比較

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】はどっちが良い?

2000年のデビューから、SUVとしての地位を確立し、確実に成長・進化してきた日産エクストレイル

トヨタを代表する本格4WD「ランドクルーザー」と比較してみました。

価格はどちらがお買い得なのか?

大きさや迫力はどちらがあるのか?

燃費はどちらが良いのか?

ご紹介します!!

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】は価格はどっち?

言わずと知れた、「大ボス!?」トヨタ ランドクルーザー。日産エクストレイルは価格面で「ランクル」に勝る要素があるのか!?

ご紹介します!!

今回の比較は、ランクルのベースグレード「AX」VS日産エクストレイル最上級グレード「モード・プレミアiHYBRIDハイコントラストインテリア2列」で比較してみようと思います!!

トヨタ ランドクルーザー 「AX」

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】は価格はどっち?引用:https://www.webcg.net/articles/-/33346

メーカー希望小売価格(税込)5,151,600円

エンジン 総排気量:4.608cc

駆動方式 フルタイム4WD

「AX」主な装備

クルーズコントロール、LEDヘッドライト(ハイ・ロー)、LEDクリアランスランプ、LEDフォグランプ、LEDライセンスランプ、クリアランスソナー&バックソナー、UVカットグリーンガラス、本革ステアリング、ステアリングスイッチ、フルオートエアコン、アクセサリー電源100V、シート生地「モケット生地」、オーディオレス6スピーカー、SRSエアバッグ(運転席、助手席)、トヨタセーフティーセンス(衝突防止他)など。

日産 エクストレイル 「モード・プレミアiHYBRIDハイコントラストインテリア2列」

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】は価格はどっち?引用:https://www.webcg.net/articles/-/36916

メーカー希望小売価格(税込)3,844,800円

エンジン 総排気量:1.997cc

駆動方式 フルタイム4WD

「モード・プレミアiHYBRIDハイコントラストインテリア2列」主な装備

LEDヘッドライト(ハイ・ロー)、LEDポジションランプ、ハロゲンフォグランプ、本革ステアリング(特別仕様)、UVカットグリーンガラス、オートエアコン、オーディオレス4スピーカー、シート生地(特別仕様 ストーンホワイトレザーシート)、モードプレミア専用19インチアルミホイール、モードプレミア専用フロント、リアバンパー、モードプレミア専用エクステリア(モール・ガーニッシュ)モードプレミア専用デュアルエキゾーストマフラー、SRSエアバッグ(運転席、助手席)、インテリジェントエマージェンシーブレーキ(追突防止)、踏み間違い機能、フロント&バックソナー、LDW(車線逸脱警報)、進入禁止標識検知、アイドリングストップ、プロパイロット(自動運転)など。

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】は価格はどっち?引用:https://cartune.me

結果!!!!!

価格、装備共に、日産エクストレイルの圧勝です!!

が...やはり、本格4WDの大ボス「ランクル」と比較するのはカテゴリーの違いが大きすぎてますよね...。

ただ言えるのは、下位グレードのランクル「AX」と上位グレードのエクストレイル「モード・プレミアiHYBRIDハイコントラストインテリア2列」ですので、エンジン排気量や4WD性能等違いはありますが、日産エクストレイルもオフロード走行は十分可能です。

そしてなんと!!自動運転等の「最新先進技術」がこの価格で体感できるんです!!

ランクルは本格オフロード4×4を好むクルマ好きな方が購入することが多いと思います。

そうなると、装備面やエクステリアにこだわる事になるので、

ただでさえ価格差が大きいのに更に価格差は広がってしまいます。

ランクル下位グレードより120万円ほど安くて、先進技術が搭載されてある上位グレードのエクストレイルはお買い得です!!

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】大きさは?

続いて、日産 エクストレイルVSトヨタ ランドクルーザーの大きさの比較をこの項目ではご紹介させていただきたいと思います!!

この時点ではっきり言えます!!勝者「ランドクルーザー」(笑)です!!

では、実際どのくらいの大きさの違いがあるのか?ご紹介します!!

日産エクストレイル 「モード・プレミアiHYBRIDハイコントラストインテリア2列」

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】大きさは?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

タイプ:SUV

駆動方式:フルタイム4WD

乗車定員:5人乗り

ボディサイズ:4705mm(全長)×1830mm(全幅)×1745mm(全高)

室内サイズ:2005mm(室内長)×1535mm(室内幅)×1270mm(室内高)

ホイールベース:2705mm

タイヤサイズ:225/55R19(前輪)225/55R19(後輪)

排気量:1.997L

車両重量:1550kg

トヨタ ランドクルーザー 「AX」

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】大きさは?

引用:https://toyota.jp/landcruiser/

タイプ:SUV

駆動方式:フルタイム4WD

乗車定員:8人乗り

ボディサイズ:4950mm(全長)×1980mm(全幅)×1880mm(全高)

室内サイズ:2690mm(室内長)×1640mm(室内幅)×1200mm(室内高)

ホイールベース:2850mm

タイヤサイズ:285/60R18(前輪)285/60R18(後輪)

排気量:4.608L

車両重量:2490kg

 

一目瞭然の結果となりました。そもそも排気量の差も大きいですし、大きく分けたカテゴリーでは、両車共に「SUV」のカテゴリーですが、本格オフロード仕様サルーンの「ランクル」には、迫力も大きさも、やはり「大ボス」完敗でした。

でも、こうやって数値で比較してみると、もちろん「ランクル」程では無いにしても、意外にエクストレイルも大きいということが分かりますね!!

 

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】燃費はどっち?

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】燃費はどっち?

引用:https://xn--ecka2k4e.com/jc-08/

排気量、大きさ、共にアドバンテージの高いエクストレイル!!

「大ボス ランクル」にどれだけの燃費差をつけることができるのか!?

ご紹介します!!

日産エクストレイル 「モード・プレミアiHYBRIDハイコントラストインテリア2列」

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】燃費はどっち?引用:https://www.nissan.com.ar/vehiculos/nuevos/x-trail.html

排気量:1.997L

車両重量:1550kg

JC08モード燃費 20.0km/L

実燃費 12.74km/L

トヨタ ランドクルーザー 「AX」

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】燃費はどっち?引用:https://www.wheels24.co.za/

排気量:4.608L

車両重量:2490kg

JC08モード燃費 6.9km/L

実燃費 5km/L

【日産・エクストレイル】VS【トヨタ・ランドクルーザー】燃費はどっち?引用:https://clicccar.com/2016/11/25/420210/

結果、日産エクストレイルVSトヨタランドクルーザーの燃費対決は、日産エクストレイルに軍配があがりました!!

実燃費を比較してみると、メーカー発表値の実燃費の差はエクストレイルの方が大きいのが気になるところですが、ハイブリッド機能が搭載されているエクストレイルは、街乗りには安定した高燃費を出してくれているようです。

一方ランクルについては、車重が重たく、市街地などのストップ&ゴーでは、燃費が更に下がるようです。

日産エクストレイルVSトヨタランドクルーザー値段、大きさ、燃費比較まとめ

日産エクストレイルVSトヨタランドクルーザー値段、大きさ、燃費比較まとめ引用:http://topcarspecs.com/83304-nissan-x-trail-t32

今回の大ボス「ランクル」とタフな挑戦者「エクストレイル」の対決は、排気量やコンセプトの違いはあるものの、価格帯でのお買い得感は、先進技術や装備面等を考慮すると、日産エクストレイルの方がお買い得度は高いと思います。

大きさに関しては、圧倒的に大ボス「ランクル」が大きいのですが、大きさゆえに重量が重たくなるため、その分エンジンの排気量もおおきくなり、結果燃費もエクストレイルと比較すると悪くなるという結果になりました。

日産エクストレイルVSトヨタランドクルーザー値段、大きさ、燃費比較まとめ引用:https://www.ignitionlive.co.za/

その点、エクストレイルは、ボディの大きさもランクルより小さく、運転がしやすい街乗り的な要素をもちながら、十分オフロード走行可能で、先進技術や装備面まで充実している、コストパフォーマンスの高い車だと思います。

日産エクストレイルは、街乗りに優しく、オフロードでは頼もしいタフな顔を持つ、

オンロード・オフロード両用の「ヤレル」SUVです!!

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!