ウェイク

【ダイハツ・ウェイク】モデルチェンジ予想!情報・時期はどうなの?

ダイハツ・ウェイクのモデルチェンジ情報について調べてみました。

ダイハツ・ウェイクのモデルチェンジを予想してみたいと思います。

ダイハツ・ウェイクのモデルチェンジ時期はいつ頃なんでしょうか?

調査、予想していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ダイハツウェイクのモデルチェンジ情報とは?

さて、ダイハツウェイクですが、モデルチェンジを予定しているのでしょうか?

ちょっとわくわくしながら調査していきたいと思います。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ情報とは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

そもそもフルモデルチェンジとはどういうことでしょうか?

フルモデルチェンジとは、

現在のモデルを変更して新しいモデルに生まれ変わることを言います。

初代仮面ライダーのように、中から変わってしまうことですね。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ情報とは?引用:https://publicdomainq.net/

ちょっと画像のチョイスを間違えたような・・・。

これじゃショッカーみたいですが(笑)。

例えていうなら同窓会で、久しぶりに会った同級生ですかね。

「お~久しぶり・・。え~変わったな~。」

「結婚してから、痩せたんだよ。20kg。」

「まじか~もう見た目が全然ちがうな~。」

「○○君かっこいい~♡。」

例えていうならこのような感じですね。

車の名前は一緒なんだけど、フロントからサイドから変わってしまった同級生のように、

外装のデザインや内装のデザインなどが大きく変わることをフルモデルチェンジといいます。

もうひとつ、マイナーチェンジと言うのがあります。

これはそうですね。

フルモデルチェンジほどではないけれど、変わった個所があるというものです。

それこそ、嫁さんの髪型のようです。

ちょっとウェーブがかかったなど、なかなか男性諸氏には気づかないほどの

変更も含まれます。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ情報とは?引用:https://lh3.googleusercontent.com/

ちなみに嫁さんの髪型が少し変わったことに気が付かないと

不機嫌になるので、気が抜けません(笑)。

「毛先を丸くした♡。」

旦那として心から言おう、

「そんなんわかるか~。」

まあそんなんも含まれるのがマイナーチェンジです。

髪型、服装、メガネ、お化粧、人間に例えるとそういう変更ぐらいだと思います。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ情報とは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツウェイクですが、

ウェイクの外寸は、全長3395mm、幅1475mm、車高1835mm。

ダイハツの車高ランキングでは、堂々の第三位。

軽の規格は、全長:3400mm以下、全幅:1480mm以下、全高:2000mm以下。

それに対して、全長、全幅を限界まで作りこんでいるダイハツウェイク。

そして高さに関しては、軽自動車における他車を圧倒しています。

ここまで作った車をモデルチェンジというと相当期待してしまうのですが、

2019年3月現在では、まだプレスリリースはありません。

2017年11月30日 – 一部改良

・スマートアシストⅡからスマートアシストⅢに変更。

安全に対しての充実度がものすごく引きあがりました。

・「コーナーセンサー」

ソナーセンサーを配置することで死角となる左右後方の障害物を検知。

そしてブザー音で運転手に警告してくれます。

・「パノラマモニター」

真上から見ているような映像をナビ画面に映し出して補助してくれます。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ情報とは?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツの運転者と第三者を守る取り組みは、はっきり言って半端ないんです。

5年ほどの間で、スマートアシストからスマートアシストⅡそして

2017年のスマートアシストⅢへの変更。

しかも金額変更なし。

ボディは樹脂パーツを一部採用し、もし歩行者にぶつかったとしても

衝撃を吸収してある程度かもしれないが守るための構造。

厳しい衝突試験をクリアした安全基準。

ダイハツのウェイクは、マイナーチェンジを繰り返すことで、

すでにフルモデルに近いぐらいの変身をしているようにも感じます。

だから、今更大きな変更というのも難しいのかもしれませんね。

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想していきたいと思います。

なんせ予想するのは自由ですので(笑)。

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!引用:https://www.irasutoya.com/

モデルチェンジと言われると、

昔見ていたヒーローアニメを思い出します。

そう大体、一年ぐらいで終わってまた始まるのがヒーローアニメでしたが、

変わらないのがカラー。

そうヒーロー達のボディカラーが一緒でしたね。

中央のレッド○○とかピンク○○とか名前もそうでした。

今現在ウェイクのカラーは、

・フレッシュグリーンメタリック、ミストブルーマイカメタリック、ト二コオレンジメタリック

・ブルーマイカメタリック、パールホワイトⅢ、プラムブラウンクリスタルマイカ

・タングステングレーメタリック、オフビートカーキメタリック、ブラックマイカメタリック

(緑、淡い青、オレンジ、青、白、茶、グレー、カーキ、ブラック)

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!引用:https://www.daihatsu.co.jp/

うん、何かが足りない・・。

そこで、思いつきました。

ピンクがない!!

ヒーロー戦隊なのに、ピンクがいないのは、ちょっと考えられないですね。

ということで、今後予想されるカラー選択は、ピンクです。

やっぱり、女性にも乗りやすいカラーがあるといいかも。

どうせなら、振り切った色をオプションカラーで出してほしいですね。

ファッションピンクやシャインピンクメタリック。

勝手に色を想像してみましたが、

新しい顧客層をそろそろ求める時期に入っているのかもしれません。

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!引用:https://www.irasutoya.com/

戦隊ものと言えば、メカは外せません。

特に最初は強いんですが、後になってくると、強い敵が次々と現れて

段々通用しなくなってくるんです。

そこで、戦隊ものはメカが進化するんです。

過去のレジェンド達によって。

メカと言えばエンジン!

ウェイクのエンジンは、ターボ車がツインカムDVVT 3気筒12バルブインタークーラーターボ付きエンジン。

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

これを、過去のレジェンド、

ダイハツYRV(2005年7月生産終了)に乗っていたK3-VET型ターボエンジンに乗せ換える。

直列4気筒DOHCターボエンジン、

最高出力 103kW(140ps)/6400回転、最大トルク 177Nm(18.0kg.m)/3200回転

出力、トルクともに今の2倍!!

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!引用:https://www.daihatsu.co.jp/

キャッチコピーは、

【乗り心地がよくて、燃費もいい。だから、うんと走りたくなる。】

ではなく、

【走り心地がよくて、加速もいい。だから、うんと走りたくなる。】

に変更する。

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!引用:https://www.daihatsu.co.jp/

今の時代、軒並みダウンサイジングしているエンジンが多い中、

一定の顧客をとらえるために、あえて加速と走りに挑戦するグレードを作る。

ウェイクの二極化を進める。

家族が乗る車と個人で乗る車を目指す。

家族で乗る車には、正直な所そんなに加速性は必要はない、

でも昔、車に乗るだけで楽しくて、朝まで走り続けた。

そんな車の楽しさを知っている大人たち。

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!引用:https://publicdomainq.net/

そんな人たちが子育てを終えて、ふと過去を振り返った時、

こんなエンジンを載せた車があったら思わず買ってしまうかも。

でも( ^ω^)・・・。

このエンジン1297ccもあるから、軽じゃ載せられないんですよね(笑)。

ダイハツウェイクのモデルチェンジを予想します!引用:https://www.pakutaso.com/

でもね、軽の規格と基準にあった別のエンジンをダイハツさんは

考えていたりするのかもしれません。

より燃費を追求するのであればハイブリッドエンジンなどがありますし、

新しいターボエンジンを開発しているかもしれません。

そんなことを考えるとちょっと楽しいですよね。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ時期はいつ頃?

ウェイクのモデルチェンジ時期はいつ頃なんでしょうか?

せっかく買うなら、新しくなってからの方が良いですよね。

今回はそんなモデルチェンジの時期を探ってみたいと思います。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ時期はいつ頃?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツ・ウェイクの歴史を振り返ってみましょう。

ウェイクは、2014年11月10日に販売開始されました。

当時のキャッチフレーズは「ドデカク使おう。ウェイク」で、

CMキャラクターになった玉山鉄二さん、中島広稀さんを起用してユニークなCMが話題となりました。

グレード体系は【D】【L】【X】【G】の計4グレードです。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ時期はいつ頃?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

2015年 4月 – 仕様変更

2WD車の全グレードや「L」・「L”SA”」の4WD車は「平成32年度燃費基準」を達成。

「eco IDLE」エンブレムを廃止しました。

2015年6月30日 – 特別仕様車の販売開始。

「X “モンベル version SA”」、「X “波伝説 version SA”」、「FINE selection SA」を発売。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ時期はいつ頃?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

2016年 5月17日 – 一部改良

フロントフォグランプを全車標準装備化しました。

フロントフードガーニッシュを新デザイン「D」系・「L」系グレードはブラック、「G」系グレードはメッキに、変更。

バンパーガーニッシュをボディと同色にしました。

ボディカラーは「フェスタイエロー」が廃止しになりました。

「ミストブルーマイカメタリック」と「フレッシュグリーンメタリック」を追加して9色になりました。

2トーンカラーも同様です。

「D」系・「L」系グレードには新たなメーカーオプションとして「LEDスタイルパック」を設定した。

リアパーソナルランプを全車に標準装備しました。

スマートアシストからスマートアシストIIに変更しました。

パワースライドドア予約ロック機能を軽自動車で初めて採用。

「ドライビングサポートパック」にCVT制御をパワーモード切り替えできる「Dアシスト」機能を追加。

2017年11月30日 – 一部改良

「D」を除く全車にスマアシII→スマートアシストIIIに変更。

同時にリアコーナーセンサーも装備された。

「D」グレードを除く全車にパノラマモニターの採用。

ダイハツウェイクのモデルチェンジ時期はいつ頃?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

2018年9月3日 – 特別仕様車の追加

「L”スペシャルリミテッド SA III”」、「L”リミテッド SA III”」、「Gターボ”リミテッド SA III”」が発売。

このような、マイナーチェンジや一部改良を経て、5年を経過しました。(2019年3月現在)

一般的に、4年以上を経過していくとフルモデルチェンジを行ったりする傾向にあります。

ただ、2018年に特別仕様車をダイハツは軽自動車6種類に出しています。

タント 、ムーヴ 、ミラ イース 、キャスト アクティバ 、

ウェイク 、ムーヴ キャンバス。

半年程度で、新しいフルモデルチェンジするとは思えません。

実際にまだ、ウェイクがフルモデルチェンジするという情報はありません。

ダイハツのプレスリリースも見ていますが、情報がない状態ですね。

もしかしたら、裏で着々と準備を進めているのかもしれません。

今年の後半、もしくは来年の夏ごろ、ウェイクに注目していても楽しそうです。

 

アイキャッチ画像引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/wake/outdoor/94.html

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ