エクストレイル

【日産・エクストレイル】外寸や外装はどう?機械式駐車場に入る?

2000年にSUVの先駆けとしてデビューした、日産エクストレイル

初代、二代目、現行三代目と装備や機能の進化してきましたが、ボディの大きさも代々大きくなり「どっしり」としたフォルムになって、

所有感の高いSUVとして、大変人気のクルマです。

街乗りも似合う綺麗なフォルムに生まれ変わり、ガンガン乗り倒したいところですが、

日産エクストレイルは機械式駐車場に入るのか?

ボディサイズはどれくらいなのか?

より個性を出せるパーツなどあるのか?

調べてみましたのでご紹介します。

日産エクストレイルの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?

日産エクストレイルの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www.youtube.com/watch?v=vVA4Eumli8E

2017年にマイナーチェンジし、現行T32エクストレイル後期となった、日産エクストレイル。

代々ボディサイズは大きくなり、エクステリアもシティ走行が似合うフォルムに進化しました。

実際街乗り使用時の取り回しの感じはどうなのか?

ボディサイズの大きさは?

この項目でご紹介します。

日産T32後期エクストレイル ボディサイズ20X(4WD)

日産エクストレイルの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/specifications.html

日産エクストレイルの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/specifications.html

全長4690㎜×全幅1820mm×全高1740mm

最低地上高:205mm

ホイールベース:2705mm

最少回転半径:5.6m

他社、SUVのと比較すると、トヨタ ハリアー、マツダ CX-5、ホンダ CR-V、スバル フォレスターと大きさは近似値で、SUVの激戦を繰り広げているライバル車です。

日産エクストレイルは運転しやすい?

日産エクストレイルの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://usanissancar.com/2019-nissan-x-trail-interior-redesign-and-price/

内装はシックで高級感のあるつくりになっていて、シートのホールド感もよく、

車高が高いので、周りをよく見渡せれて、運転はさほどしにくい感じはないそうですが、

リアの視界が狭いのと、フロントのピラーが大きい作りになっているので、交差点などは少し注意して走行したほうがいいようです。

あとは、ホイールベースが長く、小回りが利きにくいというところもあるようです。

車体が大きいというのがエクストレイルの良いところでもあるわけですが、シティ走行では小回りが利きにくいというデメリットはあるものの、

長距離運転時(高速道路など)では、ボディの大きさやホイールベースが長いというシティ走行時のデメリットが、

逆に乗り心地やドライバーや同乗者の疲労感を軽減してくれるメリットに変わりますし、

先進技術「プロパイロット」搭載しているエクストレイルならもっと快適に遠出を楽しめると思います!!

日産エクストレイルの外寸はどのくらい?横幅は?長さは?車高は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

日産エクストレイルは機械式駐車場に入るのか!?

どんどん大きくなる日産エクストレイル。

このカテゴリーでは、一般的な機械式駐車場に入庫できるボディサイズと、日産エクストレイルは機械式駐車場に入るのか?

を調べてみましたので、ご紹介します。

日産エクストレイルは機械式駐車場に入るのか!?引用:http://sakamoto-ke.jp/

まず、一般的な機械式駐車場に入る自動車の大きさをご紹介させていただきたいと思います。

高さ制限

高さ制限が1,550mm程度というところが多く、とりあえず何も考えず入庫できるボディタイプは、セダンやクーペぐらいではないかと思います。

車幅制限

機械式駐車場では、エレベーターにて自動車を移動させ、入出庫させるので、エレベーターに乗せれる車幅であることが条件となります。

車幅制限につきましては、一般的に1,850mm~1,950mm程度の車幅まで対応できるのが一般的で、一回り小さなコンパクトなSUVでも注意が必要です。

全長制限

全長の制限につきましては、5,000mm~5,300mm程度の機械式駐車場が多く、全長については特に心配することは無さそうです。

機械式駐車場に入庫出来るサイズ

全長5,000mm×全幅1,850mm×全高1,550mmまでのサイズが機械式駐車場の一般的な入庫サイズということになります。

 

それでは、現行T32日産エクストレイルは、機械式駐車場に入庫できるのでしょうか?

日産エクストレイルボディサイズ

日産エクストレイルは機械式駐車場に入るのか!?引用:https://en.nissanhaiti.com

全長4690㎜(〇)×全幅1820mm(〇)×全高1740mm(×)

一般的な機械式駐車場の高さの制限は1550mmまでの車両が基本ということで、高さ1740mmある日産エクストレイルは、機械式駐車場に駐車することはできませんでした。うっかりして、機械式駐車場に突入しないようにご注意してくださいね!!

それと、普通の平地の駐車場でも、バックモニターだけを見て駐車してると、車高が高いので、木の枝とか、上だけがちょっと出ている障害物に、ぶつかることがありますので、ご注意ください!!

日産エクストレイルの気になる外装、外装パーツは?

2007年6月にマイナーチェンジし、更に洗練されたエクステリアになったT32後期エクストレイル。

マイナーチェンジしてまだ、1年3か月くらいなので、あまりパーツの種類は出てきて無いようですが、

やはり、純正オプションパーツに魅力がありますね!!

日産エクストレイルの気になる外装、外装パーツは?引用:https://www.nissan.co.jp/

旧T31エクストレイルのような、完全オフロード仕様の「タフボディ武装」がお好みの方は、こういうプロテクターのカスタムもかっこいいですよね!!

「どろっどろ」になってるのにかっこいいって思う車ですから、日産T32後期エクストレイルのスタイルは、シーンによって、オフロードにもオンロードにも似合う不思議なデザインの魅力があると、自信をもって言えます。

フロントスタイリングガード

メーカ希望小売価格 インテリジェントアラウンドモニター付車51,268円(税込) 無車49,540円(税込)

リアスタイリングガード

メーカー希望小売価格 バックソナー付車、無車共通 40,212円(税込)

サイドスタイリングガード

メーカー希望小売価格 ガソリン車用 42,088円(税込)

LEDフォグランプ

フォグランプ無、インテリジェントアラウンドビューモニター無車用 メーカー希望小売価格 68,318円(税込)

フォグランプ無、インテリジェントアラウンドビューモニター付車用 メーカー希望小売価格 70,046円(税込)

フォグランプ付、インテリジェントアラウンドビューモニター無車用 メーカー希望小売価格 56,373円(税込)

フォグランプ付、インテリジェントアラウンドビューモニター付車用 メーカー希望小売価格 58,101円(税込)

日産T32エクストレイル後期 ボディの大きさや、運転のしやすさ、カスタム要素のまとめ

日産T32エクストレイル後期 ボディの大きさや、運転のしやすさ、カスタム要素のまとめ引用:https://www3.nissan.co.jp/

T32後期 日産エクストレイルは、2代目までのクロカン色の強いテイストのスタイリングから、エレガントな落ち着きのある、流線型のボディへと大きなイメージチェンジし、代々ボディのサイズを大きく進化してきました。

また、先進技術や4WD性能も磨きをかけ、代々進化し、どんどんカッコよくなっていて、どんどん頼もしくなる頼りがいがあり、味のあるクルマになりました!!

ステイリングもおしゃれになって、街乗りも似合う仕様へとなりましたが、運転のしやすさに関しては、シートの程よいホールド感が心地いい。

背が高いので見晴らしがよく、パワーステアリングも軽く操作しやすい。しいて言えばフロントピラーが大きいので少し見にくいのと、リアの窓が小さいので、少し見にくいというユーザー意見がありました。

日産T32エクストレイル後期 ボディの大きさや、運転のしやすさ、カスタム要素のまとめ引用:https://blog.nissan.co.jp/DEALER/0660/104/entry115

驚いたのは、日産自動車のオプションパーツのカタログに載っている、オプションプロテクターパーツを付けた、泥まみれのエクストレイル。

街乗り色が強くなったと思っていましたが、ドロドロになっているエクストレイルの写真を見ると、旧型T31のクロカン色の強い「タフ仕様」な一面も持っていることに驚きました。泥が似合うSUVはエクストレイル以外ないですね!!

日産T32エクストレイルというクルマは、エクストレイルオーナーを完全フルバックアップできるパワーと機能と装備。

そして、「やっちぇ日産」の先進技術。

最新のSUVナイトライダーです!!

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!