エクストレイル

エクストレイルのバンパーの交換費用は?外し方も紹介します!

車を乗っていて、「困った」と思う瞬間ってどんな時ですか?

私の場合、ボディに傷がついた時です。

多少の傷なら修理するのもなぁと悩みますが、やはり愛車に傷があるのは辛いものです。

そこで、バンパーの交換についてまとめてみます。

交換方法については型式別に見ていきますね。

エクストレイル バンパーの外し方:T32

エクストレイル バンパーの外し方:T32URL:https://www3.nissan.co.jp

まずは現行モデルである3代目エクストレイル、T32タイプです。

現行モデルのエクストレイルは2013年12月に発売され、今も現役に頑張っている日産が誇る街乗りクロスオーバーSUVのフラッグシップモデルです。

そのバンパーは自然な丸みを帯びたボディラインになっており、高級感を演出しています。

これだけ素敵な外観が作り上げられているので、さすがに傷などがあると嫌ですよね。

エクストレイル バンパーの外し方:T32

URL:https://www3.nissan.co.jp

最近ではメタリック系のカラーリングが種類になってきていますので、より、傷が目立ちやすいという事情があります。

そんなバンパーの外し方をざくっとご紹介すると

・工具をきちんと準備する。トルクスレンチなどの専用工具も忘れずに

・タイヤカバーのところ、アンダー部分、エンジンルームという流れでボルト類を外していく

・フォグランプなどの配線類を忘れずにとる

・ごそっとバンパーが取れる

このような流れになってきます。

エクストレイル バンパーの外し方:T32

URL:https://www3.nissan.co.jp

最近の車はバンパーは軽量化されており、構造としても単純化されているので、慣れてくるとわりと楽に取り外しができます。

意外にあるあるなのが、ここまで頑張って交換してみたバンパーのカラーが微妙に違ってなんだかダサいというケースです。

交換部品の準備は慎重かつ確実に行いましょうね。

エクストレイル バンパーの外し方:T31

エクストレイル バンパーの外し方:T31URL:https://www.factstore.top

次に2代目エクストレイルであるT31タイプについてご紹介していきます。

2代目エクストレイルは2007年8月に発売が開始されました。

それまで発売されていた初代エクストレイルのコンセプトはしっかりと受け継ぎながらも現代デザインへの通過点を感じさせる外観です。

フロントバンパーとしては今のものに比べてやや直線的なデザインです。

こちらも基本的な交換手順は一緒です。

エクストレイル バンパーの外し方:T31

URL:https://ktc.jp

・固定箇所を順に外していく。下から上に外していった方が良い

・フォグランプが完全に埋め込みになっているので、配線処理などを忘れないように

・最後にエンジンルーム内の固定箇所を取り外すが、指などを切らないように注意

こんな流れですね

エクストレイル バンパーの外し方:T31

URL:https://www.carsensor.net

実際にバンパー素材を持ってみると今のT32タイプに比べるとやはり、少し重量を感じますね。

時代と共に加工技術や素材が進化していることがわかります。

かパッとキレイに取れるんですけど、つける際にきちんとつけておかないとグラつきであったり防水周りが弱くなったりするので、工具できちんと締め付けてください。

エクストレイル バンパーの外し方:T30

エクストレイル バンパーの外し方:T30URL:http://noaidea.me

最後に初代エクストレイルであるT30タイプについてご紹介していきます。

初代が登場したのは世がミレニアムに沸いた2000年の11月。

冬のボーナス商戦に投入された本格的なSUVマシンとして記憶しています。

この当時は割と無骨なデザインが主流でしたので、当然としてT30タイプなエクストレイルはなかなかに直線的な外観を見せています。

フロントバンパーの形状などは、この後の2代目エクストレイルに受け継がれていますね。

初代の場合はフロントバンパーを交換することで、フォグランプなしのものからフォグランプありに変えることも出来るという利点がありますね。

交換手順としては安定の流れです。

エクストレイル バンパーの外し方:T30

URL:https://page.auctions.yahoo.co.jp

・固定箇所を順に外していく。下から上に外していった方が良い

・フォグランプが完全に埋め込みになっているので、配線処理などを忘れないように

・最後にエンジンルーム内の固定箇所を取り外すが、指などを切らないように注意

エクストレイル バンパーの外し方:T30

URL:http://noaidea.me

特に初代エクストレイルは指を切らないように気をつけてくださいね。

エクストレイルのバンパーの交換費用はいくら?

エクストレイルのバンパーの交換費用はいくら?URL:https://www3.nissan.co.jp

年式別にエクストレイルのバンパー交換についてご紹介しましたがいかがでしたか。

全体を通してですが、基本的に自動車には整備手帳というものがあり、整備士さんなどもこの整備手帳に基づいて部品をバラしたりします。

また、バンパーを外す際には〝サービスホール〟というものがあり、ここから工具を突っ込むことで上手に外すことができます。

これらの基本的構造をよく理解しておくことが手早く正確な作業を行うコツになるんです。

バンパーの傷って意外に気になるけども、費用って、時間ってどれくらいなんだろうというとこですよね。

ディーラーや街の整備工場などで交換処理をしていただくと、おおよそ2万円前後くらいです。

時間にして約30分。

時間や手間を惜しんでコストを投下するのか、コストを補って自ら行うかはみなさん自身の選択にかかっています。

そして、やっぱりプロの方の作業はすごいですよね。

筆者自身、ドリフトレースの最高峰であるD1でのピット作業に張りついたことがあるのですが、レース中に破損したバンパー交換を予選と決勝の間に5分程度で補修・交換したのには本当にびっくりさせられました。

その際にメカニックに聞くと、構造が頭の中に入っているから迷わないとのこと。

愛車に対してかくありたいものですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.andersenbiler.dk/nye-biler/nissan/alle/nissan-x-trail

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!