ヴェゼル

【ホンダ・ヴェゼル】安全性はどう?自動ブレーキの効きはいいの!?

ホンダヴェゼルはどの様なくるまなのでしょうか?

運転はしやすいのでしょうか?運転はしにくいのでしょうか?

ホンダヴェゼルの安全性は、どうなのでしょうか?自動ブレーキの効きはどうなのでしょうか?

ホンダヴェゼルの横滑り防止機能とはどの様なものなのでしょうか?その性能はどうでしょうか?

以上、調べてみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダヴェゼルは運転しやすい?しにくい?

ホンダヴェゼルは運転しやすい?しにくい?

ホンダヴェゼルは、車輛の大きさとしては、エンジン排気量1500ccクラスのコンパクトカーに属します。

カテゴリー、コンセプトはSUV車と言う事です(ホンダディーラーの話)。

SUVとは「Sport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)」の頭文字を取った言葉で、日本では「多目的スポーツ車」の相称としてもちいられていて、日常からレジャーまで使える多目的スポーツ車ということになります。

SUVはカージャンルの一つですが上記で説明したとおり、多目的スポーツ車の相称なので、個別のモデルごとに特徴が多種多様で、一口にSUV車と言っても特徴が著しく異なっており、SUVの意味や定義が不明瞭になっている感は否めません。

しかしながら、SUV車の一般的な特徴を挙げてみると、最低地上高(地面から車両最低部までの高さ)が高く、また車高も高く、ドライバーから、或いは室内から外を見ると視点が非常に高く、見晴らしが良いと感じました。

オフロードの走行など、悪路の走行性能も考慮され、アウトドアレジャーなどでの使用も含めた、「多用途に使えるクルマ」という感じにまとめることが出来るかもしれません。

言わば1台の車で日常からアウトレジャーまで使用できると言うマルチな性能を備えた車、1台あれば色々な用途に使える車というコンセプトが、特に都市部など、自動車を複数台持つのが難しい地域に住むユーザーなどを中心に、需要が高まっているということかも知れません。

さて、実際ヴェゼルを見てみると、排気量1500ccクラスの車にしては「大きい」と言うのが第一印象です。

実際、ボンネットを開けてエンジンを見てみると、エンジンがかなり小さく、バッテリーも小さく、エンジンルームにはかなり空きスペースがあります。

ホンダヴェゼルは運転しやすい?しにくい?

ひと昔前の自動車みたいに、限られたエンジンルームに大きなエンジンや付属部品を詰め込んで、隙間はない感じはありません。

実際エンジンのサイズも小さくなりそれでいて出力は高くなっているのは新しいからでしょう。

また、ボディサイズも新しい自動車ほど大きくなっていると思います。

ボディサイズが大きいので、室内も広く感じます。それから、ドアミラーも大きくなり左右後方のビューも良好です。

ホンダヴェゼルは運転しやすい?しにくい?

広々した室内で、ドライバーの視点の位置も高いので見晴らしがよく、視界は良好です。

ボディサイズが大きと感じた割には、やはり1500ccクラスの大きさなので、思っていたより小回りも効きます。

全体的に室内は広く見晴らしも良いので、極めて運転しやすいと筆者は感じました。

ホンダヴェゼルは運転しやすい?しにくい? ホンダヴェゼルは運転しやすい?しにくい?

タイヤのサイズは、私が試乗した車両は215/55R17で、タイヤの幅が広くホイールサイズは17インチで、これもステアリングのレスポンスを快適にしている感じで、ハンドル操作も気持ちよくできると言う印象です。

ホンダヴェゼルは運転しやすい?しにくい?

全体的に、ホンダヴェゼルは極めて運転しやすい自動車だと感じました。

ホンダヴェゼルの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

ホンダヴェゼルの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

ホンダヴェゼルでは、Honda SENSINGというコンセプトの先進の安全運転支援システムを採用しています。

またヴェゼルはサポカーS(ベーシック+)にも該当しています。サポカーとは、セーフティ・サポートカーの略称で、セーフティ・サポートカーとは、日本政府が交通事故対策の一環として言及啓発しているもので、自動ブレーキなどの安全運転を支援する装置などを搭載し、ドライバーの安全運転を支援する自動車に与えられます。

ホンダヴェゼルの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

ホンダヴェゼルの具体的な装備としては、追突事故防止の為の衝突軽減ブレーキ(CMBS)、近年多発するアクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防止する誤発信抑制機能、歩行者に配慮した歩行者事故低減ステアリング、車線をはみ出さないための路外逸脱抑制機能、適切な車間距離を保つためのACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)、ふらつかないためのLKAS(車線維持支援システム)、先行方車の発信に気付かなかったときに知らせてくれる先行車発進お知らせ機能、標識などの見落としを知らせる標識認識機能、坂道発進のブレーキペダルから足を離した瞬間からアクセルペダルに踏みかえる時の後退を抑える機能などを装備しており、ドライバーの安全運転をサポートしています。

ホンダヴェゼルの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

まず衝突軽減ブレーキです。ホンダヴェゼルでは衝突軽減ブレーキシステムが採用されています。

これは、ホンダ独自のフロントグリルに装備されたミリ波レーダーと、フロントガラスの中央上部に配置されている単眼カメラを融合した高精度な検知機能で、前走車や対向車、歩行者などとの衝突が予期される場合、まず、ステアリング振動による体感警報をなどによって回避操作を促します。

ホンダヴェゼルの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは? ホンダヴェゼルの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

また、リアクティブフォースペダル装備車は同時にアクセルペダル振動でも注意を促します。

それでも尚危険が取り除かれない場合は、衝突回避、または軽減するために自動ブレーキが作動するというものです。

この衝突軽減ブレーキ(CMBS)の作動要件は、速度が約5km/h以上で走行中に、自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停車、または減速することにより衝突回避や、衝突軽減を図るというものです。

ただし、システムの作動要件として、自車の速度が約80km/h以下のときに作動する設計になっているので、それ以上で走行している場合、例えば高速道路を100km/hで走行している時などは動作しませんので注意が必要です。

また、二輪車や自転車には対応した設計になっていないとカタログなどにも表記されていますので、注意が必要です。

次に誤発進抑制機能です。

前方に障害物があるのにも関わらずアクセルペダルを踏みこんだ際の急発進を防止します。

リアクティブフォースペダル装備車は同時にアクセルペダル振動で注意を促します。

次に歩行者事故低減ステアリングです。

走行中に車線から逸脱し、路側帯の歩行者と接触しそうをな時、音と表示で警告します。

ステアリングも制御して衝突回避操作を支援します。

次に路外逸脱抑制機能です。

車線から逸脱しそうな時、マルチインフォメーション・ディスプレイの表示とステアリング振動で警告、またクルマを車線内へ戻すようにステアリングを制御します。

また逸脱量が大きいと予測される際は自動ブレーキも併用して、逸脱をしないように支援します。

ホンダヴェゼルの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

次に適切な車間距離を保つためのACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)です。

先行車がいない場合は設定した車速を自動で維持し、先行車がいる場合は自動で加減速をし、適切な車間距離を保つように支援します。

また、割り込み車があった場合は、その割り込み車に追従ターゲットを自動で切り替えます。

次は、ふらつかないためのLKAS(車線維持支援システム)です。

高速道路など、中・高速走行時、単眼カメラで車線を捉え、車線の中央に沿って走れるようにステアリングをアシストします。

車線から逸脱しそうな時には、マルチ・インフォメーション・ディスプレイ表示とステアリング振動で注意を喚起します。

また、先行車が発進したのに気付かない時は、先行車発進お知らせ機能がサポートしてくれます。

ブザーとマルチ・インフォメーション・ディスプレイの表示でお知らせします。

また、標識認識機能で道路標識を認識して、マルチ・インフォメーション・ディスプレイに表示し、安全運転を支援します。

また、坂道発進時、ブレーキペダルからアクセルペダルへ踏み替える瞬間のクルマの後退を約1秒間抑制するヒルスタートアシスト機能を全タイプに標準装備しています。

また、オプションで、側面衝突に備えたエアバッグも選択できます。

以上の様な装備を踏まえて総合的に判断すると、ホンダヴェゼルは安全性の極めて優れたクルマと言えるかもしれません。

ホンダヴェゼルの横滑り防止機能の性能はいかに!?

ホンダヴェゼルの横滑り防止機能の性能はいかに!?

ホンダヴェゼルにはVSA(Vehicle Stability Assist)と呼ばれる、横滑り防止機能が全タイプに標準装備されています。

これは、例えば雨や雪の日など路面が滑りやすい状態の時などに、急ハンドルなどの操作をした時に起こりうる横滑り、つまりスピンを抑制する機能で、従来は4WD車でしかできなかったコントロールを、車輪のフリクション状態をセンサーで感知して旋回時の横滑りを抑制するため、車輪のロック防ぐEBD(Electronic Brake force Distribution)付ABS(Anti-lock Brake System)、加速時などの車輪空転を抑えるTCS(Traction Control System)などの3つの機能を制御して車の姿勢を安定させ、横滑りを抑制できるようにしています。

つまり、ブレーキやトラクション(駆動力)を制御、コントロールをして、旋回時の横滑り、スリップをしないようにするための装置、システムということができます。

仕組みとしては、まずABS、TCSなどで、車輪が路面との間でロックしたり空転したりして滑ってしまっていてコントロールが効かない状況になった時に、路面とのグリップが失われた時に、それを感知し、ブレーキを緩めたり、トラクションを弱めることで車輪と路面のグリップを回復します。

ちなみに、雪道などの路面が滑りやすい状況で、ABSがブレーキを緩めるため衝突してしまった。

ABSがない方が制動距離が短くなっただろう、というドライバーの意見をたまに聞きますが、運動力学的に静摩擦係数の方が動摩擦係数より大きく、つまり動摩擦の状態では、これは車輪がロックして滑っている状態ですが、この状態ではコントロールがまったく効きません。

ABSは滑った状態ではロックを解除してブレーキを緩め、路面とタイヤのグリップが回復したら、またブレーキを効かすというとコントロールを自動的に行いコントロールを回復するため、ハンドルを切れば効くし、制動距離も最短にできる訳です。

なので、ABSが作動状態で止まれなかったときは、ABSなしではもっとひどい衝突になったと思われます。

ABSシステムにも限界があり、過度にシステムに依存してスピードを出し過ぎたりという運転では、当然スリップ事故もあり得るので、安全な速度は維持する必要があります。

ABS、TCSなどは前後方向のコントルールを行いますが、VSAではさらに、これに車両のヨー方向(車輛の左右回転方向)をヨーレートセンサーで感知し、ドライバーがどのようなクルマの姿勢を望んでいるのかを感知し、それを実現します。

ホンダヴェゼルは、このコントロールを実現するために、ABS、TCS、ヨウーレートコントロールなどを、4輪に対して独立して行い、加えて、トラクションもコントロールし、クルマの安定させ、スリップ、横滑りをしない安全なクルマを実現しています。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ