エクストレイル

エクストレイルのニスモの馬力はいかに!?その他スペックも紹介!

2000年に発売され、10年連続SUV部門1位や、2018年のオフロード4WDの販売台数1位を

獲得しているのが、日産エクストレイルです。長期間にわたり支持されている車ので、色々なカスタム車もあります。

今回はその中で、NISMOパフォーマンスパッケージについて調べてみました。

エクストレイルニスモの馬力はどんなもの?

エクストレイルニスモの馬力はどんなもの?

引用URL https://www3.nissan.co.jp

ニスモとは

そもそも、ニスモ、とは何なのか、まずは調べてみました。

ニスモとは、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社の事です。

Nissan Motorsports Internationalのうち、NissanのNISとMotorsportのMOを繋げて、

NISMOという愛称にしました。

 

ニスモは、1984年に設立され、ル・マン24時間レース、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権などに

参戦して、多くのタイトルを獲得していることで知られています。

 

ニスモは、日産自動車のワークスチームとして、モータースポーツへ参戦すると共に、そのレースで

培ったノウハウや技術を市販車のパーツ製造に活かしています。

そのニスモが製造したパーツでカスタムした車をNISMO仕様として販売しています。

また、レースでの経験、技術を活かした車両トータルのチューンアップを行ったモデルも

販売しています。

 

2017年には、ニスモのラインナップを充実させると共に、新たなサブブランドとして、

「AUTECH(オーテック)」をラインナップとして展開することを発表しています。

これにより、ピュアスポーティ志向はニスモ、プレミアムスポーティ志向はオーテックの

二本立てで展開することになりました。

 

ちなみに、2019年1月には、セレナ、ノートに続いて、オーテックブランドの第3弾として、

エクストレイルオーテックが発売されています。

エクストレイルニスモの馬力

エクストレイルニスモのエンジンについて確認していきます。エクストレイルニスモのエンジンに関しては、

標準仕様車と同じです。

エンジン

エクストレイルニスモの馬力はどんなもの?

引用URL https://www3.nissan.co.jp

・型式 MR20DD

・エンジン種類 DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒

・最高出力 108kW(147PS)/6,000rpm

・最大トルク 207N・m/4,400rpm

 

モーター

エクストレイルニスモの馬力はどんなもの?

引用URL https://www3.nissan.co.jp

・型式 RM31

・種類 交流同期電動機

・最高出力 30kW(41PS)

・最大トルク 160N・m(16.3kgf・m)

 

MR20DDエンジンは、シリンダー内へ燃料を直接噴射することにより、熱効率を高め、低燃費と高トルクを実現しています。

ハイブリッド車は、エンジンをハイブリッドシステムに合わせて最適化しています。RM31モーターとの組み合わせで、

圧倒的なハイパワーを実現しています。

エクストレイルニスモに乗った感じは?

エクストレイルニスモのレビューを探してみました。

エクストレイルニスモに乗った感じは?

・スポーツサスペンションキットが装着されたことで、車高が約30㎜ダウンし、タイヤも低扁平率のものが

装着されているが、乗り心地は損なわれていない。

・サスペンションそのものの動きが良く、フリクションを感じさせない所も乗り味に好印象。

・SUVのいいところを維持しつつ、セダン的な乗り味を実現している。

・高速走行時には、エアロパーツをつけたことで、空力性能がアップし、安定性も向上している。

・乗り心地は、ゴツゴツ感は無く安定した走りになっている。

・乗り心地は純正より多少硬いが、コーナーに侵入したときは、ロールが減って運転しやすい。

・高速やワインディングでは、不要なロールが抑えられて、トルクベクタリングとの相乗効果で運転が楽しくなる。

・フワッとした乗り心地からシャキッとした乗り心地になった。

・サスペンションが、うねった路面や荒れた路面、凸凹路面でもしなやかに動いてくれる。

・コーナーでロールしない、路面に吸い付くように曲がってくれる。

・サスペンションの出来が良い。地面に吸い付いて走っている感じ。

・車重と全高を考えると、コーナーでのロールがかなり抑えられている。

・マウンテンバイクにロードタイヤをつけたような感じ。

・上級スポーツセダンのような、しなやかな乗り心地、素直なハンドリング。

・コーナーリングの安定感が印象的。

・スポーツステンレスマフラーは、抜けが良く、小気味いいサウンドを楽しませてくれる。

 

レビューを見る限りでは、概ね好評です。

地面に吸い付くよう、走りが引き締まった、オフロードでも動きがしなやか、という意見が

多く寄せられています。

 

純正のエクストレイルが少し柔らかい乗り心地になっている様なので、試乗をしてみて、

もう少し硬い乗り心地がいいという方にはオススメです。

NISMOがレースで培った技術が詰め込まれているサスペンション、と言えると思います。

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

ニスモパフォーマンスパッケージ

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www.nismo.co.jp

次にニスモパフォーマンスパッケージの内容を見ていきます。

・エアロキット 価格 290,736円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

フロントアンダースポイラー、サイドスカート、リヤアンダースポイラー

フロントアンダースポイラーは、NISMOのイメージを表す赤いラインが印象的です。

ダイナミックなデザインになっており、フロントマスクの迫力が増します。

サイドスカートは、フロントアンダースポイラーから繋がる赤いラインが目を引き、

重厚感のある見た目になります。

リヤアンダースポイラーは、フィンのついたデザインで、車体下から流れてくる風を調整します。

フロントアンダースポイラー同様、赤いラインが目を引きます。

 

・アルミロードホイールLMX6S 価格 238,464円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

19インチ、ニスモブラック×ダイヤモンドミラーカット、アルミ合金製

NISMOロゴの入ったブラック基調の19インチアルミホイールです。

 

・スポーツサスペンションキット 価格 159,840円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

減衰力固定式、車高変化代(フロント約-30㎜、リヤ約-30㎜~40㎜)

高速で走るスポーツ走行に適したサスペンションキットです。足回りがしっかりした乗り心地になります。

減衰力固定式とありますが、減衰力とは、サスペンションの根幹をなすショックアブソーバー(伸縮する本体の部分)が

伸び縮みする速度を抑える力です。

減衰力が弱ければ、伸び縮みの際に抵抗も少なく動きますし、減衰力が強ければ、伸び縮みに抵抗が発生して動きます。

減衰力を調整できるサスペンションもありますが、こちらは固定式です。

 

・スポーツステンレスマフラー 価格 144,720円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

オールステンレス製、フロントチューブ+センターパイプ+リヤマフラー、NISMOロゴ入り

4WDモデルに適合するデュアルステンレスマフラーです。

NISMOエアロキットを取り付けた車種は、モード・プレミア、エクストリーマーXを除くモデルに

取りつけ可能です。

 

・ダーククロムフロントグリルセンター 価格 22,896円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

Vモーショングリルの色がダーククロムのフロントグリルです。

 

・フロアマット 価格 39,744円(2列車)/44,064円(3列車)

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

・サンシェード 価格 11,880円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

・マルチファンクションブルミラー 価格 23,112円

・ドアハンドルプロテクター 価格 11,232円

・ホイールナットセット 価格 10,800円

・フューエルフィラーキャップカバー 価格 6,804円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

・オイルフィラーキャップ 価格 6,696円

エクストレイルニスモのその他スペック紹介!

引用URL https://www3.nissan.co.jp

いかがでしたでしょうか?

 

ニスモという文字は良く見かけますが、会社の名前から来ているということ初めて知りました。

ル・マンなどの厳しいレース環境に耐えうる技術を、一般車にフィードバックして技術開発をするのは、

良いことです。

 

エクストレイルでのニスモは、エアロキットや装飾系だけですが、GT-R、フェアレディZ、ジューク、マーチなどは、

吸排気系、コンピューター、ECUなど、車両トータルにチューンアップをニスモが施したモデルがあります。

エクストレイルでも是非、開発して欲しいですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では90万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者を含む100社以上が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの「楽天」がやっているため
買取価格とは他に楽天ポイント(1500ポイント)
ももらえちゃいます!

結果的に買取価格が高くなるので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!