ウェイク

【ダイハツ・ウェイク】安全性は?運転しやすい?自動ブレーキは?

ダイハツ・ウェイクは運転しやすい?それとも運転しにくい?

今回は、運転性能を調べてみました。

ダイハツ・ウェイクの安全性はどうなのでしょうか?自動ブレーキの効き目は?

ダイハツ・ウェイクの横滑り防止機能の性能はどうなのでしょうか?

調査していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?

ダイハツウェイクの開発コンセプトは

「タントの上を行く」→(上行く→うえいく→ウェイク)だそうです。

なんだか、名前からしてワクワクにあふれたユニークな名前ですよね。

ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

俳優の玉山鉄二さんのCM起用などで

「どでかく使おう!!」とインパクトの強い車として広く認知されました。

スペースが広いのだとCMからもわかりますが、運転はしやすいのでしょうか?

早速、調査していきましょう。

ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ウェイクの外寸は、全長3395mm、幅1475mm、車高1835mm。

そしてダイハツの車高ランキングでは、堂々の第三位です。

走りやすさという観点から見ると、高い車高と言うのは

高速道路などで横風を受けると横にふらつきやすいというのは、

多少なりともあるかと思います。

ですが、そんなことはダイハツの開発者も百も承知だと思います。

「タントより上」を目指す車、シンプルな目標だけど開発する方は燃えたのではないでしょうか。

それが対策にも表れています。

【空力フィン】ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

・開発段階から分かっていた高速時の横風などに対する揺れ防止を

気流に小さな渦を発生させることで車体を左右から押さえつけ、揺れを軽減させて、

高速時の安定性を追求しています。

【ヒルホールドシステム】

ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

・坂を走って停まった後、再度発進しようとして少し後退した経験ないですか?

このヒルホールドシステムにより、後退を防ぐことが出来ます。

【最小回転半径】

ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

・4.4mという狭い旋回で狭い駐車場や縦列駐車、車庫入れもスムーズに行うことができます。

都内の狭い道もすいすい走れるのではないでしょうか。

軽自動車の利点の一つですね。

【樹脂製パーツ】

ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?引用:www.monomagazine.com/

・ボンネット、フロントフェンダー、バックドア、フューエルリッド、

スライドドア―ガイド部のガーニッシュ、前後バンパーが樹脂です。

軽量化と重心をさげつつ、走行の安定化を図っています。

ダイハツウェイクは運転しやすい?しにくい?引用:https://www.photo-ac.com/

さてユーザーの皆さんは運転性能に関してどう感じているのでしょうか?

・【加速はターボのためNAよりは良いが、車高が高いのでコーナリングなど若干不安定である。

(当方はあえてローダウンサスでロールを抑えておりますので問題なし。)】

・【重く、大きなボディゆえにターボといえども高速道路や登り坂では力不足を感じます。

強風時の揺られが大きく、高速走行時は怖いときがあります。】

・【ターボなんで山道も2人までなら問題ないですね。】

・【ターボは、街中なら意外にきびきび、しっかり走る。

メーター読みで70~80kmhまでなら、多分不満は出ないと思います。

80kmh以上は、頑張って踏んでもなかなかスピードが上がらない。】

・【走りは、道路の振動が直に来るので、デコボコ道はゆっくり走りますが、直線は割と安定します。

エコメーターもあり、自然とエレガントな運転になります。】

・【たくさんの積載量でエアコンかけて峠道を走っても安心感はあれど、ストレスはない!

コーナーも問題なし!!】

忘れがちなんですが、一応ダイハツウェイクは軽自動車なんですよね。

軽自動車のはずなのに、ターボもあって、きびきび動くし、荷物は乗るし、座面が高くて見やすい。

【軽自動車なのを忘れる】今回はこのご意見に集約されると思います。

あれ、そういえば軽自動車だった。みたいな驚きが味わえるのではないでしょうか。

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?

ダイハツウェイクの安全性はどうなのでしょうか?

樹脂パーツって安全なの?

自動ブレーキって効くの?

そんな疑問に答えていきます。

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツって樹脂パーツを使っているけど大丈夫なの?という声が

ネットでも見受けられました。

答えから言うと大丈夫です。

衝突した場合は外板ではなく骨格の構造部分で衝突を吸収するからです。

下の写真を見るとよくわかると思います。

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツは、国内および欧州の衝突安全基準を、余裕を持ってクリアしています。

当然、ダイハツ側は樹脂パーツ大丈夫ですかという声が来ることも、

想定されていたと思います。

樹脂パーツを採用した理由は軽量化だけではありません。

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

歩行者の傷害を軽減するために、フードやフェンダー、ワイパーピボットなどの各所に

衝撃緩和装置・吸収スペースを設け、さらにフェンダーには樹脂パーツを採用。

これらは、歩行者保護性能を高めるために装備しているんです。

それから、エアバックです。

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

これが前方はもちろん、緩和するSRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)も全車に標準装備なんです。

更には後方の席にも安全に気を配っています。

【チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)】

チャイルドシート上部のトップテザーをアンカーに固定することによって、

衝突時のチャイルドシートの前方回転を抑えられます。

【サイドアンダーミラー(助手席)とリヤアンダーミラー(室内付)】

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

これにより、駐車時などに見えづらいところがカバーされてより安全になりました。

【スマートアシストⅢ】

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

①衝突警報機能(対車両約4~100km/h・対歩行者4~50km/h)

車両や歩行者を検知し、警告してくれます。

②事前ブレーキ(対車両約4~100km/h・対歩行者4~50km/h)

衝突の危険が高まったと判断したときに軽いブレーキがかかります。

③被害軽減ブレーキアシスト(対車両約30~80km/h・対歩行者30~50km/h)

事前ブレーキが作動しているときに運転手が気づいてブレーキを踏むと

より制動力が高まります。

④緊急ブレーキ(対車両約4~80km/h・対歩行者4~50km/h)

衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキで減速します。

このように、高いレベルで安全性が確保されているウェイクですが、

最終的には乗る人が、全て決定します。

全ては万能ではないのです。

安全性だけに頼らず、体調がきついときなどは、運転を控える勇気も必要だと思います。

ダイハツウェイクの安全性はどうなのか?自動ブレーキの効きは?引用:https://publicdomainq.net/

決して貴方だけではないのです。

周囲の事も愛する家族のことも考えて運転したいものですね。

ダイハツウェイクの横滑り防止機能の性能はいかに!?

横滑り防止機能とはどういうものなのでしょうか?

そしてその性能はどうなのでしょう?

調べていきましょう!

ダイハツウェイクの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://publicdomainq.net/

横滑り防止機能とは、車がカーブを曲がるときにカーブの外側へのふくらんだり、

内側へ巻き込んだりする動きを防止して安定させるサポートシステムのことです。

Electronic Stability Controlといい、略称でESCとも呼ばれる機能です。

ESCの導入によって、事故率減少に効果があるとされています。

メーカーによって名称は、ちがってきます。

ダイハツでの正式名称はVSC

VSC=Vehicle Stability Control ビークル・スタビリティ・コントロールです。

ダイハツウェイクの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

VSCは急なハンドル操作や、滑りやすい路面などのコーナリング時に横滑りが発生した場合、

ブレーキとして車両安定性を確保する機能です。

これは色々なセンサーが車が不安定、危険な状況を検知して、車載PCへの情報を即座に計算し、

ブレーキ、エンジン出力を自動的にコントロールしてくれます。

すごいのは、「危なーい。」と人間が危険を感じた時に

車載PCがどの車輪にブレーキをかけた方がよいか瞬時に判断して

エンジン出力を落とすことで安全な走行状態にしようとしてくれます。

これってすごい機能ですよね。

HPではスマートアシストのかげに隠れて目立たない存在ですが、なかなかやりますね。

もっと機能を宣伝してもいいのではないかと思いました。

ダイハツウェイクの横滑り防止機能の性能はいかに!?

引用:https://bitcoin-check.info/

横滑り防止機能ですが、車のスピードを上げすぎると、

機能しないおそれもありますので注意が必要です。

TRC=Traction Control トラクション・コントロールとは

駆動力制御システムで、タイヤの空転防止や安全な加速、スムーズな走りなどの運転をサポートする機能です。

ウェイクではこのVSC & TRCが、装備されています。

ダイハツウェイクの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://publicdomainq.net/

ダイハツウェイクは、自車の安全だけでなく、

周囲の安全も気遣って作られている車だということが、

今回、よくわかったのではないかと思います。

ダイハツウェイクの横滑り防止機能の性能はいかに!?引用:https://www.daihatsu.co.jp/

VSC & TRCも目立たないけど、事故率を下げる重要な役割を果たしていました。

ダイハツウェイク、今回この車の良さをあなたに伝えられたならば幸いです。

 

アイキャッチ画像引用:https://autoc-one.jp/daihatsu/wake/report-1962565/

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ