ワゴンR

【スズキ・ワゴンR】オプションやパーツ、ナビはどれを選ぶべき?

1993年の発売から25年以上、軽ワゴンの人気車として、上位にいるのが、スズキワゴンRです。

売れているという事は、他の方とかぶりやすい為、オプションやカスタムで差を付けるたい、という方も

多く入ると思います。そこで、スズキワゴンRのオプション、カスタムパーツについて調べてみました。

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ

 

スズキワゴンRのオプションはこれだ!

スズキワゴンRのオプションはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

スズキワゴンRで、オプションといわれるものは、殆どありません。

その代わりに、アクセサリーが非常に充実しています。

まずは、オプションでつけるべきものを見ていきます。

 

■セーフティパッケージ
価格 96,120円

スズキワゴンRのオプションはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

セーフティパッケージは、安全運転をアシストしてくれる機能が沢山付いています。

安全に運転するなら付けておくべきだと思います。

装備は10万円と高額なオプションではありますが、事故を未然に防いでくれることを考えると

決して高くはありません。特に自動ブレーキを付けた車と付けてない車では、事故発生確率が2倍違うといわれています。

セーフティパッケージの内容を見ていきます。

 

・デュアルセンサーブレーキサポート

フロントガラスに設置した2つのセンサーで、前方の歩行者やクルマを検知します。

近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせています。

 

ブレーキサポートには、3つの機能があります。

スズキワゴンRのオプションはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

①前方衝突警報機能

走行中に前方に車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある、と判断すると、

警報音とヘッドアップディスプレイの表示で知らせてくれます。

②前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能

走行中に前方に車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高い、と判断し、

ドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキを強めてくれます。

③自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能

衝突が避けられないとシステムが判断した場合には、自動で強いブレーキをかけ、

衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

 

・誤発進抑制機能

シフトをD、Lの位置に入れた状態で、停車または徐行中に、前方約4m以内の障害物を認識し、

その状況でアクセルを強く踏むと、エンジン出力を約5秒間制御し、急発進、急加速を抑制します。

同時にブザー音、メーター、ヘッドアップディスプレイの表示で警報を知らせます。

 

・車線逸脱警報機能

時速60km~100kmで走行中に、車線の区画線を検知することで、進路を予測し

車線をはみ出すと判断した場合に、ブザー音、メーター、ヘッドアップディスプレイの表示で

警報を知らせます。

スズキワゴンRのオプションはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

・ふらつき警報機能

時速60km~100kmで走行中に、車線の区画線を検知することで、走行パターンを予測します。

その際に、車が蛇行しているとシステムが判断した場合に、ブザー音、メーター、ヘッドアップディスプレイの表示で

警報を知らせます。

 

・先行車発進お知らせ機能

シフトをD、N、Lの位置に入れた状態で、ブレーキを踏み停車中に先行車が発進すると、

自分の車との距離を計測し、5m以上離れても停車したままの場合は、ブザー音、メーターの表示で知らせます。

 

・ハイビームアシスト

時速30km以上で走行中に、前方に対向車、先行車がいる場合、街路灯の多い場所、明るい場所では

自動的にロービームにし、先行車、対向車がいなくなると、自動でハイビームになります。

 

・ヘッドアップディスプレイ

運転席前方のダッシュボード上に、ヘッドアップディスプレイを採用しています。

車速やシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示して、

ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らす効果があります。

スズキワゴンRのオプションはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

さらに全方位モニター用カメラパッケージを装着し、全方位モニター対応ナビゲーションを装着すれば、

ディスプレイ内に交差点案内が表示されます。

 

ディスプレイはエンジンを始動すると自動で展開され、ドライバーの体格に合わせて表示位置を調節でき、

使わないときはしまうことも可能です。

スズキワゴンRのナビはこれだ!

ナビについては、ショップで売られている社外品よりも、純正品のエントリーナビの方が、メリットがあります。

メリットは次の3つです。

スズキワゴンRのナビはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

1つ目のメリットは、純正ナビの場合、安全運転の為の装備が連動出来る、という点です。

安全運転の為の装備とは、全方位モニターとステアリングスイッチです。

全方位モニターは、フロント、リヤ、左右両サイドに付いたカメラで映した画像が、

純正ナビのモニターに映る為、死角が殆どなくなります。

 

全方位モニター付メモリーナビゲーション
[TV用ガラスアンテナ、ハンズフリーマイク、外部端子(USB、AUX)、

全方位モニター、フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー、ステアリングオーディオスイッチ、

ステアリングガーニッシュとセット]
価格 142,560円

スズキワゴンRのナビはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

ステアリングスイッチがあると、ステアリングの手元で音量・チャンネル・モードを切り替えできます。

わざわざナビの画面をタッチする必要がかなり減ります。

2つ目のメリットは、純正ナビの保証期間の長さです。

スズキ純正ナビが3年間6万kmに対して、社外ナビの保証期間は、ほとんどが1年間で走行距離の保証はありません。

ナビは2年目以降の故障が特に多くなっている様です。よって、3年間の保証期間がある純正ナビの方が安心でしょう。

3つ目のメリットは価格面です。

純正ナビと同等クラスの社外ナビは約8万円です。純正ナビは14万円ですので、6万円安く済むと思うかもしれません。

しかし、純正ナビは付属品とセットの価格なので、同等の付属品を社外品につけるとなると、以下の様になります。

社外ナビ費用

社外ナビ 6万円

社外ナビ接続用ステアリングオーディオスイッチケとーブル&アダプター

1万円

フロント・リア 左右両サイドカメラ

1.5万円×4箇所=6万円

パーツ取付け工賃
[ナビ+バックカメラ+ステアリングオーディオスイッチ]

8万円

合計:21万円

 

純正ナビは取付費用込みで約14万円に対して、社外ナビは約21万円掛かります。

さらに、純正ナビは、ここから10%〜20%程度の値引きをしてくれることが多い様です。

つまり、7万円以上の価格差があります。

 

メリットを纏めると、純正ナビは、ワゴンRのオプションである安全装備と連動することが出来て、

保証期間が長く、価格も安い、という事になります。

スズキワゴンRのパーツはこれだ!

スズキワゴンRのパーツはこれだ!

スズキワゴンRでパーツの人気ランキング以下の通りです。

1位フロアマット(ジュータン)
2位ドアバイザー
3位ラゲッジマット(ソフトトレー)
4位スペアタイヤセット+スペアタイヤ固定キット
5位ドライブレコーダー(ナビ接続タイプ)

フロアマットとドアバイザーに関しては、種類も多く、好みもそれぞれだと

思いますので、説明を省略します。

 

3位 ラゲッジマット(ソフトトレー)

スズキワゴンRのパーツはこれだ!引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

オプション価格 8,424円

買い物や遠方に出かける際に活用するが、ラゲッジスペースです。

標準で付いてくるカーペットがあるから十分だと思われるかもしれません。

 

しかし、このカーペットは汚れが落としにくいんです。

ちょっと汚れたから外して洗おうとしても、簡単には外せません。

 

そこで、ラゲッジマットを敷いておけば、簡単に外せて汚れも落としやすいので、

綺麗に乗るなら付けるべきだと思います。

社外品は半額くらいで売られていますが、純正品の方が耐久性もあり、長持ちする様なので、

純正品をお勧めします。

 

4位 スペアタイヤセット+スペアタイヤ固定キット
オプション価格 33,750円

ワゴンRはタイヤパンク修理キットが標準装備されているので、スペアタイヤは必要ないと思うかもしれません。

しかし、パンク修理キットでも治らないパンクも起こります。

JAFを呼べばいいという考えもありますが、自分で何とかしなければならないこともあります。

そんな時に、スペアタイヤがあれば走行できるので、もしもの時の為に付けておいた方が無難です。

 

5位 ドライブレコーダー(ナビ接続タイプ)
オプション価格 34,560円(取付費込)

万が一の事故の際に重要な証拠になるのが、ドライブレコーダーです。

仮に当て逃げされた場合でも、ドライブレコーダーを付けていれば、

駐車中に衝撃があった時には、自動的に記録してくれる機能がついています。

よって、逃げられてもナンバーから犯人を特定することが可能です。

犯人がわからず、泣き寝入りということは防ぐ事が出来ます。

スズキワゴンRのパーツはこれだ!

引用URL http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

いかがでしたでしょうか?

スズキワゴンRは発売から25年過ぎているだけあって、様々な装備がつけることが出来ます。

特に安全面での装備は、他の軽自動車と比べても、かなり充実しています。

長く乗る為にも、安全装備はつけることをお勧めします。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

 

▼▼▼完全無料最大5000社の価格を比較▼▼▼

あなたの車を最高額で売る

簡単な情報を30秒で入力するだけ