比較・ランキング

ヴォクシーとカングーを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

オーナーからの評判がどっちも良く注目されるヴォクシーカングーですが、今回はさまざまな観点から両車を比較してみました。

乗り心地から大きさ、燃費効率や維持費まで徹底的に比較します!

ヴォクシーとカングーの乗り心地や大きさはどっち?

ヴォクシーとカングーの乗り心地や大きさはどっち?

最初にヴォクシーカングーの大きさはどっちが大きいか比較してみましょう。

大きさの比較

ヴォクシーについての大きさは以下の通りです。

ヴォクシーとカングーの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://toyota.jp/voxy/

全長→4695mm~4710mm(グレードによって異なる)

全幅→1695mm~1735mm(グレードによって異なる)

全高→1825mm~1870mm(グレードによって異なる)

最低地上高→160mm(4WDは155mm)

ホイールベース→2850mm

トレッド(前/後)→1480mm~1500mm/1475mm~1480mm

乗車定員→7名乗り又は8名乗り

一方のカングーについても調べてみましょう。

ヴォクシーとカングーの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.renault.jp/

全長→4280mm

全幅→1830mm

全高→1810mm

最低地上高→170mm

ホイールベース→2700mm

トレッド(前/後)→1520mm/1535mm

乗車定員→5名のみ

となりました。

乗車定員の違いからしてヴォクシーが大きいのは明らかです。

ですが、大きさを比較してみるとヴォクシーの方が

全長→+415mm~430mm

全高→+15mm~60mm

と特に全長の違いが目立ちましたが、

全幅→+95mm~135mmカングーが大きいことが判明しました。

これらの大きさは室内の広さにも関係しているでしょうから、ヴォクシーの大容量スペースは使い勝手が良さそうですが、カングーの幅広い車内は、定員人数で乗ってもゆったりと乗れることでしょう。

乗り心地の比較

先程は大きさについての比較をしましたが、乗り心地についても比較してみましょう。

乗り心地に関連する性能についても、一緒にお伝えします。

ヴォクシーはハイブリッド車とガソリン車のどちらも優れた走行・環境性能で、ひとクラス上の乗り心地を実現しました。

また、同乗したメンバーの快適さと運転が楽しめるよう目指しています。

例えば静粛性向上対策として、静粛性をより高め、風切音対策と遮音材によるノイズ対策を徹底。

インテリジェントパーキングアシストによって、運転手を選ばずRシフトを入れ、OKボタンを押すと駐車枠に沿って

ステアリング操作を自動で行うことで、簡単な車庫入れが実現しました。

ヴォクシーとカングーの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://toyota.jp/voxy/

一方のカングー

「乗る人みんなが楽しくスマートにリラックスして一緒に過ごせる移動空間」が

テーマとなっています。

その中でも、特徴的ないくつかの性能をご紹介します。

両側スライドドアにより、狭い場所の乗り降り・チャイルドシートの取り付けも簡単に。

ダブルバックドアは左右扉の開きが2段階になることにより、狭い駐車場でも楽々に開閉できるよう工夫されています。

また、パワートレーンをラインナップしたことにより、スポーティな走りが楽しめるよう

1.2Lターボ直噴エンジンに6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)・

6速MTを組み合わせ、静かながらも快適で爽快な走りっぷりを実現しています。

ヴォクシーとカングーの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.renault.jp/

どっちも素晴らしい性能を持っているヴォクシーカングーですが、ここで乗り心地に関する口コミを見てみましょう。

ヴォクシーとカングーの乗り心地や大きさはどっち?

ヴォクシー 乗り心地に関する口コミは以下の通りです。

「フロントガラスやサイドガラスが広く、メーターの位置も低いため運転しやすいです。

長時間の高速道路を運転してる時に、全く疲れを感じませんでした。

またミニバンの中でも走行性能に安定感があり、運転している時に上下左右の揺れが少ないと感じました。」

「運転中の振動・騒音も非常に少なく、眠っている子供たちが運転中に起きて騒いだりすることもありません。」

一方のカングー 乗り心地に対する口コミは以下の通りです。

「乗り心地もバンとは思えない程乗用車に近い快適性があり、走りもなかなかのものです。」

「走行性能がこのタイプにしてはすばらしいの一言につきる。

高速でも安定して走るし、シートがいいせいで疲れない。」

このように両車どちらも乗り心地に対して、良い評価の口コミが目立ちました。

是非どっちも試乗して、あなたも乗り心地を体感してはいかがでしょう。

ヴォクシーとカングーの維持費はどっち?

ヴォクシーとカングーの維持費はどっち?

ここでは維持費について、どっちがお得か比較してみましょう。

気になるガソリン代や燃費は後でお伝えするとして、まずはヴォクシーについての維持費について考えてみましょう。

ヴォクシーとカングーの維持費はどっち?

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーはハイブリット車とガソリン車のどっちも存在し、その車種によっても維持費が違ってきます。

理由としてハイブリット車は、エコカー減税対象車でありエコカー減税やグリーン化特例により新車を購入した際にかかる費用が異なるからです。

エコカー減税対象車のグレードは以下の4つとなります。

・HYBRID ZS(7人乗り)

・HYBRID V(7人乗り)

・HYBRID X(7人乗り)

・特別仕様車 HYBRID ZS“煌 Ⅱ”(7人乗り)

ヴォクシーとカングーの維持費はどっち?

ではこれを踏まえてお伝えしていくとヴォクシーは総排気量が1797L~1986Lですので、自動車税は約3万9500円となります。

ですが、ハイブリット車でエコカー減税対象車ですとグリーン化特例が対象となり、自動車税は2万9500円優遇されて約1万円となります。

また車両重量が1560kg~1740kgとグレードによって異なりますが、どのグレードも自動車重量税は基本的に約4万9200円となります。

ですが、ハイブリット車 エコカー減税対象車ですとエコカー減税対象で3万円優遇となり、約1万9200円となります。

ちなみに3ナンバーのグレードと5ナンバーのグレードの税金の違いはなく、同等の維持費と言えるでしょう。

一方のカングーの維持費についても調べてみましょう。

ヴォクシーとカングーの維持費はどっち?

引用:https://www.renault.jp/

カングーの総排気量は1197Lですので、自動車税は3万4500円となります。

また車両重量が1430kg~1450kgですので、自動車重量税は3万6900円となります。

ちなみに次からの車検時にかかる自動車重量税は2年で2万4600円となります。

残念ながらカングーはエコカー減税対象ではありませんので、これ以上の割引はありません。

この他に、どっちもガソリン代・保険代・車検代・メンテナンス代などさまざまな維持費がかかります。

一度ご自身の生活に合わせてざっくりと計算しておくと購入してからのプランが立てやすいでしょう。

ヴォクシーとカングーの燃費はどっち?

ヴォクシーとカングーの燃費はどっち?

ではここでは、ガソリン代に直結する燃費についてどっちが良い数字が比較してみましょう。

まず、ヴォクシーカングーのどっちも燃費についてお伝えします。

ヴォクシーの燃費はハイブリット車とガソリン車で大きく異なります。

どっちもJC08モードで調べた燃費で

ハイブリット車が23.8km/L

ガソリン車が16.0km/ L

となりました。

一方のカングーもJC08モードで調べた燃費は14.7km/Lとなりました。

これらの結果から、燃費を計算式に当てはめてガソリン代を比較しましょう。

ヴォクシーのハイブリット車とガソリン車のどっちも年間10000kmを走行し、ガソリン代は140円とします。

計算式は以下を使用します。

ガソリン1リットルの値段×移動距離÷燃費

この計算式にヴォクシー ハイブリット車の23.8km/Lを当てはめると

140円×10000km÷23.8km/L=5万8824円

年間ガソリン代が約5万8824円となりました。

これを月割すると

5万8824円÷12か月=4902円 となり

ヴォクシー ハイブリット車にかかる月のガソリン代は約4902円となりました。

ヴォクシー ガソリン車の燃費16.0km/ Lも計算してみましょう。

140円×10000km÷16.0km/ L=8万7500円

年間ガソリン代が約8万7500円となりました。これを月割すると

8万7500円÷12か月=7292円 となり

ヴォクシー ガソリン車 月のガソリン代は約7292円となりました。

同じヴォクシーでもハイブリット車とガソリン車では年間で約28000円も違いますね。

ヴォクシーとカングーの燃費はどっち?

引用:https://toyota.jp/voxy/

では一方のカングーでも計算してみましょう。

こちらも走行を10000kmとしますが、ハイオク車ですのでガソリン代を少し高めの170円で計算します。

先程の式に当てはめてみると

170×10000km÷14.7km/L=11万5646円

年間のガソリン代は約11万5646円となり、月割にすると

11万5646円÷12か月=9637円 となり

カングーの月にかかるガソリン代は約9637円となりました。

両車どっちもガソリン車で比較してみると年間のガソリン代は、カングーの方が約28000円高い結果となりました。

ヴォクシーとカングーの燃費はどっち?

引用:https://www.renault.jp/

ヴォクシーカングーを様々な視点から比較してみましたが想像通りの結果でしたか?

個人的にはカングーの個性的なエクステリアに心惹かれますが、ヴォクシーのハイブリット車の燃費の良さ、最初の減税は素晴らしく購入するならどっちが良いか選び難い結果となりました。

皆さんも、ご自身のライフスタイルに合う車はどちらか検討してみてはいかがでしょう。

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!