エクストレイル

【日産・エクストレイル】ハイブリッド車とガソリン車はどっち!?

日産エクストレイルは2列シート車全グレードでハイブリッドが選べます!

でも車体価格はガソリン車に比べて、少しお高めな設定。

自分にピッタリのグレードをかしこく選ぶために、特徴を比較してみましょう。

日産エクストレイルのハイブリッド車の特徴は?

日産エクストレイルのハイブリッド車の特徴は?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

①エンジン

日産エクストレイルのエンジンはガソリン車でも強力ですが、

ハイブリッド車の場合はリチウムイオンバッテリーで駆動するモーターによって、

より安定的でハイパワーな走りを実現。

フル加速時にはモーターとエンジンが同時に駆動することで、

電気とガソリンを効率よく用いた、圧倒的な加速を体感できます。

また、エンジンとモーターを完全に分離した設計により、

モーターへの負担をなくして低燃費、高効率の回生を実現しています。

日産エクストレイルのハイブリッド車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

②モーター

一つのモーターでタイヤの駆動と、ブレーキ時の回生の両方を行います。

機能を一つのモーターに集約することで構成部品が減り、

回生用と駆動用モーター2台を積む車と比較して、軽量化を図っています。

日産の社内調査値では、街中走行の3/4をEV(バッテリー)で走行可能。

高速道路走行で一定速度の時は、アクセルOFFでEV走行に切り替わり、

モーター走行の頻度を増やすことで、燃費を向上させています。

ECOモードの時はアクセルや変速のレスポンスを制御して、

ハイブリッド車ならではの、静かな低燃費走行ができます。

③クラッチ

日産エクストレイルのハイブリッド車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

二つのクラッチでエンジンとモーターを効率よく制御。

発進・停車・加速などの状況に応じて最適の切り替えを自動で行い、

低燃費な日常運転とハイパワーな加速を両立しています。

あらゆる速度領域でモーターアシストが機能するため、

静かな走行もハイパワーな走りも思いのままに楽しめます。

④バッテリー

日産エクストレイルのハイブリッド車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

日産の電気自動車リーフで培われたバッテリー技術によって、

高性能のハイブリッドシステムを実現しています。

コンパクトな設計で積載量への影響は最小限に抑えながら、

短期間で放充電ができるハイパワーなリチウムイオンバッテリーを搭載。

モーター駆動やブレーキ時のエネルギー回生の頻度を上げることで、

効率的なハイブリッド走行を可能にしています。

新モデルでは空力向上アイテムを追加し、アクセルOFF時の回生を増加させています。

日産エクストレイルのガソリン車の特徴は?

日産エクストレイルのガソリン車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

最大限に活用できる大容量のラゲッジスペース

日産エクストレイル最大の特徴である大容量のラゲッジ。

ガソリン車とハイブリッド車では、ラゲッジの大きさが異なります。

ガソリン車は車体後部を完全にフラットにして利用できますが、

ハイブリッド車の場合、車体後部に搭載されたバッテリーがあるため、

ラゲッジスペースの底面がガソリン車よりも若干高くなっています。

日産エクストレイルのガソリン車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

防水防滑のフレキシブルラゲッジ

ガソリン車のラゲッジは防水防滑で汚れに強く、

アウトドアで濡れた荷物をそのまま積み込めます。

しかし、実はハイブリッド車ではラゲッジスペースが防水ではありません。

防水ラゲッジは選択できず、クロス仕様のラゲッジとなるので、

濡れた荷物をそのまま積み込むことは推奨されていないのです。

こちらの理由も上記と同様で、ラゲッジスペースの下にバッテリーがあるためです。

ハイブリッド車・ガソリン車、共通の特徴

日産エクストレイルのガソリン車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

日産エクストレイルには特筆すべき仕様がまだまだあるので、

以下にまとめてご紹介します。

・ヨーモーメントコントロール

運転手のステアリングと車両の旋回情報を自動的に分析し、

精密なトルク配分によって安定したコーナリングを実現します。

・インテリジェント ライドコントロール

デコボコ道での車体振動を感知して、エンジンとブレーキを自動制御。

振動を抑制して乗り心地を改善します。

日産エクストレイルのガソリン車の特徴は?引用:https://www3.nissan.co.jp/

・インテリジェントエンジンブレーキ

・インテリジェント トレースコントロール

急な曲道を走行する際に、自動でエンジンブレーキを付加して速度を調整。

運転手のブレーキ操作を減らすことで、運転しやすくなります。

また、4輪それぞれのブレーキを自動制御することで、

車輪を安定させ、急カーブでのコーナリングを助けます。

・ヒルスタートアシスト

坂道発進でブレーキからアクセルに踏み変える際に、

約2秒間ブレーキを保持します。

これによって坂道発進時の踏み変え操作による後退を防ぎ、

安心してアクセルに踏み変えることができます。

日産エクストレイルの各燃費比較

日産エクストレイルの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance.html

これは[20S]の燃費比較表です。

ハイブリッド車の方がリッターあたり4キロほど低燃費ですね。

そして、どちらも2WDと4WDの燃費の差が少ないこともわかります。

4WDが低燃費である理由は日産の独自技術、

インテリジェント4×4システムにあります。

ガソリンとハイブリッドの比較の前に、

まずはこのシステムを簡単に説明します。

インテリジェント4×4システム

日産エクストレイルは電子制御により、

状況に合わせて2WDと4WDを切り替える事ができます。

[LOCKモード]前後50%ずつ配分

雪の積もった急な坂道、大きな段差の乗り越え、スタックからの脱出など、

大きな力が必要なときは前後のトルクを50%ずつに固定できます。

[AUTOモード]前後のトルクを自動配分

雪道や舗装が十分でない道を走るときは、道に合わせた配分で安定性を重視し、

舗装された普通の道路を走るときは2WDで走行します。

日産エクストレイルの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

[2WDモード]前輪100%

高トルクが必要ない、街中の普通の道や高速道路には2WDモード。

後輪を動かさない完全2輪駆動のため、燃費を向上します。

通勤や買い物、高速道路を使った旅行などは2WDでの走行が基本となります。

そのため、タイヤの駆動に強力なトルクが必要になる状況以外は、

4WD車も経済的な2WD走行ができるのです。

コストパフォーマンスを考えると……

日産エクストレイルの各燃費比較引用:https://www3.nissan.co.jp/

さて、気になるのはハイブリッド車のコストパフォーマンスです。

ハイブリッド車は車体価格がガソリン車よりも若干高く設定されているため、

購入時の初期費用に大きな差が生じます。

燃費はハイブリッド車の方が勝りますが、

どれだけ乗ればガソリン車との価格差を埋められるのでしょうか。

日産エクストレイルは全グレードにハイブリッド車を選べますが、

今回はグレード「20S 4WD」を例に挙げて、燃費を計算してみました。

・20S(ガソリン車)

240万4080円

・20S HYBRID(ハイブリッド車)

279万6120円

日産エクストレイルの各燃費比較引用:https://www.drivespark.com/four-wheelers/2015/nissan-next-gen-x-trail-coming-to-india-during-twenty-sixteen-011820.html

車体の価格差は39万2040円。

そこからエコカー減税試算、8万4000円を引くと、

実質的な価格差は308040円となります。

ガソリン価格を140円として計算すると、

仮に100km走った場合、175円のガソリン代が節約できます。

この計算から考えてみると、

ハイブリッド車とガソリン車の価格差を埋めるためには、

約17.5キロ走行しなければなりません。

(17.5キロで30万6250円の節約)

17.5万キロも走らない人の場合は、

ハイブリッド車よりもガソリン車のほうが低コスト、

という答えになります。

それぞれのメリット

日産エクストレイルの各燃費比較引用:https://www.wessexgarages.com/nissan/new-cars/x-trail/

そうなると、ガソリン車の方がいいの?という疑問が湧き上がりますが、

走行性能にも違いがあるため、単純に結論付ける事はできません。

ハイブリッド車、ガソリン車のメリットをまとめてみましょう。

ハイブリッド車のメリット

・高性能バッテリーでの発電、回生による燃費向上

・発進時や高速道路走行での静粛性

・エンジン+モーターによる加速力

ガソリン車のメリット

・車内空間を最大限に活用した大容量ラゲッジ

・内装全体が防水防滑でアウトドアスポーツに最適

・長距離を走らなければ高コストパフォーマンス

日産エクストレイルの各燃費比較引用:https://motorz-garage.com/topic/detail/300

燃費、加速、静粛性はハイブリッドに軍配が上がりますが、

ガソリン車の内装フル防水も魅力的です。

街中走行や長距離旅行には、走行性能重視のハイブリッド車。

山や海へ出かけたいアウトドア派にはコスパ重視のガソリン車。

グレードを選ぶ際は使用目的や趣味、生活サイクルを考えて、

かしこく選びたいものですね。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!