ヴェゼル

【ホンダ・ヴェゼル】スペックや加速性能、乗り心地はどうなのか!?

2013年12月の発売以来、累計販売台数31.1万台を超えたホンダヴェゼル

多くの人々に愛され、売れ続けているコンパクトSUVの魅力はどこにあるのでしょうか?

スペック、加速、加速性能、乗り心地など様々な視点から、その魅力を探ってみました。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ホンダヴェゼルのスペックはこれだ!

ホンダヴェゼルのスペックはこれだ!引用:https://www.honda.co.jp/

魅力を紐解くうえで、やはり気になるのはスペックですよね。

現行のヴェゼルには大きく分けて、

ハイブリッドタイプの 1.5L i-VTEC+i-DCDと

ガソリンエンジンモデルの1.5L i-VTECの2タイプがあります。

2タイプの価格差30~50万円ほどとなっています。

スペックで注目すべきは、

ヴェゼルは全タイプがHonda SENSING搭載車となっていることではないでしょうか?

ホンダヴェゼルのスペックはこれだ!引用:https://www.honda.co.jp/hondasensing/

ホンダの公式サイトによれば、

Honda SENSINGを装備しない仕様もご用意できます、とのこと。

つまり、Honda SENSINGは標準装備ということですね。

Honda SENSINGには、次の9つの機能があります。

1.衝突軽減ブレーキ

2.誤発進抑制機能

3.先行車発進お知らせ機能

4.標識認識機能

5.車線維持支援システム

6.アダプティブ・クルーズ・コントロール(適度な車間距離を保ちながら前走車を自動追随)

7.路外逸脱抑制機能

8.歩行者事故抑制ステアリング

9.渋滞追従機能つきアダプティブ・クルーズ・コントロール

これら9つの機能が標準装備だと考えると、

ヴェゼルはこの時点で既に高スペック車と呼べるのではないでしょうか?

ホンダヴェゼルのスペックはこれだ!

引用:https://vezel-funsite.net/new-hyouka/

基本スペックも忘れずに押さえていきましょう。

コンパクトSUVとして知られるヴェゼルですが、その外寸は次の通りです。

HYBRID RS・Honda SENSING、RS・Honda SENSINGは

全長4,340mm×全幅1,790mm×前高1,605mm--。

それ以外の車種は全長4,330mm×全幅1,770×全高1,605となっています。

さすがコンパクトSUV。

運転しやすいと言われる全幅1,800mm以内をクリアしていますね。

後部座席、トランクルームも同系他車に比べてゆったりとしているという声も聞かれることから

ホンダヴェゼルのスペックはこれだ!引用:https://www.honda.co.jp

チャイルドシートを乗せる必要があるファミリーにも最適と言えます。

ホンダヴェゼルの乗り心地は…どうなのか!?

ホンダヴェゼルの乗り心地は…どうなのか!?ヴェゼルの外観が好みで、

他メーカーの車を愛用していた方がホンダに乗り換えるパターンもあるのだとか!

確かにヴェゼルは男女共に支持される洗練されたデザインですよね。

でも、いくら見た目が好みでも、いくら高スペックでも乗り心地が悪ければ意味がありません。

ここからは、実際にヴェゼルに乗っている方の声を調査していきたいと思います。

「乗り心地の良さ」と一言で言っても、

内装によるものと運転のしやすさによるものの大きく2つがあるのではないかと思います。

まずは、内装による「乗り心地の良さ」について見ていきたいと思います。

ホンダヴェゼルの乗り心地は…どうなのか!?引用:https://www.honda.co.jp

画像は人気の内装カラー「ジャズブラウン」です。

何とも言えない高級感、そしてスポーティーさも感じられます。

画像では確認できませんが、エアコン等の操作はタッチパネル形式になっています。

そのことが使いやすさと内装の美しさを引き立ているというオーナーの声に、納得!

また、座り心地は包まれるような感じで、長時間の運転も疲れが出にくいとのことでした。

シートの座り心地の良し悪しは車選びの上で絶対に外せないポイントですね。

内装の高級感とセンスの良さにオーナーの多くは大満足のようです。

つぎに、運転のしやすさによる「乗り心地の良さ」を見ていきましょう。

ホンダヴェゼルの乗り心地は…どうなのか!?引用:https://www.honda.co.jp/

何といっても人気コンパクトSUV!

小回りが利く点は運転が苦手な方に特に評価されているようです。

今までは大きな車の運転が苦手で軽自動車の運転しかしなかった奥様が、

ご主人の車をヴェゼルに買い替えてからは、視界の広さや駐車のしやすさ等を実感し

すすんでヴェゼルに乗るようになったというお話もありました。

今では高速道路の運転も変わってくれるそうです!

ホンダヴェゼルの乗り心地は…どうなのか!?

引用:https://blog.careco.jp/6180

バックでの駐車や縦列駐車などが苦手な人をサポートしてくれるパーキングセンサーも

運転しやすさのポイントになっています。

一度、ヴェゼルの運転のしやすさやHonda SENSINGの優れた機能を知ってしまうと

以前の車には戻れなくなってしまうのかも知れませんね。

そして、コンパクトSUVでありながらも

後部座席は185㎝の人でも余裕をもって座れることを基準にしているだけあって、

運転席だけでなく後部座席に乗る人にとっても乗り心地の良さは約束されています。

家族や仲間とのドライブで後部座席の人にで窮屈な思いはさせたくないですよね。

ホンダヴェゼルの乗り心地は…どうなのか!?引用:https://www.honda.co.jp/

「乗り心地の良さ」に対する評価は上々のヴェゼルですが、好みは千差万別です。

是非試乗をして、そのこだわりの内装と運転のしやすさをご自身で評価してみてくださいね。

ホンダヴェゼルの加速性能を報告します!

ホンダヴェゼルの加速性能を報告します!引用:https://www.honda.co.jp/

そのスペックにより、運転が苦手な方やファミリーにもおすすめできるヴェゼルですが、

運転することが好き!運転そのものを楽しみたい!という層にとって気になるのは

やはり加速性能ではないでしょうか?

一般道路の運転では、加速性能よりも燃費のほうが気になりがちです。

・・・いや、加速性能はほとんど意識しませんね。

とは言え、高速道路を利用する際、特に合流時などは加速性能の違いが

運転のしやすさに大きく影響するので無視はできません。

ホンダヴェゼルの加速性能を報告します!引用:https://www.honda.co.jp/

それでは、ヴェゼルの加速性能について見てみましょう。

まず、ハイブリッドタイプについてです。

ハイブリッドタイプの場合、燃費重視のエコモード、通常運転時のノーマルモード、

そして、その名の通りスポーティーな走りを楽しむスポーツモードの3つのモードがあります。

それぞれの加速性能を、停止した状態から100km/hに達するためにかかった時間で表す

0-100km/hの加速タイムで比較してみます。

スポーツモード:約7.5~8.0秒

ノーマルモード:約8.5~9.0秒

以上のようになり、エコモードはノーマルモードよりさらに時間がかかることになります。

では、ガソリンタイプについてはどうでしょう?

ガソリンタイプ(G,X):約9.5秒

ガソリンタイプには、ハイブリッドタイプのようにスポーツタイプへの切り替えボタンは

ありませんが、ペダルの踏み込み具合によって加速・減速を味わうことができます。

この点は運転そのものを楽しみたい人にとって嬉しい部分ではないでしょうか?

ホンダヴェゼルの加速性能を報告します!

引用:https://www.webcg.net/articles/-/30175

ハイブリッドタイプのように切り替えボタンがあると、

普段使いが主な奥様とレジャー等で山道を運転するご主人とで

モードを切り替えて楽しめそうですね。

さて、0-100㎞/hの加速タイムをご紹介しましたが、

結局、加速性能は高いの?ということになりますよね。

単独で見るとわかりにくいので、ライバル車と言われる3車種との比較結果を紹介します。

トヨタ C-HR:ハイブリッド、ガソリンタイプ共にヴェゼルの勝ち

マツダ CX-3:ガソリンモデルはヴェゼルと同等またはCX-3が若干勝る

スバル XV :ガソリンタイプのみの展開。ヴェゼルの圧勝。

単純に0-100㎞/hの加速タイムのみの比較ですので、

燃費やそのほかの性能ではヴェゼルが劣っている部分ももちろんあります。

しかしながら、ここまで紹介してきたヴェゼルは、

単に外観や内装の美しさのみならず、ドライブそのものを楽しむ性能も兼ね備わった

非常に魅力のある車という事がわかると思います。

ホンダヴェゼルの加速性能を報告します!引用:https://www.9gear.info/

現行モデルも人気のヴェゼルですが、2018年12月にはマイナーチェンジも行われるようです。

12月登場の新型ヴェゼルには、2018年2月のマイナーチェンジでは見送られた

1.5リッターターボ搭載のスポーティグレードが追加されるとか・・・

今から楽しみですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ