比較・ランキング

【スズキ・クロスビー】VS【スズキ・イグニス】はどっちがいい!?

スズキクロスビーとスズキ・イグニスに関して調べてみました。

実際のところ、価格はどのくらい違うのでしょうか?

また大きさや燃費は、どうなのでしょうか?

調査していきたいと思います。

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ

【スズキ・クロスビー】VS【スズキ・イグニス】価格はどっち?

引用:https://pixta.jp/

ここからは、対決形式で書いていきたいと思います。

ではスズキ クロスビー対スズキ イグニスの同門対決です。

まずは先行、クロスビーの公式価格(税込み)から、

HYBRID MX 2WD車 2003400円 約200万 4WD車 2145960円 約214万

HYBRID MZ 2WD車 2046600円 約205万 4WD車 2189160円 約219万

引用:http://www.suzuki.co.jp/

では後攻、イグニスの公式価格(税込み)から、

HYBRID MZ 2WD車 1641600円 約164万 4WD車 1778760円 約178万

HYBRID MZ セーフティーパッケージ装着車

2WD車 1738800円 約174万 4WD車 1875960円 約187万

引用:http://www.suzuki.co.jp/

結果は、2WD車 約36万 4WD車 約36万の差で価格対決はイグニスの勝利!!

うーんプロボクシング界の貴公子 井上直哉選手の世界戦のように一瞬で終わってしまった(笑)。

引用:https://www.bloodyelbow.com/

いやいや、まだまだ満足度はユーザーレビューでなければわからない。

立て!立つんだクロスビー!まだ勝負はここからだ。

それでは、クロスビーからみてみましょう。

・【スズキ車なので正直あと10~20万ほど安くして欲しかったです。】

・【コンパクトカーでこの価格は高めですが、安全性能や燃費の良さを考えれば妥当だと思います。】

・【トヨタ車ばかり乗継ぎしてきましたが、スズキのクロスビーを買って本当に良かったと思っています。】

・【安全装備が充実し、ターボエンジンが付いて、適正価格だと思う。】

・【リッターカーといっても、過給器、MHVシステム、全方位モニター、8インチナビ、ドアミラーの自動格納までついていて、

ほぼ「全部のせ」なので、総額250万円超も仕方ないと思ってます。】

全体的な意見をまとめると少し高いけど妥当な値段というのがユーザーの皆さんに共通した意見です。

では、イグニスの番です。

・【価格が安く、新型のイグニスが発売されるならば増車したい。】

・【内装等の仕上げの質から高いという意見もありますが200万程度で高機能なシステムは揃うのは魅力とも言えます。】

・【コンパクトsuvでセーフティパッケージをつければ一通りの安全装備は手に入るため、お買い得な方ではないでしょうか。】

・【結構値引きがあり、お財布にも優しい購入でした。】

・【自動ブレーキ付、軽自動車ではなく、4人乗れて、日常と長距離を走れる、安価な車として父親に買いました。】

全体的な意見をまとめると、価格が安く、お得な車というのがユーザーの皆さんに共通した意見です。

総評として、価格に関しては、イグニスに軍配が上がります。

価格もユーザーレビューも文句なしです。

しかしながら、満足度としてはクロスビーにやや軍配が上がると思います。

なぜなら、少し高いけど妥当な値段だというのが皆さんの意見に共通しているからです。

高いけど妥当だと思うのは、満足度が高いからです。

もちろん、イグニスもいい車だと思います。

引用:https://www.pakutaso.com/

でもクロスビーは上位グレードのMZでは全方向モニターパッケージ以外が標準で、

MXでも、安全装備スズキセーフティサポート、LED照明、全方向モニターパッケージが

任意で追加出来ます。

これだけついているならお得だとユーザーの皆さんが感じているのではないかと思います。

【スズキ・クロスビー】VS【スズキ・イグニス】大きさは?

今度は、大きさ対決です。

なんだか、子供のころやったカブトムシ対決を思い出します。

では、先攻のクロスビーから外寸法を紹介します。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

クロスビーは、全長3760mm、幅1670mm、全高1705mm。

それでは後攻、イグニスの入場です。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

後攻、イグニスの外寸法は、全長3700mm、全幅1660mm、全高1595mm。

結果、大きさ第一試合は、クロスビーに軍配が上がりました。

全長は約60mm、全幅は10mm、全高は110mmの差でクロスビーの勝利です。

僅差の勝利なので、ガッツポーズは小さめです。

引用:http://animalive.me/kawaii/

それでは大きさの第2試合目は、室内の広さ対決です。

クロスビーもイグニスも共に、5人乗りです。

では、先攻のクロスビーから調査していきます。

室内寸法は、長さ2175mm、幅1355mm、高さ1280mmです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

それでは後攻のイグニスです。

室内寸法は、長さ2020mm、幅1365mm、高さ1250mmです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

結果、大きさ第二試合は、クロスビーに軍配が上がりました。

今回は、2-1の判定勝利です。

両車の差は、長さは155mmでクロスビー、幅は10mmでイグニス、高さ30mmでクロスビーでした。

長さと高さでクロスビーが勝利しました。

全幅は、イグニスよりクロスビーが長いのですが、室内幅は1cm短いですね。

全長は6cmしか違わないのに、室内は約15cmクロスビーが長いのです。

長さが約15cm広いということは、どのくらいかというと

大きいペットボトル一本と細い缶ジュース一本が縦に並んで入るぐらいです。

結構、この差は大きいと思います。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/

大きさ第三試合は、収納スペース対決です。

それでは調査していきましょう。

ここでは、5人乗車時の勝負とします。

まずは先攻、クロスビーからです。

開口高は800mm、荷室床面長525mm、荷室幅1305mmです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

では後攻、イグニスです。

HYBRID MZ・MXでは、

開口高は725mm、荷室床面長430~595mm、荷室幅1160mmです。

イグニスの荷室床面長の違いは後部座席を一番前にスライドした所から

一番後ろにスライドした場合の長さです。

HYBRID MGでは、

開口高は950mm、荷室床面長540mm、荷室幅1160mmです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

大きさ第三試合は、判定がもつれております。

審議に入ります。

【イグニスMX・MZの場合】

開口高は75mmの差でクロスビー、荷室床面長はイグニス、

荷室幅145mmの差でクロスビーでした。

開口高と荷室幅でクロスビーが勝利しました。

【イグニスMGの場合】

開口高は150mmの差でイグニス、荷室床面長は15mmの差でイグニス、

荷室幅145mmの差でクロスビーでした。

開口高と荷室床面長でイグニスが勝利しました。

よって第三試合は引き分けとします。

イグニスMGは、開口高をよくとったと思います。

クロスビーは、荷室幅ではイグニスMX・MZ・MGより約15cm広くなっています。

外寸法はクロスビー、室内寸法もクロスビー、荷室は引き分けという結果になりました。

【スズキ・クロスビー】VS【スズキ・イグニス】燃費はどっち?

引用:http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/

それでは、燃費対決です。

燃費対決は公式燃費JC08モードと実燃費ユーザーレビューで行います。

それでは、先攻クロスビーの公式燃費は

HYBRID MX・MZともに2WD車 22.0km/L、4WD車 20.6km/Lです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

では後攻イグニスです。

HYBRID MX・MZともに2WD車 28.0km/L、

HYBRID MG 2WD車 28.8km/Lです。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

公式燃費対決の結果は文句なしのイグニスに軍配が上がりました。

両車の差は、MX・MZで約6km/L、クロスビーの4WD車とMGであれば8.2km/L差です。

イグニスは、K12C型デュアルジェット エンジンと、加速時にモーターでエンジンを

アシストするマイルドハイブリッドを全車に搭載。

車両全般にわたり軽量化を徹底し、全車エコカー減税の対象としています。

実燃費対決ですが、先攻クロスビーは以前調査した数字を使います。

街乗りは、大体14~15.0km/L、高速道路では、17~20km/Lでした。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

では、後攻イグニスを調査していきます。

・【冬場18キロ・夏場21キロは走ります。ただしパネルのエコマークをなるべく消さないように

アクセルワークをしていますが。】

・【高速で24.0Km/L、下道で19.0Km/Lとても良い燃費です。】

・【通勤で毎日高速利用し往復50Km、17~18Km/リッターエコランプがほぼ付いた状態で20Km走行した時、

25.4Km/リッター表示されたときは4WDのカタログ数値そのもので、ビックリした記憶があります。】

・【ハイブリッドという文言に惑わされてはいけません。リッター17キロ前後くらいです。】

・【首都圏での近距離運転で17~18Km/L、高速を含めて長距離運転時で20~24Km/Lといったところです。】

・【チョイ乗りで16km以上、中長距離・高速で22~24km程度。冬に暖房を使っても長距離だと18kmを越える。】

イグニスは、街乗りでは、大体16~19.0km/L、高速道路では、17~24.5km/Lが確認できました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

結果は、イグニスの勝利です。

イグニスに関しては、燃費の良さの評価が多く見られました。

全体的な総評を調査していて、イグニスをよく表していると思ったレビューがありました。

・【成長期の子供さんを乗せたり、大家族で利用したりには向きませんが、

セカンドカーや日頃、一人二人で使用するには非常に便利で使い勝手のよい車だと思います】

調査していて納得だなと感じていました。

引用:http://www.suzuki.co.jp/

実はクロスビーはイグニスがベース車だそうです。

イグニスが2016年発表、クロスビーが2017年発表なので一年後輩です。

先輩の良いところを受け継いで後輩にも、これからもっと活躍してもらいたいですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://car-moby.jp/289042

 

▼▼▼完全無料中間マージンが無いから他より高く売れる▼▼▼

楽天Carオークションで最高額で売る

申し込みは簡単な情報を入力するだけ