ウェイク

【ダイハツ・ウェイク】値引きで買いたい!相場はどうなっているの?

ダイハツウェイクはレジャーやアウトドア派に実用的なハイトワゴンとして大人気ですが購入する時の値引きが気になる方が多いと思います。

今回はウェイクの値引き相場や値引き限度額などの情報を検証していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ダイハツウェイクの値引き相場はどのくらい?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ウェイクに限らず価格自体に値幅がない軽自動車は値引きがそれほど期待はできません。

2018年1月現在のダイハツウェイクの値引き相場は15万円程となっています。

1月と2月はもともと新車販売が静かになる月ですが3月の決算に向けて少しずつ活発になるものと見られます。

値引きを引き出すにはライバル車との兼ね合いが必須になりますが、ウェイクのライバル車とはどの様な車種があるのでしょうか。

代表的なのはホンダのN-BOXやN-VAN、スズキスペーシア、などです。

スズキスペーシアにあスペーシアギアというグレードがあり、これがウェイクとキャラクターが近い事から競合させやすいですね。

ホンダから2018年に発売されたN-VANも商用車ベースながら使い勝手のよさからレジャーベースとしても人気があり、競合されやすいと思います。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ウェイクの車両本体値引きからディーラーオプションをプラスしてオプション分の値引きがナビゲーションなどを装着すれば3〜4万円程度の値引きは可能だと思います。

従って車両本体値引き15万円プラス3万円で18万円程度がウェイクの値引き相場と言えるのではないでしょうか。

ライバル車と競合させるのも有用ですが同じダイハツ同士で競合させる事も可能です。

ディーラーは1つの街に一ヶ所はありますので隣町にダイハツディーラーがあれば近隣のダイハツと両方の見積もりを取ってみてはどうでしょう。

値引きはそれほど大差はないかもしれませんが下取り車の査定額は違ってくると思われます。

下取り車がスポーツカーなどの場合はディーラーでの査定よりも買取店の方が高い査定の期待はして良いでしょう。

買取店は一括査定システムで家に来てもらう方法と近隣の店舗に赴いて査定してもらう方法があります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

交渉に慣れていない方は店舗に赴いて交渉してみると良いでしょう。

買取店の営業は交渉に慣れていますからこちらが不慣れだと安く買い取られてしまいます。

あらかじめネットなどで下取り車の買取相場を調べておくと良いでしょう。

いくつかの店舗を回ってみると査定に差があるのがわかります。

場合によっては10〜20万円程の差が出る事もありますから大きいですね。

ダイハツウェイクの値引きの限度はどこまでいけるか!?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ここまではダイハツウェイクの値引き相場についてお知らせさせて頂きました。

ここからはウェイクの値引き限度額について検証してみたいと思います。

クルマを購入するときは値引き交渉が不可欠ですがどのくらいが値引きの限度額なのかは分かりにくいですね。

ディーラーで見積もりを出してもらうと値引き額が明らかになりますが最初から限度額いっぱいの値引きは当然ながら出してきません。

限度額を引き出すには2〜3回の交渉が必要になります。

ダイハツウェイクの見積もりを出してもらったら、ライバル車の見積もりも出してもらいに行きましょう。

下取り車の査定も同時に出してもらいます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

数店舗回ると査定額が明らかになってきますし、ウェイクを含めたライバル車の値引きも明らかになります。

次回の交渉の時にはこのライバル車の見積もりを提示して値引き交渉をしていきましょう。

お客様を奪われたくはないですから値引きを含めたサービスを提示されてくると思います。

ここでは下取り車の査定額が値引き額に含まれていないか確認します。

値引き額が増えていても査定額が変わらなければ査定額の増加分が値引き額に含まれている可能性もあるからです。

場合によってはディーラーに下取りしてもらわなくても買取店に売却して、それを頭金にあてて購入しても良いでしょう。

購入する時期でも有利と不利はあります。

時間があれば決算期の3月末を狙っていけば最も値引きが引き出しやすくなります。

ボーナスシーズンの7月や12月でも需要の拡大から値引きが引き出しやすくなりますね。

下取り車の査定額と車両本体値引きが決まってきたらオプション分の値引き交渉も合わせてしていきます。

ディーラーオプションの値引き額は総額の20%程度は見込めますから20万円ならば4万円の値引きは期待できる事になります。

ただし購入するからといってあまりに横柄な態度は禁物です。

セールスも人間ですから過度に横柄なお客様にはサービスしたくなくなります。

あくまで穏やかに値引き交渉を続けましょう。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

オプションの交渉も含めて価格交渉が決まってきたら細かな部分も詰めていきます。

例えば納車時にガソリン満タンサービスは以外に受け入れてもらえます。

端数のカットでも良いでしょう。

セールスが店舗の責任者の決済を仰ぐ様でしたら値引き限度額付近ですからキリのいいところで契約すると良いでしょう。

ダイハツウェイクでの値引き目標はここだ!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

ここまではダイハツウェイクの値引き相場や値引き限度額についてお知らせさせていただきました。

ここからはウェイクの値引き目標について検証してみたいと思います。

クルマを購入する時の値引きには限度額があります。

出来るだけ購入総額を抑えるにはどうしたら良いのでしょうか。

それは下取り車の査定を最も高く評価してくれたところに売却する事です。

ディーラーでの査定は同じメーカーが有利になりますからどうしても限界があります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

買取店で査定しても査定はかなりバラツキがあり、店舗を回るのにも時間がかかってしまいます。

ネットでの一括査定を使用すると複数の業者が家まで訪問してくれてその場で査定をしてくれるので、出掛ける手間が省けます。

デメリットは複数の業者に来てもらうと時間差でも半日程度はどこにも出られずに時間がとられる事ですね。

交渉が苦手な方は躊躇してしまうかもしれませんがコツを掴む意味でも買取店舗で査定してもらい、雰囲気を掴んでおくと良いでしょう。

下取り額が省かれると本当の車両本体値引きがわかります。

ですから査定額がディーラーよりも高ければ最も有利に購入できるわけですね。

買取店で査定してもらうとわかりますが10〜20万の差は普通に出てきます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

家に訪問してきてくれた業者の中で1番高く評価してくれたところに売却すれば良いでしょう。

その際に事故歴や補修歴があれば正直に深刻しましょう。

査定士の中には見抜けない方もいますが後で発覚すると好ましくはありませんので故障している部分も含めて伝えておきます。

もしもディーラーの査定よりも評価が低ければ売却しなければよいだけですから利用してみるべきですね。

買取店でもユーザーが探しているクルマを優先的に買取していますので需要と供給が合えば双方にとって喜ばしい結果になるでしょう。

クルマの値引き交渉において車両本体値引きやディーラーオプションの値引きの他にサービス品をつけてもらうのも良いでしょう。

決算期なら限度額以上に値引きはできなくてもコーティングを施工するサービスは可能かもしれません。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

品物は仕入れがあり、仕入れ金額がかかりますがコーティングは原価が安く済むからです。

その後も継続メンテナンスが必要になりますからディーラーも商売がしやすくなります。

ウェイクは車両本体値引き15万円とディーラーオプション値引きで19万円程度が値引き目標だと言えるでしょう。

 

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ