比較・ランキング

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】はどっちを選ぶ!?

1993年の発売から、2017年の6代目発売まで、長く売れて続けているのが、スズキワゴンRです。

そして、同じスズキから、パレットの後継車として2013年に発売されたのが、スズキスペーシアです。

同じメーカーから、同じ様な形状の軽ワゴンが発売されていますが、どこが違うのか、調べてみました。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】価格はどっち?

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】価格はどっち?

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

まずは、価格面の比較から見ていきます。

ワゴンR価格

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】価格はどっち?

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

・FA

2WD 5MT 1,078,920円

2WD CVT 1,078,920円

4WD 5MT 1,199,880円

 

・HYBRID FX

4WD CVT 1,202,040円
2WD CVT 1,177,200円

4WD CVT 1,298,160円

セーフティーパッケージ装着車

2WD CVT 1,273,320円

4WD CVT 1,394,280円

 

・HYBRID FZ
2WD CVT 1,350,000円

4WD CVT 1,470,960円

セーフティーパッケージ装着車

2WD CVT 1,409,400円

4WD CVT 1,530,360円

セーフティーパッケージ装着車・全方位モニター用カメラパッケージ装着車

2WD CVT 1,472,040円

4WD CVT 1,593,000円

スペーシア価格

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】価格はどっち?

引用URL https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

・HYBRID X

2WD CVT 1,468,800円

4WD CVT 1,589,760円

 

・HYBRID G

2WD CVT 1,333,800円

4WD CVT 1,454,760円

衝突被害軽減ブレーキ非装着車

2WD CVT 1,274,400円

4WD CVT 1,395,360円

ワゴンRとスペーシアの比較

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】価格はどっち?

引用URL https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

・価格帯比較

ワゴンR  1,078,920円~1,530,360円

スペーシア 1,274,400円~1,589,760円

価格帯で言うと、マニュアル車もグレードにあり、幅広い価格帯を設定しているのがワゴンRで、

それより少し高めの価格帯を設定しているのが、スペーシア、という状況です。

 

それぞれのHPを見ても、万人向けのワゴンRと、家族向けに絞ったスペーシア、

という切り分けをしています。

 

スペーシアに関しては、2008年から発売されていたパレットの後継車という位置づけで

2013年に発売されており、両側スライドドア、車高の高さが特徴的です。

その分が値段に反映されています。

 

また、安全装備を全て標準装備しているスペーシアに対して、

ワゴンRのマニュアル車は、安全装備を最低限にしています。

そこで、価格差が出ている、と言えるかも知れません

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】大きさは?

次にワゴンR、スペーシアそれぞれの大きさの比較です。全体の大きさに加えて、車内の大きさも比較してみました。

ワゴンRの大きさ

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】大きさは?

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

全長 3,395mm

全幅  1,475mm

全高 1,650mm

室内長  2,450mm

室内幅  1,355mm

室内高 1,265mm

車重  770kg

スペーシアの大きさ

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】大きさは?

引用URL https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

全長 3,395mm

全幅 1,475mm

全高 1,785mm

室内長  2,155mm

室内幅  1,345mm

室内高 1,410mm

車重 850kg

ワゴンRとスペーシア比較

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】大きさは?

ワゴンRとスペーシアで差が出ているのは、全高、室内長、室内高、重量です。

全高でスペーシアの方が135㎜高く、室内長でワゴンRの方が295㎜長く、

室内高でスペーシアの方が145㎜高い、重量でスペーシアの方が80kg重いという結果です。

 

室内長に関してはリアシートのヘッドレストの後ろまで、となっています。

ワゴンRは、リアシートを一番後ろにすると、リアガラスのギリギリまで行くのに対して、

スペーシアは、リアシートを一番後ろにしても、少し余裕のある状態です。

これも、家族向けで出かける際に、ラゲッジに少しでも荷物を入れたいというニーズを

想定しての事だと思います。

 

高さに関しては、スペーシアが約15cm高くなっています。

これは、スペーシアが後部座席を両側スライドドアにして、お子様の乗り降りのしやすさを

重視している、という事が関係しています。

さらに低床フロアで、地面からの高さは345㎜、ドアの開口部の高さも1,250㎜ですので、

小さいお子さんでも、かがむこと無く、1人で乗り降りが出来る高さです。

 

重量に関しては、大きさとあまり関係はありませんが、燃費に影響します。

こちらに関しては、次の燃費比較で詳しく見ていきます。

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】燃費はどっち?

最後に軽自動車では特に重視される燃費の比較です。ワゴンRもスペーシアも同じスズキが製造している為、

基本的な性能には大きな違いはありませんが、細かい部分で差が出ています。

ワゴンRの燃費

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】燃費はどっち?

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

・カタログ掲載値

ノンターボ  26.8km/L~33.4km/L
ターボ    28.4km/L

・実燃費

ノンターボ 20km/L~22km/L

ターボ   18km/L~20km/L

スペーシアの燃費

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】燃費はどっち?

引用URL https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

・カタログ掲載値

ノンターボ 28.2km/L~30.0km/L

ターボ   25.6km/L

・実燃費

ノンターボ 17km/L~19km/L

ターボ   14km/L~16km/L

ワゴンRとスペーシア比較

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】燃費はどっち?

カタログ掲載値、実燃費ともに、ワゴンRの方が良い、という結果になりました。

これは、先ほども触れましたが、スペーシアの方が、車重が80kg重い事が影響しています。

車体の長さや幅はほぼ同じですが、高さではスペーシアの方が高い為、重くなります。

 

ワゴンRもスペーシアもマイルドハイブリッドを搭載している為、他の軽自動車に比べると

燃費は良く、ユーザーの方のレビューを見ても、燃費には満足している方が多い様です。

それでは、マイルドハイブリッドに関して、簡単に説明します。

マイルドハイブリッドとは

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】燃費はどっち?

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

マイルドハイブリッドとは、どのような仕組みなのか、調べて見ました。

マイルドハイブリッドを説明する前に、ハイブリッド車の仕組みを説明します。

 

ハイブリッド車は、ガソリンで動くエンジンとモーター を併用するハイブリッド・エンジンを用いる車のことを言います。

エンジンで走行しながら、モーターを回し、発電された電気と電池によってモータでも動く事が出来ます。

発進、加速、定速走行、減速という状況に応じて、モータとエンジンを切り替える方式が主流となっています。

 

一方、スズキワゴンRやスズキスペーシアに搭載されているマイルドハイブリッドは、ISG(モーター機能付発電機)により、

減速時のエネルギーで発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。

その為、クリープ時にはモーターのみで走行が可能です。加速時にもモーターはエンジンをアシストをします。

 

クリープとは、オートマチック車でエンジンがアイドリング状態で、ギアがパークキングかニュートラル以外のときに

アクセルを踏んでいなくても、ブレーキから足を離すと前進やバックするという、車が動く現象のことを言います。

 

マイルドハイブリッドは、普通のハイブリッドと違い、モーターのみでの走行は出来ません。

あくまでも、エンジンのサポートの役割、という機能です。

【スズキ・ワゴンR】VS【スズキ・スペーシア】燃費はどっち?

いかがでしたでしょうか?

ワゴンRとスペーシアを比較してみました。

ワゴンRもスペーシアも同じスズキが出しているだけに、基本的な性能に大きな差はありません。

 

ただ、ターゲットとする層の違いで、サイズ面でスペーシアがワゴンRよりも高さがあったり、

安全装備を標準装備しているスペーシア、装備を最低限にして価格面でメリットを出しているワゴンR、

と違いはあります。

 

手軽に軽自動車に乗りたい方にはワゴンR、ご家族の使用が多い方にはスペーシア、という

特徴が見えてきました。

 

価格、燃費は試乗で確認できませんが、サイズに関しては、試乗で確認することが出来ます。

使用するシーンを考えた上で、試乗されることをお勧めします。

この記事も是非、参考になさって下さい。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格をオークション形式で比較▼▼▼

簡単な情報を30秒で入力するだけ