比較

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】どっちがいい?

2018年のミニバン販売台数2位はトヨタヴォクシーで、10位がホンダオデッセイです。

しかし、同じミニバンですがこの2つはどのような違いがあるのでしょうか?

今回はトヨタヴォクシーホンダオデッセイの価格、大きさ、燃費を比べてみました。

この3つの違いを比較してみると、様々な違いを発見することができます。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較引用:https://carislife.hatenablog.com/entry/2018/06/02/210000

トヨタヴォクシーの価格一覧

では早速、トヨタ・ヴォクシーの価格を見ていきます。

2018年8月現在販売されているトヨタ・ヴォクシーの新車は以下になり、全て価格が違います。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較引用:https://toyota.jp/voxy/

価格が以下のようになります。

X(8人乗り) 246万

X(7人乗り) 249万

X 4WD(8人乗り) 267万

X 4WD(7人乗り) 270万

X HYBRID 301万

ZS(8人乗り)274万

ZS(7人乗り) 277万

ZS HYBRID 326万

ZS煌(8人乗り) 283万

ZS煌(7人乗り) 286万

ZS煌 HYBRID 336万

ZS 4WD(8人乗り) 297万

ZS 4WD(7人乗り) 297万

ZS 煌 4WD (8人乗り) 303万

ZS 煌 4WD(7人乗り) 306万

V(8人乗り) 275万

V(7人乗り) 278万

V 4WD(8人乗り) 296万

V 4WD(7人乗り) 299万

V HYBRID 314万

ホンダオデッセイの価格一覧

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

一方オデッセイはこちらになります。

G・AERO ホンダセンシング(8人乗り) 298万

G・AERO ホンダセンシング(7人乗り) 306万

G・AERO ホンダセンシング 4WD 318万

G・AERO ホンダセンシング ハイブリッド(8人乗り)375万

G・AERO ホンダセンシング ハイブリッド(7人乗り) 383万

アブソルート・ホンダセンシング(8人乗り) 324万

アブソルート・ホンダセンシング(7人乗り) 332万

アブソルート・ホンダセンシング 4WD 344万

アブソルート・ホンダセンシング ハイブリッド(8人乗り) 385万

アブソルート・ホンダセンシング ハイブリット(7人乗り) 393万

アブソルート・EX ホンダセンシング 354万

アブソルート・EX ホンダセンシング 4WD 365万

アブソルート・EX ホンダセンシング ハイブリット 415万

7人乗りと8人乗りの価格が違うのはどうして?

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較

まず、7人乗りと8人乗りの違いを説明します。

8人乗りは7人乗りと比べて2列目シートがシンプルに作られているため、安くなっています。

では、7人乗りはどのようになっているのかといいますと、オデッセイもヴォクシーも2列目の座席が個別になっているキャプテンシートとなっています。

1列目の座席のように仕切りがあるので、隣に座る人との間にペースができるので、ゆったり座ることができそうですね。

そして7人乗りは3列目の座席を折りたためば、2列目の座席が後ろにスライドすることができます。

足を伸ばしても十分にある距離なので、ゆったりくつろぐことができます。

一方、7人乗りは、2列目の座席を1列目の座席と密着させ、3列目の座席を折りたためば、自転車も収納できるスペースができます。

ですので、定員の数ももちろん大事ですが、ゆったりとした空間を選ぶなら7人乗り、大きい荷物や物をたくさん乗せたいときは8人乗りと、選択肢が更に広がりますね。

4WDとは?4WDのほうが価格が高いのはどうして?

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較

次に4WDについて説明をしていきます。

4WDとは4つのタイヤが個別に駆動するシステムです。

4WDと表記がないものは2WDになり、2WDは前輪と後輪と2つの部分に分かれて駆動します。

4WDのメリットとしては、ぬかるみなどの悪路に強いことと、エンジンの力を効率良くタイヤに伝えることができるので、雪道や凍結した道路に安定のある走りができるのと高速の加速力が優れていることです。

いつも自分の走る道がこのような場合が多いときは4WDがいいかもしれないです。

トヨタヴォクシーとホンダオデッセイの価格を詳しく比較

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較

グレードで比べてみましょう。

ヴォクシーはXが一番下のグレードですが、ガソリン車には安全装備はついていません。

それと比較してオデッセイは一番下のグレードのオデッセイG・AEROはXより価格は高いですが、安全装備がついています。

ヴォクシーは安全装備が付いているのはZSからになります。

ともかく安く買いたいならばヴォクシーX、安全装備がどうしても欲しいならばオデッセイか、ヴォクシーZS以上のクラスになります。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の価格を比較引用:https://autoc-one.jp/hikaku/5000181/photo/0002.html

ヴォクシーZSとVの違いはVにはUVカット、ナノイー、快適温熱シートなど運転する人の快適性がより高まっているため、ヴォクシーVの方が高いです。また煌とは、歴代のヴォクシーに設定されていたオプションが全て入っています。

煌の装備は6スピーカーやLEDルームランプなどです。

また内装や外装も他の車種よりこだわりがあるようです。

オデッセイG・AEROより上のグレードの違いも、やはり内装です。

もう一つエンジンの違いもあり、オデッセイアブソルートより上のグレードはよりパワフルなエンジンになっています。

更にオデッセイアブソルートEXではシートの色を選べたり、シートヒーターが装備されていたり、コックピットにも高級感があります。

つまり、ヴォクシーZS、V、煌とオデッセイアブソルートとアブソルートEXは内装や運転のしやすさ特徴がありますので、予算と相談しながら、自分の目で内装を確かめて好みの内装を見つけるといいと思います。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較引用:https://toyota.jp/voxy/

車体の大きさを比較

まず、トヨタヴォクシーの大きさを紹介したいと思います。

X、Vは大きさが一緒でしたが、Vはサイズが他の2つのグレードと異なります。

X、Vは全長469.5センチ、全幅は169.5センチ、全高は182.5センチです。

Vは全長471センチ、全幅は173.5センチ、全高は182.5センチです。

Vのほうが他の2つのグレードより全長と全幅が少しだけ大きい設定となっています。

次にホンダオデッセイについての大きさです。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

こちらも3つのグレードで全長と全幅は一緒でしたが、全高が3つのグレードで違っていました。

まず3つのグレードで共通するのが、ホンダオデッセイは、全長484センチ、全幅は182センチです。

全高はオデッセイG・AEROは169.5センチ、オデッセイアブソルートとオデッセイアブソルートEXは168.5センチです。

G・AEROの方が全高は高くなっています。

全長と全幅はホンダオデッセイが大きいですが、全高はオデッセイの方が小さいものとなっています。

全長と全幅が小さいと小回りが効きそうなのでトヨタヴォクシーのように感じます。

初めてミニバンに買い替え、大きいサイズの車の運転に不安でしたら、ヴォクシーの方がおすすめです。

ヒップポイントとは?ヒップポイントも比較

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較引用:https://toyota.jp/voxy/

しかし、実際に運転してみないと運転のしやすさは分かりません。

そこで地面から運転席のシートのヒップポイントを比べてみました。

ヒップポイントとは、上の図のように地面から運転席に座ったときの人の股関節までの距離を言います。

スポーツカーはヒップポイントが低めに設計されていて、ミニバンやトラックは高いものとなっています。

乗り降りを重視したミニバンなどの車高の高い車はヒップポイントが高めに設計されています。

参考として2018年2月の新車販売数ランキング1位の日産ノートは64.3センチで、3位のアクアは車種によって異なりますが、51センチから56センチとなります。

このサイズを参考にして、トヨタヴォクシーとホンダオデッセイのヒップポイントを見てみましょう。

トヨタヴォクシーは3つのグレードでは全て一緒でしたが、4WDかそうではないかによってサイズが違いました。

2WDでは76.5センチ、4WDでは78センチです。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の大きさを比較引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

対するホンダオデッセイは63.7センチとヴォクシーより10センチ以上低いことになります。

つまりこれは、女性など背の低い方や、日産ノートのヒップポイントと変わらないことからミニバンの運転に慣れてない方はオデッセイが運転しやすそうです。

トヨタヴォクシーは男性など背の高い方には運転しやすい高さだと思います。

また、ミニバンの運転に慣れていて、ミニバンの視界に慣れている方はヴォクシーの方が運転しやすいと思います。

まとめると自分の身長やミニバンの運転になれているかなどを考慮して、自分の運転しやすい方を選ぶことが大事です。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較引用:http://high-oku.com/archives/post-7803.html

トヨタヴォクシーとホンダオデッセイの燃費はどちらが良いのでしょうか?

ミニバンは燃費が悪いと考える方もいるのではないでしょうか?

ガソリンの高騰などのニュースをたびたび見かけるので、燃費が良いほうがお財布にも優しいですよね。

参考としてガソリン車の平均燃費はガソリン1リットルに対し12.4キロとなります。

トヨタヴォクシーの燃費

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較引用:https://toyota.jp/voxy/

まずはヴォクシーの中で一番燃費がいいグレードはヴォクシー HYBRIDのタイプの1リットル当たり28キロになります。

これはグレードに関係はなく同じ数字となりました。

ガソリンを節約できるハイブリッドタイプなので、当たり前の結果とは思います。

ガソリン車ではこちらもグレードに関係なく4WD以外の2WDでガソリン1リットル当たり16.0キロです。

先ほど挙げた平均の数字より2キロ長く走れることになっています。

一番燃費の悪いのは4WDのVとZSのグレードで1リットル当たり14.8キロです。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較引用:https://toyota.jp/voxy/

4WDが燃費が悪い理由としては4WDは車体が2WDと比べると50キロから80キロ重くなってしまうのと、4輪がそれぞれ動くためにその分力を必要としているからです。

しかし、雨天や積雪などの悪天候やぬかるみなどの悪路の場合は4WDのほうが2WDより燃費が良い場合があります。

なぜなら、悪路の場合は4WDはそれぞれのタイヤの駆動力が最適に配分されますが、2WDで悪路を走るとスリップしやすいために駆動力も増えてしまうからです。

一番燃費が悪いのはヴォクシー4WDですが、自分がいつも走行する道が悪路が多い場合は4WDを候補にしてもいいかと思います。

また、コンクリートなどの一般道を走行する場合が多いときは2WDを選択すると燃費良く走ることができますね。

ホンダオデッセイの燃費

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いて、オデッセイの中で一番燃費が良いグレードはやはりこちらもハイブリッドで1リットル当たり26キロとなります。

ヴォクシーのハイブリッドの方が2キロ走れることになります。

続いてガソリン車ではどうでしょうか?

オデッセイのガソリン車の燃費はアブソルートEXで1リットル当たり13キロから13.6キロとなっています。

また、アブソルートは7人乗りで1リットル当たり13.6キロで8人乗りは1リットル当たり14キロです。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

G・AEROは7人乗りで1リットル当たり13.2キロで8人乗りは1リットル当たり13.6キロです。

こちらもヴォクシーの方が約3キロほど走ることができます。

そしてオデッセイで一番燃費が悪いのはやはり4WDになりました。

G・AEROは1リットル当たり12.6キロでした。

そしてアブソルートとアブソルートEXは1リットル当たり13キロです。

やはりこちらでもヴォクシーの方が約1キロ多く走ることができます。

【トヨタ・ヴォクシー】vs【ホンダ・オデッセイ】の燃費を比較引用:https://autoc-one.jp/hikaku/5000181/photo/0002.html

燃費の良さはヴォクシーです。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/voxy/

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!