エクストレイル

エクストレイルは2WDでも雪道を走れるのか!?徹底的に調べました!

2000年に発売され、ミドルサイズSUVで10年連続販売1位を記録するなど、高い人気を誇るのが、日産エクストレイルです。

他のSUVがより高級志向に向かっている中で、オフロードでの走行を重視しています。

そんなオフロード重視のエクストレイルで、雪道を走ることができるのか、調べてみました。

エクストレイルは2WDで雪道を行けるか!?

雪道を運転するためには

エクストレイルは2WDで雪道を行けるか!?

引用URL https://www3.nissan.co.jp

まずは、雪道を運転する為には、どのように運転した方がいいのか、調べてみました。

①ABSの作動確認をする

まず、周囲に車がいない状況で、ABSがどの程度のアクセル操作でスリップするのか、確認します。

万が一スリップした際に、どの程度滑るのか、把握しておきます。

 

②車間距離を通常より取る。

普通の道を走る時よりも、スピードは落として、車間距離も大きく取るようにします。

すぐ前の車だけでなく、2台、3台前の車の状況にも注意をし、信号、横断歩道、歩行者への対応も

気をつけます。歩行者が滑って転ぶ、という事も有り得ます。

そのような事が起こった際にも、すぐに止まれる様なスピードで走行しましょう。

 

③車線変更は控える。

路面が滑りやすくなっていますので、車線変更はなるべくしない様にします。

それ以外にも、交差点での右左折、バス停でのバスの追い越し、などの際には、

轍や押しのけられた雪がある為、危険が伴います。

エクストレイルは2WDで雪道を行けるか!?

④注意すべき箇所に気をつける。

雪道を走行する際に、いつも以上に注意が必要な箇所があります。

特に気をつけなければならない箇所は以下の箇所です。

・交差点

・カーブ

・坂道

・橋の上

・日陰

・駐車場の出入り口

これらの箇所は、普段の道路を走行する時に比べると、アイスバーンになっていたりすることで、

状況が変わっています。注意して運転しましょう。

エクストレイル2WDの装備

エクストレイル2WDに搭載されている、雪道を走る上で有効な装備を説明します。

エクストレイルは2WDで雪道を行けるか!?

引用URL https://www3.nissan.co.jp

・インテリジェントエンジンブレーキ

コーナーやブレーキ時にエンジンブレーキを付加してくれます。

コーナーでは速度調整と、ブレーキ時に減速をアシストし、ドライバーのブレーキの操作負荷を軽減してくれます。

 

・ビークルダイナミクスコントロール

運転操作や車速などをセンサーが検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的制御しれくれます。それによって、

滑りやすい路面や、コーナリングなどで横滑りを軽減してくれます。

 

・ブレーキリミテッドスリップデフ

スリップしている車輪にブレーキをかけ、グリップしている車輪に駆動力を伝達します。

それにより、乾いた路面と滑りやすい路面が混在する雪道のような場面で、発進・加速性を高めます。

エクストレイルの雪道は4WDで!

エクストレイルの4WDシステムについて説明していきます。

エクストレイルの雪道は4WDで!  引用URL https://www3.nissan.co.jp

・インテリジェント 4×4

アクセルを踏むと同時に、センサーの情報から、コンピュータが走行状況に応じて、前後のトルク配分を100:0から

約50:50に切り替えて、滑りやすい路面でも 安定した走りを実現します。

 

モードは3種類に分かれています。

①2WDモード

前輪100%、後輪0%にするモードです。通常の道路や高速道路など、乾いた舗装路のとき、

常時前輪駆動にしてくれます。

 

②AUTOモード

前輪100%~50%、後輪0%~50%にするモードです。

雪道や未舗装道路などで、前輪と後輪の駆動を自動的にコントロールし、安定した走りをサポート

してくれます。

 

③LOCKモード

前輪50%、後輪50%にするモードです。

雪道の急坂や、轍の乗り越え、スタック脱出の際に、発進時に前輪、後輪の配分を固定し、

走破性を高めてくれます。

エクストレイルの雪道は4WDで!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

・ヨーモーメントコントロール

舵角センサー、ヨーレートセンサー、Gセンサーからの情報を4WDコンピュータが分析し、ドライバーのターゲットラインを予測してくれます。

それに基づいて、自動的に前後トルク配分をきめ細かく行い、滑りやすい路面でも安定したコーナリングを実現します。

 

・インテリジェントライドコントロール

車体の上下動を予測し、駆動力とブレーキを制御することでオフロードでの車体振動を低減してくれます。

小さな凹凸による振動から大きな凹凸による揺れまで、さまざまな起伏に対応し、乗り心地と安心感を向上させます。

エクストレイルの雪道走行性能を他車と比較!

エクストレイルの性能について、色々調べてきましたが、他の車と比較するとどうなのか、

比較していきます。比較するのは、ホンダヴェゼル、マツダCX-5、三菱アウトランダーと比べます。

エクストレイルの雪道走行性能を他車と比較!

エンジン性能

エンジンに関しては、最大出力、トルクを比較していきます。

エクストレイル 最大出力108kw/トルク 207N・m

ヴェゼル 最大出力97kW/トルク156N・m

CX-5 最大出力140kW/トルク252N・m

アウトランダー 最大出力94kW/トルク199N・m

 

エンジンの性能でみると、出力、トルクともにマツダCX-5が最も数字が良い、という結果になりました。

雪道でスタックした際にはトルクが必要なので、数字だけで見ると、ヴェゼルは少し厳しいかも知れません。

エクストレイルの雪道走行性能を他車と比較!引用URL https://www3.nissan.co.jp

雪道対策

雪道を走る際にアシストしてくれる機能を各車搭載しているので、比較します。

エクストレイルの雪道走行性能を他車と比較!

エクストレイル

→インテリジェント4×4

アクセルを踏むと同時に、センサーの情報から、コンピュータが走行状況に応じて、前後のトルク配分を100:0から

約50:50に切り替えて、滑りやすい路面でも 安定した走りを実現します。

 

ヴェゼル

→リアルタイムAWD

電子制御により、緻密に前後輪のトルク配分をコントロールする4WDシステムで、きめ細やかな前後トルク配分をしています。

路面状況に応じて瞬時に後輪へ適切なトルクを配分し、スムーズな4WD走行が可能です。

 

CX-5

→i-ACTIVE AWD

前後輪のトルク配分を自動制御してくれるシステムです。

ドライバーが気づかないレベルのごくわずかなタイヤの動きや路面状況などをリアルタイムにモニターし、

前後輪のトルク配分を2WDから4WD状態までコントロールします。

 

さらに、前輪スリップ予兆検知システムも搭載しています。このシステムは、各種センサーにより、車体の対地速度と前輪速度を

高精度で検出し、空転の予兆となる、前輪の微小スリップをいち早く察知し、瞬時に適切な駆動力を後輪に配分することで

前輪の空転を抑制してくれます。

 

また、トルク制御システムにも特徴があり、後輪駆動ユニットの反応速度を高めるため、前輪のみの駆動時にも微小なトルクを

後輪に伝達させたまま待機させ、後輪トルク発生の指令に対して瞬時に反応できる状態を保持するので、スムーズな加速が

実現できます。

エクストレイルの雪道走行性能を他車と比較!

アウトランダー

→スーパー・オール・ホイール・コントロール

元々は、ランサーエボリューションに搭載されていたシステムです。

後輪に駆動力を配分する電子制御4WDをベースに、アクティブフロントデフ、ブレーキ、電動パワーステアリングを制御する[AYC]を追加し、

旋回時のライントレース性、直進走行時やレーンチェンジ時の安定性、滑りやすい路面における走破性を向上させます。

 

状況によって、4つのモードを選択できます。

①AWC ECOモード

燃費に優れた2WDで走行し、滑りやすい路面状況では4WDで安定走行します。

②NORMALモード

状況に応じて4輪の駆動力、制御力を適切にコントロールします。

③SNOWモード

主に雪道などの滑りやすい路面で適した走行をします。、

④LOCKモード

4WDの高い走破性を発揮する走行をするモードです。

 

比較してみると、どの車も、路面状況に応じて、前輪、後輪のトルクを制御するシステムは搭載しています。

一番、充実しているのは、マツダCX-5の前輪スリップ予兆システムでしょうか。

特に雪道では、スリップすることで、コントロールが難しくなることが一番怖いので、このシステムは有難いですね。

エクストレイルの雪道走行性能を他車と比較!

いかがでしたでしょうか?

 

悪路を走破するCMが印象に強い、エクストレイルなので、雪道走行をサポートしてくれるシステムは

しっかり搭載しています。

 

2WD車でも雪道対策はされていますが、雪道の走行が多い場合は、インテリジェント4×4を搭載している、

4WD車を選択した方がより安心といえます。

 

また、他車との比較もしていますので、購入を検討する際には、是非参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!