ウェイク

【ダイハツ・ウェイク】内装や内寸はどんな感じなの?快適なのか!?

レジャーなどに大活躍のハイトワゴンであるダイハツウェイクですが軽自動車の中では室内の広さがセールスポイントですね。

今回はウェイクの内寸や内装色、内装は改造できるのかについて検証してみたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ダイハツウェイクの内寸はどうなの?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

ウェイクはユーティリティが自慢のクルマで、レジャーや子育て中の方にも人気が高いですね。

内寸はどのくらいあるのか調べてみました。

室内長2215mm

室内幅1345mm

室内高1455mm

全長3395mのクルマにしてこの内寸はさすがとしか言いようがありませんね。

コンセプトはひとつ上行く創造空間ウルトラスペースで乗員の人数や積み込む荷物の大きさなど、状況に合わせた多彩なアレンジが可能になっています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

助手席のアレンジはヘッドレストを引き抜いて座面を引き起こし前方に倒す事でテーブルや荷物スペースの一部にする事ができます。

ラゲッジスペースはボードの脚をたてて使う事で2段式にする事ができ、より便利に使うことができます。

座席一つ一つにも気配りを忘れずに、乗車時の快適性や荷物を積み込む際の利便性も考慮していますね。

シート表皮は全て撥水加工されており、リアシートのラゲッジ面は防水機能があって濡れものも気にせず積む事が出来るようになっています。

リアシートは左右分割にロングスライドする様になっていて240mmものスペースを作る事が出来ます。

また、シート肩口のリクライニングレバーを操作することで左右分割リクライニングが可能になっており、バックドアを開けた荷室側からもリクライニング操作できます。

変幻自在なラゲージアンダートランクは

ラゲージの床下部分に90Lの大容量アンダートランクを装備しています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

クーラーボックスなどの大きな荷物も積み込むことができ、デッキボードの裏に設置されている脚を立てることでアンダートランクの高さを自在に変化させることができます。

掃除がしやすい防水素材のイージーケアフロアは泥のついたシューズや濡れた荷物も気にせず置け、汚れも簡単に拭きとることができます。

ラゲッジスペースは工夫で、大きくて長い荷物もスッキリ収まります。
通常モードはそのままの状態、アンダートランク一体モードはデッキボードを上げて使う事で背の高い荷物の積載可能です。

2段積みモードは通常モードでアンダートランクに荷物が入らない場合でもデッキボードの脚を立てる事で積載が可能になりその上にも積む事も出来ます。

ダイハツウェイクの内装色の選択できる範囲は?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

ここまではダイハツウェイクの内寸についてお知らせさせて頂きました。

ここからはウェイクの内装色について検証してみたいと思います。

ウェイクの内装色はブラックで統一されています。

ステアリングからルーフまで同一色でコーディネートされていますが決して単調なのではなく、レジャーなど実用を重視した撥水素材を使っていますね。

ウェイクのシート素材はファブリックですがグレードによって差別化されており、ターボ車はハニカムパターン柄で個性的で好ましいです。

ノンターボ車はチェックパターン柄を採用していて、ハニカムパターンよりも落ち着いた雰囲気が出ています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

チェックといっても濃淡がはっきりしたパターンではなく華美過ぎずにクルマのキャラクターにあっているのではないでしょうか。

ウェイクは収納がとにかく充実していて、助手席は倒すとシートバックテーブルになり、座面を上げるとアンダーボックスが出現します。

インパネには嵩張る物も置ける大型トレイと買い物に便利なショッピングフックやインパネアッパーボックスなど書類や小物を収納するのに便利ですね。

運転席と助手席に付いているインパネ付属のカップホルダーは大型ブリックパックも入ります。

車検証を入れるグローブボックスは勿論のことインパネセンタートレイやインパネセンターポケットなども充実。

運転席の座面前部にはシートクッションポケットがついていてカードなどが挟める様になっています。

インパネにさらに下部にもトレイがあり、ドアポケットにはペットボトルが入るボトルホルダーも備えています

運転席と助手席の間のフロントセンターアームレストはボックス付きで便利で使いやすいですね。

後部座席には後ろ席用の小物入れとして使えるクォーターボックスとボトルホルダーが装備されています。

メーカーオプションとしてはスーパーUV&IRカットガラス (フロントドア)
正面のフロントウインドゥガラスに加え、横のフロントドアガラスも紫外線を約99%カットします。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

また、赤外線を効果的に遮断し、ジリジリとしたお肌への刺激を低減。日差しの暑さによる車内の温度上昇を抑えます。

スーパークリーンエアフィルターは帯電フィルターの採用により、高い集塵性能を実現し、花粉もしっかりとキャッチします。

高集塵フィルターは、気になるPM2.5にも対応。車内空間を快適に保ちます。

Dアシストはパワーモードで余裕のある軽快な走りを、エコモードで燃費重視のスマートな走りを、2つの走行モードをワンタッチで選択できます。

ドライバーの体格に合わせてステアリングやシートの高さ調節も可能にし、最適・快適なドライビングポジションと、広い視界をご提供します。

ダイハツウェイクの内装を改造したい?できます!!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

ここまではダイハツウェイクの内寸や内装色の情報をお知らせさせて頂きました。

ここからはウェイクの内装は改造できるのかについて検証してみたいと思います。

ウェイクは工夫次第で色々な使い方ができるマルチなクルマです。

イージーケアフロア(座席側/荷室側)は掃除がしやすい防水素材で作られています。

泥のついたシューズや濡れた荷物も気にせず置け、汚れも簡単に拭きとることができます。

釣り好きの方にはロッドホルダーが用意されていて、フィッシングロッド5本が天井にすっきり収納できます。

アッパーシステムレールと同時に装備する事でクロスシステムバーを3本まで装着できます。

自転車はアタッチメントを使用する事で2台が積載できます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

ラゲージマットをひいた上でサイクルホルダーセットA(1台積載用)を使用する事で標準的な26インチ婦人用シティサイクル1台を積載できます。

また、サイクルホルダーセットB(2台目積載用)を使用する事でロードバイクやマウンテンバイクを2台積載できます。

キャンプに行く方はバックドアタープが便利で、日差しなどを遮るタープとしてはもちろん着替えにも役立つ、ウェイクで行くアウトドアのマストアイテムです。

プライバシーシェード(フロント)
ウインドシールド+フロントサイド+フロントドア用のセットは仮眠時や着替えなどの際に外からの視線を遮ります。

また、ジョイントクッションで仮眠や車中泊など快適に眠れ、アウトドアシーンで活躍します。

ラゲージボードセット(テーブル用脚付き)は専用ボードを取り付けて、背の高い荷室をフル活用でき、6kgまで積めて、上下2段の高さ調節も可能です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/leisure.htm

スノーボードなどは濡れ物の収納やウェアで乗り込める様に撥水加工したシートエプロン(前席用)を使えばクルマをレジャー仕様にできますね。

後ろ席用のシートエプロンもあり、撥水加工付だから、レジャーで濡れたまま乗っても、お子様が飲み物をこぼしても安心です。

オールウェザーマットは濡れたり汚れたりしても、サッと洗えるレジャーに便利なマットで、リヤは分割式なのでお手入れも簡単です。

ルームランプ(LED・ホワイト)(リヤルームランプ用・ラゲージルームランプ用)標準装備のバルブを高輝度LEDと交換することにより、 室内・ラゲージスペースを明るく照らします。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/leisure.htm

セパレーターネットセットは後部座席への荷崩れを防止する、セパレーターネットとユーティリティフックB 2個のセットです。

ウェイクの実用性は工夫で広がりを見せてユーザーを色々な所で楽しませてくれる様です。

 

 

アイキャッチ画像引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ