は初めて聞いたので、調べてみました。

→CVTとは、無段変速機と言われていて、金属製ベルトと可動式の滑車を使って、

段階的に制御を行います。

特徴としては、変速時の振動が一切無いのが特徴です。運転状況に応じて、

エンジンの動力を最適にコントロールできる為、駆動ロスが減り、

燃費が良くなるようです。最近の車はこのCVTが多く使われています。

 

ハイブリッド車に搭載されている、7速デュアルクラッチトランスミッションについて、調べてみました。

デュアルクラッチトランスミッションとは、簡単に言うと、マニュアル車でクラッチとシフトレバーでギアチェンジしていたことを

自動制御してくれるもの、という事のようです。さらに、デュアルと言う表現のとおり、クラッチが2つあって、奇数段と偶数段を

組み合わせて繋いだり、切ったりしている為、すばやい切り替えが可能、つまり加速がスムーズにされる、と言うものの様です。

ホンダヴェゼルのグレードの違いは?MT車はあるの?引用 https://www.honda.co.jp/VEZEL

色々調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

3年連続で販売台数NO1の人気車なので、さまざまな機能が付いています。

調べてみて感じたのは、内装がおしゃれで、高級感があるな、という事です。

この内容が、参考になれば、幸いです。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ