ウェイク

【ダイハツ・ウェイク】色を紹介します!人気カラーは何なのか!?

ダイハツウェイクはレジャーや子育て世代に人気のハイトワゴンですが豊富な色が取り揃えられています。

今回はウェイクの色の種類や人気色、お手入れなどに焦点をおいて検証していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ダイハツウェイクの色見本は?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ウェイクにはどの様な色が設定されているのか調べてみました。

フレッシュグリーンメタリック

ミストブルーマイカメタリック

トニコオレンジメタリック

ブルーマイカメタリック

パールホワイトIII

+27,000円

プラムブラウンクリスタルマイカ

+27,000円

タングステングレーメタリック

オフビートカーキメタリック

ブラックマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ウェイクには2トーンカラーも用意されており、メーカーオプション価格は54,000円となります。

パールホワイトIII×トニコオレンジメタリック

パールホワイトIII×ブルーマイカメタリック

パールホワイトIII×オフビートカーキメタリック

パールホワイトIII×フレッシュグリーンメタリック

パールホワイトIII×ミストブルーマイカメタリック

色のラインナップは9色と2トーンカラー5色の取り合わせになっています。

それぞれの色の解説をしてみたいと思います。

パールホワイトIIIはクルマの色では定番ですね。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ソリッドではなくパールが含まれたキラキラ感のあるきれいなホワイトになっています。

昼間は輝きを感じさせるホワイトで夜間でも存在感を発揮し、どの年代でも受け入れられやすい万能色になります。

ブラックマイカメタリックはやはりソリッドではなくメタリック系の光沢のある美しい黒になります。

夜間でも光があればなんとも言えない輝きで出迎えてくれますから上質感に溢れる高貴な色がどなたでも満足度が高くておススメですね。

トニコオレンジメタリックは常夏の島を連想させてくれるインパクトのある色ですが、光の角度によっては濃い光沢のある深いオレンジに見えます。

メタリック効果で明るい太陽の下ではゴールドに光る事もありますから豪華ですね。

ウェイクのイメージカラーでもあり躍動感に溢れる色です。

フレッシュグリーンメタリックは国産車では珍しいライトグリーンになります。

カタログで多用される通りに自然を意識したナチュラルなアースカラーになっています。

ウェイクのスクエアなデザインをかなり和らげる効果もありそうですね。

パステル系のカラーはパール塗装を生かすことで過度にファニーになりがちな点をカバーしていて、太陽の光を上手く利用した個性が素敵です。

ダイハツウェイクの人気カラーはこれだった!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ここまではダイハツウェイクの色の種類をお知らせさせて頂きました。

ここからはウェイクの人気カラーを検証していきたいと思います。

ウェイクには9色の色がラインナップされていますがどれを選んで良いか迷ってしまいます。

オフビートカーキメタリックはカーキといってもソリッドでなくやはりメタリック系のカラーになります。

カーキといえばオフロードを連想されますがウェイクはキャンプにもよく使用されますからメタリックカーキはその様なユーザーにマッチしていますね。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ウェイクの平面的な車体をメタリック効果で陰影をつけています。

プラムブラウンクリスタルマイカは濃い赤みの感じられるブラウンになります。

渋みの感じられる自然なデザインで大人に似合いそうな上品さを醸し出していますね。

濃い色ですがメタリック系ですからフラットな車体を立体的に見せる役目も担っています。

タングステングレーメタリックは金属的で道具感が勇ましい色になりますね

ウェイクは膨らみの少ない車体でグレーとなるとことさら平面的に見えがちですが、事務感を感じさせない温かみを演出しています。

ブルーマイカメタリックは彩度の高い深いブルーになりますね。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

陰影効果が高く感じられ、フェンダーのスリットが強調されて艶かしさが生かされています。

ミストブルーマイカメタリックは淡い透明感のあるブルーを基調とした色になります。

パステル系でもなく中間色でほのぼのとした安らぎを醸し出す雰囲気が素敵ですね。

メタリックも混入されていますから太陽の光効果も抜群でハイライトの入れ方が絶妙なバランスです。

色の種類が豊富なウェイクですが人気の色はやはりホワイトとブラックになりますね。

理由としては定番で飽きの来ない色だということの他にやはりリセールバリューが高い事が挙げられます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

中古車市場ではホワイトとブラックが売れ筋ですから人気の色もそうなるのではないでしょうか。

ホワイトとブラックはお手入れが少々大変なのが考えどころですが最近ではコーティングも進化していますから心配はありませんね。

次点ではやはり定番色のお手入れがしやすいタングステングレーメタリックが入ります。

ウェイクのイメージカラーであるトニコオレンジメタリックやフレッシュグリーンメタリックも人気の色になります。

オレンジやグリーンが人気の色にランキングされる事は珍しく、ウェイクのクルマとしてのキャラクターを物語っていますね。

ダイハツウェイクの手入れはこうやろう

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ここまではダイハツウェイクの色の種類や人気の色などをお知らせさせて頂きました。

ここからはウェイクのお手入れ方法などを検証してみたいと思います。

クルマのドライブは楽しいものですが出かけた後のお手入れは大変ですね。

ダイハツウェイクはトールワゴンですから車高も高く、ルーフを洗うのが手がかかりそうです。

人気の色であるホワイトはマメに洗車しないとホコリが目立ってしまいます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

積み重なった汚れは雨が降る事で車体のサイドに流れ落ちてきますのでドアノブやドアミラーの横に筋状の汚れができてしまいます。

また、水分をよく拭き取っておかないと丸い水滴が日光で焼き付いてしまいウォータースポットとしてこびりつきになります。

これらを落とすのはかなり困難な作業ですから汚れを蓄積させないのが最善の予防策となるのですね。

やはり人気色のブラック系もホコリが目立ちます。

特に風の強いシーズンなどは砂埃が舞って車体に蓄積していきます。

これらを布で落とそうとすると擦り傷になりやすいので最初に流水でよく流しておいてから洗剤で洗い落とすのが良いでしょう。

クルマを止める場所としては大きな樹の下はできれば避けた方が良いですね。

落ち葉が空気の取り入れ口に詰まったり、木の実が車体に落ちると成分がにじみ出て塗装に悪い影響を与えます。

また、樹液が塗装に着く事があると塗装の深部までたってしまいシミになるケースもありますから注意が必要です。

グレーやブルーは意外と汚れが目立たずにお手入れが比較的楽な色になります。

忙しい方は少しくらい洗車しなくともすみますから適していると思います。

しかし、いつまでも洗車をしないで放っておくのは良くありませんから、できればマメに洗車した方が良いのは言うまでもありません。

洗車は最初に水洗いをしてから専用の洗剤で汚れを落とした後にワックスをかけていきます。

常にピカピカの状態を保つ事ができればベストですが車高の高いウェイクではワックスを毎回かけるのも大変ですのでやはり忙しい方にはコーティングの施工をオススメします。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

途中からコーティングを施工するよりも、塗装が新しい新車を購入して時に施工しておくと綺麗な塗装を長持ちさせる事ができます。

一度施工しておけば普段は水洗い洗車でよく、年に一度くらいの専用メンテナンスを繰り返す事で新車同様の美しさを保つ事が可能になります。

人気色のブラックやホワイトは特にツヤが引き立ちますので洗車が楽しみになるでしょう。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ